※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

「元ヒーラーの覚え書きブログ」が再開しました。ぼちぼち続けていきます。

※拙ブログの画像を勝手に使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。



でれでれ草|社会|「世界一幸せな国デンマーク」の理由

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

血まみれになりながらも、EU離脱をすすめていく英国さん。

英メイ首相 与党議員投票で信任 首相退任を回避

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181213/k10011745231000.html

イギリスの与党・保守党は、EU=ヨーロッパ連合からの離脱方針をめぐって批判が高まっているメイ首相を党首として信任するかどうか、下院議員による投票を行った結果、メイ首相は信任されました。

メイ首相は、退任する事態は避けられましたが、国内が大きく割れる中で、引き続き難しいかじ取りを迫られることになります。

以上

やっぱり、泥船から、逃げるんですね。

あの島国の、サバイバル能力と本能は、すごいわあ。

 

Sponsored Link



 

世界一幸せな国デンマーク

別嬪さんの女王様ですが、故王配殿下は、イルミちゃんの脱会者シスコさんによると、生贄殺人儀式に参加していた人肉喰らいだったらしい。

ああ、怖い。

 

2018年 デンマーク「いらん移民は、豪州にならって島流しにすることにした」

デンマーク、「不要な」難民の隔離を計画 無人島の施設に

https://www.cnn.co.jp/world/35129727.html

(CNN) 移民の流入への反対姿勢を強めるデンマーク政府は6日までに、「不要な」難民を人の住まない島に移す措置をとる方針を表明した。来年の財政法案に関連計画を盛り込むことで、右派のデンマーク国民党(DPP)と合意したという。

ストイベア移民相はフェイスブックへの投稿で、一部の移民について「不要な存在であり、自分たちでもそれを肌で感じることになる」と明言。「デンマークの社会にとって不要なら、もともといるデンマーク人に迷惑をかけるべきではない」「新しい住所に移ってもらう」と述べた。

転載ここまで

棄民島

・同国南東部のリンドホルム島なる無人島。

・数十年間にわたり伝染病に感染するなどした動物のための研究施設が置かれていた。

・当初は100人を住まわせるとしている。

対象となる棄民

・居住許可証を持たないものの命の危険があるなどの理由で本国への送還ができない難民。

・犯罪行為や安全保障上の理由から送還される予定の難民。

・違法行為で有罪判決を受け亡命申請を拒否された難民。

 

2016年 デンマーク「難民の財産は没収な」

デンマーク、難民の財産没収法を可決 欧州の強硬姿勢に拍車

https://www.cnn.co.jp/world/35076875.html

デンマーク・コペンハーゲン(CNN) デンマーク国会は26日、難民認定申請者から当局が現金や貴重品を没収して経費に充てることを認める法案を賛成多数で可決した。採決では81人が賛成、27人が反対し、1人が棄権した。

転載以上

・難民申請をした人の現金や所持品が1万デンマーク・クローネ(約17万円)を超す場合、当局が超過分を没収できるとする内容。

・腕時計や携帯電話、コンピューターなども対象となり得る。

・一方、例外として結婚指輪や婚約指輪、家族写真、勲章やメダルといった「特別な思い入れのある貴重品」の没収は認めな。

その後、ナチスのようだと、非難を浴びて一部改善、さらに引き締め

・金額が3千クローネ→1万クローネに引き上げ。

・居住許可の期間が5年から2年に短縮。

・難民認定者はこれまで1年で家族を祖国から呼び寄せることができましたが、期間が3年に延長。

・雇用期間の条件も「過去5年のうち3年」→「過去3年のうち2年半」

・5年デンマークに居住していれば永住権を申請できた→6年に延長。

・国民が外国人と結婚した場合、どちらも24歳以上にならないとデンマークに呼び寄せることができないという「24歳ルール」。

 

ちょっと油断すると、その民族の本性がでますね。

2014年 デンマーク「来園した子供たちの前で、キリンを殺害した後に解体し、来園者の前で肉食獣の餌にした」

殺処分のキリン解体を一般公開、死骸はライオンの餌に

https://www.cnn.co.jp/fringe/35043657.html

(CNN) デンマーク・コペンハーゲンの動物園が9日、同系交配を防ぐ目的でキリン1頭を殺処分して、解体する様子を観客に公開した。死骸はライオンなどの餌になった。インターネットでキリンの助命嘆願活動を展開していた愛護活動家などはショックを受けている。

殺処分されたのは、2歳のオスのキリン「マリウス」。コペンハーゲン動物園によると、事前に計画を公表した上でボルト銃を使って安楽死させた。死骸を調べて大きさを測り、解体する様子は一般に公開し、大勢の観客が集まったという。

転載以上

殺処分される予定だったキリンさんについては、アメリカの金持ちが引き取るといっているのに、この結果。

おもうに、ナチスドイツってのは「一人の精神異常者が、たまたまカリスマになり、人民が騙された」ということになっていますが、違うと思うんですよね。

数十万年も苛酷な環境に置かれてきたのが北欧の人々。

淘汰でいきのこった人々の根幹にある、「優秀で強いものだけが生き残る」=「生き残ったものが優秀で強く正しく、神にえらばれた」という、民族の土壌と一つになっているであろう倫理が、シンプルに政党になり、政策になり、実行されたものが、ナチスだったのではないのかと思うんですね。

しかしながら、

・白人=優生民族

・黄色人種=劣性民族

だとおもってたら、アジアの端っこの小さな島国の日本とかいう黄色人種の国が、サクサクと不毛の地であった満州を世界一の工業国にし、自分たちの植民地支配とは違う、投資型(インクラ、教育、福祉)で成功したので、仰天したのが、前世期。

敗ければ、自分たちが、逆説的に劣性民族になってしまう。焦ったでしょうね。

結局、敗戦した日本に「植民地支配の罪」など、すべてを擦り付けたは、いいけれど、人はだませても、神は騙せないわけで、カルマの法則は正しく働くんじゃないのかな、、と。

気候変動の関係で、北欧は水位が上がって海に沈むといわれてますが、そうなると、流民になるしかないわけで、、

その場合、移住先は、アジアは場所がないので、南米かアフリカになると思いますが、水位は上がっても、紫外線の関係で、やっかいな皮膚病がでてきそうです。まあ、そこは、「肌の色で差別した」カルマによる、淘汰だと思って、辛抱していただき、「幸せ」を追求してていただきたいと思います。

 

大祓祝詞の国津罪

大祓祝詞には、天津罪と国津罪が、ずらずら書かれていますね。

「国津罪は、、、、白人、胡久美(こくみ)、、、」

とありますが、解釈はそれぞれなのですが、

・白人は、白人種

・胡久美(こくみ)は、胡=中近東、久美(くみ)=組、組織、つまりは、中近東にルーツを持つ、神秘主義秘密結社のイルミちゃん&石屋さんたち

なんじゃないのかな、、と。

企業を植民地にして、私物化し、しゃぶりつくしていたゴーンさんたち、国際金融同盟に属する人たち。

日産の件で、ゴーンを釈放しろと言ったとたん、フランスでデモが発生し、マクロンさん涙目に。

結局、自分が撒いたカルマの種は発芽し、カルマの花が咲き、実がなり、天国か地獄か、どちらかから、お迎えがくるようにできているようです。

 

なでなでなでなで

bird combing GIF

 

Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

1 個のコメント

  • でれでれ様、年末のお忙しい中の更新ありがとうございます。

    EU離脱で揉めるイギリス、中国に入れあげ崖っぷちのドイツ、そして黄色いベストデモで不安定なおフランス様、、とヨーロッパも普通ならクリスマスシーズンで浮かれている時期に波瀾含みの年の瀬です。
    これから大晦日にかけ色々な所でガラガラポンが起こるんじゃないかと期待しております。

    さて、昨日電車の吊革広告の週刊文春だか新潮の記事の見出しで、ミチコ皇后が眞子様と小室の話を2月までに破談の方向へみたいな記事で、皇后様が親しい人に小室さんが眞子様を利用した事につきお怒りになられていると話したとかいう副題と、眞子様と小室の話題なのに、偽眞子&小室の写真より皿の皇后様の写真の方がドでかく、「コーシツはこのあてくしあってこそなの!このあてくしが大将よ!この騒ぎもあてくし次第よ!」みたいなノリなのと小室が眞子様を利用した事に怒っているって誰が小室を眞子様に仕掛けたのよ、眞子様と小室を利用してるのは他でもないあなた様でしょう?よく言うよ、この嘘つき婆ぁが!!って思います。どこまでも目立ちたい、そして正義の味方を装おうとする婆ぁ。自分で仕掛けた騒動を終息出来ず半狂乱で正体を現しつつあることを伺わせる記事の広告でした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です