※人気ブログランキングに参加しています

皇室|小池百合子と名前の暗号

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

名前の謎と暗号

絢子さんの修正が効きすぎてますが、こんなもんかもしれません。

高円宮絢子さんのご婚約がきまりましたね。おめでたいことです。

お相手の方は、守屋慧さん。

けい、ケイ???

どっかで聞いたお名前ですが、偶然でしょうね。たぶん、、、??

スウェーデンやカナダには偽物がいきましたが、ご婚約会見くらいは本物が並んでほしいものです。

 

コメント欄より

こんにちは

アラモードさんの鋭いコメントの後に書くのを戸惑いましたが、四国つながりという事で

>>③最後の佐賀藩主・鍋島直大には、

直虎(なおとら)、直柔(なおとう)と言う2人の弟がいます。

直柔(なおとう)読みは違いますが、直柔(なおなり)と読めば、坂本龍馬の諱ですね。

直陰(なおかげ)→直柔(なおなり)と変わったようですが

以上

 

※NHKの大河ドラマ直虎と影武者にすり替えらえた秋篠宮家との共通点が多すぎる怪、読者様より鋭いご指摘が。

【続・秋篠宮家のダブル④】コメント欄より「直虎」は皇室問題のリーク、悠仁さまは北朝鮮の人質に?

 

コメント欄より

更新、ありがとうございます。

あらら、こちらも皇室入りした方と名前が重なりますね。

重箱の隅をつつく様ですが、「ながこ」さんや「きくこ」さん。

字は違うので、単に被っただけかな?とも思えますが、その後も皇室入りする女性や、皇族女子に名前が被るんですよね。(犬の由莉まで)

一般のご家庭で、ここまで名前が被るのはなかなかないのでは?

「用意された女性」説が、自分の中では濃厚になってきております。

以上

 

Sponsored Link



 

会津閥の「せつこ」

貞明皇后となった九条節子、秩父宮妃の松平節子→勢津子に改名。

「せつこ」さんがかぶりましたね。ともに会津閥、クエーカーといわれています。

会津閥は紀子妃へ受け継がれました。

 

コメント欄より

アラモードさまの「紀子様の舌足らずっぽい日本語発音は、中国人っぽいですね。」というコメントについてなのですが、現在読売新聞で「平成の天皇 象徴の歩み」という連載がされています。

7月4日付の朝刊「開拓地の苦難耳傾け」の中に、紀子さまのお母様 川嶋和代さんが、満州からの引き上げを体験したとありました。

そのせいもあるのでしょうか?それともみなさまの心配されるように…?

紀子さまについて気になるのはもう一つ、育児書が「おさなごを発見せよ」だったこと。

h ttps://allabout.co.jp/gm/gc/184292/

川嶋和代さんから紀子さまに贈られています。

著書の羽仁もと子氏はクリスチャンです。長女は日教組を作ったマルクス主義者の羽仁五郎と結婚しています。

このあたりの思想が平成の皇族の方々に影響を与えているのか否か…。 杞憂だと良いのですが。

以上

 

羽仁五郎は、群馬の方でした。顔長いですね。

羽仁五郎 wiki

旧姓は森。群馬県桐生市出身。生家は地元の有力な織物仲買商であり、父の森宗作は第四十銀行の創立者で初代頭取、舘林貯蓄銀行頭取などを務めた。

中略

マルクス主義の観点から、明治維新やルネッサンスの原因は農民一揆にあると主張。

晩年は新左翼の革命理論家的存在となり、学生運動を支援し『都市の論理』はベストセラーとなった。

1983年(昭和58年)、肺気腫のため死去。

以上

 

三笠宮妃百合子さま。ちなみに、皇太子家で飼われていた朝鮮の珍島犬の名前がユリでした。

そして、この人も「百合子」なんですね。

小池百合子さん。

 

コメント欄より

25年も前と思うと、自分も年を重ねたなぁ~と軽く気が遠くなりそうですが(笑)

ツアー旅行でエジプトに行ったとき、カイロ・ヒルトンに「やまと」という小池女史の母上だったか兄上だったかが
経営している日本料理店がはいっていました。

日本料理というよりは、ファミレスの和食メニューや駅弁に近い感じでしたが、旅程も半分を過ぎ、バスの中で誰かがおせんべいを配ると、わーっ嬉しいと喜びの声があがるくらい、日本の味が恋しくなってきたタイミングのせいもあり、いっそう美味しく感じました。

これも利権だったのかな

以上

 

コメント欄より

私もアラビア語を学んだことありますが、本当に覚えることが多く、マスターするのは至難の技です。

アラビア語に比べたら、他の言語なんて簡単だとおもいました。ちょっろ留学したくらいでトップは無理です。

日常会話すら厳しいとおもいます。

遠い昔、朝日新聞カイロ支局にいたことがある人と話した際、小池百合子の話になり、親がラムセズヒルトンで和食屋やってた、と言ってましたが、本人が優秀とかそんな話は一切でませんでしたよ。

時の権力者に体当たりで突撃して、優遇してもらうという生き方は朝鮮人と思えば納得ですね。

以上

 

文芸春秋のレポートから、、

 

朝堂院氏は、小池百合子氏の父親の勇次郎の負債を整頓し、破産した小池百合子氏の父や兄や家族に職をあたえてカイロに店をもたせて、小池百合子には小遣いをやっていました。

単純な疑問として、フィクサーといわれた朝堂院氏に、この小池勇次郎をここまで保護しなくてはならない義理があったのでしょうか。もしかしたら、男女の関係にあり、寵愛する女性に対する援助なのかもしれませんが。

小池百合子氏はアラビア語の読み書きもできないのに、中東のえりすぐりの学生があつまってくるカイロ大に、いきなり2回生から入学しているようです。2回生に上がるのが難しい大学だそうです。

小池百合子氏は、「お父さんがなにもかもしてくれた。学費もいらない」と、同居していた女性に話してます。

同居していた女性によると、小池氏のアラビア語のレベルは「This is  pen」レベルであり、日常会話もできないレベル。その後、小池百合子氏がアラビア語を披瀝したことはありません。中東の方々や中東訪問時の会話は、音声を下げて聞き取れ無くしており、英語での会話と思われます。

朝堂院氏は、小池百合子氏は、カイロ大学卒業はしていないし、小池の父親の勇次郎にそんな力はない、と断言してます。

卒業証書をもっているとしたら、「アラブの春」以後のものを買い取ったのだろうと。

しかしながら、いちおうは、カイロ大学に籍を置いたようです。いきなり2回生からカイロ大に入学したことで、現地の方々は驚いていたそうです。

カイロ大学に強烈にコネを利かせることができ、学費も無料にしてくれたという、小池氏のいう「お父さん」とは、はたして、大ぼら吹きの山師で破産して朝堂院氏の社員になっていた小池勇次郎氏のことなんでしょうか。

 

仮にですが、小池百合子氏が、大物フィクサーの朝堂院氏すら頭の上がらない、氏にとって義理のあるもっと大物の子供であったとしたら、あり得るかな、と思ったりします。あくまで想像です。なんらかの事情があって小池家の籍にはいったとしたら、何をやっても無罪方面という、小池氏無双に関する疑問に対して、ちょっとだけ納得がいきます。

 

数多くの大物政治家たちを、幼児が玉でもころがすかのようにたやすく転がしてきた小池百合子氏。

美貌と話術だけではなく、政界の「伝説の大物」の隠し子であるなら、当然、女性としての価値も上がりますね。

ちなみに、岸信介さんと似ていますね、というご指摘のコメントをいただいたことがあります。

たしかに、小池氏の場合は、岸氏の顔のパーツをこぎれいにした感じですね。

そのうえで、顔の、デザインがにているなあと、、、。

もちろん、偶然でしょうけど。

 

ちなみに、「百合子」妃。

崇仁親王妃百合子

1923年(大正12年)6月4日 –

三笠宮家当主。三笠宮崇仁親王の妃。旧名は高木百合子(たかぎ ゆりこ)。

華族・高木子爵家の出身

 

百合子妃の父・高木正得

1894年1月20日、旧河内丹南藩の最後の藩主高木正善の子として生まれる。

1920年(大正9年)2月、父正善の死去により、家督を相続、子爵となる。

1922年(大正11年)、東京帝国大学理学部動物学科を卒業する。その後、東京帝国大学大学院修了。昆虫学、寄生虫学を専攻。華族制度の廃止により困窮。

1948年11月1日、奥多摩の雲取山中にて白骨死体となって発見。縊死と考えられている。奥多摩は、かつて足繁く昆虫採集に通った思い出の地だった。

邦子夫人の弟は、昭和天皇の侍従長で随筆家の入江相政。

家督は長女・衣子の夫である高木正順(男爵木越安綱の七男)が継いだ。

次女の百合子は三笠宮崇仁親王妃となった。

以上

 

破産して縊死したお父さんは、娘の百合子さんの支度金がひつようだったので、膨大な土地を売却してお金を作ったとか。

娘を宮妃にするために、無理をしたみたいですね。

 

他人の子供を育てるブーム

鳩山家の場合

鳩山ルーピーは、父の子供ではなく、祖父が朝鮮女性に産ませた子供で、息子夫婦に育ててさせていたのは有名な話ですが、じつは、鳩山ルーピーは笹川良一の実子じゃないのかとの噂があります。じっさい、奇相ぶりが似てますしね。

関連画像

仮に鳩山一郎の子であったとしても、笹川氏の落胤であったとしても、偉いのは、育ての両親が、ルーピーを育て、きっちり名門大学に行かせて、相続人として財産をわけていることです。10億円のこづかいもあげてましたしね。

 

白洲家の場合

三笠宮妃信子さんのあこがれのおじさまであった、白洲次郎も、いかにも外人外人した外見で、学生のころはもろ外人でした。

白洲次郎の父親は、鼻高さんといわれており、白人とのハーフだった可能性もあると思います。

白洲家は朝鮮にルーツがあると子孫がいってたとか、もともとは、白姓なのかもしれませんね。

白洲次郎さんのお父さんも、貰い子ではなく実子の可能性がたかそうですが、朝鮮の工作員が、外人さんに産ませた子供なのかもしれませんね、、、

一方では、白洲次郎はウォーバーク家の子供ではないかとも言われており、、

信子妃・吉田茂・麻生家・白洲家の謎と疑惑の維新⑲@白洲次郎の謎5

 

父親が破産して田舎に隠れ住んでいたのに、息子の次郎氏は、英国で高級車を乗り回していた怪。

英国滞在中に、次郎氏が差別されなかったのは、イラン人と名乗っていたからだそうです。

白洲さんも、いろいろ謎が多いで人です。

 

嵯峨公爵家の場合

そして、こちら、以前、読者様のご指摘にいただいた、満州皇帝の弟の妃となった愛新覚羅浩さん、

聡明な女性でしたが、この方、浩子ではなく、浩、という中国風のお名前や、公家の嵯峨家の令嬢にもかかわらず公卿言葉も話さず、母が16歳のときの子、というところから、実子ではなかったのかもというご指摘を戴いてます。

御夫婦仲は円満でしたが、気になるのが、夫より前に出がちなんですね。浩さん。

お二人で並んでいるお写真を見るに、ほとんどが、浩さんの腕や肘が、夫より前にあるのが気になってました。

つまり、日本女性ばなれしれているなあ、と、。

 

今も、アンジェリーナ・ジョリーをはじめ、家族制度を破壊し、国家民族を破壊し、グローバルを推進する方々とその看板たちは、「手本になる家庭」として、養子をとることが多いですね。

日本のある種の支配層の中で、「仲間が作った子供を、自分の戸籍に入れて育てる友愛ブーム」というのがあったのかもしれません。

 

※皇族に化けている工作員をはじめ、あやしい人たちには「浩」「愛子」などの字が異様に多いのはナゼ。名前は暗号か?

信子妃・吉田茂・麻生家・白洲家の謎と疑惑の維新㉒コメント欄より「名前の法則」

 

いろいろと、謎が広がります。

パンダ子育て中

mama GIF by Neon Panda MX

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

6 件のコメント

  • 小池パパ、小池勇次郎氏は、1960年代の石原慎太郎氏の衆議院立候補で、選挙運動関西地区担当されてましたね。

    勇次郎(ゆうじろう)、、
    石原慎太郎氏の弟は、言わずとしれた石原裕次郎(ゆうじろう)さん。
    名前かぶりですね。

    小池パパ勇次郎氏自身が、選挙に立候補した時、
    選挙運動していたのは、
    元東京都副知事:浜渦武生氏 (四国高知出身の右翼活動家で、喧嘩で有名に)と、
    元衆議院議員:鴻池祥肇(よしただ)氏 (大阪、鴻池組創業者の孫)
    鴻池氏は、麻生派でしたね。
    鴻池組創業者は、有名な侠客だったとの事。
    そもそもの始めは、人夫頭的な仕事からでしょう。

    何か頼まれないと、集まらない面々の気がします。

    • >鴻池氏は、麻生派でしたね。
      そうでしたね。
      安倍ちゃんを指すために、偽の情報を流していた人ですが、
      江戸時代の豪商の鴻池とは関係ないらしいですね。
      帰化人の方や在日の方は、伊集院とか、鴻池とか、仰々しい名前を好みますね。

  • 岸氏と小池婆さんは鼻から法令線が似てますね。小池婆さんは有力者のハーテムという人の養女だとかなんとか。お父さんとはハーテム氏のことかもしれません。いきなり血縁のない有力者との縁組は吉田茂みたいですね。

    • ああいう顔はよくある顔かもしれませんが、、
      加計学園の学長をはじめ、岸さんに似てる人が多いですね。

  • 高円宮絢子さんのお相手ですが、前原さんに似ていませんか?顔立ちが何となくですが…。

    あと今回のご婚約で秋篠宮眞子様のご婚約と比べてお家柄も素晴らしいお相手とか秋篠宮御一家下げのコメントやYouTubeの動画がアップされているのが少し気になりました。

    • >あと今回のご婚約で秋篠宮眞子様のご婚約と比べてお家柄も素晴らしいお相手とか秋篠宮御一家下げのコメントやYouTubeの動画がアップされているのが少し気になりました。
      検索するとでてきますね。
      典子さんの結婚のときも、名家に嫁いだ典子さん、そのころ留学中の眞子様は、、、として、下品なヒラメ顔の偽眞子を取り上げて比べていたそうです。
      しかしながら、千家家にとついだ典子さん、うまく行きませんでしたね。
      今回も、久子が選んだ相手ですから、典子さんと同じような結果になる可能性もあるなと、思ったりします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。