※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

つれづれ|ゴーンさん被告から容疑者へ、アセンション

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

日本の某経営者が、中国の美人スパイにお手紙を書いたらしい、なんか妙に美談にしたいみたいですが、、、が、しかし、

華為幹部、日本人の手紙に謝意 日記公開、排除「恥ずかしい」

【北京共同】中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)は21日、カナダで拘束された副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟容疑者(保釈中)の日記を公開した。日本人の会社経営者が、孟氏の拘束に心を痛め、ファーウェイへの支持を訴える手紙を寄せてくれたとして「心が温まった」と謝意を示している。

中国メディアによると、手紙は東京の中小企業の責任者を名乗る人物から、17日に届いた。ファーウェイが東日本大震災の際に被災地にとどまり、通信設備の復旧に尽力したと指摘し、支援の手を差し伸べた企業を国が一方的に排除するのは「恥ずかしい」と記されていたという。

お手紙を出したのは、きっと、共産党系の工作員か左翼か帰化人でしょう。本当に、日本人の経営者だったのかもわかりません。工作員が書いたフェイクの可能性もあるかも。内容も臭し嘘くさいし、バカみたい。

・嘘をつく、無責任、

・個人主義

・身内しか信じない

・公の精神や観念がない

・不潔、そして、汚職がすごい

欧州人の前世紀で中国人に関する報告書は、だいたいこんな感じです。いろんな方がいるので、一概に言えませんが、中国人も結局、恐怖政治でしか統治できないところなど、秦からはじまる統一王朝のころから、なんにも、変わってないんですね。

 

 

Sponsored Link



 

 

 

さあ、栃木刑務所へ、一歩前進。

 

おフランスさま「ゴーンが地獄にいるざます」「日本の検察は酷いざます」「ショックざます」

“ゴーンショック”仏メディアは検察を批判

ゴーン容疑者の再逮捕についてフランスのメディアは、検察の対応に批判的な見方を示している。

ゴーン容疑者が保釈される見通しが広がった直後に再逮捕されたことについて、フランスの有力紙「フィガロ」は、「ゴーン容疑者が地獄に転落した」などと伝えた。

また、経済紙「レゼコー」は、「日本の検察は容疑を小出しにして勾留期間をできるだけ長くしているようだ」などと報じている

以上

「日本の検察は容疑を小出しにして勾留期間をできるだけ長くしているようだ」

うん、それが日本の検察のやり方だから。日本の検察は本気みたいよ。

日産を食い物にして地獄に落とした植民地経営者たち。

こういう記事を読むと、フランスに宣戦布告してもいいんじゃないかと思ってしまいますね。

日産ゴーン、4万人リストラの一方で年報酬20億円…ルノーが日産から計1兆円を収奪

※途中から抜粋

1999年6月、ゴーン被告は日産COO(最高執行責任者)に就任して以来19年あまり、日産の絶対的な権力者として君臨してきた。

ゴーン被告は日産で何をやったのか。日産を“植民地”化することだった。フランスがインドシナで展開した植民地政策そのままだ。収奪あるのみ。ゴーン被告はその役目を完璧にやり遂げた。

植民地を統治するために派遣された総督は、富を収奪して本国へ送る任務を遂行する一方、私腹を肥やした。ゴーン被告も私的に会社のカネを流用していたとされる。私物化は植民地総督の役得のひとつである。

99年3月、ルノーは日産の第三者割当増資5857億円に応じ、日産株式の36.8%を取得するとともに、2159億円の新株引受権付社債(ワラント債)を引き受けた。総額8016億円の資金を日産に投じた。

●18年3月期までに配当金8652億円を吸い上げ、元本は回収済み

植民地政策の狙いはカネだ。配当のかたちでカネを吸い上げた。日産が急ピッチで進めてきた増配政策によってそれが可能となった。

(中略)

19年3月期の年間配当は1株57円を計画。ルノーが受け取る配当金は初めて1000億円の大台に乗る見込みだ。

富を収奪して本国に送金するという植民地総督の任務を、ゴーン被告は完璧にやり遂げたことになる。その成功報酬として、ゴーン被告がルノーから巨額な役員報酬を受け取るのであれば、それなりに理屈は通る。ところが、ゴーン被告は日産から役員報酬を搾り取ることにした。

(中略)

ルノーでも、高額役員報酬を隠蔽するために先送り工作や、私用豪邸をつくらせていたら、それはそれで“強欲ゴーン”の面目躍如といったところだが、ルノーでは企業の私物化はしていない。

ゴーン被告は日産を植民地と考えていたから、好き放題にカネを巻き上げたのだ。日本や日本人を舐め切っていたのではないのか。
(文=編集部)

※詳細はこちらから

最近の黄色いベストのデモをみるに、おフランスは、荘園奴隷制度のまま凍結した超格差社会に、植民地経営しかできない支配層、フランス人は、今も昔も変わってないということですね。

 

戦勝国(真の植民地支配の加害者)から、日本民族への呪い

東京裁判

・東京裁判の訴追の日は、昭和天皇の誕生日。

起訴状の提出は1946年4月29日(4月29日は昭和天皇の誕生日)に行われた

・東京裁判で死刑判決を受けた東条閣下たちの、死刑執行日は、昭和天皇の皇太子であり今の天皇の誕生日。

昭和と平成の天皇誕生日がくるたびに、日本人は、東京裁判の受難者を悼むべきなんですよね。

 

8月17日 皇太子一家が私的にオランダ訪問した日は、インドネシアがオランダから独立した日

インドネシア独立戦争では、多くの残留日本人兵士が、独立運動に参加し命を落としました。

大祓祝詞より「国津罪は、、、白人、、、、、」

ゲームに勝さえすればいい、罰を受けてないから無罪とか、考えてませんかね。白人の支配層の方々って、、。

罪と罰はちがうということを、ご自覚いただきたいですね。

 

Sponsored Link
Sponsored Link