※人気ブログランキングに参加しています

【つれづれ】250年ぶりに高千穂と関係深い霧島連峰・硫黄山噴火、250年前は皇統の移動があり

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます

皇室の始まりと関係の深げな霧島連峰に属する硫黄山が250年ぶりに噴火したそうな。

霧島→天孫降臨の地→皇室発祥の地、、、、

硫黄→いおう→言おう、、、、とか、

硫黄→いおう→異王、、とか、何か言霊だったらいいなあ。

 

霧島山

霧島山(きりしまやま)は、九州南部の宮崎県と鹿児島県県境付近に広がる火山群の総称であり、霧島連山、霧島連峰、霧島山地あるいは霧島火山群とも呼ばれる。

最高峰の韓国岳(標高1,700m)と、霊峰高千穂峰(標高1,574m)の間や周辺に山々が連なって山塊を成している。

 

天孫降臨説話の舞台

古代においては天孫降臨説話の舞台とされ、高千穂峰の山頂には天孫降臨に際して逆さに突きたてたという天の逆鉾が立てられている。「霧島」が最初に文献に登場するのは837年(承和4年)8月の続日本紀であり、諸県郡の霧島岑神社を官社とする旨が書かれている。

 

霧島神宮

天孫降臨の神話の主、ニニギノミコトを主祭神として祀る神社。平安時代に編纂された「延喜式」にも記されている。
もともとは高千穂峰付近にあった社殿は噴火による焼失で何度も移り、現在の社殿は島津藩主吉貴公の寄進で300年ほど前に建てられました。

 

・皇室誕生にゆかりありげな霧島の硫黄山が250年ぶりに噴火。

・250年前といえば1768年。

・霧島の噴火の12年後、1780年、皇統の移動がありました。

 

Sponsored Link



 

光格天皇

・明和8年8月15日(1771年9月23日) – 天保11年11月18日(1840年12月11日)

・江戸時代の第119代天皇

・在位:安永8年11月25日(1780年1月1日) – 文化14年3月22日(1817年5月7日)。

・幼名を祐宮(さちのみや)。

・諱は初め師仁(もろひと)としたが、死人(しにん)に音が通じるのを忌み、践祚と同時に兼仁(ともひと)に改めた。

・傍系の閑院宮家から即位したためか、中世以来絶えていた朝儀の再興、朝権の回復に熱心であり、朝廷が近代天皇制へ移行する下地を作ったと評価されている。

・実父閑院宮典仁親王と同じく歌道の達人でもあった。

・践祚前の安永8年11月8日(1779年12月15日)に危篤の後桃園天皇の養子となり、儲君に治定。

・実際には天皇は前月中既に崩御しており、空位を避けるために公表されていなかった。

以上

 

幼名が祐宮(さちのみや)。

明治天皇=睦仁親王も、祐宮(さちのみや)でしたね。

祐宮(さちのみや)ではじまった光格天皇の皇統が、睦仁親王=祐宮(さちのみや)が、長州の被差別民によって暗殺され、偽物とすり替わってしまいまい密かに皇統が絶えました。

 

皇室誕生にゆかりありげな霧島が250年ぶりに噴火。

今度も皇統が移動するのでしょうか。期待してしまいますね。

ナル廃太子→(とりあえず)偽秋篠宮即位→旧宮家の皇籍復帰→皇統は正統なる旧宮家へ。

なんどかのステップを踏みながら、正統な皇統へと移っていただきたいと思います。

 

添い寝をしてあげる犬

comfortable dog GIF

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

6 件のコメント

  • >ナル廃太子→(とりあえず)偽秋篠宮即位→旧宮家の皇籍復帰→皇統は正統なる旧宮家へ。
    とりあえず・・がずっとにならないことを祈るばかりです。
    ちなみに、伊勢神宮は秋篠宮押しですね。
    なぜなら、先日の崇敬会だより、神恩感謝祭の講演者は高清水有子氏でした。
    この方、経歴を見ると、秋篠宮様押しの勢力をバックにしている広報要員ですね。
    ま、いいですが。
    本当に、平成皇室は穢れすぎ、下品な偽者すぎで興味が失せました。
    コムロが消えないのは、やはりバックはミチコと、そうかさん 。
    のせいですかね。
    それにしても、ホントに見てきたようによう書くわ、とお笑いです。

    話は違いますが
    遷宮神事の時の秋篠宮様(ニセ)の、苦虫をつぶしたようなお顔、どうも気になります。カトリック隠しているから、踏み絵を踏むような気分だったのか、と。対して、いとも簡単にバチカンに行き、法王に目通り許されての喜びの気配。
    なんだかな、です。ま、いいですが。
    このあたりがニセが、その座を譲るか?というところですね。
    つり目悠仁さんは、彼らの実子でしょう。
    即位させたいでしょうね・・・

    知り合いの霊能者が今夏頃に阿蘇が噴火しそうですよ、夏の旅は九州に行ってはいけませんよ、と言っていました。
    阿蘇ではなくて、霧島なのかも知れませんね。

    • >ちなみに、伊勢神宮は秋篠宮押しですね。なぜなら、先日の崇敬会だより、神恩感謝祭の講演者は高清水有子氏でした。この方、経歴を見ると、秋篠宮様押しの勢力をバックにしている広報要員ですね。
      清子さまが伊勢神宮神宮祭主を務めておられたはずですが、この方も本物なんでしょうかね。
      皇室は穢れをこえて、バーチャルになろうとしているふうに見えます。

    • ご親戚の方のご逝去、お悔やみ申し上げます。
      お天気が変ですから、高齢者や弱い人は命に関わります。

      >清子さまが伊勢神宮神宮祭主を務めておられたはずですが、この方も本物なんでしょうかね。

      多分、遷宮の時の清子さまはダブルの方であったろうと思います。
      その理由は
      1)ミチコさんがわざわざ歌によんだ(ホンモノというアリバイ…それとあたしは歌、うまいでしょ…娘への愛があるでしょのアリバイ)
      2)本者さんは多分カトリック(小さいときからカトリックの柿の木坂幼稚園…上智の礼拝堂ですから、洗礼も受けておられるかも)・・神道の祭主はしないと思います。
      3)どこかで、(ホンモノ?)清子さまにSPはもうついていない。スーパーで普通に買い物、とかどこかに書かれていましたよ。警護がつかないと言うことは、彼女はもはや皇室の枠の外、つまり祭主もダブルさんがつとめた(今後もつとめる)。枠外で仕事もしないしSPは不要。
      (ホンモノ)の彼女に関わるミッチーさんが引退、亡くなった・・よくわかりませんがもはや彼女の知っている人(白髪秋篠宮様夫妻とお子様・初期の頃の浩宮さんたち…ホンモノ鬼歯のマサ子など)が皇室にいないとか。
      こう書くとバーチャル化ですね、確かに。
      どうなるのでしょ。

    • >ご親戚の方のご逝去、お悔やみ申し上げます。
      お悔みいただきありがとうございます。
      >多分、遷宮の時の清子さまはダブルの方であったろうと思います。
      あれ?清子さま、こんなお顔だったかな、と思うショットがあったのを思い出しました。
      面変わりは、加齢のせいかもしれませんが、、。
      代々、皇太子や天皇、皇后、一部の親王には、ダブルがいる偽皇統ですから、内親王にも複数いても不思議はないですね。
      消えた皇族たちがどこでどうしているのか気になりますね。

  • >最近出てくるコータイシ ナルは、どう見ても、ただの薄気味悪いフツーの労働者階級のおっさんですね。以前の出てきていた方たちに、多少はあった階級的な育ちの良さが、全く感じられないです。
    徳仁のダブルも、幼少時から複数用意されていたのに、2017年の新年の宮中行事を最後に全滅しましたね。
    神意を感じます。

  • はじめまして
    取り急ぎ連絡致しましす

    硫黄岳 噴火 付近の川より ヒ素が流れています。

    ヒ素で検索していると
    九州 高千穂 付近でも 公害問題があり
    被害が出ておられました。

    神話の里 高千穂です。宮崎県高千穂町の旧土呂久鉱山です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です