※人気ブログランキングに参加しています

ご案内|片目のダヤン氏の「英語塾」が電子書籍化されます

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

「盗作一筋70年の背乗り朝鮮族イザー」とその仲間から著作権を守るため、拙ブログの片目のダヤンさんによる「でれでれ草の英語塾」と、伏見氏に寄稿されたダヤンさんの過去記事をあわせて、電子書籍化されることになりました。

お知らせ|【緊急】著作権保護のためのダヤン氏の投稿記事の書籍化とブログ記事の削除について

表題のように、著作権保護の、やむを得ざる「自衛策」として、過去から既に、投稿されブログ上にアップされた「ダヤン氏」の記事を「書籍化」し、それに伴い、該当記事を削除することを発表いたします。

私とダヤン氏との契約について

  • 原稿料は無料
  • 著作権はダヤン氏にあり、当方は彼の権利を守る為「最大限」の努力をする。

彼の寄稿が始まった当初より、双方、上記の契約を遵守してきました。

しかし、去る9月の記事で発表しましたように、前の「時を斬るブログ」以来、

イザーマン本人(ハンドルネーム;電光影裏)を筆頭に、身内、利害関係者で構成される「ハイノリーズ」による「工作員」が大量に入り込んでいる事実が発覚しました。

特に、少なくともその3名以上の「工作員」は、ダヤン氏の記事に集中して、コメントを書き込み、ダヤン氏から、特に「英語」に関する知識を引き出そうとしていました。

★人生70年「生涯盗作一筋」のイザーマンと、その「目的疑似家族」の「ハイノリーズ」にとっては、他人の物の「盗作」「パクリ」「恐喝」「背乗り」は、連中の言わば「ミッション」であり、「本能」でもあります。

中国共産党及び、人民解放軍総参謀本部付きの「中国朝鮮族」と「日本国内の土台人」から構成されるチームには、そもそも「遵法意識」「日本の社会通念」「倫理観」というものが欠落しています。

何故なら、

  • 最終目標が、「ミチコ」の意をくんで佐伯徳仁氏、小和田雅子の即位、「女系天皇」の確立。
  • その手段としての、「純粋日本人による愛国ブログ」の管理人を脅すことによる、「ブログ潰し」及び「背乗り」です。

具体的な手法は、「言葉巧み」に「甘言」を弄して、「ふぶきの講演会」または「イザーオフ会」に誘うことにより、「ブログ管理人の個人情報」を握ることにより脅迫し、ブログの更新を断念させる、または「ブログそのものに背乗りし乗っ取る」ことです。

具体的な犠牲者としては、

・「雅子様大好き」と管理人のナス子さん

・「ドス子の事件簿」

が挙げられますが、泣き寝入りを強いられている人は他にも沢山いるでしょう。

続きはこちらから

伏見氏も指摘しておられますが、在日さんの場合は、「日本人の都合」と、「自分たちの都合」がそれぞれあり、それぞれ違うことがわかっているのですが、どうも、イザーの様な複雑な立場の朝鮮族であろう方々の場合は、この世には真理も常識も1つしかなく、それは自分が考えていることである、というような、一元的なものの考えをするのではないかと思われる節があります。

なので、著作権をはじめ、さまざまな法律解釈も、自己都合にあわせてねじまげて理解しており、これが変わることはなさそうです。さらに、イザーの場合、指摘され、いったん本人が納得しても、時間がたつと忘れて、同じことを繰り返すというのが問題です。

 

「カナダ親父とのルンルンデート」で自爆して以来、「BBビジネス」がパーになり、舞台裏がばれてしまったイザー。イザーとその仲間が、次の背乗りする相手を探しているのは間違いなさげです。実際、管理人のなりすましが出現しました。諦めてはいないようです。

・ドス子さんをつぶした後、ドス子さんのネタで6年皇室ブログをやっていたイザー。

・「雅子様大好き」の管理人ナス子さんが、ふぶきの講演会に参加した後、更新がとまり、しばらくすると、別人が成り済ましてブログを更新するも、見破られて退散しましたが、やはり成り済ましは、イザーでしょう。

・憑依相手がいなくなり、ついに、オキシトシンふぶきに背乗りしたイザー。今は、完全に、ふぶきの部屋は、BB覚醒と同じ内容と文体になりましたね。レイアウトも同じです。バカのふぶきしか、憑依する対象がいないというのは、よほど、イザーは、せっぱつまっているのでしょう。

さらに、伏見氏の分析によると、次に狙われているのはダヤンさんの陰謀論系、英語系のネタのようです。

結局、ダヤン氏、伏見氏、管理人で話し合った結果、ダヤンさんの陰謀論系と英語の学習方法などに関する著作権を保護するには、電子書籍という形で出版したほうがよいだろうという結論にいたりました。

第一弾が英語塾、第二段が陰謀塾の予定です。

ちなみに、管理人が、出版する予定のダヤンさんの電子本の編集の担当をさせていただいております。今は、原稿さえあれば簡単に書籍化できるんですね。編集には時間がそれなりにかかりますが、それでも、誰でも簡単に出版できる時代になったのは、感慨深いです。

ダヤンさんの記事は、改めて読み返すと、キレキレで面白いです。ただ、内容が、A層、C層むけなので、反感を持ったり内容が理解できない方がでて来る可能性が高く、その場合はレビューは少々荒れるかもしれませんね。

出版ツールは、アマゾンのキンドルになる予定です。

 

そういう事情もありまして、当ブログの、片目のダヤン氏による「でれでれ草の英語塾」の記事を非表示にさせていただいております。ご了承下さい。

ダヤンさんのスケジュールの関係で、ダヤン氏の電子本の第一弾の出版は、クリスマスごろになる予定です。

おたのしみに★

でれでれ草

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

3 件のコメント

  • でれでれ草さま
    ダヤンさんの英語塾、電子書籍を楽しみにしております。
    編集作業であまりご無理なさらないでくださいね。

  • うれしいクリスマスプレゼントです!楽しみにしております。お風邪のほうは大丈夫でしょうか。確か管理人様はホメオパシーレメディで治されるのでしたね。私も自己流ですが、時々ホメオパシーを利用しています。(ヒットすればの話ですけど)効くときは効きますよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。