※人気ブログランキングに参加しています

つれづれ|第二次独立戦争を戦う国士トランプと、地雷女杉田が新潮を沈めた件

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

国士トランプの第二次アメリカ独立戦争

国士トランプさん、イルミちゃんからアメリカを独立させるために、イルミの最後の砦・中華人民共和国との戦争を頑張ってますね。ドカドカ、派遣国家砲、基準通貨砲を、うちまくってます。ぜひ、頑張っていただきたい。

基本、中国人は、自分の家族、閨閥しか信用しません。

『ユダヤ・プトロコール超裏読み術』  矢島釣次

 

P170

1972年、ニクソン大統領が訪中したのである。アメリカ大統領が初めて、公式に中国の地に立ったわけだ。その結果、中国との交易が開かれることになった。そして、1973年7月には、D・Jロックフェラーは、中国政府の招きで、中国を訪れている。

そこで、どんな密談があったかはわからないが、ロックフェラーの言葉によれば、「巨大な財閥を率い、銀行の長である私の名前は、資本主義の代名詞にまでなっているにもかかわらず、社会主義政府である中国は、われわれをあたたかく、しかも寛大に受けれてくれた」らしい。

このときに、念願であった中国進出戦略のクアビの一本がうち込まれた。

転載以上

 

ロックさんとこの家と、中国の支配層の家が縁組したということでしょうね。

 

Sponsored Link



 

オバマ大統領は、嫁の親族も、自分の親族も、配偶者が中国人だらけ、なのですが、そのオバマさんをプッシュしたパトロンが、ロックさんの4代目だそうです。

たぶん、この人だと思うんですが、、。

この人たちにとっては、アメリカは、一時的に寄生している場所にすぎず、次は中国、と勝手に決めて、覇権を中国に移そうとしていた気配がありますね。

 

そして、北朝鮮問題も、容赦はしないトランプさん。

09月26日 トランプ氏が国連総会演説 完全非核化まで対北圧力「維持される」

http://www.sankei.com/world/news/180926/wor1809260001-n1.html

トランプ氏はさらに、国連加盟各国が自国の主権を保護する「自国第一主義」の追求が各国の繁栄につながるとする持論を展開し、「グローバリズム」の理念を否定。米国の対外援助について、米国と同盟諸国を尊重する国々に対してのみ供与すると表明した。

転載以上

 

国連、米国のマスコミ、ハリウット、などが異様に反日、親朝鮮なのは、北朝鮮の貢女が、大量に欧米の支配層に送り込まれており、ロックさんとこで成功したんだろうな、その女がたいそうな力を持ってるんだろうな、、、と管理人は、想像しています。

ロック4世さんは、日本留学の経験もある人でしたが、小沢の本に推薦文を寄稿してますので、立ち位置としてはそういう人だと思います。

朝鮮貢女には、もっと頑張ってほしい。そして、いつもの法則通り、イルミの王たちを、滅ぼしていただきたいですね。

 

二重構造

アメリカをはじめ、日本もアジアも、各国は「寄生している支配層・イルミちゃん系」と「大多数の元々住んでいる国民、民族」の、2層になってますね。オーラソーマのボトルのように、決して交わることがありません。

アメリカでは

① イルミちゃん=共産主義=中国人民解放軍=ウオールストリート派=グローバル派=1%の支配層、

② アメリカ=ペンタゴン派、99%のアメリカ国民、ナショナリスト派、

の2つに分かれていて、先の大統領選は、①のヒラリーと、②のトランプとの戦いでしたね。

で、「女性大統領の誕生」の予言に反して、2のトランプが勝ちました。

つまるところ、人間が運命に勝ったのだと思います。

 

日本でも、

①日本に寄生しているイルミちゃんの下僕たち=朝鮮系+同和=野党、蓮舫、辻元ほか、

②日本国民=保守、自民、安倍ちゃん、

の二層になっていますが、①が政権に返り咲くことはないでしょう。

心配なのは、安倍ちゃんのすり替わりと裏切り、①の自民に内在する小泉家のような、代々筋金入りの朝鮮系の工作員である政治家たちですね。

 

②のナショナリスト派の代表的な政治家は、

アメリカのトランプさん

側近をガチガチの保守、ペンタゴン派でかためているトランプさん。

過去、ウオールストリート派=イルミちゃんが、金もうけのために戦争をおこして、多くの兵士が多くなくなりました。

ベトナムでは勝てる戦争を、イルミちゃんの金もうけと、武器の在庫バザールのために長引かせ、共産主義を勝たせ続ける」という信条のもとに、敗北させました。

当然、ペンタゴンは、辛抱たまらんと、怒り絶頂です。

 

日本の安倍ちゃん

戦後、朝鮮系に寄生されつづけて国の壊疽がすすみました。

帰化人政権・民主党政権誕生後、どえらい目にあった3年間。

日本国民は怒り絶頂。

 

ロシアのプーチンさん、

『ユダヤ・プトロコール超裏読み術』  矢島釣次

P77

さらには、ロックフェラーをはじめとするアメリカとヨーロッパの大資本家たちによって、ロシア市場の独占支配のために送り込まれたとするのは無理であろうか

実はこの疑問に答えるような、トロツキー自らの談話が『ニューヨーク・タイムズ』紙上に残されている。

「革命、それも酷い革命になるであろう。それがどういう方向に向かっていくかは、ロックフェラー氏が、ヘイグ氏に話す内容に依存するであろう。ロックフェラー氏はアメリカの支配階級のシンボルであり、ヘイグ氏はその政治的道具のシンボルであるからである」

転載ここまで

共産主義=イルミちゃんに寄生されてソ連誕生以後70年、どえらい目にあったロシア。

イルミちゃんには怒り絶頂、先の米国大統領選ではヒラリーを落選させるために頑張ったもよう。

何度か、プーチンさんも入れ替わっているようですが、一貫してナショナリスト派なんですね。

今の人の前のプーチンさんは、消された、とされてますが、、、もしかして、前のプーチンさんは、ロシアを裏切ったのではないでしょうか。たしか、ヒラリーのメール問題のなかに、ロシアのプーチンと、ヒラリーがビジネスパートナーであることが暴露されていました。そのプーチンは「リストラされた前のプーチン」なのかも。

 

アメリカの手前、見送られていますが、プーチンさんは、北極海側の海路を日本に使ってほしいとか。凍結の問題を除けば、たしかにこのルートだと、大幅に時間が短縮できるのかもしれません。

日本、ロシアで、駆け引きが続いてます。

北方領土問題をはじめ、ロシアとの問題は、ロシアの経済破綻を待てばいいだけの話だと思ってます。

重いので別けます。

 

duck cover GIF

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

1 個のコメント

  • でれでれ草様、読者の皆様、こんにちは。

    案の定ですね。やってまいりました。
    台風24号、日本縦断する気(させる気?)満々です。後を追うように25号まで。
    アレらの法則で今度は福岡(福岡市&朝倉市?)かと警戒はしておりましたが、きっと福井の方々も戦々恐々とされているでしょう。
    日本全国どこにいても絶体に安全だという場所はありませんが、どうか大難を小難に、小難を無難にと願わずにはいられません。

    今や疫病神とか歩く災害とか言われているアレらですが、中身は入れ替わっていても器自体に賦与されるオカルト的な力が多分に影響するのでしょうか?
    知的障害がある方は何かしら一芸というか一分野に特化した能力・集中力をお持ちですが、二代続けて随分と呪術に秀でてらっしゃるようで…。

    唐突ですが、「平成」時代を言い表すなら、民主党政権そのもののようだと思えます。
    「昭和」は、同じ売国でもアメポチの自民党のよう。まだ上手く立ち回っています。
    平成が君臨したままの次代なんて、悪夢の民主党政権再びですよ。況してや、愛子さんを天皇に=一度やらせてみよう「女性(女系)天皇」なんてとんでもない! 日本は取り返しのつかない事になります。

    民意で自民党政権に返り咲いたように国民が目覚め、悪夢の平成朝(偽皇統)から日本を取り戻す、今はその正念場かもしれません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。