※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


自爆アリとお知らせ

Sponsored Link

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ





公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら

本日もお越しいただきありがとうございます。

【AFP=時事】生物多様性の宝庫ボルネオ(Borneo)島北部に位置するブルネイ領のジャングルで、外敵との戦いでコロニーを守るために「自爆」して粘着性の毒液をまき散らすアリが見つかった。オーストリア・ウィーン工科大学(Vienna Technical University)のイリーナ・ドルジニナ(Irina Druzhinina)氏率いる調査チームが20日、発表した。

オーストリア、タイ、ブルネイの研究者から成る調査チームによると、「自爆アリ」「爆弾アリ」として知られる群れの存在は既に知られているが、今回の調査の過程で複数の種を特定することができたという。

このアリの学名は「Colobopsis explodens」。国際動物学誌ズーキーズ(ZooKeys)に掲載された研究論文によると、このアリは他の昆虫に脅かされると、外殻を破裂させることができる。自らは死ぬが、分泌腺から黄色の毒液を噴出し、外敵を道連れにしたり撃退したりすることができるという。

調査チームの一員でオーストリア・ウィーン自然史博物館(Vienna Natural History Museum)の研究者アリス・ラシニー(Alice Laciny)氏によると、このアリは体を収縮させることによって圧力をため込んで自分の外殻を破裂させ、毒性の分泌物を噴出する。

ラシニー氏はAFPの取材に対し、こうした現象は「自然界でも極めてまれ」で、このような方法で自らを犠牲にするのはアリやハチのようなほんの一握りの「社会性昆虫」にしかみられないと語り、「コロニーは超個体(社会的集団)のようなもので、個体はそれぞれ特別な役割を持つ体の細胞のような役割を果たしている」と説明した。

【翻訳編集】AFPBB News

以上

 

「外敵との戦いでコロニーを守るために「自爆」して粘着性の毒液をまき散らすアリが見つかった」

「自らは死ぬが、外敵を道連れにしたり撃退」

「コロニーは超個体(社会的集団)のようなもので、個体はそれぞれ特別な役割を持つ体の細胞のような役割を果たしている」

なんだ、財務省官僚のことか、、、

お二人とも辞任したので私人になりましたね。自分に不利なことは話さなくていいのが「私人」。

さあ、財務省の報復が始まるぞう(笑)

マスコミ各社にマルサが入るぞう(笑)

ああ、楽しみ。

 

お知らせ

私事ですが、親類の配偶者が亡くなりました。

90歳越えが普通の長生きの家系のかたで、(軽い持病をもっていましたが)ご本人も結構なお歳で老衰に近い亡くなり方でした。

ブログの更新が2~3日とまります。

コメントの反映がおそくなりますが、ご了承くださいませ。

 

 

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

関連記事と広告