※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


世界の闇と真実|第二次アメリカ独立戦争

Sponsored Link
影武者制度、タブーなど 皇室記事一覧はこちら

世界の闇と真実|トランプ・アメリカはイルミちゃんから独立しようとしているのか

本日もお越しいただきありがとうございます。

コメントを戴きありがとうございます。多忙により、コメントのお返事がおくれております。申し訳ございません。

※過去記事より転載

片目のダヤンさん

あなたの知らない陰謀論の上部の世界

人種的には、ゲルマン系・ラテン系の混血です。

従って、地球の影の支配者やプランナーには、アングロサクソン系・ユダヤ系・ロシア系・アジア系・アラブ系が一切、混入していないのが大きな特徴です。

ー中世ヨーロッパ時代に郵便システムを確立した『タクシス家』

―ロスチャイルドやロックフェラーにお金を貸す『シェルバーン家』

―ダイアナ妃とエジプト人富豪暗殺でもその名を馳せた傭兵部隊の『サヴォイ家』

―彼らの手下として暗躍する『アイゼンベルグ家』と『ブロンフマン家』

ショール・アイゼンベルグ。極東で過去50年間工作に従事してきた億万長者である。

彼はイスラエルのためだけではなく、アメリカの情報組織のためにも働いてきた。事実、アイゼンベルグは極東での米・イスラエル共同作戦の橋渡しをする重要人物の一人だった。だが、彼の活動や事業は極東にとどまらない。これから見るように、アイゼンベルグの世界を股にかけた行動力は、国家や文化といった彼のアイデンティティーを超えたもので、静かなる 「へンリー・キッシンジャー」 とさえ言うことができる。

 

そして、上記の有力一族は、下記の機構を自由自在に操ります。

(1) 国際刑事機構・インターポール(International Criminal Police)。

所在地は、フランス・リオン。

(2) 国際決済銀行・BIS(Bank for International Settlement)。

所在地は、スイス・バーゼル

(3) ローマ教皇庁・バチカン(Vatican)。

所在地は、バチカン市国。

従って、あの忌まわしい狂人朝鮮人一家の「国家財産」売却のシナリオを描いた者は、インターポール。

【世界の闇】転載・ダヤンさん「陰謀論の上位の世界」(転載禁止)

転載以上

 

Sponsored Link



 

コメント欄より

でれでれ草様、コメントを取り上げて下さり有難うございます。

ただ、参照したタヴィストック洗脳研究所の記事で、貼り付けたURLが正しくなかったみたいですので、訂正して再度貼っておきます。
https://ameblo.jp/souldenight/page-2.html

イルミ的には思い通りに行かなくなったのか、

7月25日、ブロンフマン一族のひとり、クレア・ブロンフマンの逮捕と保釈(保釈金110億円)のニュースが出てましたね。

 

女性を性奴隷にしていた米団体と関係、カナダ酒類大手元社長の娘逮捕

http://www.afpbb.com/articles/-/3183686?act=all

7月25日 AFP】米国で24日、カナダ酒類大手シーグラム(Seagram)元社長の娘で同社の遺産相続人であるクレア・ブロンフマン(Clare Bronfman)被告(39)が逮捕され、女性たちを性奴隷としていたとされる秘密結社とつながっていた罪で同日起訴された。米検察が明らかにした。

慈善活動家のクレア被告は時価総額26億ドル(約2900億円)に上るシーグラムのエドガー・ブロンフマン(Edgar Bronfman)元社長の娘で、ニューヨーク・ブルックリン(Brooklyn)地区の裁判所に出廷後、保釈金1億ドル(約110億円)を支払い保釈された。

クレア被告は自己啓発団体を自称する「NXIVM(ネクセウム)」の幹部だった。

NXIVMは女性メンバーを性奴隷として扱う秘密結社を運営していたとされ、女性らは指導者のイニシャルの焼き印を体に入れられていた。

 

クレア被告はNXIVMに資金提供を行っていた疑いがあり、最大20年の禁錮刑と規定されている共謀による恐喝の罪、また最大15年の禁錮刑と規定されている個人情報を盗んだ罪に問われている。

クレア被告の弁護士は、被告は「何も悪いことはしていない」と主張している。

検察はまた、すでに性行為目的の人身売買と強制労働を共謀した罪で起訴されているNXIVMの創設者、キース・ラニエール(Keith Raniere)被告を追起訴したことも明らかにした。

 

ラニエール被告のイニシャルの焼き印を押されたNXIVMのメンバーは全裸で拘束され、入会の儀式を撮影されるなど、団体内で奴隷として扱われていたという。

検察によるとラニエール被告が痩せた女性を好んだことから、一部メンバーは低カロリーの食事を強制された。

また、メンバーはラニエール被告以外と一緒に寝ることを誰一人として許されていなかったという。(c)AFP

以上

 

スイスのトンネル開通場所は、大型ハドロン衝突型加速器の稼働実験をしているCERN(セルン)の近くだそうです。

ここは、加速実験のたびにスイスで地震が起きているとか(人工地震)、施設内のシヴァ神の前で生贄儀式が行われた疑惑とかがあります。

実は、異空間とのゲートを開けたのでは‥‥とか。

スイス、CERN(セルン)で検索すると出て来ます。

 

【衝撃】CERN(欧州原子核研究機構)で行われた「悪魔の儀式」映像が流出! 黒マントの男たちが女を生贄にして刺殺!?

http://tocana.jp/2016/08/post_10690_entry.html

(途中から転載します)

■CERNで女を生贄にする儀式が行われていた!

そして今、このCERNの“恐ろしい正体”を暗示するかのような光景がまたひとつ確認されたとして、世界に戦慄が走っている。まずは、問題の光景を捉えた映像をご覧いただこう。

※動画は削除されていました。が、画像が残ってます。

■CERN側は火消しに躍起、これは怪しい……!

今月に入り公開された動画は、海外ニュースメディアやSNSを通して瞬く間に拡散。大騒動へと発展し、CERN側も公式見解を発表せざるを得ない状況に追い込まれた。17日、AFP通信の取材にCERNの女性広報担当者は次のように語っている。

たしかに、この映像はCERNの施設内で撮影されたようです。しかし、こちらは事前に何の連絡も受けていなければ、撮影を許可したこともありません」

(中略)

「とはいえ、世界中からやって来る科学関係者に門戸を開いていますから、時に来訪者のユーモアが行き過ぎてしまうことがあるのかもしれません。恐らく真相はそんなところではないでしょうか?」

要するに世界中からやって来る研究者の一部が、悪ふざけで行ったことであり、深刻に捉えないでほしいと火消しに躍起になっているわけだ。

しかし、女性が刺されているような光景が映っている以上、これを見過ごしてよいものか?

黒いマント、そして神に生け贄を捧げる「悪魔の儀式」と聞いて、あの秘密結社の名を思い浮かべる読者も多いのではないか?

 

■CERNはイルミナティの最終兵器か?

※イルミナティの流出した動画

ttps://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=jDJdlMqQaas

オカルト好きの読者は、すでにお気づきだろう。そう、動画が捉えている光景は、世界を影で操る秘密結社フリーメイソンの極秘最高組織「イルミナティ」による悪魔崇拝の儀式と極めてよく似ているのだ。

ヒンドゥー教で“宇宙の破壊を司る神”である「シヴァ神」をイルミナティがどのように位置づけているかは不明だが、もしもCERN内部にイルミナティが紛れ込んでいる、もしくはCERNそのものがイルミナティの実質的支配下にあるとしたら……これはただならぬ事態である。

 

一部のエリート層が支配する世界を理想に掲げるイルミナティは、人類総奴隷化計画や人口削減計画を推し進めていると考えられている。計り知れないほど強力なエネルギーを生み出す施設が彼らの手に渡れば、それを“だし”にして世界の指導者層に“ゆすりをかける”可能性も十分に考えられる。

現在、ジュネーブ警察が事態に並々ならぬ関心を寄せているものの、捜査に二の足を踏んでいるとの情報もある。

CERN側が火消しに躍起になっている点も含めて、何かがおかしい。果たして今回の動画は、CERNにイルミナティが紛れ込んでいる、いや、まさかもうイルミナティの手に堕ちてしまっている証拠なのだろうか? 今後の展開が注目されるところだ。

(編集部)

転載以上

 

こう考えると、EUの旗の☆も意味があり、元々、アメリカ国旗の星条旗の☆も、、。

それぞれ参加国や国家の州の数が星☆で表されてると言う説明でそのまま納得してましたが、☆星マークに意味があったのかもです。

皇族方の検証が続いてますが、意味あって、皇族の子女が女性に偏ったのかもしれません。

何か(闇の)儀式が増えたのかもと思います。

桂宮様に与えられた紋章も、菊の周りに目のモチーフがあるものでした。

昔は、とうや(たまたま神事に当たった1年神主みたいなの)を片目にする風習もあったと聞きます。

皇室財産の為だけなのかわかりませんが、お一人、お一人に、コマとしての役割がだいぶ前からありそうですね。

因みに、密教と関係が深いチベット仏教では、

12歳、16歳、25歳 の乙女を捧げる儀式があるそうです。

以上

 

ありがとうございました。

一部抜粋させていだいてます。

※カルトが、女性の形をしたケーキを食べている画像がでてきます。キモイです。閲覧注意レベルです。

NXIVMセレブのカルトとクリントン財団の関係1

https://blogs.yahoo.co.jp/sayonarakkk_0627/35035297.html

この野蛮な組織に入信するためには、まず最初に自分の裸の写真、または他の、人に知られたら困るような極秘の資料を担保として提出しなければならない。後で脱出しようものなら、ゆすりに使うためである。

それから、ヒップ(足の付け根の骨があるところ)にKR(keith raineire)やAM(alison mack)のイニシャルの焼きごてを当てられた(ブランディング)。

 

NXIVMセレブのカルトとクリントン財団の関係②

https://blogs.yahoo.co.jp/sayonarakkk_0627/35035426.html

クレア・ブロンフマンは、支配&服従セックスカルトのすべてのメンバーの担保を管理している。
ブロンフマン姉妹は、NXVIMのアジェンダを推進するために、あるいは、見てみないふりをさせるために、政治家、FBIエージェント、大物の弁護士(high profile lawyers)らに資金提供をし、収賄をしてきた
最後にもう1つ、奇妙なのは、アリソン・マックがマリナ・アブラモビッチの写真をツイッターで投稿していたことだ。
みなさんもピザゲートスキャンダルで覚えているだろう。マリナは自分をパフォーマンスアーチストと呼び、影響力のある人物たちと交流を持っている
パーティはセレブリティだらけで、全く奇妙である。
Usher

閲覧注意

彼らは人体の人形のケーキを食べている。

cake effigy of human bodies
昔のロスチャイルドが催していた仮面衣装パーティを想起させる。

※詳細はこちらから

https://blogs.yahoo.co.jp/sayonarakkk_0627/35035426.htm

 

角の生えた何かがお好きなんですね

 

逆さ十字、逆さ五芒星は、黒魔術らしいのですが、、

 

おもうに、EUの国旗、アメリカの国旗は、「彼らにとって正式な形」は、こうかもしれませんね。

アメリカ国旗の白と赤のボーダーも、上下逆転関係なく、表向きのものとは別に、まじない的なものがありそうです。

昔は、ボーダーって囚人の服だったんじゃなかったでしょうか。

 

そして、ブロフマン家の女性という、この超特権階級の人間が、アメリカで逮捕され、かつ事件がアメリカで報道されたことに意味があると思いました。

現在、真性のアメリカ人・トランプ大統領とペンタゴン派が、イルミからの独立戦争の最中であり、これは結果の一つなのかな、、とか。

 

かなり前、デンマークかベルギーか、あのあたりの国で、ユニセフをカバーにした少女の誘拐と監禁が問題になったはずです。

複数の少女が、ユニセフがらみの建物に誘拐され監禁され暴行され、食事も与えら無いひどい状態で発見された事件だったと記憶しています。

犯人は、性犯罪歴のある男でしたが、何度も逮捕されても、なぜか、すぐにでてくる、何かの組織が背景あったであろう、なにかの御用達だったであろう人でした。

ちなみに、イルミちゃんの脱会者によると、デンマークの故王配(今の女王の夫)は、生贄の儀式に参加して人肉を食べてたそうですし、オランダ軍がみまもるなか、オランダ王族が、誘拐してきた子供たちを森に放して人間狩りをしていたという噂もありました。

事件が公になったとき、市民の間でデモが起こったはですが、その後、改善されたのでしょうか。

 

ネズミの国の閉館後

イルミちゃんの脱会者、シスコさんによると、某ネズミの国では閉館後、オカルトの儀式をしているそうです。

東京にも娯楽施設があります。東京はどうかわかりませんが、アメリカの本店は、閉店後、こういう感じになるんでしょうね。

ヒラリーのような下僕や、マリリン・モンロー、アンジェリーナ・ジョリー、レディーガガ、マドンナ、などの歴代の性奴隷さんたちも、参加してるんだろうな。

 

被告は「何も悪いことはしていない」と主張している。

人類太古の社会を継続しているイルミの世界のルールではそうなんでしょうが、、、。

今は21世紀なの(怒)。

 

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

無料キャンペーン中

 

関連記事と広告