【鬼塚史観と皇室問題】(改)托卵と貰い子でつなぐ近代皇統3

Sponsored Link

◆拙ブログ内の画像や文(他サイトさんからの転載以外)はフリーです。ご挨拶も、お断りも御無用ですが転載元の記載をできるだけお願いします。拡散希望です。

 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

加筆していると長くなったのでわけました。

【鬼塚史観】 「明治大室王朝」2代目:大正天皇

 

【鬼塚史観】長男:昭和天皇

実父は西園寺八郎だったとされています。

西園寺八郎は大正天皇と同級生であり、昭和天皇の幼少のころから、東宮御用掛として傍に居続けました。

 

Sponsored Link




 

『日本で一番醜い日』鬼塚英明著より

二月二十七日(ママ)

皇太子洋行の随員である西園寺元老養嗣子八郎が、襲撃された。

午後七時ごろ、東京市麻生区飯倉片町七番地の西園寺八郎邸に六人の「怪漢」が乱入し、電話線をひきちぎり、門の閂、棍棒をふるって各部屋を破壊してまわった。

寝間着姿で朝食中の西園寺八郎が飛び出し、日本刀をふるって応戦すると、六人は、皇太子の御渡欧を延期させよ、と叫んで、閂でなぐりつけ、顔面および右肩に「全治一週間乃至十日間」の傷を負わせた。

「仮令殺されても延期は願はれない」

西園寺八郎は顔面をおおう鼻血にむせびながら叫び、隣家の子爵邸へ逃げ込んだ。

六人は、警官がかけつけると、おとなしく「兇器」をすてて逮捕され、政治結社「抹殺社」同人だと名のった。

 

私が長々と東宮御渡欧について書いてきた理由を書かねばならない。(略)この記事のなかにでてくる談話を児島が大げさに書いているほどの事件ではなかったのである。(略)私は次の談話を呼んだ時に「ハッ」としたのである。それは、時の首相犬養毅の一言だった。

これは親父と息子と方角をたがえたのかな、フウム。

息子のところへ行くところを、間違えて親父のところへ行ったとは、の意味に撮れる。

息子は東宮だろう。東宮のところへ行かず、親父の西園寺八郎へ行ったとは、、、、、フム、の意だろう。

政治のトップクラスは、西園寺八郎が東宮の実の親であることを百も承知していたのではなかったのか。

(転載以上)

 

※犬養氏は部落の出身といわれています。犬養家も、本来なら犬飼だったのですが、偉くなったので、出身地とあわせれば一目で出自がわかる苗字を嫌い、漢字だけですが苗字を変えたらしいですね。部落のネットワークは濃いらしいので独特の情報を共有していたのかもしれません。

 

『日本で一番醜い日』鬼塚英明著より

『裕仁皇太子ヨーロッパ外遊記』から引用する。

柔道も同じだった。それまで皇太子を投げ飛ばすものなどいなかった。相手をすることになった西園寺は遠慮なくドシン、ドシンと投げた。さすがに皇太子は「もう西園寺御免だよ!」と悲鳴をあげたらしい(略)それは宮中生活から見れば、信じがたいような艦内御学問所教育だった。

私は、東宮の「西園寺御免だよ!」の言葉に、「とうちゃん、かんべんしてよ!」の言葉を連想するのである。では、父親とされている大正天皇との関係はどうだったのかを見ることにする。

(転載以上)

 

『日本で一番醜い日』鬼塚英明著より

侍従武官奈良武次は、死の直前の大正天皇い幾度も(毎日のように)会っている。彼の日記を再びみることにする。

大正一四年(1925年)6月4日

午後十時二十分 聖上(大正天皇)出御、拝謁、お変わりなくお元気なき様拝す。

ーーー西園寺(八郎、式部次長、東宮職御用掛)、阪口(鎮雄、皇宮警視、東宮職御用掛)と抗議し午后五時半に到る。

西園寺八郎は式部次長となり、東宮御用掛となっている。十一月に入ると大正天皇は歯痛を訴え続けている。頭痛ではない。脳はやられていないのである。

(略)

しかし、重病になっても、皇太子も高松宮も三笠宮も、大正天皇を見舞っていないのである(秩父宮は留学中)。

皇太子は葉山に行く前の天皇に会っている。それも一時間ほどだ。奈良武次はその時間も克明に記している。葉山へ車で宮城をでるときもこの三人の皇太子は見送りもしない。葉山には2回ほど東宮が訪れる。このときも一時間ほどしか大正天皇に会っていない。

私は彼の日記をよみつつ思った。この四人の子供は大正天皇と全く関係がないと。そして思った。たとえ血がつながっていなくても父子の情がすこしくらいあってもいいのではないかと。

また、こうも思った。大正天皇は、脳病で死んだのではなく、なにか妙な薬を飲まされ続けて、しゃべれなくなったからではないのか、と。死ぬまで脳は冴えていたと思っている。奈良武治の『日記』がその証となろう。

(転載以上)

 

巷に流布されている関係とはかけ離れていますね。

・病弱な大正天皇をささえる気丈な皇后

・仲の良い親王兄弟。

昭和天皇の第一皇女が36歳で亡くなられたとき、軽井沢で悲しみにくれていた昭和天皇と良子皇后のもとへ、美智子と美智子に引きずられるようにしてやってきた明仁皇太子が、「実に詰まらないことで」ガミガミと文句をいったことが、入江の日記に記されています。

※姉の49日も絶たないうちに軽井沢へバカンスにゆく皇太子一家。

良子皇后は沈黙したまま、昭和天皇は「わかった」とだけ仰せになったとか。

また、昭和天皇のご危篤時、国中が音曲を控えていたころ、テニスを楽しんでいたのが今の天皇、美智子、徳仁さん。そして、軽井沢で左翼友達のピアノに合わせて「きゃはは」とたのしげに笑いながら踊っていた美智子。

今の皇室と変わらないようなきがします。

誤魔化しきれなくなっただけのことかもしれません。

 

【鬼塚史観】次男:秩父宮の実父は東久邇宮 稔彦

実子は産まれず絶家。

皇太后が一番寵愛していた御子さんだったそうです。

詳細は後日まとめますが、2・26事件というのは、皇統を、大名の毛利家の血筋の昭和天皇から、宮家の血筋の秩父宮へ移譲させるための「壬申の乱」だったとの説があります。そういうフィルターを通してみると納得のいくところがあります。

 

『日本の一番醜い日』鬼塚英明著より

映画『日本暗殺秘録』が一九六九年に東映で製作された。監督は中島貞夫、脚本は笠原和夫。

笠原和夫は「日本暗殺秘録」が一九六九年のシナリオを書くにあたり、いろんな人物に会い、それから物語を構成する。二・二六事件の関係者に会う。笠原の”弁”に耳を傾けられよ。世にも恐ろしき真実が語られる。

笠原

『日本暗殺秘録』は昭和四四年でしょ。その五年後の昭和四九年の一二月に、路頭でばったりと河野司さんに会って、「実はちょっと話したいことがある」といわれてバーに連れていかれたんですよ。「潜水艦」という軍関係のバーなんですけどね、このバーなら大丈夫だと河野さんが話し出したんですけど「実は今、東久邇さんと会ってきたんだ」と。東久迩宮さんは戦後最初の首相だった人ですけど、その人に聞いてやっと事件の真相がわかったと、つまり河野さんとしては、なぜ、弟たちがああいう事件をおこしたのかということをずっと調べてたわけですよね。

で、それは何だったかというと、結局、二・二六事件というのは壬申の乱だったんだと。つまり大正帝に子供が出来なくて、貞明皇后に何人か男をあてて、それで子供を産ませていったというんだね。「だから、ずいぶん、あの兄弟は顔が違いますよ」と。

裕仁さんにしても、秩父宮、高松宮、三笠宮と、全部顔が違うと。それで貞明皇后なんだけど、女というのは最初に押し付けられた男というのを嫌がりますわな。それで、ものすごく長男ー裕仁さんに拒否反応を持ったらしいんですよ。で、誰かだかは解りませんが秩父宮のお父さんが貞明皇后のハートを射止めていて、それで秩父宮さんを溺愛したらしいんです。だから貞明皇后としてはなんとしても裕仁さんをハズして、第二子の秩父宮を天皇の座に送りたいというのがあったんですね。それを、画策したのが山県有朋でね。だから、昭和天皇の妃を決定すると際、色盲問題があったでしょ。

桂 

宮中某大事件ですね。

笠原 

そう。それで結局、山県は宮中クーデターに失敗したわけですよ。それで責任をとって辞めた後、すぐにストレスで死んじゃうんですよね。

桂 

宮中某重大事件って、活字でしか知りませんでしたけど、なんであんなに重大なのかわからなくて(笑)

笠原

それで、秩父宮さんもそういう自負をもっていたわけですね。若いころから、兄貴よりも自分が皇位を継ぐべきなんだと。それで自分に協賛してくれる人が欲しいからということで陸軍の中に入っていくわけですよ。彼は陸軍の将校でしたけれど、例えば安藤輝三大尉は非常に秩父宮に恩顧をうけたりしてね。

 

ここに重大な宮中の”ひめごと”が書かれている。語った人は元皇族である。この東久邇宮の語る真実を私たちは多く受け止めなければならない。明治維新において、大室王朝(決して南朝王朝ではない)が生まれ、昭和に入って昭和天皇王朝が生まれたのである。万世一系の天皇神話はかくも脆いものであった。

(転載以上)

 

以前、伏見氏のブログへのダヤンさんの寄稿の中に、アメリカに暗殺された人物として、秩父宮をあげていましたね。昭和天皇の同意のもとだったのか、それが知りたいですね。

 

【鬼塚史観】三男:高松宮は有栖川宮威仁親王と女官の夫婦の間に生まれた子を養子にした

有栖川の宮は高松宮を発祥としている。実子はうまれず絶家。

 

【鬼塚史観】四男:三笠宮の実父は牧野伯爵

3人の親王がうまれるも、三笠宮家、高円宮家、桂宮家、いずれも親王を残さず絶家が決定。

※似てないんですよね(笑)

管理人は、実父が大正天皇でない場合、ツグコちゃんや桂の宮様が、有栖川宮家のかたににているので、有栖川宮家のだれかかなとおもうのですが、、、。

三笠宮系には、女王が4人のこっていますが、眞子様のご婚約をもって女性宮家の卦は潰れました。4人の女王さんたちは、降嫁されるいがいに道はなくなりました。三笠宮家も高円宮家も、未亡人が薨去したら絶家することになります。

ほかに、「皇太后(貞明)の息子」とされる人物の就職をたのまれた、という文書ものこっており、大正天皇が病床にふしているときに妊娠出産したことがあるらしいですね。

堕胎したことが1度あり、陵にある流産とされて祀られている土饅頭がそれらしいです。

③【鬼塚史観】「明治・大室王朝」から「昭和・西園寺王朝へ」

【鬼塚史観】初代:昭和西園寺天皇

ほんとうに、昭和天皇の実父が西園寺八郎(旧姓毛利)だったとしたら、ここで明治・大室王朝が絶えます。そして西園寺王朝の始まりです。

西園寺八郎は、毛利家から養子に来た方なので、実質的には毛利王朝といえるかもしれません。

仮に、鬼塚史観が正しかったとして、ごまかしてつないだ皇統ですが、早くも存続の危機を迎えます。

裕仁親王は、宮家出身の良子女王を妃に迎えますが、親王がなかなか生まれませんでした。

4人皇女がつづき、やっとできたの親王が継宮明仁さんでした。というか、そういうことになっています。しかしこの方も、托卵ではないが、実子ではないという説もあります。

 

昭和西園寺王朝の嫡男・明仁親王

ご夫妻のウルトラCの解決策として、皇族の落胤(秩父宮が最下層の遊女に産ませた男子説が有力)をもらい子したという説がしつこくあります。

たしかに、明仁さん、まったくだれにも風貌が似てないんですね。

 

次男 正仁親王

正仁親王は実子っぽいのですが、大正天皇のように成人する前にご病気になられてお子様は望めない体質になられたそうです。それを覚悟で津軽家から華子様が「殿下は華子がお守りします」と、嫁がれました。華子様は、裕仁天皇と同じ(鬼塚史観がただしいのなら)、毛利家の血を引いるため昭和天皇とは縁戚になります。

嫡子・明仁さんが正田美智子と結婚したため、昭和天皇も毒殺?され、良子皇后は苛酷な晩年を過ごすことになります。

さらには、平成になってから、秋篠宮家と高円宮家に意味のない産児制限を敷いたため、皇統の危機を迎えました。

ブーメランだったのでしょうか。

やはり、良子皇后の第4子出産後、北朝への移譲の環境が整っていたことがわかります。しかし、無理をしてつなぐのです。

続きます。

 

昔作ったコラ

 

可愛いネコ「倒れてあげる」

◆人気ブログランキングに参加しています

9 件のコメント

  • でれでれ草様、お元気でしょうか。

    一連の写真、特に「次男」を見ていて思い出したのが、清朝最後の皇帝「溥儀」でした。下のサイトに、時系列的に広い範囲から展示されていました。
    http://www.cpcjapan.com/china/history/syouzou/photo5/fugi014.html

    「朱貞明」(?)皇后のお気に入りの息子との類似が気になります。これも、ただの印象ですけれど。
    皇帝「溥儀」は火葬にされていますが、遺髪などが残っていればそれなりに遺伝子鑑定などできそうな気がします。

    平成に入ってからの災害続き、何とかならないものでしょうか。結局、誰が祭祀を行い八百万の神とのつながりを保っているものか、神々はクローンの「血統」を認めるのか、なども気になります。

    国土も日本人(と、日本にゆかりあるあらゆる魂)も、受け継がれてきた言葉や文化などの伝統も、全てが活きて日本を構成している大切な要素です。西洋列強と手下の近隣諸国が音頭をとって仕掛けた細工は、もっと大きな神智の前では、紙の切り絵細工のように薄く儚く飛び去って行きそうな気がします。

    • 隠されたことが暴かれる時期なのかもしれませんね。
      冷静に考えれば、先の大戦で一番利をあげたのは、天皇家でした。
      8兆円といわれている清の賠償金などの資産をスイスにうつして隠した。
      旧宮家を追い出して本物の皇統を追い出した。
      巨大なビジネスなのかもしれません。

  • 今回もすごく面白いです。
    無残な現実が現代皇室への崇敬をほどいていくのを感じます。
    どこかに本物の皇族の方がいらっしゃり、日本を祈り守っていてくださる……そんなぼんやりとした希望を残しながら。
    偽物を拝んでいる自分は嫌ですから、やっぱり事実を知りたいです。
    次の記事も楽しみにしています。ご自愛くださいませ。

    • 応援ありがとうございます。
      国体=天皇として、無条件に崇敬してましたからね。
      現実を見る必要がでてきました。

  • 初めまして。

    こちらのサイトでも採り上げられていますが
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=101789

    田布施の大室家の親族(地家(ぢけ)ヤスマサという方)による情報があります。

    http://teikoku-denmo.jp/history/honbun/nanboku4-1.html

    ー引用始めー

    情報を整理すると
    (中略)
    明仁(今上天皇)が余りにも女癖悪いので大室貴雄を皇室の養子に呉れないかとの相談に来たが近祐が断った。高松宮の情報では明仁は三笠宮嵩仁と良子の間の子(血液検査で判明)だから昭和天皇は秩父宮に譲位したかったらしい。

    広飲み屋は近祐の息子徳川恒孝の長男で岸信介が養子にした。(昭和34年)勿論、昭和天皇も御了承済み。宮内庁の下の人間には昭和天皇の成子と東久邇宮盛厚の間の子が広飲み屋と言う事にして納得させたとの事。宮内庁でも下の人間は大正天皇が徳大寺の子で昭和天皇も毛利元徳8男西園寺八郎の子と言う事になっているが、これも嘘で宮内庁上層部及び田布施 柳井関係者(大和町民も)及び佐藤栄作、高松宮の情報から大正天皇は寅之祐の子で昭和天皇・秩父宮・高松宮全員、明治天皇の子で父が大酒飲みだったので全員子種無く子が出来無かったと言う。
    (中略)
    以上 高松宮発言から(1983年)

    ー引用終りー

    内部情報も多重になっているようで、
    昭和天皇は本当は西園寺八郎の子ではなく明治天皇の子ということですが、私もこちらが本当だと思います。
    田布施は鬼塚氏も言っているように大内氏の後裔朝鮮部落なので、大内氏を滅ぼした毛利氏とは敵対します。
    西園寺八郎は裕仁の侍従をやっていましたが、実の父が子の侍従をするのは一般的にも不自然ですし、秘密主義の田布施皇室なら尚のことそんな分かり易いことはしないと思います。

  • 先ほどの地家ヤスマサさんのブログですが

    http://blog.livedoor.jp/jikeyasumasa-oomuroyasumasa/archives/67152963.html
    > ②大室寅之祐が南朝の末裔なんて大ウソらしい。

    とのことです。鬼塚氏も大室南朝説は確認できないと言っていますが、
    田布施地元の親族の間でもこういう認識ということです。

    http://blog.livedoor.jp/jikeyasumasa-oomuroyasumasa/archives/67152966.html
    ー引用始めー

    大正天皇・・・当時は大隈重信と岩倉が権力にぎっていて
    大隈の子が大正天皇になる。岩倉の子は堀川辰吉郎となって御所を追放される。

    昭和天皇・・・明治天皇の子で計画出産。明治天皇の権力で作られた。

    今上陛下・・・当時は三笠宮崇仁と徳川(尾張)義知が
    権力握ってて三笠宮の子を明仁に。尾張義知の子を常陸宮にした。

    皇太子浩宮・・・昭和天皇と岸元総理の権力で大室庄吉
    の孫大室近祐の孫を皇室に養子にして浩宮にした。

    ー引用終りー

    だそうです。
    堀川辰吉郎は、中丸薫の父親とか言われる人ですね。
    岩倉具視が皇居遊郭の誰かに産ませたのが堀川辰吉郎ということでしょうか。
    岩倉具視も公家などではなく長州の足軽の出とかいう話もありますね。

    • 偶然ですが、下のサイトの松重楊江氏の文に堀川辰吉郎の出自への言及がありました。
      他にも興味深い箇所がたくさんありましたので・・・

      http://www.infact-j.com/komento.htm

      これは、これまでこの問題を無視、否定、回避して来た・・いや、せざるを得なかった・・方々にとって多少なりとも衝撃はあったであろう。

      しかし現実には、K室関係内部では既にこの問題は「朗かにせざるを得ないだろう」、 
      更には、「如何にして出していけば良いのか」などと話されているとの情報もある。

      もはや、これを無視し隠し続けて行く事と知らない事はむしろ無知の代名詞ともなる日が近いのであろうか?
      (中略)

      この問題を避けては、世情の改革は不可能なのではないか。

      今の現状は、これまで保護されてきた、言わば明治利権組とそれを改めて掃除をしようという大きな意志との小競り合いの状態である。
      でも、これまで方法論の是非はともかく、国を維持してきたのも利権組の功労とし、彼らの立場や今の生活レベルの確保を
      裏側表側何らかの方法で保証してあげる事を条件に、場合によっては一線から引いて隠居していただく、また、
      形はそのままであっても運営に口出しし無いといったような方法論は取れないものか。 そうでなければ、やはり抵抗があるのは必然であろう。

      http://www.infact-j.com/komento2.htm

      かつて、呂不偉が妻を自分の種入りを承知で差出し、生まれた子が「秦始皇帝」であるように
      岩倉も寵姫を我種入りと承知の上であてがった明治天皇(大室寅之祐)の妾(千草任子)に出来た子が
      堀川氏(彼女の父)である。
      (中略)
      政治も経済も芸能・マスコミすべて血統による支配の中で動いている。
      この見方でそれぞれの出来事やニュースなどの本質を見ると面白い。
      (中略)
      実は現在、K室実権は平○天皇でなく美○子皇后であるとのみかたがあるが、
      実は、全ての引継ぎは徳○親王にされており
      その実母である美○子皇后が表舞台で踊ると言う事も十分理解が出来るであろう。
      では、何故平○天皇ではないのか、何故徳○親王なのか・・・・。
      それを解く鍵は、やはり明治維新に遡るのである。
      “朱貞明”の存在である。・・・・・“明”“黄檗”“大室天皇”“真史”・・・・・・!
      (中略)
      平成14年11月

      http://www.infact-j.com/arai/message2.htm
      新井信介先生 より メッセージ ②

      ● 2001年に入ってから、すでに、宮内庁の中では、「明治維新の秘密は、もはや隠し切れない」(あるいは)
        「もはや、隠す必要はない」と、これまでの官製「学会」擁護の姿勢がなくなりました。
        もう真実を出してもいいという意味です。その結果が、天皇の「ゆかり発言」になっています。

      ● 明治維新史の背景には、八切・鹿島・松重でも気付いていない もう一つ大切な事実があります。

         それは、昭和天皇の母の存在です。勿論、九条節子ではありません。宮中で、「さる方」と呼ばれ、1912年に、
         孫文が中華民国を建国した時に、日本で、三教会同を時の首相に開催させた人物です。 名前は、朱貞明。 
         1860年生まれで、実は、明を建国した朱元璋の末裔です。

         ボルネオ島の現在のブルネイ近くに拠点を持ったいましたが、禁門の変のあとに日本に亡命し、一旦は、
         孝明天皇に幼女に迎え入れられました。
        
         しかし、 維新の後、一旦は、中山忠能が預かり、この客家グループとの関係が必要な明治政府は、
         今度は、皇太子嘉仁の妃として、抱えなおします。

         よって、大正妃は、二人いることになります。昭和天皇の、中華民国に対する姿勢を考えますと、
         この貞明の影響があったとしか考えられません。

         ちなみに、大正妃は、生前から、貞明皇后と呼ばれていました。

  • 松重正(松重楊江)という山口柳井生まれで大室明治天皇関係を研究している人のようですが
    少し面白い話が載っていましたので

    http://www.infact-j.com/matsushige/hajimeni.htm

    ー引用始めー

    戦前は天皇という言葉を口にするさえ憚られ、
    天皇制を批判すれば忽ち憲兵に捕らえられるという恐怖政治が横行していた。

     その犠牲となった最大の者は、大正一二年(一九二三)九月、関東大震災直後に行われた
    在日朝鮮人への「いわれなき弾圧」と大杉栄らに対する暗殺事件であろう。
    このことは現在では、大方の人がよく知っている。
    しかし同年一二月に起った「虎ノ門事件」すなわち難波大助による
    摂政ヒロヒト(昭和天皇)への狙撃事件のことは、
    当局の「大助は不敬罪により死刑になったテロリスト」であるという一方的な発表を
    未だに信じているような始末である。

     筆者は長年これに疑問を持ち、地元のことでもあるので詳しく調べているうちに、
    当局の主張とは全く違い難波大助は学習院生であったことをつきとめた。
    しかも皇太子ヒロヒトと大助は同級生で、大助がガ-ルフレンドの良子王女と
    仲良く交際している姿を、何時もうらやましそうに見ていたヒロヒトが横恋慕し、
    宮内省の役人を使って皇太子妃に横取りしたということが判明した。

     さらに、虎ノ門前で摂政の車めがけて鉄砲を撃ちかけながら
    「革命万歳」を叫んだという当局の発表とは違い大助は車の直ぐそば12センチまで近寄り、
    「おれの女を取りゃ-がって」と叫びながら空気銃の筒先を空に向けて撃ったという。
    これでは話がまったく違う「若い者同士の恋愛ごっこ」ではないか。

    ー引用終りー

    • 難波大助は田布施の西の隣町の出身で、父親は衆議院議員、実兄は当時三菱本社勤務、のち三菱重工社長になっています。
      学習院生だったのが本当なら、難波家も同じ大内氏朝鮮部落の一族(少なくとも事情を良く知る地元の名士)だったのでしょう。
      難波にとって裕仁も同じ身内一族、大室明治天皇の秘密も知っているので、不敬もなにも同級の親類に悔しさをぶちまけただけの話になります。しかし色恋の恨みを買いなおかつ最大のタブーを知られているが故に、口封じにテロリストということにされ死刑になったのでしょう。
      ちなみに虎ノ門事件(大正12.12.27)は、裕仁と良子の結婚(大正13.1.26)の一ヶ月前だったのですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。