※人気ブログランキングに参加しています

ダヤンさん@『でれでれ草の英語塾』⑤(前)転載不可

Sponsored Link

2016-09-26 おまたせしました。ダヤンさんによる『でれでれ草の英語塾』の時間です。

片目のダヤンさん

f:id:e-vis:20160911034620g:plain

でれでれ草及び読者の皆様:

一週間のご無沙汰でした。

先ずは、先週お伝えした田中氏の「その後」から。下記は私が介入せず、アメリカ人のリックに打電したメール。括弧内は、注釈。

田中→リック

f:id:e-vis:20160923205859g:plain

 

Dear Mr. Rick:
RE) Our new order
Order No. PA-345
SPECIAL BREND NO.5 X 1FCL(full container loadのコト)
GM MIX 2CPCK X 2FCLS
TOTAL: 3FCLS
ETA(estimated time of arrivalのコト):4th week of JAN, 2017 Yokohama
Vessel: NYK

文法的・記載的には、何ら問題はありません。でも、お願いする際の「一言」は添える必要あり。そしたら、案の定リックの回答は、以下の通り。

 

リック→田中

f:id:e-vis:20160923205913g:plain

Mr. Tanaka:
Thanks for plenty of lead time for this order.
We need it as plant is still behind schedule on orders.

 

Sponsored Link



 

それで、やっぱり想定内の田中氏からの問い合わせ。

田中→白州先生(私のコト)

f:id:e-vis:20160923205936g:plain

先日はどうも。先日6回目のオーダーをリック野郎に入れました。

来月1月下旬入港分。
オーダー(輸入船積注文のコト)が早すぎるようなコメントをもらいましたが?

これは私の英語力での話です。どう返事すれば良いでしょうか?

教えてください。お願いします。

前回の揉め事は無しにして、リスタートのご回答をお願い致します。

ここで、私は学生時代の神宮球場で開催されていた東京六大学の「ヤジ」を思い出しました。その目的は、敵方を「ヘコマセル」ため。でも、あんまり「毒」はないみたい。如何でしょうか?

対法政戦「アホ、アホ、アホの法政!」(ノーコメント)
対明治戦「(コメカミを押さえて)チョットココ、明治!」(田中氏の母校)
対立教戦「ブスとゲスだらけのセントポール!」(ノーコメント)
対慶應戦「お坊ちゃんとおネイチャンはネット裏でオナニー遊戯!」(同上)
対東大戦「オマエラ、死ぬまで勉強してろ!」(同上)

ちなみに、母校は「牛丼大学」や「都の西北牛丼屋」でした。このトラウマなのか、今でも牛丼は、ほとんど食べません。もっとも、シャブシャブとスキヤキは大好物。

 

白州先生→田中

f:id:e-vis:20160923210035g:plain

田中チャン、しっかりして下さい。

もう、私の英語塾に強制的に入学させ、中学生と一緒にお勉強をさせちゅうから。①ahead of schedule(スケジュールが予定より早まる)②behind schedule(スケジュールが予定より遅れる)

然るに、オーダーが早すぎるのではなく、「オーダーより依然として生産が遅れている(plant is still behind schedule on orders)がこのユダ公リック野郎の真意。

以下の通りに打電して下さい。

 

田中→リック

f:id:e-vis:20160923210121g:plain

Mr. Rick:
I should say, “It’s upside-down”. Your plant is sll ahead of schedule on orders instead of behind on orders. I want to hear a voice from you in the near future that “I’ve got my hand on the wheel, baby. This business is in the bank”. I hope you can do it without aging. I am willing to send you a brochure if you wish to enter into a retirement pension plan here in Japan.

 

Sponsored Link



 

では、本日の英語塾の始まり。

f:id:e-vis:20160923204909g:plain

還暦過ぎのロック評論家によっては、英語圏のロック(アメリカ・カナダ・イギリス・アイルランド・オーストラリア等)十把一絡げにして、同じ英語の「歌詞」だから、ほとんどその差がない等とホザいている輩も未だ生息しているけど。

でも、この手の輩の特徴は、全員英語が話せない野郎ばかり。

だから、聴いた・訊いた印象のみでその実体を把握した「つもり」になっている。そして、更に悪いこと。来日したロックミュージシャンに対して、逐次通訳を介してインタビューしている。だから、質問内容は金太郎飴の如く、いつも同じ。これは、ハリウッド・スターにも通じる。

「日本の印象はどうですか?」
「日本のファンはどうですか?」
「日本食で一番、好きなモノは何ですか?」
「ご趣味は何でしょうか?」等々。

コレって、ロックと関係する?ちなみに、私だったらこう訊きたい。

「歌詞とメロディーライン。作曲する際、どちらが先行する?」
「その歌詞とメロディーライン。何処が一番、浮かび易い?」
「クスリの経験ある?」
「ツアーで一番、嫌なコトは?」等々。

先程の英語圏のロックに戻るけど。

イギリス→「非常に芸術色が濃い」

f:id:e-vis:20160923214007j:plain

アメリカ→「非常に日常色が濃い」

f:id:e-vis:20160926115254j:plain

 

に分類できる。

それを日本の伝統芸能に例えると、

「能」や「狂言」がブリティッシュ・ロックで、

f:id:e-vis:20160923210832j:plain

「歌舞伎」がアメリカン・ロック。

f:id:e-vis:20160923212125j:plain

また、それをヒトの体感性に例えると、

前者が「部分乾燥地帯」で、

f:id:e-vis:20160924080119j:plain

後者が「高温多湿地帯」。

f:id:e-vis:20160924080106j:plain

① 滅茶苦茶、日常生活が濃厚に描写されている歌詞
EAT THE RICH

by Steven Tyler, AEROSMITH

f:id:e-vis:20160924082708j:plain

www.youtube.com

Well I woke up this morning
On the wrong side of the bed
And how I got to thinking
About all those things you said
About ordinary people
And how they make you sick
And if calling names kicks back on you
Then I hope this does the trick
Eat the Rich; there’s only on thing that they’re good for
Eat the Rich; take one bite now-come back more
Eat the Rich; I gotta get this off my chest
Eat the Rich; take one bite now, spit out the rest

 

では、クイズを。

f:id:e-vis:20160923202902j:plain

1. The author (Steven Tyler) is thinking of :
(a) Due to the poor, he has complaints.
(b) Due to his fans, he expresses a complaint.
(c) Due to the rich, he lodges a complaint.
(d) Due to his wife, he rejects a complaint.

2. Then I hope this does the trick, What are that the meanings of ‘do the trick’?
(a) To fail in solving a problem or achieving a particular result.
(b) To succeed in solving a problem or achieving a particular result.
(c) To make or continue at the same level.
(d) To give a religious talk in a public place.

3. This song as Eat the Rich implies:
(a) A glorious future between the rich and poor.
(b) A gloomy trend on the rock musicians.
(c) The wage gap between the rich and the poor.
(d) A forthcoming bubble economy.

如何でしたでしょうか?

 

私がこの楽曲を聴いて思い浮かべた情景

エアロスミスがアメリカ深南部地域(Deep South)を地方巡業したら、客はガラガラだった。

f:id:e-vis:20160923212816j:plain

おまけに、追っかけのオンナが朝起きたらトナリにいた。

英語では、(easy lover)。

「アナタ、誰?」と云ったら、「もうヤダぁ!アタシのコト昨晩、散々口説いたクセに」とか。工藤静香かも!?

f:id:e-vis:20160923213704j:plain

それから、ツアマネ(ツアーマネージャーで、ブリンストン大卒)がノックをして、タイラーの部屋に入って来た。それも無言で、昨晩のコンサートに係る収支決算報告書をテーブルの上に置く―そんなところ。

すべての歌詞には、ドラマがある。

続きます。

 

「あなたは、だんだんネコが飼いたくなーる」「飼いたくなーる」「飼いたくなーる」

http://imgcc.naver.jp/kaze/mission_anm/USER/20150127/54/5839104/2/400x225x788954fef4b94e769fa1ca20.gif

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。