※人気ブログランキングに参加しています

【つれづれ】インフルエンザの流行と100年前のスペイン風邪

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

いつも、コメント欄へのコメントをいただきありがとうございます。参考になり励みになります。ありがとうございます。

風邪気味なのと、多忙のため、返信がおくれており申し訳ございません。

インフルエンザが流行しているみたいですね。皆さまは大丈夫ですか。

今年は、近年でいちばんの流行だそうで、管理人の地元でも、インフルエンザが大流行したあおりのせいで、じもとの小中学校では学級閉鎖になるクラスがでていました。

管理人は、インフルではないのですが、数日前から普通の風邪をひきました。ちょっと、今日は熱っぽいですね。

今年のインフルエンザの流行と関係あるかどうかは不明ですが、最初のパンデミックといわれている、スペイン風邪が猛威を振るったのが、丁度、100年前の1918年でした。

2018年 インフルエンザが大流行

in deep様より

[重要]インフルエンザの爆発的流行を作り出しているのが「ワクチンそのもの」である可能性が浮上。最新の医学論文に示される「ワクチン摂取は《呼気からのウイルスの排出を6倍》にしている」という事実

続きはこちらから

・シーズン前にインフルエンザワクチンの接種を受けていた人で、その後、インフルエンザにかかった人の「呼気」から排出されるインフルエンザウイルスの量は、「接種していない人より 6.3倍多かった」ことがわかった。

・これは「インフルエンザワクチンそのものがインフルエンザを爆発的に流行させているかもしれない」ことを示唆している。

ワクチンの危険性については、代替医療の世界では常識なので、管理人は、ここ20年間ワクチンは打ってません。

発熱には意味があって、体内のビールスやバクテリア、寄生虫を焼くためであり、身体の浄化の為であり、下痢になるのは、汚いものを出すためであり、それを薬で抑えると、ビールスやバクテリアなどが適応してしまい、心身に影響が出ますね。

いつもしんどい、いつも熱っぽい、いつもだるい、、、それは、排出しきれずに適応した病気が適応し心身の一部になっているのかもしれません。

そんなわけで、管理人は、熱が出るのは大歓迎なので、熱が出たら薬で抑圧せずに、水分を多くとってひたすら眠りつづけ、補助的に代替医療などで対応しています。鼻も出しっぱなし、熱も出しっぱなし、下痢も下しっぱなし、、、浄化がすんだら勝手におさまるので、それまで待っています。

もともと血圧が低いので低空飛行ですが、日々、元気にしてます。

さて、丁度100年前に流行したパンデミックにスペイン風邪ですが、、、。

100年前の1918年 スペイン風邪が大流行

・1918年に発生

・発祥はアメリカ デトロイトやサウスカロライナ、

・当時の世界人口は18億人~20億人

・感染者5億人以上、

・死者5000万人~1億人

・人類が遭遇した最初のインフルエンザ大流行(パンデミック)

が、このスペイン風邪には法則があり、当時、予防接種をした人間が亡くなり、予防接種をしなかった人は死ななかった、という怖い真実があるそうな。問題をうやむやにするために、スペイン風邪という名前を付けて誤魔化したそうな。

陰謀論の世界では、人工削減のために活動しているのが、医療業界といわれています。

この医療業界が、今も無双でいるのは、善悪をこえた地球の意識の支持をえているのでしょうか。

「だまされない人だけが生き残る」

これも一つの淘汰であり、賢い人間だけ生き残ればいい、ということでしょうか。

 

Sponsored Link




 

人工的な病、地球外からもたらせる病、

in deep様のほかの記事で、流感は、地球を通過する彗星などがもたらすのではないのか、という記事もありました。

疾患や疫病や流感は、人工的に作られたものと、地球外からもたらすもの、など、種類がありそうです。もちろん、悪霊、死霊、生霊、呪術などの霊障もあるとおもいます。

つまるところ、生き残るかどうかは、個人の免疫が勝負のようです。

昔、欧州ではペストなど恐ろしい病が流行しましたが、都市によっては、人口の半分が死んだというケースもありました。

この場合、生き残った半分が感染してなかったということは、ありえないと思いますね。生き残った半数は、感染したものの、免疫が高かったので発病はしなかったんでしょうね。

免疫の高低は、平熱が高いか低いか、いざとなったら、熱が出せるかどうか、排出ができるかどうかにかかってくるようです。

癌にかかる方のおおくが、過去数年間、発熱したことのない方だそうです。熱がだせないので、身体の浄化ができなかったんでしょう。

新薬を使い続けると、抑圧され平熱が低くなり、熱もだせなくなるそうです。そうなると性格にも影響が出て、感情を抑圧し、ひたすら我慢辛抱する人になるようです。

人間いつかは寿命が尽きて死にますが、医療業界の餌食になって死ぬのは悔しいですね。

生き残りたいと思います。

ペスト医師

今、コスプレ用にペスト医師のマスクを通販で販売してるんですね。ちょっと、可愛い。

4日、5日は、県外へでますので、更新がとまるか、自動更新になります。

コメント欄の反映がおくれるかもしれませんが、ご了承ください。

大寒波が到来するようです。やはり氷河期の前兆でしょうか。

くれぐれも、ご自愛ください。

 

思いをはせるネコ

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

11 件のコメント

  • 私も同感です。

    風邪かなと思ったら葛根湯と生姜湯を混ぜて飲んでいますが、それにビタミンCを飲みますから結構それで休憩すれば良くなります。

    政府は公立の漢方やオルタナティブ系の医療施設を作って欲しいですね。

    これからの高齢化社会の医療費削減にも役立つと思います。

    • >政府は公立の漢方やオルタナティブ系の医療施設を作って欲しいですね。
      自民は医療業界や医師会とがっつりくんでいるので、難しいらしいですね。
      ただしい医療は、民間から、ジリジリ拡散するしかなさそうです。

  • 小氷河期で来年以降は今年くらいの寒さが普通になるかもしれないですね。介護保険の意見書が必要になるので形だけ通院している高齢の親の付き添いでクリニックへいったら、インフル患者で大混雑でした。当方はちょっと風邪ひきそうというときに参蘇飲という漢方薬を飲んでいます。気づいたら治っています。もう3年くらい風邪で医者にかかっていません。この漢方を知るまでは少なくとも年に1回は2週間位長引く風邪を引いてしまっていました。どうぞご自愛下さいね。

    • ありがとうございます。
      周りの人を観察していると、毎年、真面目に予防接種している人が、インフルにかかっているのかな、とおもったりしました。
      生き残るというは、じつは簡単なことなのかもしれないと思う今日のこの頃でした。

  • でれでれ草様。
    東京の雪や道路凍結ニュースも、目新しいニュースでなくなりました。
    アラフィフ世代としては、子供の頃はこのくらい寒かった様な気がしてます。
    と言っても、着る物の保温性や、建物の気密性の性能が、現在とは格段と劣っていたので‥‥どうなんでしょう。。

    ご体調の悪い中の更新有難うございます。
    私も高校卒業以来、インフルエンザワクチンは接種してませんけれど、インフルエンザにかかった事はありません。
    (子供時代から、インフルエンザや風しんでどんなに学級閉鎖になっても、ピンピンしていたくちです。)
    In Deep 様の記事には、私も賛成です。
    躰が生来丈夫なのか、食あたりも、“上から”と“下から”と
    原因物質を出すだけ出したら治るタチです。
    私自身の本能が、そう言っているので従ってます。
    (多少、昔の親は忙しかったので、子供も子供なりに迷惑かけまいと頑張った経験が、本能をみがいている気がしてます。)

    お身体ご自愛されて、ごゆっくりお過ごし下さい。
    橙(ダイダイ)酢のお湯割りハチミツ入りが、私的には
    発汗作用によく効きます。

    • >橙(ダイダイ)酢のお湯割りハチミツ入りが、私的には発汗作用によく効きます。
      ありがとうございます。試してみます。

  • ためになるお話、いつも有り難うございます。

    hitomi様も風邪をこじらせるないよう
    ご自愛してください。ではでは。

    • ありがとうございます。
      寒い日がつづきますが、ご自愛ください。

  • こんばんは
    お風邪ですか?今年は例年にない冷え込みですし、温かな飲み物を飲んで、暖かくしてお休み下さいませ。お大事に。
    私もインフルの予防注射は学校の頃はのぞいてしていないですが・・・仕事柄人に関わっていますが・・・この15年は無縁です。予防注射はあまり効果ないと思います、体験的に。
    コムロとその母についてのニュースがだいぶ流れていますが、どなたかも書いておられましたが、やはり出自を隠したいというのが1つ、目そらしでしょうね。
    それと、内部抗争かな。力のバランスが崩れているのかな。

     計画は一昨年の秋篠宮家の新邸建築認可あたりには既に発進していた。
    で、表に出てきたのが5月だけれど、2月には偽者が公務していたという事実。
    そして昨年5月の彼ら的予想→盛り上がるだろう、そして女性宮家創設へ一気に!
    6/7月→多くの国民の反対や冷ややかな目・・大水害で延期(誤算だわ。ミテコさんたち?)
    9月→それでもやるわよ、反対されればされるほど、やりたくなるわ。多分コムロのホントの身内組織から多額の金が動いたはず・・天皇の裁可・・これをすると、取り消しが難しいようです。
    2018.1月→新潮だの文春まで取り上げはじめた。週刊誌さんたちもお金で転ぶし、ここでも裏で動いているものありかな。
    *この後に及んでも、コムロとニセ眞子様のデート写真とか1枚も出てこないですね。彼ら、絶対に昨年9月の会見以来会ってないですね。
    私の予想としては、こういう状態でも納采の儀はすると思います。
    当初の目的からは違ってきているが(迷走しているが)秋篠宮家のおとしめには格好の材料だからです。
    秋篠宮家が偽者に変わっているって事は理解されていませんので・・・。
    しかしそれにしてもどうしてブラジルなのか?
    コータイシが学会の新聞に載っていたのと関係あるんでしょうか。
    眞子様(ニセ)が学会の新しい「女王」です、とかって。

    5年ぶりにお諏訪様の御神渡りがありました。お諏訪様の粥占は前半に気をつけよ、吉凶激しのような感じで、3・11の前のものに似ています。
    当地近隣の神社では「水に気をつけよ」の占がでたようです。
    やはり、何かありますね。

    • ヒラメ顔のニセ眞子さんが、ブラジルを訪問するらしいですが、皇太子がブラジル訪問時、創価の大会に出席したように、偽眞子さんも、現地で創価がらみのなにかのイベントにしゅっせきするのかもしれませんね。
      >5年ぶりにお諏訪様の御神渡りがありました。お諏訪様の粥占は前半に気をつけよ、吉凶激しのような感じで、3・11の前のものに似ています。当地近隣の神社では「水に気をつけよ」の占がでたようです。
      浩宮が仮に即位すると、本人が水路の研究をし、妻が水俣のカルマをつくった孫であることから、日本中で水の災いがおこりそうですね。
      浩は洪水に通じる意味があるとコメント欄にご指摘いただいたことがあったと思います。
      >私の予想としては、こういう状態でも納采の儀はすると思います。
      管理人も同意します。あの二人は会見がらみの打ち合わせと本番以外はあってないでしょう。
      あまりに盛り上がらないので、ゴールポストをかえたかもしれませんね。
      週刊誌で、小室母のスキャンダル⇒秋篠宮家は大混乱⇒眞子様と小室が相談⇒婚約破棄⇒悲劇の眞子様、小室氏を振り切って皇室のために女性宮家の党首の道へ、、、、
      とやりたいのかな、と考えましたが、でも、3月の納采は押し切るんじゃないかとおもいますね。
      秋篠宮邸に入れてもらえなかった小室。そして、黒髪の偽物の秋篠宮御一家のお写真、今、冷静に見ると、妙に、合成くさいんですね。偽物一家は宮邸に住んでないんじゃないでしょうか。
      納采の儀を、どこでやるのかみものですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。