【つれづれ】9月13日 メンテナンスのお知らせとネットの怪

Sponsored Link
◆人気ブログランキングに参加しています  

2017年09月13日

こんにちは。朝夕涼しくなりましたね。
いかがお過ごしですか。

503エラーの連発が続き、ほかにもいろとご迷惑をお掛けしております。

解決方法としてサーバーを変えようと思いますので、メンテナンスのため09月04日は閲覧ができなくなると思います。

ご了承ください。

こういうことがあって、、、

無料ブログに見切りをつけて、今のレンタルサーバーへ移行したのですが、、、

例の9月3日の「エラーの回数」がえらいことに。

これ、エラーが発生した回数です。

盛り上がっているところが9月3日、例の「眞子様」ご婚約会見の日です。

わかりやすすぎました。

Sponsored Link



 

コメント欄から推測する盗作ブロガーの正体

ブログを移行するにあたって、過去の記事だけではなくコメント欄も見直すきっかけになりました。

盗作ブログ「ぎらの日本を守りたい」を記事にしたときは、コメ欄に

「いつものHiromiさんにもどってください。やめてください」

というコメントがつきました。

イザーマンとの抗争がはじまったときも、同じように

「いつものHiromiさんにもどってください。やめてください」

というコメントがつきました。いずれも認証しませんでしたが。

伏見氏に確認したところ、やはり

「薩摩隼人に情けはないのか。やめてください」

というコメントがついたそうです。

同じ人でしょうね。

「ぎら」は、イザーマン一派ではないかと。カテゴリーに、「子育て」にエントリーしていたのをみると、ふぶきではないでしょうか。文体に知能がさなさげなところが、ふぶきではないかと。

 

ランキングやネットの怪

拙ブログも、人気ブログランキングに登録してました。

更新が数日止まっても25位くらいが定位置だった伏見氏のブログ。

政経塾へのアクセスは増えているらしいのですが、人気ランキングではたった一日で10位ほどランクをさげました。

アクセス数が上がっているのに、ランキングが下がり続けるという怪。その後つづいています。

 

反比例して、BB覚醒ブログのランキングが数日で100位以下からトップページへ復活。トドコも続いています。

あと、ななこひめ、というブログも同じくランキングを上げてますね。

この「ななこひめ」のブログ、ざっと読みましたが、出だしの文体はもとより、拙ブログのネタを筆頭に、掲示板や他ブログからあちこちからネタ、画像をもってきて転載元を記載せずに記載してますね。さも自分が検証したかのうようなブログ。検証に至る経緯も何もなく、ただ結果だけ羅列しているだけですね。ブログの書き手の個性が見えてきません。

「ぎら」と同じ人かなと、、。すなわち、ふぶきではないかと、、、。

あくまで推測ですが。

 

BBも似たようなものだったそうです。

伏見氏によると、BBブログの記事の配分は

・皇室ネタはドス子さんのマネ、

・アキエちゃんや稲田ともちんなど成功している女性に対する罵倒

・JAさがの野球部員の方々による裸踊りの余興

・久留米市女性校長たたき

・犬の死体など残虐な画像、

・昭和チックな替え歌

そんな感じだそうです。いわれてみればそうかも。

ドス子さん、誰かに潰されましたよね。そして誰かが記事や検証結果を奪って自分のものしたのでしょうか。

BBは、某脚本家がドス子さんになりきりながら書いていたブログだったのかもしれません。

 

どこかの半島のテンプレどおりのビジネスのやり方に似てますね。

・ターゲットに粘着し、模範する、マネし、なりきる。

・ターゲットにストーキングを開始。

・恐喝、脅迫で潰す。祈祷や呪術も使う。

・知的財産、作品、ブログ、会社などを知的財産、物理的財産を横取り。自分の名前をつけて売り出す。

・「ネットワーク」をつかってマスコミやネットに工作室付偽装し続ける。

・創造性がないので他人から収奪したものを崩しながらやりくり。それが尽きたら、次のターゲットを探す。

 

ソニーをはじめ日本の家電メーカーは、サムソンにこれでやられましたね。

次はアップルということだったのでしょうが、サムソンは所詮は朝鮮の企業。アメリカの国策企業に近い企業に対してはできませんでした。

ジョブズさんはなくなりましたが。亡くなり方も、、、本当に本来の寿命が尽きてなくなったのでしょうか。

雅子様大好き様も、ふぶきの講演会に参加したあと、ストーキングに会っていた気配があります。そして更新がとまりました。

コメ欄で雅子様大好き様の更新がとまったことを案じた方に、ジュゴンやふぶきが「お元気ですよ」「職場も知ってます」と答えてましたね。

雅子様大好き様のブログは再開したものの、書き手はあきらかに別人でした。

なんどもこういうことをしてきたんでしょ。たぶん。

仮に管理人の推測どおりだったとしても、掲示板や皇室系、保守系の方々は頭がいいから騙せないでしょう。

そのうち自爆すると思います。

 

gooブログの怪

話を人気ランキングにもどしますが、ランキングやアクセス数を増やす業者があるのは知ってます。

それだと、正確な反応がわからなくなるし、こういう方法は卑怯だとおもうのでうちは使ってませんが。

しかし、一日で爆上げできるもんでしょうか。まるで運営側に本人がいて捜査しているかのよう。怪ですね。

ま、いいんですけど。

 

これ、gooの時と似てるんですね。

でれでれ草がいったんGooブログで復活したあと、皆様のご尽力により早々にgooランキングにはいりました。

伏見氏が、それを書くと、とたんにその日のうちに例のブログがランキングが怒涛のようにアップ、そして、話題の記事のランキングに、3位、4位に、覚醒と銀蠅がいきなりランクイン。まるで、運営側に誰がいて手入力で意図的に捜査しているかのよう。あくまで印象です。実際はどうか知りません。プロバイダの怪といえるとおもいます。

ただ、運営側に個人名を記載した覚醒や銀蠅の記事への削除依頼をだした管理人と伏見氏に、免許所などの個人情報を郵送で遅れといってきたのは笑えない怪です。規定通りといっているのですが、、、本人が見てない場合もあるでしょ。知らない間にさらされていて、その情報をもとに襲撃とかされたら問題でしょ。関係のない第三者が通報したら、晒されている本人でなくても削除に応じるべきだと思うのですが、、、。

 

ふぶきのランキングも怪なんですね。

人気ブログランキングでは、彼女が登録している全ての記録を統計しても、あきらかに過疎化しているのに、gooランキングでは上位にあります。

ふぶきのブログは、gooランキングの前後するブログの人気ブログランキングの数字と比べてみると、人気ブログランキングでは、In、Outの早慶の桁が2つ違うのです。

何らかの理由があるのでしょうか。

一部のブロガーや担当者により私物化しているのではないのか、本当に公平にサービスを提供しているのかどうか問い合わせたところ、ランキングは集計して出してそれを掲載しているという内容で、手入力によるものっぽいニュアンスの返事がきました。正直どうもいいと思いました。

もともと他のブログサービスに20年は遅れていますから、過疎化して誰も来なくなると思います。

 

 

皇室の怪

皇室の怪も深いですね。

秋篠宮家ですが、

「白髪の宮様=本物、黒髪の宮様=偽物、大震災のあたりにすり替わった」

と仮定してましたが、ご成婚とうじより2組の夫婦あるいは、ダブルがいたような気配がありますね。

単純に

・猫背、長身の宮様

 

・黒目の距離がある丸い顔で肩幅の広いめの、それほど長身ではない宮様がおり、

 

紀子様も、

・長身で菩薩顔の川嶋紀子さん。歯並びが美しい。

顔のパーツが真ん中によっている低身長の紀子さま。

1999年のキコさま。この人がそうだと思うのですが、、。

低身長です。

 

C 前歯の特徴のあるキコさま。Bのキコさんかもしれない。

 

2005年のキコさまです。加工されているかのせいもあります。

 

 

右の2016年のキコさまは、会見のイントネーションが中国人と指摘されていました。

複数の文仁親王がおり、親王夫妻も早い段階から複数いたのかもしれません。あくまで仮定ですが。

ご夫妻の身長差が、ころころ変るのが怪といえます。

長女様のお顔も、ころころ変わります。これも怪です。

仮説ですが

A:ナマズ研究チーム

文仁親王:白髪・丸顔・肩幅広い

親王妃:菩薩顔、長身、

悠仁親王:垂れ目、上下の唇が豊か、顎先が右へ寄っている

 

B:家禽研究チーム

文仁親王:黒髪・小顔・長身・猫背

親王妃:顔のパーツが真ん中によっている、低身長

悠仁親王:釣り目、上下の唇が薄い、顎先が左へ寄っている

 

2つチームがるのかもしれず、ほかにもいるのかもしれず、、、

もともとレンタル家族だったのかもしれず、あるいは気のせいかもしれず、、、、。

不思議が一杯です。

また、まとめてみたいと思います。

では、復興作業に戻ります。

 

お約束のネコgif

とんとん「起きて」

◆人気ブログランキングに参加しています




Sponsored Link

新着エントリー

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

40 件のコメント

  • 夜分です。
    妄想がふくらみます。
    悠仁様セットのご一家と眞子様セットのご一家は明らかに別ですね。
    鯰と鶏の共通点は、タイです。
    秋篠宮様、英国留学時にもうすでにタイに鯰の研究だったかに行っている、お付き合いが長い。
    色々と準備ができそう・・・・ていうか、もともと現在の事態を予想されてタイ王室とのお付き合いをされていた気もします。
    だって、昭和帝没後は後ろ盾がないですから、それ、探さないと。
    のご一家です。
    ちなみに、本は鶏が先で鯰が後です。
    私は高麗神社行ったフーフのタイ寄り道は秋篠宮を返せ交渉だったのではないかと妄想しています。
    タイ王室は、世界でも屈指のお金持ち。
    あちこちに別荘だの離宮を持っているはず。
    先日もあの素行の悪い新国王がドイツでパチンコ玉をぶつけられてたことがニュースになっていました。
    あれも、ドイツにマンションと別荘をお持ちなので、ほぼそちらに滞在なんですよね。
    私は彼が即位しても多分タイで仕事するのは、ダブル(影)の方だと予想しています。彼(本者)は遊んでると思いますよ。父国王も晩年は影だといわれているのですから、新国王が影を使ってもまわりは何も言えないと思います。
    高麗神社フーフも、そのバックも本物ご一家の居場所はそこそこにわかっているのではないでしょうか。
    でも、やたらに手出しできない所にいるし、タイ王室というバックがある。
    で「返せ」交渉にいったように思いますよ。
    あるいは、お金下ろすことだけしてくれたら、自由でいいから、とか伝えてくれ、とか。
    だって、人払いして新国王とお話しして、更にシリントン王女様も出ておいでにならなかったし、あの訪問は異常。押しかけた感じですよね。
    タイ国内でないかも。しかし、海外であってもタイ王室に関係深いところで過ごされている気がします。
    王室の別荘なんて、暗黙でほぼ治外法権でしょうから、とりあえずは手が出ない、たとえ皿婆さんでも。
    もうお戻りはない気がします。
    で、あの誕生会・・ではないでしょうか。

    以前、コメント欄に世界の王族で公務は影つかって、自分たち本者は自由に遊んでいるみたいなことを事を書かれていた人がいましたよね。うろ、ですけど。あれ、ずーーーと気になっています。

    • 本物のご一家がご無事なのを祈っていますが、仮に悠仁さまが成長期に海外で過ごされていた場合、はたして天皇の役割を理解できるかどうかが不安です。
      皇統の維持の方法としては、旧宮家復帰が確実そうです。

  • つまり、「これだけは大丈夫!」というものはないってことですね。
    gooには私も奴らの件で文句を言ったことがありましたが、少し要望が通ったんですよね。
    偶然だったんだなー。

    皇室はエイリアンにやられた惑星みたいになってますね。
    あちこちに蔓延って、もう手がつけられない。
    焼き尽くすしか悪は退治できないとこまで来てますね。
    皇室は日本に必要なので、何とか正しい系統に戻って欲しいです。
    凡そメール以外に何もできませんが、暴れる時は暴れます。

    でれでれ様には自分のHPを作っていただきたいです。

    • 各自できることをするしかないですね。
      嫌韓のように、ある時期がきたら、一気に皇室の怪も拡散するのかなと思ったりします。
      天皇夫妻の訪韓あたりで爆発しそうですね。

  • どんどん記事が増えて読み応えあります。
    ありがとうございます。
    でも、ご無理厳禁ですよ。

    今晩も妄想を書きに来ました。
    私は鶏黒髪チームと鯰白髪チームは仲良し?だと思います。
    仲良しというと、語弊ありですが・・連携しているというか。
    鶏黒髪チーム、3人で一つの家族なのでは?お姫様2名はレンタル。
    先日のお誕生日映像を見ると、2名ともニセでした。
    このお姫様2名はミテコ系ですね。
    で黒髪さんは、本当に家禽研究をされている、大学で指導しておられる。

    対して白髪チーム。
    こちらがオリジナルで、印璽はこちらだと思いますが。
    そもそも、学習院は政治経済学科で、何で鯰?
    タイへの布石だったと思います。
    鯰研究の名目あれば何度でもタイで不審じゃないし、どんな所でもいけそう。
    これは、離宮とかに隠れる下準備にもなる。
    姫様2名と紀子様を早いうちにタイにつれていらしたのも、下準備ではないかと。
    こちらが2010年頃から全く見えなくなった方々ですよね。
    タイ王室の離宮とか海外の広大な別荘とかでお子様方は独自の教育を受けておられるとか?
    しかし、裏でどんな形の交渉があるのか知りませんが、ごくたまに出現される。それが、眞子様の2015.2016年の中南米の海外公務。
    地理的に当たり前とは言え、お立ち寄りはどちらもアメリカですね。
    後、2015年はドイツにも。
    同地は、例の評判悪いタイ新国王が、常駐しておられる。これは気になります。
    この2つの海外公務の形をブータン偽者デビューの下敷きとした。(色々とお粗末でしたが)

    ずっと秋篠宮様ダブルに気がつかなかったのは、主として黒髪チームのまじめで心のこもった公務ぶりにだまされていた。
    だまされていた、というのは失礼かも知れませんけど。
    このまじめ公務は、連携から来ているのではないかと。
    黒髪氏の出自ですが、ミテコ4号?5号?わかりませんが、ミッチーズの誰か。お年は白髪様より下かも。
    紀子様はうーん、似せて整形したか、そもそも似ている人を連れてきて結婚されたか。
    黒髪チームですよね、よく参内されていると報道されていたのは。
    多分本当の母がミッチーズとして皇居に残っていたからそこに行っていたと思います。
    これ、皇室掲示板かなんかに書いてあったのを見て、そうかも!と思ったこと。

    秋篠宮家が沈黙なのは、そもそも姫(娘)がいない。
    あのつり目の悠仁様だけがお子様、と考えたら納得いくのですが。
    自分たちと行動を共に下できのいい姫役は今はいない。
    ミテコ系のバレバレのあのこんにゃく会見眞子様と、中年みたいな留学佳子様は、彼らには関係ないのだと思います。

    今よく出ておられるどうもできの悪い秋篠宮様は、やがて黒髪さんが本者として即位されるまでのつなぎなのかな。
    もともといないはずの娘2名は、黒髪さんの即位前に降嫁にいってもらう方が好都合。
    でも、黒髪さんは良心の呵責がある?
    だから、ただいま休養中、多分。でハンガリー帰りの方、がんばる。
    とにかく、なかなかお皿さんおよびお皿チームに荷担できなかった。
    でも、今の悠仁様の即位をいわれてのった。
    で、先日の紀子様お誕生日会になった、気がしています。
    多分、即位は現コータイシ→黒髪秋篠宮さん→つり目悠仁様かな。

    白髪秋篠宮様ご一家は、出る幕がなくなるということで戻りたくても戻れなくなるのではないでしょうか。

    矛盾がいっぱいあるし、妄想大爆発。
    しかし、今や魑魅魍魎が跋扈する何しろ皇室ですから。

    またまた失礼しました。

    • 皇室にはいろいろと謎が多いですね。
      秋篠宮家は、今ではまるごとレンタル家族にかわっているとおもいます。
      存在しない内親王のご成婚、どうするんでしょうね。
      バーチャル映像になるかもしれませんね。

  • こんばんは
    またまた妄想語り。
    以下は、秋篠宮さまのWIKIより、です。
    ・・・・・・・・・・・
    1984年(昭和59年)、学習院大学法学部政治学科に入学。翌年には自然文化研究会を結成し、積極的にサークル活動を行うとともに、東京農業大学育種学研究所を前身とする財団法人進化生物学研究所で家禽類研究に従事。一学年下の川嶋紀子と知り合いサークル活動を通じ交際を深め、1986年(昭和61年)6月26日に自ら求婚していた。同年から財団法人山階鳥類研究所総裁。
    1988年(昭和63年)、学習院大学法学部政治学科を卒業。
    ・・・・・・・・・・・・・・・
    上記を読んで、黒髪殿下は、もしかしたら、農大の学生だったのかも知れないと思いました。
    方向性の違うことを、さりげなく一連の文脈に入れている感じの文でかなり気になるというか???がつきます。
    >一学年下の川嶋紀子と知り合いサークル活動を通じ交際を深め、
    これも気になります。
    紀子様、進んで入られたのか?
    「狙ってた」と一時いわれていましたけど・・・
    それはだれにもわからないけど、このあたりにもそういうこととのつじつま合わせが感じられます。

    高麗神社フーフの奉迎にけっこう多くの方々が集まったようですね。
    もう絶望しか感じません。
    派手にドンパチやらないともはや、日本人はダメなのかも知れない・・・
    トランプさん、安倍総理と靖国神社に参拝してくれないでしょうか。
    私もホワイトハウスにメールを出しました。

    • >上記を読んで、黒髪殿下は、もしかしたら、農大の学生だったのかも知れないと思いました。

      そうかもしれません。だとしたら納得のいくところが多くあります。

      >紀子様、進んで入られたのか?
      「狙ってた」と一時いわれていましたけど・・・

      ある方から伺ったのですが、紀子様は宮様に近づくために積極的に動いてたそうですね。
      若い女性が、イケメンの貴族の男性に惹かれるのは別におかしくないのですが、雅子や美智子のように用意された女性だったのかがきになります。

  • 返信コメントをありがとうございます。

    今日は、お休みなので、昼間から妄想にお邪魔しております。
    >仮に悠仁さまが成長期に海外で過ごされていた場合、はたして天皇>の役割を理解できるかどうかが不安です。
    >皇統の維持の方法としては、旧宮家復帰が確実そうです。

    最後の一文には、同意なのですが。
    ただ、お育ちはこだわらなくてもいいのかも、と。日本の時流あわせの軽薄な公教育より数段いい教育があるかも知れません。
    公教育って「羊」をつくるシステムですから。
    アメリカで、一時チャーター教育(自家教育のようなもの)がはやっていたときがありました。

    ちなみにタイのプミポン国王も海外で生まれ、海外で勉学を修められ、兄(ラーマ8世)の怪死という思わぬ事で即位でした。
    要は血統とご身分にふさわしい気高いお心と祭祀かな。
    この、怪死事件も???ですよね。
    当然影の用意があったはずなのに、あえてつかわず出した。
    色々といない方がいいお兄様だったのかも知れません。
    プミポン国王の、顔に感情がほぼ出ない(目には出ているときがある)あの存在感。何なのでしょうね・・・気になる。タイには何度か旅しましたが、お写真を拝見するたびに、ここが気になりました。

    ・・・・以下はプミポン国王のWIKIより・・・・・・・・・・
    タイ王国を公式、非公式で訪れることの多い秋篠宮文仁親王を「我が子と同様」であるとして、懇意にしていた。またタイのシリントーン王女は、公式・非公式を含めて8度来日している。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「我が子」が危険なら、隠しますよね。

    ちなみに、この秋篠宮文仁親王の写真とリンクしている画像は、黒髪殿下でした。
    秋篠宮様のWIKIには、1枚、白髪殿下が残っていますが、やがてこれも黒髪殿下になりそう。

    紀子様の件ですが。
    私の知り合いで「東京の良家の子女」だった人、今はフツーのおばさんですが、ごく若い頃の紀子様を直に知っていたみたいで。
    目立ちたがりで嫌な人、あれは計算ずくで近づいた、と悪口叩いていました。
    しかし、入内してみたらとんでもないところだった、覚悟がなければ後悔されたことでしょうね。大変だったと思いますよ。当時から魑魅魍魎は跋扈していたはずですから。
    お父様の川島教授が学習院の教授として入られた経緯が気になります。
    以前も書きましたが「紀子様」は、平民藩塀として用意されていた方だと思います。

    ところで、先ほど掲示板を見てきたら、今上の影検証まで始まっていますわ。
    掲示板、消されそうです・・・・

    • >ところで、先ほど掲示板を見てきたら、今上の影検証まで始まっていますわ。
      掲示板、消されそうです・・・・

      はじまりましたか。
      ヤフオク事件を事実上立証した方々ですから楽しみです。
      御上も、若い時の耳とか、同時期なのに身長とか頭身とかが違うんですよね。
      災害が続くはずです。
      正統な皇統の北朝にもどってきてもらわないと。

  • またまた、参りました。
    なんだか最近やたら眠たいので少し書き込みさせていただいて、寝に就きます。
    チリ出発の「秋篠宮ご夫妻」をご覧になりましたか。
    紀子様、ミントグリーンです。
    うーん、この色は確か刈り上げクン奥さまも着用写真ありましたよね。小池百合子さんも。
    何か「符牒」カラーなんですかね。
    例の成田の方もこの色。
    でも日本では報道されなかった・・・

    宮様は、何かくたびれた気配。
    違うわ・・・でした。
    もう煮詰まりきっています。

  • http://koredeii.com/?p=4674
    こちらのサイトに、カコ様のSPなしイギリス留学生活とかいう写真が載っています。
    飯田何とかさんにいているけど、乗っ取り座のお人かな?
    100%、本物様じゃない。
    こうやって、貶めて、多分ニセ眞子様よりもっとひどい状況(できコン)とか、暴行とか。本物さんが絶対に出てこられないことに持って行くのだろうと思います。
    留学はロケなんでしょうね。
    カコ様検証のあのページが拝見したいと思ってきたのですが・・・まだ再アップされていませんね。
    ・・・・・・・・・・・・・
    今回の秋篠宮様のチリ、何故かアメリカとドイツお立ち寄りがあった。
    南米は、自分がペルーに行ったときはフツーにアメリカ。
    西海岸から、あるいは米南部の都市にいったん降りて乗り換えて向かうのがフツーだと思うのですが。
    何でドイツ?
    マコ様も2016年のパラグアイの時にアメリカとドイツの立ち寄りになっています。
    フライトの関係かな・・・どうも、気になって、気になって。
    ドイツないしはオーストリーとかのドイツ語圏にどこかに、隠れ家その1があるとか。タイ国王のBB弾事件はミュンヘンです。広大な別荘もこの近くとか。
    それと、ドイツ、最近は行っていませんが、ライン川沿いとかフツーに中世のお城が残っていて、隠れるにはもってこい。
    あと川島教授のつてもあるかもですね。

    で、コータイシやミテコ達の外遊を見てみましたら、??がつくお立ち寄り、いくつかありました。
    荷物検査がないので、皇室のお宝を持って出て、こういうお立ち寄りで流している可能性があるなあ・・と思います。
    それと、春先に次々と不審来日していたヨーロッパ王族達、もしかしたら、皇室のお宝横流しに荷担しているのかも。コータイシにもお呼びがかからないし、自分らもいけないし、代わりにということで。
    自分たちも横流し手数料をいただき、後はミッチーズに環流する、そんな流れがあるのかも知れません。
    またまた妄想領域に突入しました。
    もう少し、このあたり、妄想研究を継続、深めます。

    以前、こちらにコメントを残される方々、すごい方々が多かったです。また、そういう方々のご意見をたくさん拝見したいと思うのです。3人依れば文殊の知恵どころか、大日如来の知恵って感じでしたわ。
    コメントがどこについているのか、見える化をしていただくと、勉強になります・・すみません。
    いろいろなことをいいまして。
    私がここに付けるのは、イルカさん、クジラさんがネコさんと同じくらいに好きだからです。
    これとならんで愛するのはクラゲです。

    画像掲示板が、どうしてこんなに荒れるの?というくらいにすごいことになっています。
    全て取っ替えて本物が出てこれないように秋篠宮家を貶め、ニセ会見を成功させ・・自分たちは私的と称してあちこち徘徊。
    あとで行幸啓にして・・。
    まさに我が世の春なのに、どうしてあんなに荒れる必要があるのか不審です。

  • こんばんは
    宮内庁の日程を見るとフランクフルトは「お立ち寄り」サンパウロは「乗り換え」
    いわゆるトランジットは「乗り換え」だと思うし。
    「お立ち寄り」なんだろ?
    11時15分羽田発のANAですね。
    皇族はJALだと思っていたので意外でした。
    このANAは、16時25分にフランクフルトについて22時5分のルフトハンザとのコードシェア便でサンパウロ、朝方4時55分。
    で、ここでラタムエア(多分ブラジル系)で7時40分で、12時過ぎチリのサンディアゴ津空く、ほぼ30時間強のフライト。
    対して、フツーに、羽田からチリサンディアゴで検索かけると下位にだってに、フランクフルトまわりは出てこない。
    アメリカ南部の都市での乗り換えです。
    こちらも34時間くらいですが、しかし、アメリカでけっこう沢山時間があるので、休めます。
    私もペルーに行ったときアトランタで乗り換えでしたけど、時間がかなりあって、トランジットのソファで寝てました。
    当然皇族は貴賓室だろうし・・・
    何よりアメリカから便もコードシェアですが、デルタとかで、ブラジルの怪しげな飛行機に乗らんでもよい。
    ブラジルの飛行機は落ちやすいので有名です。
    よく皇族をこういうのに乗せるよね。
    です、正直。
    ま、偽者さんですけどね。

    結論として、ドイツお立ち寄りの理由があるのだと思います。
    宝飾品の闇市場は、ヨーロッパですよね。
    これかな。
    フランクフルトで闇市場へ流す受取人がいるんじゃないでしょうか。
    皇室のお宝を売って復讐と利益と一石二鳥ですか。

    もしかして、フランクフルトで本物殿下をすり替わるあるいは、できのいい偽者とすり替わる?のかともって考えていましたが、出られた方と着かれた方は同じに見えますし、これは違いました。

    まずは、この「お立ち寄り」を利用して闇へ皇室の品々を流すことをしているのは確かでしょう。という気がしています。

    以上本日の妄想、終わりです。

    • >結論として、ドイツお立ち寄りの理由があるのだと思います。
      宝飾品の闇市場は、ヨーロッパですよね。
      これかな。
      フランクフルトで闇市場へ流す受取人がいるんじゃないでしょうか。
      皇室のお宝を売って復讐と利益と一石二鳥ですか。

      ありがとうございます。
      川嶋キコさんはドイツ語が堪能でしたね。気になるところではあります。
      疑惑をもたれない皇族といえば、常陸宮夫妻くらいで、あとは、、、、。
      ノーチェックで持ち出せる皇族王族が協力し合って、お宝をながすルートはできあがっているでしょうね。
      問題になったヤフオクは、闇のオークションで売れ残ったものを出しただけだったとか。
      なんといっても、オランダが怪しいです。
      あくまで想像ですが。

      • オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、あたりはみんな怪しいと思います。ルクセンブルグは、金融の本店みたいなのが沢山あります。
        確か、フランクフルトからアムステルダムまでは車で4時間から5時間くらいのはず。
        アムスの王宮なんて、ダム広場に面して建っていますけど、すぐそばには古くからダイヤモンドの研磨とか商いとかの中心です。

        • あのあたりの国は、表と裏が凄そうですね。
          ロス茶を工作員として使役するような黒い秘密結社の本部があると聞いていますが、、、。
          因果なのでしょうか、あの辺は気候変動の末に海に沈むんですよね。

        • ベネルクス、看板と裏の顔の違いが凄そうですね。
          暗黒組織の本部があるとかないとか、、、。ああ、怖い。

  • 先ほど、最新記事に書いて投稿したのですが、503エラーで消えました・・・
    コピーしとけばよかった・・・・がく。
    さてこちらは入るか。
    こちらが入ったら、明らかに最新の記事を読まれたくないということだと思います。
    画像掲示板も攻撃に遭っている最中です。

    • 掲示板も荒れているようですね。
      選挙がちかいからかもしれませんが、、、、、。
      あの方々が、何を嫌がるのかが、わかりやすくて助かります。

    • 27日から、いきなりエラーが増えました。
      なぜかは知りませんが、、、。
      ぼちぼち続けていきます。

  • 入った。
    やっぱり、新しい記事が「攻撃」されています。
    さて、いつものメール活動。
    もう止まりませんよ!!

  • こんばんは
    またお邪魔しに来ました。
    今日の話題は「お立ち寄り」の件
    ・・・昭和天皇WIKIより
    1971年(昭和46年)には9月27日から10月14日にかけて17日間、再度イギリスやオランダ、スイスなどヨーロッパ諸国7カ国を訪問した。なおこの際はお召し艦を使用した前回と違い日本航空のダグラス DC-8の特別機を使用した。訪問先には数えられていないが、このとき、経由地としてアラスカのアンカレッジに立ち寄っており、エルメンドルフ空軍基地内のアラスカ地区軍司令官邸でワシントンD.C.から訪れたアメリカ合衆国大統領のリチャード・ニクソンと会談、実質的にアメリカも訪問している。
    ・・中略・・・
    当時、天皇との会談を、ニクソンの訪中で悪化した日米関係を修復するのに利用しようとしているのではないかと福田が懸念し、象徴天皇制の前提が揺らぐ可能性を憂慮したためである。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・立ち寄って、アメリカ大統領に会っているわけですよね。あと2017年に高麗神社フーフがベトナムに行ったときに「タイ立ち寄り」でした。
    つまり、宮内庁がいう「お立ち寄り」とは、誰かに会うとかそこで何かをするとか使用するのではないかと思います。
    今回の「秋篠宮ご夫妻」は、ドイツに「お立ち寄り」です。サンパウロは「お乗り継ぎ」です。この使い分けは意味深ですね。
    ●・・あれ?あやしい
    ▲これも?だ
    △若干・・・ハテナ
    ☆「秋篠宮ご夫妻」の今までの外遊・・2010年以降
    2011 コスタリカ(アメリカ立ち寄り)
    ●2012 ウガンダ(イギリス・フランス立ち寄り)
    2013 東欧(オーストリア経由)
    ●2014 ペルー・アルゼンチン(フランス・オーストラリア立ち寄り)
       ●ザンビア・タンザニア(南ア・イギリス立ち寄り)
    グアテマラ・メキシコ(アメリカ立ち寄り)
    ●2015 ブラジル(ドイツ立ち寄り)
    ▲2016 イタリア(バチカン立ち寄り)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ★眞子様外遊
    2015 中米(アメリカ立ち寄り)
    ●2016 パラグアイ(ドイツ・アメリカ合衆国立ち寄り)
    ・・・・・・・・・・・・・・・
    ★皇太子ナルさん
    △1989 ベルギー(フランス立ち寄り)
    △1991 モロッコ・イギリス(フランス立ち寄り)
    1992 スペイン・中米(アメリカ立ち寄り)
    1994 中東(タイ立ち寄り)
    1995 中東(シンガポール立ち寄り・・雅子・・阪神大震災)
      2003小和田氏オランダへ・・雅子のティアラ不明と関連?
    2006 メキシコ(カナダ立ち寄り)
     ●オランダに雅子と愛子とで行っている 2億円ご静養
    トンガ(オーストラリア立ち寄り)
    ・・・2つめのティアラの不明?・・・・
    2008 ブラジル(アメリカ立ち寄り)
    ・・・・9月にリーマンショック・・OWD氏天文学的借金?
        10月末にヤフオク発覚
        この頃から、京都御所へバック持って行っていたはず・・・・・・
    ●2009 トルコ(ドイツ立ち寄り)
    △2010 ガーナ・ケニア(イギリス・イタリア立ち寄り)..国際親善?
    ●2011 ドイツに行っている
    2012 タイ・カンボジア・ラオス・・国際親善
    ●2013 オランダ 例の即位式
    ●スペイン
    ●2014 スイス
    ・・・・・・・・・・・・・・・・
    色々とみるに、どうも何故か皇室は南米訪問時は、必ずヨーロッパを経由(1回は、今回は往復とも)見たいです。
    それが内廷のみなのか、他の皇族方もそうなのかは不明。

    やはり時々503エラー、出ますね。
    何が起きているのでしょうか・・・・

    • お立ちより場所の中に、財産隠しに便利な国があるのが気になりますね。
      なんといても日本の怪の最たるものは、今の皇族が皇族でもなんでもなく、皇族に化けた泥棒外人工作員だということですが、こいつらの目的は日本乗っ取りと同時に、やはり天皇家の財産の横領のような気がします。
      神威あらわれて、いつものように自浄作用があらわれ、北朝宮家に皇統が戻るのを信じています。

  • 前の外遊歴に続きます

    高麗神社テンノー夫妻
    1992中国(ミテコ入れ替わり?)
    ●1993 ヨーロッパあちこち (バチカン立ち寄り・・静養の法王へ押しかけ訪問)
    アメリカ
    ・・・・EU11/1発足・・実質ヨーロッパに持ち込めば物流自由・・・
    ●1994 フランス・スペイン(ドイツ立ち寄り)
    ●1997 ブラジル・アルゼンチン(ルクセンブルグ・アメリカ立ち寄り)
    ●1998 イギリス・デンマーク(ポーランド立ち寄り)
    ●2000 オランダ・スエーデン(スイス・フィンランド立ち寄り)
    ●2002 ポーランド・ハンガリー(チェコ・オーストリア立ち寄り)
    ●2005 ノルウエー(アイルランド立ち寄り)
    サイパン
    2006 シンガポール・タイ(マレーシア立ち寄り)
    ●2007 スエーデン・バルト3国・イギリス
     ↑
     アメリカとかサイパンとかありますが・・・この辺までヨーロッパラッシュ、お宝持ち出し売りさばきをできますよね。
     ちなみに全て「国際親善でご招待」の名目
    これ以降、余りヨーロッパがない。あきれられてご招待が無くなった??
    2009 カナダ・ハワイ
    2012 イギリス・・・これはエリザベス女王の再60年のお祝い
    2013 インド
    2015 パラオ
    2016 フィリピン
    2017 ベトナム(タイ立ち寄り)→本者返せの直談判?
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ミテコ様単独
    2002年(平成14年)9月28日 – 10月3日、スイス旅行。 国際児童図書評議会 (IBBY)、スイス・バーゼル=シュタット準州州政府からの招待
    2014年(平成26年)12月11日 – 12月13日ベルギー訪問。 元ベルギー国王ボードゥアンの王妃であるファビオラが12月5日に死去葬儀参列。この時もスイス立ち寄りという噂ありますね。

    ミテコ様は露骨にスイス、スイス。例のお金の案件ですね。
    2002・2014年に彼女がスイスで引き出し失敗して、OWD氏がしゃしゃり出たという流れかな。

    • 並べてみると壮観ですね。
      なんていっても美智子のスイスへの立ち寄りが怪しいです。
      ベルギー王妃の葬儀のため出発した美智子と、ベルギー王妃の葬儀に出た美智子が別人だとしたら、時間は山ほどありますね。
      馬賊のような女が皇室に入り、皇族が泥棒をするまで落ちぶれたとは情けない話です。

      • 実は御所にはすごい盆栽があるんです。御所の盆栽、そういう感性のないミテコは売りたいと思うんです、かなりな値段がつくので。モノによっては1億円以上。
        御所にはそんなのがごろごろしているのはないかと思います。
        しかし、市場が狭い、御所からなんて言うとすぐに噂になるし出せない。でも、国賓と懇談の映像などに盆栽は一切映り込みません。
        上品な倉庫のような所での懇談です。どうしたんですかね?枯らした??お世話する専門の人を首にしたとか。
         
        貴族・華族のお姫様お殿様なら、盆栽も含めて、絵画や小物など古物やそれなりの値打ちのある品々がフツーにあるところでお育ちになった。それを換金視線で見ることはよほど金コマの時以外はないでしょう。
        しかし、商人あがりのいわゆるおっしゃるところの「馬賊」的階級の女性が入内したことで、お金になる、それもたいそうな額になるとわかった。
        で、ミッチーズの売る売る暴走が始まったと思います。正田冨実が亡くなってからですねこの暴走。
        やはりミッチーズは頭よくない感じですね。

        • たまに晩さん会などで写る絵画も屏風も、年代が新しそうなのが気になります。
          かたっぱしから皇室財産を売りさばいて逃げるつもりなのかもしれません。
          スイスの天皇家の資産の引き出し、これ、明治天皇の子孫であること、が条件らしいのですが、托卵、偽物では引き出しができないのではと思います。
          焦っているのかもしれません

  • WIKIより
    御物(ぎょぶつ、古典では ごもつ、おもの とも)は、日本の皇室の私有品になっている絵画、書跡、刀剣などである。

    第二次世界大戦以前には、東京・京都・奈良の帝室博物館(現 国立博物館)の所蔵品や奈良・正倉院の宝物なども「御物」であった。

    第二次大戦後は、日本国憲法第88条の規定に基づき、皇室の資産は原則として国有財産となり、皇居をはじめ御用地、御用邸、修学院離宮、桂離宮、埼玉鴨場などの土地建物、正倉院の宝物などはすべて国有財産(皇室用財産)となった。

    ただし、日本国憲法下においても、皇室伝来の美術品などは引き続き「御物」と呼ばれ、宮内庁侍従職が管理していた。
    御物は慣例的に文化財保護法による指定の対象外となっており、国宝や重要文化財などには指定されていない。

    1989年の昭和天皇の崩御に伴い、同年、「御物」の大部分は相続にともなって天皇から国庫に物納され、宮内庁管轄の三の丸尚蔵館に収蔵されている。
     三の丸尚蔵館所蔵品には狩野永徳筆の「唐獅子図屏風」、絵巻の名品として知られる「春日権現験記絵巻」「蒙古襲来絵詞」、伊藤若冲の代表作「動植綵絵」などが含まれる。
    これらの作品は、1989年以降は「御物」ではなく国有財産になっている。
    ただし、「三種の神器」をはじめとする、皇室にゆかりの深い品々や、歴代天皇・皇族の肖像、遺筆、儀式に用いる刀剣類などの皇室経済法7条にいう、「皇位とともに伝わるべき由緒ある物(『御由緒物』)」については国庫の帰属から除かれ、1989年以降も「御物」と呼ばれている。これらの御物は宮内庁侍従職の管理下にあり、おもに皇居内の山里御文庫と京都御所内の東山御文庫に保管されている。
     3180件が「国有財産」、
    580件が「御由緒物」に仕分けされ、
    残りの800件が引き続き「御物」にとどまった。
    ・・・・・・・・・・・・・・・
    ってことは、売り払ってもよろしい、自分らのモノと勝手に思い込んで持ち出していいのは800件もあるわけですね。
    M子1号の主導で「国際親善」で持ち出して、闇で売りさばいていてもおかしくない気がします。
    だから、息子も真似するんですね。

    • もう、かなりの量の御物が流出しているのではないでしょうか。
      美智子といい、雅子といい、小池といい、馬賊的な女性には正直うんざりですね。

      • 金塊も出ている気がします。
        ルクセンブルグあたり中心ではなかったかな?

        今回チリで行きも帰りもってことは、行きは御物売り、帰りは、持ち帰り(金塊とかドラッグ)は考えすぎでしょうか。
        オランダでは、コーヒーショップはドラッグ売りますし。
        ホントにコーヒーが飲みたかったらカフェテリアで(笑)
        法律が変わってなかったら、半合法のはず。
        ヤク中に、ヤクを処方するお国です。

        • オランダは、気候変動の末に海中に沈むのはお約束の国ですしね。
          麻薬、売春を公認し、さらには日本の皇室の財産処分にも協力しているのではと疑うところがあります。
          王家は、今のうちにお金を稼ぐためになんでもやってるようにみえます。
          犯罪が国家産業になった国は荒廃して亡びるのではと案じてしまいます

  • 昭和天皇WIKIより
    財産
    終戦時:37億5千万円。現在の金額で7912億円ほど。
    崩御時:18億6千900万円、および美術品約5千点。美術品は1点で億単位の物も多数という。
    皇室は不動産のみならず、莫大な有価証券を保有したが、昭和17年時点までには、日本銀行、日本興業銀行、横浜正金銀行、三井銀行、三菱銀行、住友銀行、日本郵船、大阪商船、南満州鉄道、朝鮮銀行、台湾銀行、東洋拓殖、台湾製糖、東京瓦斯、帝国ホテル、富士製紙などの大株主であった。
    なお皇室の財産も課税対象であり、昭和天皇崩御の時には相続税が支払われている。香淳皇后が配偶者控除を受け、長男の今上天皇が相続税を全額を支払った。この時に御物と呼ばれる古美術品は相続せずに国庫に納められ、それを基に三の丸尚蔵館が開館した。
    終戦後、GHQにより皇室財産のほとんどが国庫に帰したとされるが、1944年(昭和19年)に、参謀総長と軍令部総長から戦局が逆転し難いとの報告を受けた後、皇室が秘密裏にスイスの金融機関に移管して隠匿させた財産が存在した、という主張がある。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    美術品、1点で億単位ですか・・・
    すごいなあ。

    確か日本は2015年には中国領になるって。
    でもならなかった。
    中国工作員なら、信じていましたよね。
    きっと。
    ティアラはないし、多分、御物といわれる宝物この中も、億単位のモノは消えているんでしょうね。
    これはアセリますよね・・・高麗神社に参拝してお願いしたことが想像できますわ。

    昭和天皇のWIKIは、じっくりリンク先まで読んだらおもしろそうです。

    とりあえず、本日はここまで。
    また、ここに引き続き書き込みさせてくださいませ。
    では失礼します。
    寒い夜です。
    ご自愛くださいませ。

    • >確か日本は2015年には中国領になるって。
      でもならなかった。
      中国工作員なら、信じていましたよね。

      それを信じていたからこそ、ティアラなどの財産を雅子も美智子も横流ししたんでしょうね。

      堤家などは、つまるところ美智子を皇室にねじ込んだのは最初から天皇家の財産をねらってたのかもしれません。
      馬賊のような人間を皇室にいれてしまいました。

  • ☆ 秋篠宮様 タイ(あるいは近隣国)への訪問歴
    タイは♥ 近隣は◆ 何だかな・・・?怪しいお立ち寄りがある
    ♥1989 7月16日から8月18日 オックスフォード留学中・・魚類調査
    ?1990 4月10日から25日 ケニア・ マダガスカル・・ここは複数回訪問
       1990 6/29 川嶋紀子嬢と結婚
       1991 10月眞子内親王誕生
    ♥1992 9月13日から28日 魚類研究
      ♥11月5日より11月24日 スリランカ、パキスタン、インドとの国交樹立40周年 タイ、シリキット王妃の還暦式典紀子妃同行 
    ◆1994 8月4日から14日 インドネシア 鳥類調査研究
    12月 佳子内親王誕生
    ♥1995 9月16日から22日 タイ 紀子妃同行
    カセートサート大学・プーラパー大学 名誉学位授与式の出席
    10月 オーストラリア
    ※1996年 家禽の研究で博士号
    ◆1997 2月26日より3月7日 紀子妃同行 ネパール・ブータン
    ◆1998 8月3日より8月14日 中国 紀子妃同行 鳥類研究
    ? 9月25日から10月8日 アルゼンチン 紀子妃同行(ドイツお立ち寄り)※ 南米でドイツお立ち寄りのパターン
    ♥1999 6月27日から7月8日 ベトナム・ラオス・タイ 招待 紀子妃同行
    ? 10月ドイツ招待
    2001 ?5月 オランダ結婚式招待
    ◆6月21日から28日 カンボジア 紀子妃同行
    ♥8月2日より5日 シーナカリンウイロート大・チュラーロンコーン大名誉学位授与式 紀子妃同行
    ◆8月5日より16日 ラオス  鳥類研究
       *愛子内親王誕生
    2002 モンゴル 
    ?10月 オランダ 葬儀出席
    2003 ♥8月7日より21日 ウボンラーチャニー大学学位式。シリキット王妃72歳祝い、家禽類研究のため
    ◆9月27日から10月7日 トンガ・サモア、フィジー
    12月 湯浅長官、第三子をの発言
    2004 ?3月オランダ ユリアナさんの葬儀
      堤家没落へ
      清子内親王婚約へ
    2005 ?ルクセンブルグ 葬儀出席
    ♥8月17日から8月24日タイ 家禽類の日タイ共同調査研究(シリントーン王女)
    2006 ?10月30日より11月7日 パラグアイ(フランス・チリ・ニュージーランド立ち寄り)
    9月6日悠仁親王誕生
    2007 ♥3月14日から3月23日 タイ 私的訪問
    ♥8月13日から25日 マダガスカル 私的訪問 
                眞子内親王と タイ立ち寄り 
    2008 ◆1月18日より25日 紀子妃同行 インドネシア インドネシア友好年で招待
    2009 ?5月10日から23日 オーストラリア・ブルガリア・ハンガリー・ルーマニア
    紀子妃同行 日本ドナウ交流年2009
    2010 ◆3月23日から28日 ラオス(タイ立ち寄りが中止になったはず)
    ・・・・・・・・・・・・・
    2011年以降はワタクシ的には「変わられた」と(妄想ではありますが)思っているので区切ります。
    後は前に書いたモノへと続きます。
    こう見ていくと、ほとんど毎年のようにタイへ行かれていますね。
    国王が「我が子のよう」と言われるのもわかる気がします。
    それと2005年の家禽プロジェクトは、王女様との共同研究。
    実は、これが本格的に身を隠すプロジェクトではなかったか?と思います。
    鯰ご一家と家禽ご一家。
    家禽ご一家はできのいい方々で、妄想ですが、シリントーン王女も知っておられると思います。
    2011年以降も、訪問されていますよね。

  • 2006年の悠仁様誕生前にご準備されたのでは?
    皇子が誕生すると本格的に家族全員が危ないと考えられてもおかしくないともいます。
    ・・・・・・以下はWIKIより・・・
    秋篠宮様名誉学位
    × 鯰 ↑家禽
    ו1995年(平成7年)9月、タイ・カセートサート大学から名誉博士号(水産生物学)、ブーラパー大学から名誉博士号(理学)授与。
    ו1999年(平成11年)、タイ・コンケン大学から名誉博士号(水産学)授与。
    ↑•2001年(平成13年)8月、タイ・シーナカリンウィロート大学から名誉博士号(理学)、チュラーロンコーン大学から名誉博士号(理学)授与。
    ・・理由・・このあとにラオスに鳥類研究に行かれています
    ↑•2003年(平成15年)8月、タイ・ウボンラーチャタニー大学から名誉博士号授与。
    ו2007年(平成19年)3月、タイ・キングモンクット工科大学から名誉博士号(水産学)授与。
    以下の2件は不明・・
    •2011年(平成23年)3月、タイ・カセートサート大学から名誉博士号、チェンマイ大学から名誉博士号授与。
    •2012年(平成24年)11月、タイ・タンマサート大学ランシット校から名誉博士号(農業技術)授与。

    シロートですけど、普通研究って、一つのモノとか同分野方面でやりますよね。
    鯰と家禽って、違います。
    明らかに別人だと思います。
    しかし、ご両名ともタイに関わっておられる。
    はてさて。
    鯰ご一家も家禽ご一家も今上の血をひいてはおられるのかも。
    ただ、だれがお産みになったか?なのか・・・・
    それとも、それぞれ血が違うのか?
    父が違うのか、母が違うのか。

  • 宮内庁にある秋篠宮様ご略歴
    昭和63年 学習院大学法学部政治学科ご卒業
      ↓
    昭和63年~平成2年 英国オックスフォード大学大学院動物学科にてご修学
    平成8年 理学博士(国立総合研究大学院大学)

    矢印の所に無理を感じるのはワタシだけでしょうか。
    もしかして、黒髪の家禽研究の方が留学の主体だったとか?
    やがて「お逃げ」になるために下準備が既に始まっていたとか。

    確かに怪しくないのは、常陸宮様だけとなったようですね・・・
    常陸宮様ご学歴など・・宮内庁HP
    昭和33年 学習院大学理学部化学科ご卒業
    これはすんなりと理解できます。
    昭和44年~平成13年1月 (財)癌研究会癌研究所客員研究員

    今夜はこの辺で。
    ありがとうございました。

  • 訂正
    常陸宮様ご学歴など・・宮内庁HP
    昭和33年 学習院大学理学部化学科ご卒業
    昭和44年~平成13年1月 (財)癌研究会癌研究所客員研究員

    これはすんなりと理解できます。

  • ふっと考えました。
    チョー大妄想です。
    意外と、チットラダー宮殿におられるのかも。
    亡きプミポン国王とご家族の私的住居だったところです。
    広大は当然ながら、中に学校まであるとか。

    お皿さんたちがお立ち寄りした王宮は、実質だれも住んでおられないですね。

  • 今日は、秋篠宮家の記事を行きつ戻りつ、宮内庁のHPを見たりしながら拝見していました。
    断定できること・・・秋篠宮家にダブル、影武者はいる!
    再度、大確認しました。
     秋篠宮家3組説。私は2組だと思っていたのですが・・・でも、そう考えると文系の秋篠宮様(法学部卒)鯰の秋篠宮様、家禽の秋篠宮様。
    何か整理がつくような・・・
     複数の秋篠宮家の存在。
     で、多分ですが、華やかなオーラがある白髪さんがやはり本者かな?
     黒髪さんと「紀子様」夫妻はできがいい。きちんと公務をお勤め。

    ものすごくダークホース的な考えですが、昭和帝のそばにお座りになっていた本者中の本者は・・ご成婚ご夫妻(文系)はすぐに姿を消された。どこかで別人として生活して既に久しい。けっこう、皇籍離脱希望的なことがあの頃言われていましたよね。
     それでいくと、白髪さんも黒髪さんも実は偽者だけど、血筋はつながっている?
    それは白髪さんかな。
     両者のとっかえは、やっぱり2010年じゃないですかね。
    下をWIKIで見つけました。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    また、2001年(平成13年)から東京農業大学で学生指導を開始。2006年(平成18年)からは非常勤講師を務め、2008年(平成20年)より秋篠宮妃紀子の弟が講師を務める東京農業大学大学農学部バイオセラピー学科客員教授に就任。2年後の2010年(平成22年)3月まで務める予定である。2007年からは東京大学総合研究博物館特招研究員。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    農大客員教授もとりあえず2010年が区切りなんですね。
    お子様方の切り替わりも2010年。
    この年の3月ラオスです、そのときに眞子様も同行。
    タイ立ち寄りは中止と公式に言われていますが、すり替わればそれは関係ないし。かえって、好都合かな、疑われないから。
    2011年秋に「陛下にも定年があってもいい」的発言があって、関心のある人は、あれ??・だった記憶があります。
    あれ、入れ替わり後の発言であれば納得です。
    それと、アイコさんのニセと、お正月写真を撮影して沈黙なのはどうして、気がつかないわけがないと実に不審でしたが、すり替わり後ならよくわかります。
    むしろ東宮も、このタイミングでだしてきたのかとさえ思います。
    問題は、黒髪さんと行動していたできのよい眞子様・佳子様はいたの?
    いなかったの?
    いたと思いますけど、彼女たちはどこに消えた?
    これ、偽者否定の目線から見たら、キチガイ的な問ですが。
     しかし、明らかにニセと見破れる今のお姫様方とあの姫2名は違っていました。「紀子様」と春日大社参拝していた眞子様、大きなオーブ。あれは加工ですか?
    うーん、わからない。

     幼児から少年へ、顔の膨らみはとれてシュっとしますけど、目は垂れ目がつり目にはなりません。(断定)だから、悠仁さまは幼児期と現在は別人と思います。
    つり目悠仁様は、以前も書きましたけど黒髪さんと笑うとやっぱりつり目気味でごくたまに野望が目に出ている「紀子様」の実子でしょう。お姫様方はこの二人には誕生していない。「紀子様」はホントに「お茶」に在籍だったのかも。お茶と農大カップル。
     時々、悠仁様を東大へ入れたがっているとか言う記事が出ますが、飛ばしかな、と思っていましたが、この「紀子様」のご発言かもです。

     多分今回「紀子様」が、つり目悠仁様を即位させたいとお思いになって乗っ取り終了、とかって妄想です。
     チリ訪問ですが「秋篠宮様」は元気ないししょぼくれているけれど(多分ニセもといわれ始めているのが堪えている)「紀子様」は、腹が据わっている感じです。意外と今や、司令塔として動かれているのではと思います。お靴もコンビ靴をはいておいでになる。

    旧宮家復帰もさることながら、皇室制度は憲法からいじらないといけない。
    どんどん血税搾取機関なり、外国人による日本乗っ取り制度として機能してしまうと言うか、既にしています。
    それと何より国民は無邪気に皇室の方々を信じることをやめにしないといけない、と思います。これが一番手強いし、こういう事態を招いた一因となっていると思います。

    毎日メールはしていますが・・それ以外に何ができるのかな・・

    沢山の記事を拝見できて、休日の大妄想でした。
    10月はやや仕事が忙しいので、ゆっくり時間がとれません。
    このたび、あれこれ考える貴重な時間が持てました。
    ありがとうございました。
    明るくない気分ですが、あきらめませんわ。

     

    • 複数の文仁親王がいますが、どれが本物なのかというのも微妙ですね。
      すべて明仁天皇の子なのかもしれず、あるいは、勝手にミッチ―3号たちが生んだ子なのかもしれず、、、、・
      少なくとも3人、あるいは4人いたのかな、とおもうのですが、今の黒髪のヘタレ宮さまは、ご成婚した斜視の宮様とは別みたいですし、、、
      究極の公人たる皇室皇族が国民をだますのが許せません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。