※人気ブログランキングに参加しています

【つれづれ】台風接近と各党の本音、希望党首の小池百合子ちゃんはパリへ出発

Sponsored Link

拙ブログへ、お越しいただきありがとうございます。

台風来てます。そして選挙投票日。

http://www3.nhk.or.jp/news/?utm_int=all_header_logo_news

規模は伊勢湾台風並みと聞いていますが、、、、

 

衆院選 投票日に各党が声明など発表
10月22日 4時15分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171022/k10011185571000.html
衆議院選挙の投票日に当たり、各党は声明などを発表しました。

自民党

自民党は、「迫り来る北朝鮮の脅威や少子高齢化から、『この国を、守り抜く』という強い覚悟と責任感、実行力を、真摯に丁寧に訴えてきた。野党の離合集散が繰り返され、選挙戦の構図が混とんとする中で、政治の安定を求める声が、日に日に大きくなっている。国政の安定こそが、国民生活の安定をもたらす。自民党は、この原点に立ち返り、国民の信任を得て、今後とも、国政を前に進めていく決意だ」としています。

希望の党

9月25日、小池百合子東京都知事は、都内で会見し、新党「希望の党」の立ち上げを発表した。同党の代表に就任するが、都知事としての職務は継続する意向を示した。写真は都庁で撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

 

希望の党は、「消費増税凍結や身を切る改革、待機児童対策など、多岐にわたる課題を争点に各候補者が実直に訴えてきた。なかでも、『安倍一強政治』にストップをかけるために、情報公開の徹底を呼びかけた。透明性が確保され、国民ファーストの政治を実現する、バランスの取れた政党であり、新たな選択肢として存在を示すことができたと確信している」としています。

公明党

公明党は、「着実に実績を積み上げてきた自民・公明両党の連立政権に、引き続き日本の未来を託すのか、目指す将来像があいまいで責任ある政策を提示できない野党に国のかじ取りを委ねるのか、その選択が問われる選挙だ。公明党の持ち味を連立政権の中で生かしてこそ、政治は安定し、安心できる政策の実現につながると確信する」としています。

共産党

共産党は、「安倍政権を退場させて、新しい日本をつくる改革のビジョンを訴え、選挙の対決構図は、『自民・公明とその補完勢力』対『市民と野党の共闘』であることが鮮明になった。市民と野党の共闘が、各地で本気の共闘に発展し、自民・公明の候補と激戦を繰り広げ、追い詰めている」としています。

立憲民主党

立憲民主党は、「上からの押しつけではなく、草の根からの、暮らしの声に支えられた下からの民主主義、ボトムアップの経済再生を実現し、『まっとうな政治』を取り戻すことを訴えてきた。日本に立憲主義、民主主義を取り戻すための新たなスタートの1日としたい」としています。

日本維新の会

日本維新の会は、「国民は、政府批判ばかりで対案も出さない野党ではなく、政権交代を担える力のある野党を求めている。大阪を行政改革によって立て直した実績が強みだ。消費増税凍結、身を切る改革で教育無償化を訴え、最大限の努力をした」としています。

社民党

社民党は、「政治を市民の手に取り戻す選挙だ。暮らしと平和を守るためにも、安倍政権を打倒し、改憲勢力を3分の2割れに追い込み、リベラル勢力を牽引していかなければならない」としています。

日本のこころ

日本のこころは、「選挙戦を『最後の決戦』として、背水の陣で臨み、『敵基地攻撃能力の保有』などを正面から訴えてきた。これほどまでに確かな手応えを感じた選挙はない」としています。

以上

 

Sponsored Link



「ぶっちゃけたはなし」

自民党「北朝鮮コワイで」「対応できるのうちらだけや」

 

希望の党「小池百合子の思いつきで作った泥船」

小池百合子

「(開票日前日)パリに行ってくるわ」

「豪華旅行楽しみにしてたの」

「あとは、代行よろしくね」

「惨敗したら辞任するし」

「あとはしらない」

「私は大丈夫。都知事だから」

「東京五輪たのしみ♡」

「だまされた方がわるい」

 

公明党「ずっと与党でいるつもり」「政策?自民にきいて」

「創価学会?あれは総合商社だから♡」

「池田先生??、、、、お、お、お、お、お、元気にきまってるじゃないですか」

 

共産党「永遠に実現しない共産革命がんばってる純粋な自分ら」

資金は、ロシア、中国がくれるから余裕余裕。

企業なんかにたよらんですむんや。

代表、幹部は労働貴族やから、結構、金持ちなんやで。

 

日本維新の会「大阪を見たってや」

「うちらのおかげで、もうすぐ朝鮮民国になるんやで」

「日本も丸ごと、そうするつもりや」

 

立憲民主党「革マル派のグループ作りました♪」

「団塊のみなさん♪懐かしいでしょ」

「関係ないけど、党首は福耳♡」

 

社民党「もうすぐ消えます」

貧乏人あつめて革命するのが夢だった。

 

日本のこころ「最後の選挙かも」

「さようなら、みなさん」

 

台風がきてますからね。

浮遊票頼みの希望の党は難しそう。組織票のつよいところ、、といえば与党やっている党が圧勝カナ。

消費税か、、、、。

おのれ財務省に売国家業の麻生太郎め。はやく滅びろ。さっさと◯ね。と思っている人多いと思う。

 

 

もしかして、

同じネコちゃん&ワンちゃんでしょうか。ネコの柄がちがうかな。

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

新着エントリー

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

4 件のコメント

  • こんばんは
    すごい台風ですね。伊勢湾台風より少しでかいですよ。

    画像について
    多分ですが、下と上のわんこさんは同じ。
    猫大好きなわんこさん。
    で、下のネコさん、見た感じではそれなりのお年な気がするし、お亡くなりになった。
    わんこさん、落ちこんだ・・・
    飼い主さん、保護仔猫の里親となり、彼のところにお連れになった。
    わんこさん、大喜びで「親」のようにかわいがっている・・というところか。
    上画像の後方に写っている仔猫さんはだっこされている仔猫さんの兄弟姉妹だと思います。
    こういう想像は楽しい。
    全く、トーグーフーフは、犬猫以下ですわ。

    今、大本教出口恒氏の本、読んでます。
    大本では、というか出口家では天皇家はニセというのは当たり前的な感じ。ご飯食べるように語られていますわ。
    大正帝はにせ・・と書いてあって、これ、フツーの認識のようです。
    明治帝もそうですね。
    だとすれば、今上も推して知るべし。なのかな。

    香淳皇后が里子に出されたところは、大本幹部のお家でした。
    切り紙神示というのがあって、孝明天皇は出口王仁三郎の出現を予言していたとか。

    トンデモ系です。表歴史しか知らないと。
    でも、今やあれこれ真実なのではないかと思います。
    王仁三郎の祝詞は、イメージ喚起力がすごい。
    トンデモ比較すると
    故初代高橋竹山翁の津軽三味線きくようです。
    この方の三味は、きいていると、津軽の山谷、雪の中、灼熱の浜・・・ぼさまとして三味をもって旅している姿が見えてきます。
    そんな感じ。
    王仁三郎の祝詞、リアリティがあります。
    王仁三郎氏が祭祀をしていたというのはホントかも知れない。

    神のとらえ方が、唯一神的というか。
    同根だというおおらかなとらえ方。
    これ、日本の教派神道の教祖さんたちに共通の気配ですね。

    もう1冊読もうかなと思っています。
    そうしたら、もう少しまとまった書き方しますね。

    • あれだけの霊力をもっていた王仁三郎が有栖川宮の落胤というのが納得です。
      おそらく、睦仁親王が薨去されていたら、あるいは本物の明治帝が崩御されていたら、たしか、そのあとは有栖川宮じゃなかったでしょうか。
      勘違いかもしれませんが。あれだけの活躍をみるに、王仁三郎が本当の天皇であり、祭祀王だったとしたら納得です。

  • でれでれ草さま こんばんは

    「伊勢湾台風並み」の台風だそうですね。
    Σ(゚д゚lll)
    伊勢湾台風、お皿さまの入内の年では?
    千代田の56億御殿で、自民快勝に「キィーー!!」ってなってるのかなと想像しているところです。
    皇族に選挙権が ないのは正解です。

    各党首の本音、笑ってしまいました。
    特に瑞穂さん。
    社民党何でも反対、とにかく反対。
    どさくさに「日本」にまで反対してるしwww.
    だったら釜山港に帰れば?ですよね。

    とりあえず、11月にトランプさんをお迎えするのが安倍さんで(すよね?)、良かったです。
    官邸におめでとうメールして、日本と皇室の大掃除をお願いしました。
    正しく皇統がつながる日まで、見届けないと。

    台風接近。お気をつけて。

    • 野党第一党に立憲っていうのが意外でした。
      改憲までまっしぐらですね。
      いい風にかわってくれるとしんじています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。