ご案内

※閲覧不能の場合は「エキサイトブログ・でれでれ草」へ 。ブックマークをお願いしますm(_ _)m
https://derederegusa.exblog.jp/

※拙ブログの画像を勝手に使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


【つれづれ】羽生フィーバーと羽生劇場

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

平昌五輪も大詰めを迎え、モルゲッソヨの呪いなのか、フィギュアスケートでは、衣装がはだける選手さんが続出していますね。

その一方で、パンデミックだの、お湯が出ない施設や、適当なセキリティだの、無茶苦茶な大会ですが、なんだかんだで回っているところが凄い。

羽生劇場

フィギュアスケート男子シングルは、4回転を何回とぶかで順位が決まる、ジャンプ大会になったと思っている方もいるようです。

たしかに、僅かな限られた時間内でジャンプを効率よく入れるとなると、そうなってしまうのかなと思いますが。

※画像は管理人が適当に貼っています。

4回転ばかり、楽しめない=66年前に連覇のバトンさん

https://www.jiji.com/jc/pyeongchang2018?s=news&k=2018021500204

平昌五輪のフィギュアスケートは羽生結弦(ANA)に66年ぶりの男子連覇が懸かる。1948年サンモリッツ、52年オスロ両大会を制したのは米国のディック・バトンさん。テレビ解説者としても鳴らした88歳の舌鋒(ぜっぽう)はいまだ鋭く、4回転ジャンプの争いが過熱する昨今の風潮を憂いた。

昨年12月の電話会見で、平昌五輪での男子の見立てを問われると

「今はフィギュアを楽しんで見ることすらできない。4回転しか話題にならないから。最高の4回転を最も多く跳んだ選手が勝つだろう。以上」

と、つまらなそうに言った。

4回転はアクセルを除く5種類、ショートプログラムとフリーで合わせて最大8本まで一気に増えた。

バトンさんは「プログラムがみんな似たような感じで、劇場にいるような雰囲気を味わうことができなくなった」と嘆く。

女子で84年サラエボ、88年カルガリーと連覇したカタリナ・ビット(ドイツ)を引き合いに出し、「ビットのような美とひらめく光は、もうない」と語った。

米国が期待するネーサン・チェン、羽生ら4回転争いを引っ張る選手の話題には最後まで熱がこもらず、「みんな素晴らしい選手だ」と言う程度だった。個人的な好みは元世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)だという。

「彼には演劇的なセンスを感じる。面白いと思うよ」。

4回転は2種類にとどめ、見せる演技を追求するエンターテイナーを語る口ぶりは少し優しかった。

(時事)(2018/02/15-06:10)

以上

 

羽生フィーバーの中、言いにくいのですが、実は、管理にも少しだけ、同じような印象を持ちました。

プルシェンコや、高橋大輔さんの、「1本の演目が、一本の映画や演劇をみるかのような劇場的な演技」は、今回なかった風にみえました。あくまで印象ですが。

スペインのバビ君が、ちょっと迫っているかな、と。

高橋大輔さんのブルース 

 

イン・ザ・ガーデン・オブ・ソウル 

個人的に好きなプログラムです

 

白鳥の湖 

モロゾフさんのプログラムでしたね。

 

プルさん、芸術点オール満点

Mari Horiguchi2 年前(編集済み)
羽生結弦さんの300点越えを拝見してから、あらためてまたこの動画を拝見してみました。
ひとことで言って、「競技の点数では測れないもの」があるということを思い知らされました。
羽生さんはアスリートとして、演技者として、もはや追随を許さない高さにある方。
ですが、プルシェンコ氏は、舞踏家、芸術家の域のパフォーマンスを繰り広げている
――そしてまた、この「舞」には、哲学的な美も感じられます。ある意味、同じ土俵では比べられないと思いました。
バレエ・リュスのダンサーたちにに流れていた血のDNAを多少なりとも受け継いでいるであろうプルシェンコ氏と、そうでない者との間には、トレーニングだけでは越えられない見えない溝があるように思います。
以上

 

もちろん、羽生君も、宇野君も、入賞した選手さんたちは皆、才能のある素晴らしい選手さんたちです。

特に、羽生君の凄さは、何をテーマに滑っても、最後は羽生君の物語になるんですね。

羽生君の場合、スケーターとして主人公を演じるのではなく、羽生君そのものが、主人公、となってしまうとこが凄いと思います。技術がどうのというより、羽生君自身が芸術品なのかもしれません。

 

伝説の「ロミオとジュリエット」

今回の五輪もそうでしたが、一回一回の演目を羽生劇場にしてしまうだけではなく、大会そのものを羽生劇場にしてしまうという意味で、プルシェンコとは別のタイプの稀有なスケーターだと思いました。

 

Sponsored Link



 

 

羽生君は、女性的な美を、女性以上に備えている方ですが、なかなか根性が座っていて、毒も含んでいる子だと管理人は見ています。

師事するコーチに、ブライアン・オーサーを選んだ理由を聞かれて

「キムヨナを育てて金メダリストにしたから」

というのが理由の一つだと答えていました。そのやり方がどうであれ、金メダリストに育てる力があるから、という意味だったと思いますし、素直な本音だったと思います。

日本人ファンたちが、真央ちゃんに対するオーサー&金妍児&スケレンからの迫害に怒っていたので、こうした発言はピタリ止まりましたが、ごく自然に切実に真剣に金メダルが欲しかったのだと思います。

ライバルの選手が転倒したとき、「ニタリ」と笑ったところが動画に撮られていますね。

プルシェンコが転倒した時、ライバルのヤグディンが、「よっしゃー」とばかりに溌剌と喜んでいるとこも残ってますから、選手の本音は、そんなもんだと思います。

二重性があるのではなく、「金メダルが欲しい、頂点に登る」ことを全力で目指している「礼儀正しい、いい子」というのは、別に矛盾はしないと思いますね。黒いオーサーに自ら望んで師事したのも、「試合に勝てるから」「点数が有利にでるから」という明るく前向きな打算があったからだと思います。

 

薩南示現流の剣士との相似

今回の陰陽師をテーマにした羽生君の演技を見てて、津本陽氏の『薩南示現流』を思い出しました。

今、埋もれてしまって、本がすぐに出てこないので記憶が頼りなのですが、薩南示現流の開祖・東郷重位の弟子のひとりに、美貌の剣士の話がありました。

このひとは、容姿は女性のように美しいのですが、いざ試合になると豹変し、それはそれは壮絶な気合と剣技の才能で相手を圧倒したということでした。最後は、複数の敵に囲まれて斬り合いになり、直立したまま斬り死するのですが、羽生君の演技と被るところがあると思いましたね。

東郷重位の弟子だった剣士のように、羽生君は女性的な外見ですが、中身は少々違う。喘息を持病として持ち、致命的な怪我を抱えている羽生君は一回一回が果し合いで斬り死する覚悟のようなものをもって滑っているふうに見えます。

若い女性に熱狂的な人気のあるロッカーは、皆、すらりとした中性的な容姿に毒と殺気を持っています。まさに、羽生君がそれです。表も裏も、可愛い「いい子」だったら、おば様のペットにはいいけど、若い女性にはモテないですよね。だから、日本はもとより、ロシアをはじめ海外の女子選手にも人気があるんでしょう。

 

話がまとまりませんが、、、

金メダルはおめでたいことですが、応援していますが、しかしながら、金妍児絶賛の波に似たマスコミの羽生フィーバーがちょっと怖いと思っている管理人でした。

 

ヤグディンさん。この人もすごかったですなあ。

 

Sponsored Link
Sponsored Link
 好評発売中

→アマゾンへ

関連記事と広告


小室圭と婚約した眞子様はニセモノ

 
皇族の影武者制度、皇室のタブー、など、

皇室記事一覧はこちら


ニセモノが天皇に即位?