※人気ブログランキングに参加しています

【皇室】昭和天皇のダブル

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

コメント欄より

すみません、もしかすると、前コメの昭和天皇の幼児期・少年期の利発で活発そうな姿のお写真は、世間へのカモフラージュ、影仁さんだったかもしれません。

https://blogs.yahoo.co.jp/takaonaitousa/41394450.html?type=folderlist

中学までオネショが治らず、何事にも反応が鈍い石地蔵(発達障害児)説があるようですね。

それと、明治天皇ですが、昭和天皇、秩父宮、高松宮が幼少時代に拝謁する事があっても、亡くなられるまで声を聞いた事が無いそうです。
出所不明で、女色にふけり、暴飲暴食で糖尿病だったことも、当時、ある程度の方達はご存知だったご様子です。

とりあえず、昭和天皇は、ほぼ愛子さん状態で、明治天皇が崩御され、皇孫御殿から、ご兄弟と離れ東宮御所にひとりで移られた頃に、影武者選別し、お飾りの時は本物を、喋る時は影武者を、、としたのでは無いでしょうか。
確かに、知的なオーラを感じる写真と、ヌボーッとした感じの写真と、二通りあります。
昭和天皇の養育係、川村伯爵の突然死は、自殺と思われ、教育を受け持つハズの乃木希典大将も、次期天皇の教育を放棄して自死されました。
「(障害は)早晩にわかることであるから、責任が持てない」
と言うことであったかも‥‥の推理にはうなずけました。

良子様も若干の精神薄弱説有りますし。
では、資産管理を誰が??
となると、黒幕はともかく、牧野侍従長などの側近が自由にコントロールして、黒幕への上納金は納めるが、
余ったぶんは“いただきます💓”
かな。。

以上

 

ありがとうございました。

良子さまの母上は島津侯爵家の7女でしたが、生涯まともに会話ができないかただったと聞いています。

そして、良子さんの確実に実子であろう、長女から4女までの皇女たちのうち、長女は賢い方でしたが36歳で死去。夭折した皇女が一人。ほかに生き残った方では、「ゆっくりしている」かたがおられましたね。

大正天皇のお見舞いに伺った時だったと思いますが、良子さんは、手袋をはめたまま、タオルを水に浸して絞り、テイメイに馬鹿にされていました。

いつもニコニコ笑っている良子さんも、ゆっくりされていた方だったのかもしれませんね。

良子さんは、北朝の姫とはいえ、本人がゆっくりしているかただったので、コントロールできると見なして、聡明で健康だった梨本宮方子女王をさしおいて、テイメイが選んだのかもしれません。

 

昭和天皇を比較

別人か同一人物かあるいは、修正しているのか、あるいは、ほかの人の体に天皇の顔を貼っているのかはしりませんが、たしかに、妙にちがうヒロヒトさんがいるようです。気のせいかもしれませんが、、、

あの時代、革命や、戦争がつづいていたころですから、天皇にダブルがいて普通だったと思いますけどね。

口の大きさで大ざっぱにわけてみましょ。

 

Sponsored Link



 

裕仁さん1

近視で、口の小さい、なで肩の猫背の裕仁さん。ぼんやりした印象をあたえるのは、眼鏡に本気の度がはいっているからかも。

 

裕仁さん2

眼鏡に度が入ってませんね。この人。撮影用の眼鏡でしょうか。首が長くて、口が大きめにみえます。耳が小さいのかな。そんな感じ。

下唇が突き出し、さらに左に寄れています。目じりが長いかんじ。

 

この顎の形が本物と違うであろう明仁さんと、お父さん。もしかして、昔からそっくりさんの「撮影用の職員」がいたのかもしれませんね。

ナルちゃんにもいましたしね。愛子さんにもいます。

 

 

コメント欄より

※抜粋させていただいてます。

倉吉で地震のおよそ一月後
2016年11月20日 紀子さま悠仁さまの交通事故、
2017年4月26日 眞子さまのお車も事故。
「ありえない。何かの脅しでは」と当時話題になりました。

調べなおしていくと11月20日の事故の後の週刊現代の記事の中に気になる文章がありました。
「皇室関係の交通事故は、’86年に高円宮さまの乗る車両が接触事故を起こして以来のことです。」
検索してみたのですが、その当時の事故の詳細が見当たらないのです。

唯一つ検索エンジン上でdosukowikiに、
『FRIDAYフライデー 1986年8月1日号<天皇在位60年記念貨が誕生し入手方法は / 宮内庁が頭抱える高円宮殿下の交通事故>表紙・目次 · FRIDAYフライデー 1986年8月1日号<高円宮殿下の公用車とぶつかって入院5カ月 宮内庁を困らすビルマ人との「補償金」問題>記事』
という項目のみ。
キャッシュでもその部分は削除されていて見られません。

8月1日号となると7月下旬発売でしょうから、5か月もめているということは2月中~下旬に事故と推察できます。
そしてその数週間後にツグちゃんご誕生なんですよね。

※左:高円宮承子女王、右:有栖川宮

※左:有栖川の宮、右:三笠宮崇仁親王(承子女王の祖父)

また10月には例のなるまさの出会いと言われているエレナ王女のパーティが・・・。
それまでの高円宮殿下の言動は英語でプロポーズくらいしか知りませんが、それ以前から、かの国あげの発言をしていたのでしょうか?
もし特段そういうわけでなかったなら’86年の事故も何らかの脅しだったのでは?

1986年はバブルの始まりの年とされているのです。
wikiの1986年の出来事を見ていると昨年から今年にかけてのできごとと
表面上似ているような気がします。
スペースシャトルチャレンジャー号の事故があった年です。
冬が例年になく寒かったり、上野でパンダが生まれたり、
おニャン子ブームにWhat’s Michael?で猫ブーム
ダイアナ・フィーバー・・・。

日航機事故は85年でしたが、昭和天皇が乗っていたという説もありますし、中曽根の墓まで持っていく発言といい、バブルのような好景気は国民の目をそらす絶好の機会だったのかな、と思います。
今も一生懸命好景気という風に仕向けていますが、バブルの頃よりも国民は冷めているように思います。
働き方改革なども日本人総奴隷化計画の第一歩ですね。
フリーランスを推奨ということは自己責任で働きなさい、ということです。会社に守られる、国に守られるということを当てにするな、ということ。
やっぱり安倍総理もやっぱり・・・、
とがっかりしたくはないですが、どうなんでしょうね。
注視しないといけないですね。

以上

 

いろいろと、「神話」の正体と仕掛けが、暴かれてくる時期なのかもしれませんね。

「日航機事故は85年でしたが、昭和天皇が乗っていたという説もありますし」

この説は、根深いですね。そして「事故」のあと皇族がすり替わった可能性もありますね。

田布施の工作員がひそかに背ノリいてクーデターを完遂したように、昭和になって、おなじことをされたのかもしれません。

 

そして、今後、田布施に戸籍のある安倍ちゃんが、日本国民を裏切るのかどうかが注目されますね。

 

はい、仲良くしてます。

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

新着エントリー

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

6 件のコメント

  • でれでれ草さま

    説コメント、取り上げていただきありがとうございます。
    そのコメントを投稿したときには失念しておりましたが、
    チャレンジャー号には日系人エリソン・オニヅカ氏が搭乗しておられましたね。オニヅカ氏の父方ルーツは福岡県うきは市、母方は広島県だそうです。今検証されている鬼塚史観の鬼塚氏は大分の方ですし、全く関係ないかもしれませんが、オニヅカ氏の漢字も鬼塚。氏のミドルネームはショージで漢字が『承次』なんです。チャレンジャー号は1月28日に爆発。とても優秀な方だったようですね。もしご存命ならと悔やまれてなりません。
    ツグちゃんの名前と同じ漢字というのも偶然かなあ?と
    何がどうつながるのか全くのこじつけですが、ふと気になりました。

  • 日々更新ありがとうございます。
    裕仁さん2は高円宮承子女王、有栖川宮のタイプに似た雰囲気のお顔ですね。
    裕仁さん1よりイケメンですね。(でも、私の昭和天皇のイメージは裕仁さん1です)
    先日の記事、昔の日本、日本人を褒め称えた外国人の言葉を読み、本来の日本、日本人にどうすれば
    戻れるのだろうと、日本人としての様々な気持ちが湧き出ていました。
    そういえば、人類学なるのもは今は細かい分野に分かれていますが、人類学の元は、
    外国人、国は忘れましたが、要は西洋人が植民地を増やすために、その対象となる国に赴き
    調査していたのが始まりだと聞いたことがあります。
    その国に住み、その国の人たちの中に馴染むために調査するのです。
    褒め称えた人たちが日本にやってきた表向き理由はいろいろですが、裏でもしかして何か
    繋がっていたりして、と勘ぐってしまいました。

    • 地政学、大衆心理学、、、コントロールし、占領するためのノウハウや情報収集が学術とかしてますからね。
      アジアが欧州の植民地になった、日本は植民地にされなかった、とされていますが、じつは日本が一番成功した例なんですね。
      文明度がたかく、文治度が高ければ高いほど、占領はしやすいとされていますが、たしかにトップだけ入れ替えれば、支配の継続が可能ですからね。
      日本の場合、ほんの10人足らずの人間をすり替えるだけで、植民地化が成功しました。
      いろいろ騙されていましたが、冷静になるとぞっとすることが多いですね。

  • 有栖川宮威仁親王と承子は確かに似てますね。威仁親王は、父上と側室の間に生まれた人だそうで。父上は、和宮内親王と婚約していたけど、内親王が徳川家に嫁いだので結婚には至らなかったとか。実のところ、和宮内親王は替え玉だったという説があります。和宮で検索すると、椅子に座った顔がぼんやりした写真と、少し右側を向いて、キリッとした写真と、洋装の写真が出て来ます。少し右側を向いた写真と、威仁親王の顔が似てますね。親子でも不思議ではありません。ちなみに、洋装の写真を見ると、きちんと左手があります。埋葬されていた和宮内親王は、左手がなかったし、うつ伏せに倒れた状態のまま埋葬されていたとか。なんで替え玉を徳川家に?

    • 有吉佐和子さんの「和宮様御留」という小説がありましたね。和宮が小児麻痺で歩行困難だったとか、それを晒されるのが嫌で替え玉を江戸城に送ったという内容でしたが、作者の方の綿密な取材をもとにかかれてますので、あれが実情に近かったと思わせるものがありますね。和宮の左手がなかったのは、もともとそういう奇形を持って生まれた子が替え玉になったのではという話でした。
      替え玉の子が、郷士の家の子だったので、和宮の読む歌が妙に公卿ばなれしてるのはそのせいで、当時の人は、その歌を詠んで、ああ、偽物なんだな、と察したという箇所があります。
      本物は、皇室とゆかりある水戸家の由緒ある尼寺にはいり、若くして亡くなったという設定でしたが、案外、これが時事に近かったと思いました。
      和宮は仕方ないとしても、国運にかかわる代々の天皇が偽物なのは勘弁してほしいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。