※人気ブログランキングに参加しています

世界の闇|麻生太郎の謎⑧コメント欄より 訛りの謎

Sponsored Link

続きです。

コメント欄より

でれでれ草 様

いつも、更新ありがとうございます。

前回、最後だと言っておきながら、再度の投稿、申し訳ありません。補足です。

160531 麻生太郎 副総理兼財務大臣 定例会見

前回、最後に上げさせて頂いた動画です。

 

 

Sponsored Link




 

2010年11月14日に投票が行われた福岡市長選挙の応援演説の動画です。

福岡市長選挙2010 麻生太郎の応援演説 at 姪浜駅

(0:09〜「おはよう〜っ」と少し語尾が上がってからちょっと下がる挨拶から始まります。

その後、「朝です、麻生太郎・・・じゃなかった、ますやま(?)宗一郎の応援に今日はやって来ました。」
と言います。)

(0:18〜「宗一郎の応援に今日はやって来ました。」で、’そういちろうの〜っ’と次に言葉が続くためか、宗一郎までは平坦、の〜から、語尾は上がります。)

2010年(朝)の麻生さんは、首が長く、少しなで肩のようにお見受けします。

2016年、首が短くて、多少のいかり肩になっているように見えます。

声の違いですが、選挙の応援演説での発声と会見での発声の仕方が違うからなのか、ダミ声という点以外、判別できませんでした。

ただ、以下の2014年の応援演説の動画では、2010年と違い、太い低音気味の発声に聞こえました。

 

麻生太郎副総理大臣応援演説 (2014年4月9日 福岡県議会議員補欠選挙)

 

以下は、2010年の(夜)の演説の動画です。

2010.11.13 福岡市長候補 応援 麻生太郎

 

(0:24〜「こんばんは〜っ。」と語尾が上がる挨拶から始まります。

その後、「私は宗太郎ではありません、麻生太郎です。」とシャレを入れます。)

(1:48〜「高島宗一郎にぜひ力を貸していただきたい。」と言います。宗一郎の’ろう’の発語が一旦下がっています。)

 

【福岡市長選挙2010】高島宗一郎候補 麻生太郎元総理による応援演説

 

(上の動画と同日同時刻の別の方の動画です。)

2010年11月13日の選挙活動最終日の「マイク納め」には、額の長い麻生さんがお見えになられたようです。

「よかてつ。活動記録」様のブログからです。

高島宗一郎を支えた屋台骨の存在、ほか…(2010年12月07日)

http://yokatetsu.yoka-yoka.jp/e580305.html

 

〜以下引用させていただきます。〜

選挙活動の最終日となる13日夜にあった天神ツインビルでの最後の街頭演説のあとのこと。

選挙事務所に戻ってきて、選挙活動の締めとなる『マイク納め』となったのですが、そこに麻生さん本人(と、河村建夫氏。ちなみに石破茂氏はいませんでした。)がいらっしゃいました。(^^;)

マイク納めが終わり、各人がこれまでお世話になった、選対や県や市の議員の先生などの方々に挨拶して回ったりしたのですが、最後、麻生さんとツーショットを撮影ならびにガッチリと握手する機会がありました。(^^)
〜引用終わり。〜

 

また、4年後の2014年11月にも、額の長い麻生さんが登場しているようにお見受けしました。

「ゆったりとした時間」様のブログより。

麻生太郎、福岡市長選の応援で、姪浜駅に現れる。(2014年11月2日)

麻生太郎、福岡市長選の応援で、姪浜駅に現れる。

以上となります。

長文となり、大変失礼いたしました。

 

コメント欄より

麻生太郎さんの筑豊弁とご指摘の

「しぇんしぇ、政権ば変えるちゃあ、亭主変えるより大変じゃった。」

これは‥‥、まんま“2代目廣澤虎造”の浪花節かと思いました(笑)。

セリフの“溜め”と言い、間合いと言い。。

炭住(たんじゅう=坑道で作業されていた方の住居)にお住まいの方達とはお付き合いする縁が無かったので、ディープな筑豊弁を私が知らないのかもしれませんが、たいていの方は、この話の流れでは、「しぇんしぇ(先生)」は語尾が上がると思います。

北九州弁、筑豊弁、博多弁、久留米弁含む筑後川一帯の方言、、佐賀弁、長崎弁、、北部九州の方言での会話は、たいてい節(せつ)の語尾が上がります。

武田鉄矢氏は強調し過ぎですけれど、地元同士だと、かるーく、明るく、各節(せつ)が上がり気味になります。

せっかく、地元で、地元色を出して、方言を使ったエピソードを演説中に挿入してるのに、この浪曲のような語り口では、有権者の共感を呼ぶことにはならないと思います。

 

任侠の世界‥‥と言うか、福岡では普通にヤ○○さんと会う事もありますけれど、

それでもこういう低くドスの聞いた話し方では無く、声がやたら大きくなる‥‥、声の大きいもの勝ちみたいなところがあるので、ある種の選挙協力者の話し方でもないです。 そう言う関係者は、あっけらかんと喋るので、逆にそれが怖かったりします。。

話がそれましたが

麻生太郎さんは、福岡の言葉をしゃべれなさそうです。

以前は、ほぼ東京の人と思ってたので違和感が無かったのですが、

Wikipediaにあるように、小学校三年生くらいまで、祖父母とともに飯塚市にいたとしたら、周囲の大人や親戚とも喋ったでしょうから、映像のようなイントネーションにはなりません。

一応、麻生セメントの社長もして、九州の政財界ともお付き合いがあったでしょうし。

因みに、演説している南福岡駅前、、

ここ20年くらい再開発が進み、今は駅周辺もマンションだらけで住民層も変わったでしょうが、すぐ近くに西鉄・雑餉隈(ざっしょのくま)駅があり、周辺が飲み屋さんの多い繁華街になってました。

昔は近くに進駐軍の春日基地があった名残かと思います。いわゆる「チョンの間」(ある種の旅館)が固まってありました。現在はほぼ無いらしいです。

そう言う土地柄でしたので、ヤ○○さん、或いはZさんは、結構いらした場所と思います。現在は知りませんが。

武田鉄矢氏のお母様のタバコ屋さんも、この雑餉隈駅の近くにありました。

だから、多分、普段は使わない “しぇんしぇ”

なんて言葉を使って演算されたのかも‥‥と思います。

“しぇんしぇ” も、書いている字とは微妙に発音が違うんですよね。。 どの方言も、そうでしょうが。

字には入らない発音があるんです。

また、福岡なら必ず使う方言、でもなかったりします。

と言い事で、貼り付けて下さった映像の、麻生太郎さんの筑豊弁(福岡弁)は、語り口調の「台詞=セリフ」であって、方言では全くありません。

もう一つの映像は、、まるでシュワちゃん主演の「トータルリコール」みたいでしたね。。

同じ動きの繰り返しが多く、また定例とは言え会見なのに、いったい何処みて喋ってるんでしょう。

音声を消して見ると顕著ですが、途中、首の動きに対して、胴体の動かなさがヘンに感じます。

以上

 

コメント欄より

アラモード 様

コメントをくださり、ありがとうございます。

慧眼を誇るアラモード様のコメント、読ませていただいて幸甚に存じます。

浪曲師の節回しが麻生さんの話し方の大元になっている可能性の話、目から鱗が落ちました。

12月3日 南福岡駅前~麻生元総理 応援演説~

(最後少し麻生さんの筑豊弁が聞けます。)

 

2012年12月3日の応援演説ですが、終盤の1:19〜

「私、筑豊から来たけど、その奥さんも間違いなくそっちに引っかかった方。

2年ぐらい前に会って、しぇんしぇ、政権ば変えるちゃあ、亭主変えるより大変じゃった。」

と筑豊弁が聞けます。どうでしょうか?

最後に、もう一つだけ動画を上げさせてください。

こちらも今年2018年7月27日と同様にCGで作られた会見のような・・・。

2016 05 31 麻生太郎 副総理兼財務大臣 定例会見

続きます。

 

さあ、海に帰ろう

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

2 件のコメント

  • でれでれ草さま 皆さま こんばんは。
    更新ありがとうございます。

    麻生さんっていろんなところに応援演説頼まれるんですね。
    選挙戦が全国に及ぶ時は、日本中を飛び回っているのでしょう。
    それでちょっと思い浮かんだのが「あのランドのあのキャラクター」です。
    「世界中で唯一の存在」であるがゆえに、同時には存在しない建前になっているそうですが、
    太郎坊ちゃんは その逆を行っていたりしそうです。
    例えばある時間、太郎Aは福岡市での応援演説、太郎Bは東京で応援演説、太郎Cは議員会館で執務…。
    影武者は限りある時間を有効活用する手段だったりしませんか?

    すみません、もう暑すぎて妄想が脱線中です。
    昨日はウチんとこが日本一暑い県でした。
    管理人さま、皆さま、どうぞご自愛ください。

  • でれでれ草さま

    連日の更新、お疲れ様です。
    麻生さんの「しぇんしぇ」、聞きました。
    私は北九州市八幡の出身です。
    筑豊とは、西鉄電車一本で繋がっとりました(北九弁)。
    飯塚のあたりだと、方言もイントネーションもそれ程変わりません。
    地元を離れて長いので、間違っているかもしれませんが。

    「じゃった」とは、あまり言わない気がします。
    「やった」です。
    語尾は「じゃ」でなく「や」なのです。
    じゃとか使うのは、広島やないと?
    って感じ。
    そうじゃろ?やないけん、そうやろー?やけ。

    ご参考までに。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。