※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

【つれづれ】よいお年をお迎えください

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

コメント欄より

ありがとうございます。もし、男性用サッシュを堂々とつけられたなら、仕返し?として、禁色ドレスも理解はできます。

※美智子が着用しているサッシュは、太さとつけている勲章の大きさからみて、男性用サッシュ(昭和天皇に送られたもの)の可能性があり。

それと、以後、このようなことをされないために、現在のフィリップ国王が即位された機会に、意図的に女性用のサッシュの幅を狭くし、勲章サイズも小さくしたのかも?という推測もできそうです。

細くなっただけでなく、フューシャピンクから、紫系に色まで変わっているのです。これで、昔のものをしても一目瞭然ばれますね。
ギザギザの山が7つって、そこに気がつかれたのがすごいです。
ベルギーのマチルド王妃の来日は、上が赤、下が柄、上が深緑、下が柄というように、絶対に同じ服装をされないような工夫がしてありました。何色の服を着て来日する、という知らせも、わざと違う色を書いた可能性もありますし。

以上

ありがとうございました。

 

Sponsored Link



 

 

コメント欄より

画像タイトル:1514038145556.jpg-(232737 B)
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.php?res=2323966

こんばんは。
画像掲示板から、拝借しました。近影のよう。
ミチコさんの誕生日パーテイが6回開かれたことがあって、直後に「6人それぞれを祝ったのだ」との書き込み読みました。
また、「ミチコさんの入内直後に九州からミチコさんの従姉妹たちが大挙上京した」と、どこかのブログのコメント欄で、地元の方が書いていました。全部ご存知だったら、すみません。
今後も頑張って下さいね。

以上

 

ありがとうございました。しかしながら、加齢して面変わりをするにしても、連続性が見られるのが普通ですが、、

加齢のしかた

良子皇后陛下は、加齢されて皮膚がたるみ目じりが下がりましたが、それでも、連続性がありますが、、、

 

この人の連続性のなさときたら、、、。だれやねん、こいつら、、

 

【鬼塚史観】昭和天皇の隠し子

実際には、裕仁は息子を作ることについてどこからも全く圧力をうけていなかった。というのは、彼の2人の側近の証言ーーーこの時代の諸文書にはこの証言を確認する一定の明白なヒントがあるーーーを信ずるとすれば、裕仁は既に一人の息子がいた。

1931年3月に四女が生まれた後、彼は、皇位継承者の必要に正面からぶつかり、劇的な手段をとるときが来たという点で、最高の地位にある重臣たちの意見に同意した。

同時に個人的な理由から妾を作ることは望まなかった。良子皇后の愛情と彼女の家族ー彼によると従兄弟にあたる伏見家の人々ーの支持とは、かれにとって軽視するにはあまりに重要であった。

では、一人の息子はどのようにして生まれたのか。昭和6年の春のある時、裕仁は精液の入った試験かんを侍医の一人に渡す。これを保有され、分割され何人かの貴族夫人に配分された。そして昭和七年のはじめに一人の男子がうまれた、、、、、、とバーガミニは記している。

「裕仁にはすでに一人の息子がいた」とバーガミニは書いている。その男児は代役後継者となっていた。「おそらく少年は、伝統的な日本の流儀で、後継者のいない帰属過程に受け入れられたのであろう」と書く。「この打ち明け話を業者に伝えてくれた情報提供者は、母親がであれでありこの赤子のその後はどうんったのかについての質問には、回答を避けた」

 

『歴史読本』(二〇〇〇年12月号)に「昭和天皇隠し子事件」なる記事が載っている。

昭和25年『真相』7月1日号に、「ヒロヒトを父にもつ男、天皇家の大秘密」という記事が掲載された。長崎県佐世保の特殊喫茶、すなわち売春宿の息子、行村正が昭和天皇の御落胤であり、これまで無残な生涯を強いられ、今もなお軟禁状態にあるというルポルタージュだった。沖縄台となったが、名誉棄損で訴えられ、6人が起訴され、3人が入獄。戦後を象徴した人気雑誌『真相』の衰退をまねくことになった。

P301、302『本当の日本の黒幕』鬼塚英明

 

ヒロヒト天皇の隠し子と現状の話が真実だったから、処分が本気になったのかなと思いますね。

似たような形で、複数の後継者の予備を用意するのは愛子さんが初めてでは無さげですね。ナルちゃんが幼少時より複数いたのは確認できますが、ナルちゃんチームの、徳仁1号と2号が、整形を利用しているとはいえ、ある程度、似ているのが不思議でした。

 

徳仁親王

左:徳仁2号、右:徳仁1号 ※掲示板よりお借りしてます。

上段:徳仁1号、下段:徳仁2号

そして、わざわざ促進剤を入れて、ナルちゃんの誕生日を調整していた風があるのも不思議です。「美智子が生む新宮」を妊娠していた女性が複数いて、調整しあっていたのかもしれません。また、ナルちゃんの出生カルテが行方不明といわれていますが、事実ならそれも不思議な話です。

明仁天皇の2人の親王の誕生は、受精させた卵子を分割して別々の女性に着床させる技術を実用していたかもしれませんね。

 

文仁親王殿下

少なくとも3人いらっしゃるようです。美智子や愛子さんやナルちゃんのようにチームを組んで、随時複数いた可能性がありますね。

 

佳子様をご懐妊中の紀子様と、文仁親王

文仁親王のジャケットのサイズがあってないのかなあと、そこが気になります。こういう着方がはやった時代だったこともあるでしょうが。

他人の物を着ているか、あるいは仮に、ご病気だったとか、、、。

 

斜視の宮様

 

こちらはたぶん白髪の宮様

華のある宮様でした。311のあと黒髪の宮様とすり替わり、それ以後、行方不明です。

アラモード様の推理どうり、筑波にいらっしゃると信じたい。

 

佳子様ご誕生

斜視の宮様と白髪の宮様の間に、もう一人、あんまり背が高くない、もっさりした宮さまがいた可能性もあるなあと、今、画像を見ているところです。佳子さま御誕生後あたりから、なんか、違う気がしてなりません。気のせいかもしれませんが。

 

明仁さんチーム

ただ似ているからということでチームに入っている人もいるでしょうが、何人かは、同じ試験管をつかって生まれた人の可能性もありますね。

昭和天皇と良子皇后は、4人つづけて内親王でした。確実に、男児をつくらなくてはならないプレッシャーはあったと思います。

想像をたくましくすると、ヒロヒト天皇の精液の入った試験かんをつかって生まれた子が、初期の明仁さんチームだったのかもしれません。売春宿で軟禁状態になっていた「ヒロヒト天皇の息子」は、オリジナル、もしくは他の親王たちと「似ていなかったから」養子にだされた可能性もありますね。あくまで可能性です。

 

「へ」の字の口の明仁さん

untitled

こちらの人が「への字」の明仁さんかな、と。隣の女性は上の美智子とは別人ですが、こちらは、角刈りミッチーですね。

この人かも。

「へ」の字口の天皇は、左の人ですね。真ん中はエビス顔、右はモアイ顔の明仁さん。

 

小口で受け口

この人かな、、。

untitled

左エラ・明仁さん

たぶんこの人かな、、。今の悠仁さまのように、右目と左目の形が極端に違うんですね。この方。

untitled

 

えびす顔

口がまっすぐで大きくて、目じりが垂れ目。たぶん、最近までメイン扱いになっている人だと思う。目じりが下がってます。いい人っぽい。

untitled

 

昨年の年末の記事をみると、

宮内庁と内廷の罪

・今の美智子皇后は、ご成婚した正田美智子とは別人であること

・正田美智子に化けた複数の正体不明の女が天皇に侍り皇后を詐称していること

・正田美智子のチームは内廷費3億2400万を使って、皇統簒奪クーデターよび倒閣運動をしていること

・美智子と東宮夫妻により、現金、ティアラ、宝飾など大量の皇室の財産が横領されていること

・愛子様の自閉症を隠すため、愛子様には幼少時より影武者の少女がいたこと

・愛子様と影武者が2015年12月より完全にすり替わったこと

・正体不明、出自不明の少女を「愛子様」と偽り報道し続け国民をだまし続けていること

・徳仁親王は人工膀胱であり祭祀は不可能なため皇位継承の資格はないこと

・皇太子の妻雅子の父が天皇家の財産横領の為、スイスで軟禁されていること

以上のほかにもいろいろありますが、国民の絶対的な天皇家への敬意を利用して、天皇制存続の危機をよぶほどの大罪を犯し続けています。

管理人は非力な民草ですが、今年も拡散に励みたいと思います。

本年も、よろしくお願い申し上げます。

 

こういうことを書いてたんですね。

しかし、1年たてばさらにいろいろなことがあり、、、

・BB覚醒記録はのBB女史は、じつはバーチャルであり、かつ、BB=トド子=イザーだった。

・カナダ爺さん、ふぶき、の正体がわかった。

 

皇室関係では、

・生前退位の目的は、スイスに隠してある天皇家の莫大な隠し財産を、アジアに移すためではないのか。

・天皇夫妻の、フィリピン訪問などの不自然なアジア訪問は銀行の手続きの為ではないのか。※関連記事

・美智子、愛子さん、ナルちゃんだけではなく、明仁さんもダブルがいた。

・秋篠宮家が、311を境に、偽物と総入れ替えになっていたことがわかった。ご一家は偽物だった。本物は??

・「生前退位」、「日本で最高位の独身女性である眞子様と最下層の男・キムコムロとの婚約」、が報道をハイジャックして実現。

・生前退位に関しては大正天皇を追い落とした経緯に似ている。

・小室圭なる正体不明の創価学会系であろう男が、報道の飛ばし記事と宮内庁内の工作員との共謀で、交際実績のなかった内親王と結婚することが決まった。

・コムロの母はなぜか、池田大作の長男に似ている。マスコミが王子ともちあげていたのは、創価の王子だったのかも。

・内親王のこんやくも、生前退位も、いずれにせよ、準クーデターといっていい事案が完遂した年でもあった。

・明治天皇=大室寅之助は朝鮮浮民の部落出身の偽物だった。明治天皇=大室は小室圭とは似たり寄ったりの出自だった。

・明治以降の皇統は托卵と貰い子で繋いでいる状態、

・大室で始まった皇統詐欺が、小室でバレた。ある意味洗脳が溶けるきっかけになるのではないのか。

 

そして創価

2016年12月 創価のシンボル鶴をもって何かをアピール

・大河ドラマは、おんな城主「景虎」。皇室問題のリークの可能性

・池田大作の娘といわれている雅子の夫(偽物だけど)が即位の予定。

・東京五輪のロゴが創価の紋になった

・そして、創価が天下を取ろうとしているのだろうか。

日本の神威が勝つか、朝鮮系の謀略が勝つか、来年答えがでるんじゃないでしょうか。

※関連記事 朝敵の法則

 

民主党政権成立を思い出します。あのときは、もうだめだとおもいましたが、1000日の民主党政権後、大逆転が続いています。

どうなるかはわかりませんが、ゴールまでの道筋は数多くあれども、人類のゴールは数多くの予言者のいうとおり「日本が天下を取る」「黄金時代の幕開け」だと信じています。

それぞれが、やれる事をやっておきましょ。

 

今年は、ブログがつぶれたりいろいろありましたが、皆様のはげましと応援のおかげで無事再生できました。

御礼申し上げます。ありがとうございます。

良いお年をお迎えください。

でれでれ草

 

夏がなつかしい

扇風機が毛玉だらけなのがまた、、、

Sponsored Link
Sponsored Link