※人気ブログランキングに参加しています

つれづれ|平成、昭和最大の猟奇的殺人事件の顛末と猟奇的人間

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

09月11日は紀子妃の誕生日のはずですが、報道からスルーされてるんでしょうか。

ネタにしようと思い、宮内庁のHPや、ニュースを洗っても出てこないんですが、、会見も「お言葉」も、PCの調子が悪いのか拾えないんですね。ま、紀子さんも今では偽物ですけど、「お言葉」くらい出せよ、と思うんですけどね。

 

Sponsored Link



2017年の紀子様のお誕生日

一年前の「紀子さま」のお誕生日は、「眞子さまが」北朝鮮系のヒラメ眞子にすり替わり、9月3日に強行された例の小室との婚約会見の後でした。その時期に、天皇夫妻、皇太子夫妻が、お誕生日会に出席。異例のことだとか。

黒田夫妻も出席したと書いてましたね。事実であるなら、時期的に見て、清子さんは偽物だと思うんですが。

美智子も長身すぎる美智子に替わってましたし、雅子も、髪質や頭蓋骨が変わった後だと思いますから、なにかの会合も兼ねていたんでしょうか。

2017年、紀子さまの誕生会に異例の皇太子ご一家出席 その裏側

https://www.news-postseven.com/archives/20170915_612980.html

http://www.news24.jp/articles/2017/09/11/07372224.html

「皇太子ご夫妻の誕生会に両陛下が招待され、東宮御所に足を運ばれるのは毎年の恒例ですが、紀子さまの誕生会に両陛下が顔を出されたというのは、過去に聞いたことがありません。眞子さまの婚約を陛下がお認めになった『裁可』へのお礼や、佳子さまがしばらく日本を離れられるということもあって、今回両陛下が出席されることになったそうです」(皇室ジャーナリスト)

誕生会には黒田清子さん(紀宮さま)と慶樹さん夫妻も参加していた。

(中略)

「当初、先に出席が決まっていたのは両陛下で、あとになって皇太子ご一家も参加される方向で調整されたそうです。園遊会や新年一般参賀など公に皇族方が揃う機会を除いて、両陛下、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻がプライベートの食事会などで一堂に会されることはほとんどありません。日頃はそれぞれでご公務や宮中祭祀でお忙しく、今回のような私的なご会食は年に数度あるかないか。それだけ貴重で珍しいことなのです。今回の実現の陰にはどうやら、両家の関係の将来を案じ、皇室が末永く国民の心のよりどころとなることを願う美智子さまのお気持ちがあったようなのです」(宮内庁関係者)

以上

 

なんでもかんでも、美智子様のお気持ち、美談、で締めくくるのがお約束のようです。

しかし、この写真、ここが本当に秋篠宮邸かどうかは不明なんですよね。

噂の一つに、秋篠宮邸はからっぽで、だれも住んでいないというものがあります。

皇族の参内にみせかけたロケが簡単にできるのは、コムロの「秋篠宮家訪問」でよくわかりました。

皇居、御所、宮家の敷地から、本物、偽物の皇族の死体が出てきても、今となっては驚きません。

 

08月19日 昭和の最大の猟奇事件「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯人が再犯

約30年前の綾瀬「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯人の“元少年”が殺人未遂事件を起こした。

19日、刃渡り8センチのナイフで男性を刺して殺人未遂容疑で、埼玉県警に逮捕されたのは、“元少年”の無職の男(45=埼玉県川口市)。

ここまで

事件発覚当時、マスコミ、法曹界が、全力で犯人をかばい、刑を軽くするよう頑張ってたのを覚えています。

なにかにつけては、加害者の少年の人権をうるさく言ってましたが、赤旗による被害者の女子高生への貶めキャンペーンや、被害者の女子高生や被害者のご家族に対しては、本名、素顔、住所までさらしつづけ、人権蹂躙の限りを尽くしていたことは忘れません。マスコミは、国民と民主主義の敵だと思いましたね。

その後、犯人たちは、篤志家の養子になったりしてロンタリングに協力してくれる人たちがサポートしたのにも関わらず、結局、更生はしなかったんですね。主犯の4人の中、3人が再犯したとか。残りの一人は引きこもっているそうです。

 

09月10日 平成の(おそらくは)最大の猟奇事件「座間男女9人殺害事件」を起訴

自殺願望のある方を家に連れ込み暴行した後、殺害。合計9人の男女を、自宅のアパートで、魚でもさばくようにして死体を解体し、クーラーボックスなどで保管していた事件がありましたが、裁判員裁判での裁判になるらしく、猟奇殺人の証拠の写真や映像の閲覧をしなくてはならない陪審員が、はたして辛抱できるかどうかが話題になっています。

座間殺害事件

http://news.livedoor.com/article/detail/15290324/

昨年10月、神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件で、東京地検立川支部は10日、無職の白石隆浩容疑者(27)を強盗強制性交殺人や強盗殺人などで一括起訴した。

起訴状などによると、白石被告はツイッターなどで自殺願望がある15~26歳の女性を誘い出し、自室アパートでロープで首を絞めて殺害。金銭を奪い、女性8人には性的暴行を働いた。男性1人を加えて、殺害した9人の遺体は損壊し、頭部をクーラーボックスに入れるなど猟奇的な犯行で社会に衝撃を与えた。

転載ここまで

 

・地検立川支部は約5か月間、同被告の精神状態を調べる鑑定留置を実施し、完全責任能力があると判断。

・今後、争点を絞り込む公判前整理手続きを経て、裁判員裁判で審理される見通しだが、早くも裁判員の精神不安を心配する声が上がっている。

・「9つの殺人事件を審理するわけだから、裁判は長期化が予想される。また殺害現場の写真が証拠提出されれば、裁判員は見なければならない。この事件の現場はあまりの凄惨さに捜査員も音を上げたほど。一般の人が耐えられるかどうか…」捜査関係者。

・裁判員法では正当な理由なく裁判所に出頭しない場合、10万円以下の過料を科す定めがあるが、辞退者が続出する可能性もあり。

 

どう考えても極刑一択なんですが、犯行現場が、ごく普通の住宅地のアパートなのが、いっそう怖いんですよね。

究極の事故物件だと思うんですが、家賃を大幅に下げたので、入居者は埋まっているとか。そこがいっそう、怖い。

サカキバラもそうですが、どうも犯人が、日本人ではないらしいんですね。

 

こちらは、猟奇的殺人とはちがいますが、再犯したそうな。

女優、三田佳子の次男が覚せい剤で再犯、4回目の逮捕

https://www.sanspo.com/geino/news/20180912/sca18091205040002-n1.html

警視庁渋谷署は11日早朝、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで女優、三田佳子(76)の次男で元俳優兼ミュージシャン、高橋祐也容疑者(38)を逮捕した。覚醒剤をめぐり逮捕されるのは4度目。

(中略)

三田はこの日夕方、所属事務所を通じ、マスコミ各社に文書を送付。高橋容疑者が統合失調症で精神科に通っていたと明かし、「このような結果になり、大変残念としか言いようがありません」とやるせない心境を吐露。一方で、「親としては、もう力及ばずの心境」などと突き放した。

以上

 

解せないのは、この大女優、

「残りの人生をかけて、仕事に邁進していきたいと存じます」

と言ってるのが、猟奇的なレベルで怖い。

残りの人生をかけて、息子と向き合いなんとかしろよ、思っている人多いと思う。

仕事で忙しいから息子にかまえないかわりに、多額の小遣い月50万円を与えつづけたため次男は暴走。10代の頃から覚せい剤になじみ、関東連合の使いっぱしりになり、関東連合がおこした殺人事件に、三田名義の車が使われ、間接的に関与することになり問題になりました。

2000年5月、東洋ボール殺人事件 wikiより

「東洋ボール殺人事件」とは、暴走族・関東連合と狂走連盟との抗争中に、無関係の少年が殺害された事件である。

未成年グループが起こした殺人事件というだけでなく、犯行に使われた車が女優三田佳子名義のものだったことでも世間の注目を集めた。

以上

 

母親の大女優のコネで、有名劇団に引き取ってもらうも、劇団の稽古にもでてこず、黒い世界へ放流。再び覚せい剤へ。結局、更生しませんでしたね。

この大女優が、メンドクサイことは他人に丸投げして生きてきたのが、よくわかるわ。この母子は、コンクリ犯や座間殺人犯のように、普通の人間が持っているであろう、何かが欠けていると思うんですよね。

 

対人関係などで、心が弱ってしまって病んだ場合とは違う、もともと何かが欠けている人がいるんですね。そういう人が、環境や心理的要因が重なって、ああいう事件を起こすんでしょうか。その場合は、治癒は不可能なのかもしれません。

コンクリ犯といい、座間殺人犯といい、大女優母子といい、もう、世間に二度と出てくんな、といいたいです。

 

泳いでます

freedom swim GIF

 

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

6 件のコメント

    • 意地でも、声を聞かせませんね。
      その反面、紀子さんの地方公務が、ニュースになるのは珍しいのではないでしょうか。
      次代は、秋篠宮でいく、など、水面下で何か決定があったのかもしれませんね。

  • >そしたら、同胞同士でかばいあって、不当に甘い判決が出るかもしれません。
    陪審員制度の怖さですね。
    アメリカではとんでもない判決が出て、あの制度は失敗しているのに、わざわざ取り入れた理由がわかりません。

  • https://dot.asahi.com/wa/2018073100022.html?page=3
    少し前の記事ですが、KKの発言で、
    「紀子さまは帰国子女だから、日本語があまり理解できないのでしょう。僕の話もわかっていないご様子なんですよ」
    と言ったとありましたが、これって暗に偽モノで日本人じゃないと指摘?皇族をdisっているのを暴露される脇の甘い(バックの強い?)KK、あるいは発言を捏造されるKKもたいがいですが。

  • ありがとうございます。
    >三田佳子さんは、故・松下幸之助氏の愛人説がありました。
    結局、オーデションを受けたり、レッスンをしたり、美人コンテストでタイトルをとっても、無駄なんでしょうね。
    沢口靖子は西武、浅野ゆう子は細川元首相、、
    番組を作るスポンサーのオーナーや大物政治家の愛人になる女性が、主役をはり、仕事をもらえるんでしょうね。
    副職は売春といっていた女優がいましたが、三田さんは頑張ったんでしょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です