ダヤンさん@『でれでれ草の英語塾』⑥(前) 転載不可

Sponsored Link
◆人気ブログランキングに参加しています  

2016-10-03 お待たせしました。片目のダヤンさんによる「でれでれ草の英語塾」の時間です。

片目のダヤンさん

f:id:e-vis:20161002054702g:plain

でれでれ草様及び読者の皆様

一週間のご無沙汰でした。片目のダヤンです。

東京は、先週中頃からぐっと涼しくなり、街角の山茶花(さざんか)も薄紅色になって来ました。この花を辞典で調べると、「ツバキ科の常緑小高木」とか。秋の訪れを予感させる花。英語では、(a flower for harbinger of autumn)が相応しい。

f:id:e-vis:20161002064030j:plain

それから、家庭教師をしている男子高校生と女子中学生から、同じ質問を受けました。

「先生、英語の未来ってどうなるでしょうか?」

 

Sponsored Link



 

私の予測は、2030年前後から、

「日本は政府公認として、公用語を日本語と英語の二つにするだろう」、と。

f:id:e-vis:20161002064236g:plain f:id:e-vis:20161002064057j:plain

その理由は、同盟国のインドを始め、ベトナムインドネシアやマレーシアからの技術労働者や介護移民が急増するから、

f:id:e-vis:20161002064340j:plain

すると、二人の学生曰く、

「日本って、ガイジンだらけに成るんですか?」とか。

f:id:e-vis:20161002064624g:plain

でも、移民の前触れ(a harbinger of immigrants)は、今でも全世界で起こっているじゃない?

f:id:e-vis:20161002064717j:plain

「未来は現在の事象が拡大することに過ぎない」

これは、哲学者ショーペンハウアーが喝破した言葉。

しかし、厄介で不潔な中国人や朝鮮人やアラブ人が流入しないだけでも、幸運に思わなくちゃ。だから、英語は必要ダヨと彼らに説明。だって、その頃、キミらは会社組織でも脂の乗り切った30代でしょ?

一番イイ仕事は、その30代にできるーこれは私のビジネス哲学。

この時、私や家内に「年金」が受給されているか否かは、甚だ疑問。ひょっとして、80歳以上かも?長生きをしなくちゃ!

さて、ドナルド・トランプとヒラリー・ローダム・クリントンの第一回テレビ討論が終りました。

f:id:e-vis:20161002064819j:plain

そのどちらかが大統領に成るか否かは、でれでれ草さんや伏見さんの的確なブログに譲るとして。後者のヒラリーを擁護する打算的な身内のメルマガから。

最初がヒラリーの愛娘チェルシー

f:id:e-vis:20161002064940j:plain

次がバラク・オバマ

f:id:e-vis:20161002065005j:plain

両者とも一切、言及していないのが「ヒラリーのダブル」のコト。

f:id:e-vis:20161002065205j:plain

でも、これは、「当たり前田のクラッカー」ですネ。

題名:My mom(私のおかあさん)

f:id:e-vis:20161002064940j:plain

執筆者:チェルシークリントン(5年3組ではありません)
日付:9月27日(火)

Friend:
Every day as I was growing up, I got to watch firsthand as my mom worked to do as much good as she could for the most people possible.
Before I reached elementary school, she had been to every country in Arkansas to put together a plan that would reform the state’s flagging public system.
By the time I could vote, she had helped secure health care for eight million children – breaking age-old First Lady conventions in the process – all in the hopes of helping someone, anyone, in need.
By the time I became a mom, she had worked to expand early head start programs to support other new moms across the country.

 

題名:I need you to show her(貴殿にヒラリーを説明したい)

f:id:e-vis:20161002065005j:plain

執筆者:バラク・オバマ(私は未だ、コイツがハワイ生まれとは思っていない。多分、ジャカルタインドネシアの貧民街のどこか)
日付:9月28日(水)

Friend:
I am so proud of Hillary today. I’ve been on that debate stage: I know the pressure and the weight of expectation that comes with big nights like last night.
But Hillary didn’t flinch. She showed the grace, poise, and fierce intelligence we’ve come to know and respect – quantities that will make her an outstanding.
Hillary did her job last night – standing up for each and every American by pushing back against Trump – and now, it’s time that we do ours. With only 42 days left until Election Day, we can’t leave anything to chance.

続きます。

 

 よく似た画像

◆人気ブログランキングに参加しています




Sponsored Link

新着エントリー

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。