※人気ブログランキングに参加しています

世界の闇|麻生太郎の謎⑨太郎1号、太郎2号、太郎3号

Sponsored Link

続きです。

コメント欄より

連日の更新、お疲れ様です。

麻生さんの「しぇんしぇ」、聞きました。

私は北九州市八幡の出身です。

筑豊とは、西鉄電車一本で繋がっとりました(北九弁)。

飯塚のあたりだと、方言もイントネーションもそれ程変わりません。

地元を離れて長いので、間違っているかもしれませんが。

「じゃった」とは、あまり言わない気がします。

「やった」です。

語尾は「じゃ」でなく「や」なのです。

じゃとか使うのは、広島やないと?

って感じ。

そうじゃろ?やないけん、そうやろー?やけ。

ご参考までに。

以上

 

ありがとうございました。

福岡出身、広島出身、中国大陸出身、アジア系の英国出身、、、など、太郎ぼっちゃんも複数いてもおかしくなさげですね。

大ざっぱに分類してみます。重複するかもしれませんし、探せばほかにも出てくるかもしれません。

 

Sponsored Link



 

太郎1号

麻生財閥の嫡男と思われる太郎坊ちゃん。この坊ちゃんが、オリジナルかどうかは不明。もしかしたら後年ダブルになった人のものかもしれませんが、、ま、とりあえず、太郎1号としておきましょう。

麻生塾小学校 wikiより

1947年(昭和22年) – 太賀吉、長男・太郎のために「麻生塾小学校」を設置(太郎地元秘書で社史資料室顧問・深町純亮コメント。児童は太郎を含め4人だけ、全員が社員の子弟だったという)

以上

 

ようは、太郎坊ちゃんのパパが、学校についていけなかった太郎坊ちゃんのためにつくった塾のような「學校」。もしかしたら、ここに集まられたのは、顔のよく似たダブル候補だったのかも??

 

太郎少年の謎

しかし、よくよく考えると、ここまでして特別授業をしなければならないほど、学力が付いていけないとなると、オリジナルの太郎坊ちゃんは徳仁レベルだったのかもしれません。その後、改善されたのかもしれませんが、って、軽々と改善されるんでしょうか。

皇族ならともかく、いくら首相経験者の孫で、かつ、地方財閥の御曹司で資産があるとはいえ、学力がある程度ないと学習院へ通うのは無理なんじゃないのかな、、と思ったりして。

庶民の素朴な疑問として、優秀な家庭教師をつける資産もある麻生家の御曹司の太郎坊ちゃん。

しかし、小学校についていけなかった太郎坊ちゃん。

その太郎坊ちゃんが、はたして、学習院に行き、英語をマスターして(訛りがあったにせよ)、米国、英国へと留学し、議員になり、大臣になり、スピーチをし、会見をし、質疑応答に応じられるようになるもんでしょうか。

 

太郎坊ちゃんの妹の麻生信子さん

左:信子さま、中央:麻生太郎、右:麻生秦(麻生セメント社長)

麻生家の信子さま。中学生のころから三笠宮家の若宮に粘着され、再三、若宮から求婚されたものの、太郎坊ちゃん、信子さんの母上である麻生和子さんは、

「娘は心身に障害があるので無理です」

と断り続けたらしいんですね。

しかし、中学校卒業後、英国へわたり、英国の花嫁學校へ入学。留学中は、工作員・白洲次郎と会ってますね。ダンディな白洲氏にあこがれていて、氏も信子さまを可愛がっていて、おこずかいをもらったこともあるそうです。

帰国後、信子嬢は、三笠宮寛仁親王妃になります。しかし、信子さまも、その後、別人に変るのですが、、、

※信子さまの謎

 

会見の御様子からは、障害の気配もなく、親王妃になった後は、順調に公務もこなしておられました。

心身に障害云々は、親王妃になるのをいやがった信子さまのために、ご縁談を断る方便だったのだなあ、と世間は思ったんですが、普通、皇族との縁組を嫌がる家があるでしょうか。英国へ留学し帰国後、親王妃になった信子さまは、もしかしたら、別人だったのかな。

似てますけどね。

お父さんに似たのかな、、と思うんですが、、、

麻生

 

この麻生坊ちゃん、首を右に傾ける癖があります。鼻も同じだし、笑う時の唇の使い方が同じです。同じ人かな、、と。

ザウルス氏流の、目鼻比率による鑑定ですが、左右は、ぴったり一致しますので、本人カナ、、、と思うんですね

こういう無邪気にわらう麻生坊ちゃん、この人かな。

 

太郎2号・北朝鮮太郎

この北朝鮮人みたいな、御子さん時代の太郎坊ちゃんとは別人だと思います。もしかしたら、こちらがオリジナルかもしれませんが、、。

 

子供太郎は首を右に、左の北朝鮮人っぽい太郎ぼっちゃんは左へ首をを傾ける癖があります。首を傾ける癖が違う。

さらにザウルス氏流の鑑定でも、ずれが出てきます。笑い方、口の動かし方も違います。鼻も違う。子供時代の麻生さんとされる少年とは、違う人なんじゃないでしょうか。

 

 

肩幅が狭く、なで肩、ですね。顔が、向かって右に傾いています。

耳がかなり下についています。太郎坊ちゃん、、なのかな、、、この人。

ここからは想像になりますが、、、

東京の学習院に行った人かもしれませんね。そして、選挙に出て、鈴木首相のお嬢さんと婚姻した人かな、、と。

あくまで想像です。聞き流してください。

 

太郎3号・謎のクレー射撃太郎

このお写真、素敵なんですが、、首が長すぎませんか?

顔の周りがモヤモヤしているし、貼り付けたのかな。顎から肩にかけての距離がちょっと不自然。

 

信子さんの合成と思われる右のお写真を思い出しました。こちらも、顔がおおきすぎ、そして首がオカシイ。顔だけ切って貼ったかのよう。

首が細すぎ、肩幅がせますぎ、赤ちゃん大きすぎ、、、

 

選挙に出た太郎坊ちゃん。

この二人は、別人じゃないかな、、と。思ってるんですが、、。右の人、鼻が上を向いているし、広告用の人かな、、とか。

 

当時のフイルムの縦横の比率や、フイルムの関係もあり、必ずしも正確とはいえなと思いますが、、、

クレー射撃の太郎坊ちゃん。土台になっている人が違うかもしれませんね。

 

愛子さんは、

・内親王、

・バスケットボールのキャプテン、

・リーダーシップ、

・成績優秀、偏差値72、将来は東大を狙える学力、

・俊足、スポーツ万能

・英語に堪能

・小説を書いた

・チェロを弾く

という統一のない、北朝鮮臭い盛り過ぎの設定で嘘がばれてますが、それぞれ担当するダブルがいて、複数で「御優秀な愛子内親王」を取り繕っています。

愛子さんのプロフィールのように、太郎坊ちゃんや信子妃も、複数の人間がが分担している可能性もありますね。

あくまで可能性ですが。

 

続きます。

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

3 件のコメント

  • でれでれ様、暑い中の更新ありがとうございます。
    太郎坊ちゃま、確かに最近体調悪そうでした。しかしそれが別人とまでは思いませんでした。太郎坊ちゃままで影武者複数なら皇族と工作員にダブルはお約束なんでしょうか?まさか安倍さんには居ないでしょうね?

    さて、台風20号一過で被害にあった神社が気になったので調べると、最近のテンノー&コーゴーの北海道旅行での天皇車両の天皇旗をポールに結ぶ紐切れ事件を彷彿とさせる内容だったのでコメントします。

    *伊勢神宮に近い二見が裏にある二見興玉(おきたま)神社の夫婦岩を結ぶ注連縄が切れた。
     この神社は古来伊勢神宮を参拝する人が禊を行い身を清めた所。この習わしを浜参宮といい、伊勢神宮の参拝順序である外宮→内宮の外宮に行く前に浜参宮をするので、伊勢神宮とセットの位置付け。
     二見興玉神社の御祭神である猿田彦大神の降臨する依代(よりしろ)である興玉神石(夫婦岩沖合い700m)と日の大神(太陽)のよう拝所として夫婦岩に注連縄をはることで鳥居としての役目を果たしている(古神道的な自然神の祀り方?)。この夫婦岩の注連縄の切れる意味合いや尿漏れ不浄で本来なら祭祀不可能なナル、またそうか煎餅で潔斎不可、鳥居も潜れない股子が日本の祭祀王とその后として神主と巫女的な役割を果たせるのか?この二人の祭祀王としての資質やいかに?と神様から突き付けられているように思います。また、夫婦岩であること、二つの岩を結ぶ注連縄が切れたことでこの二人が真の夫婦でない偽装夫婦であることを示唆しているとも受けとれるかとも思います。最近ナルは伊勢神宮に参拝したばかりです。
    天皇皇后には祭祀の出来るまことの夫婦を即位させないと日本の守護がなくなることを暗示しているように感じます。

    *京都の大将軍神社の御神木が倒れて拝殿が倒壊。
     この神社は主祭神スサノオノミコト。794年、平安京造営の際桓武天皇が大内裏鎮護の為、都の四方に祭祀した大将軍神社の東南方角のひとつ。この地は京に入る七口のひとつ三条口の要地に当たる為、邪霊の浸入を防ぐ意があり重要視されてきた。
     昨年10月の台風でも御神木が倒れ今回とは別の境内の建物が倒壊し、最近再建したばかりとの事です。今回御神木が倒れ拝殿が倒壊しているので更に不吉です。
     京都御所を守る結界が切れかけているという警告なのか、天皇家の祭祀不充分な上、更に祭祀不可能なナルの即位を控え不吉過ぎます。

  • でれでれ草さま こんばんは。

    スレチ申し訳ございません。
    気になる記事を見つけたので、ご報告します。

    『「こわすぎ」「なんの広告?」 新宿西口のサイネージ広告に出現する“女の目”が謎すぎるしホラーすぎると話題に』
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1808/25/news039.html

    「目」はイルミさんのサインなんですよね。
    しかも、女性の左目。
    記事によれば、誰が何の為に出した広告なんだかよくわからないんですって。(そんなこと有り得るんでしょうか?)
    きっと「分かる人」だけに向けた合図なんだと思います。
    何も起こらないと良いのですが。

  • でれでれ様、こんにちは。

    昨日コメントした二見興玉神社の夫婦石を結ぶ注連縄には、あの世とこの世を結ぶ結界の意味があるそうです。今回5本ある注連縄の全部が切れてしまったそうです。
    京都の大将軍神社も京都御所を邪霊から護る結界の意味で創建された神社ですし、日本を護る為の結界が破られそうになり悪しき者達を呼び込みかねない状態になっている警告と受け取ります。
    新しい天皇の即位が迫り、神様との関係について真剣に考え直す時期に来ていると思います。
    また個人的には京都御所を守護する神社の結界が破られているのなら、今後は皇室は京都御所に戻した方が天皇家本来の力を充分に発揮できるのではないか?と感じています。
    数日前に来年の新天皇即位に向け京都御所にある高御座を解体し皇居へ運ぶニュースがありましたが、天皇即位は昭和天皇までは京都御所でされていたのに何故今上からは東京の皇居になったのかと思いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。