※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa


人気ブログランキングに参加しています。

つれづれ|あけまして、おめでとうございます

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

そして、新年、あけまして、おめでとうございます。

・皇室財産の横領、ヤフオク事件の容疑者夫婦が、(仮にダブルであったとしても)天皇になるのかどうなのか、

・皇室皇族にとって不吉な「徳」の字をもつ親王が、はたして即位できるのかどうか、

・旧同和&朝鮮人天皇、皇后、立太子をが策する「あの連中」の陰謀策謀が勝つのか、はたまた、皇祖神が勝つのか、、、、

・偽王朝の托卵子で、さらに偽王朝の托卵子の偽物が天皇になるのか、フランスでカルト教団の認定を受けている某教団のボスの隠し子といわれている、実質中卒の釣書詐欺の女が皇后になるのか、

・双方カルマの深い穢れた家系をもつ2人が天皇皇后になるのか、

①ヤクザとマスコミを使った言論弾圧と市民弾圧のカルマ

ユージン・スミス氏や、被害者様たちへのヤクザを使った暴行、美智子の実父であるといわれてい西武グループの創立者・堤康次郎の土地強奪、マスコミによる苛烈な言論弾圧、

②食糧危機のカルマ

結婚年は前代未聞の冷夏によるコメ不足

③食糧汚染のカルマ、

遺伝子組み換えの小麦(日清製粉)、水銀汚染された海産物と海(水俣、新潟水俣)

➃環境汚染と大量虐殺のカルマ、

新潟水俣病(正田美智子の妹が嫁いだ安西)、水俣病(雅子の祖父江頭)

⑤汚職、公金横領、市民の財産強奪のカルマ、

官とヤクザと結託し土地を強奪した堤家、外務省の公金を横領した雅子の父の小和田、

⑥スパイ、国賊のカルマ、

KGBの工作員のリストに小和田夫妻の名前があり、美智子の皇太子妃冊立の裏にはGHQ=CIA、

⑦神道の祭祀王であるにもかかわらず異教徒、

雅子は創価学会、美智子はカトリック、異教徒とは結婚させない宗派であるので、明仁さん、徳仁は結婚時に密かに改宗している可能性あり。

 

国の運はトップの運に添いますので、あの二人が即位すると、あの二人のカルマに、国運が添うことになります。

天皇皇后として不適切なこの2人が、はたして、天皇皇后になるのか、即位するのか、今年の5月に結果が出ます。

 

Sponsored Link



 

 

外人異教徒による「明治王朝」

明治以後の皇統が、「外人」「卑賎」から来た人たちの王朝という証拠は、鬼塚英明氏の著書に多く検証されていますが、常識的に考えても、

京都御所で即位式をするという意味がわかってない。

京都御所の高御座は、平成の時のようにヘリコプターで東京へ運んだとか。アホですね。

京都御所が、1000年のあいだ、祭祀王が祈りこんだ神殿だということを理解してないんですね。結局、祭祀も儀典もイベント的にものごとを理解できないのが、やっぱり外人だなあと。

 

格下の徳川将軍の江戸城を、嬉々として皇居としてつかう。

天皇が、格下のお古を使うってありえないと思うんですけどね。それを指摘しなかった点で元勲志士たちが外人、あるいは超卑賎の人間だったことがわかります。

天皇の御子を宿したお妃や女官が宿下がりして出産する場合は、細かいきまりがあり、必ず、井戸を新しく掘るそうです。親王、内親王の産湯は、誰も使ったことのない井戸で汲んだ水でなければならないわけで、穢れが生じていたり、誰かが過去に使ったものや、お古はありえないんですね。

ましてや、新しい「御所」となると、真新しい土地に、風水を駆使して作るのが普通だと思うんですけどね。

たしかに今の御所に、神職をおいた宮中三殿はありますが、御所は、天皇の居住する建物であるだけではなく、祭祀王の住む神殿なわけです。

天皇の運が国運になるんですから、気を配るのは普通だと思うんですけどね。

土地の浄化もしないまま、格下の武家の城へ、しかも、戦争による血と怨恨が染みついたあとの江戸城へ、ホイホイ引っ越していったっていうのがね、、、。冷静に考えると、鬼塚さんの検証通り、明治大帝は、「朝鮮部落の被差別民」だった人のね、志士も元勲も同じなのね、と思っちゃいますね。

 

「外人工作員」による明治「偽」皇統から、北朝伏見宮系へ皇統をもどし「日本人の王朝」へ戻すこと

※本物の愛子さんと徳仁1号と、徳仁1号の実父と噂されている佐伯さん。ならべると、血族3代にみえませんか。

思えば、本格的に皇室記事を書き始めたのが、愛子さんがすり替わった2015年の12月からでしたが、皇室の闇と秘密が、ここまで深いとは考えもしませんでした。

いうまでもなく、日本の国体は天皇制なんですが、天皇家は日本人の血統の最も高貴な家であり、日本民族の家元的な存在であり、そういう家の方が祭祀王の役割をつとめてこそ、天皇制は成り立つものだと思ってます。

しかしながら、その天皇家が、明治以後、

・生まれながらの皇族は、生誕時より、あるいは成人する段階で複数用意されており、チームで活動している。

・女性皇族は、小中高と学習院に通うが、成年するまえに姿を消し、そのあとは、複数のダブルで活動している。

・皇族と皇室が、日本人でない人たちに背乗りされ、名家どころか、日本人ですらない、

・横領、外患罪、国家と国民にたいする反逆と裏切り、皇室財産の横領など犯罪性が高い、赤十字を利用し寄付金を横領し、海外で資産を隠している可能性大

・祭祀王ではなく生粋の異教徒(雅子は創価、天皇夫妻、常陸宮家を除く宮家はカトリックの可能性大)

・中身のない祭祀で災害が多発、一方、皇族は、報道のために、晩餐会や行事に呼ばれて主賓になるだけのタレント、コンパニオンと化している

・どうみても最貧国や下層階級から来たかのような、下品でみすぼらしく品位がないご様子

となると、存在価値がなくなります。

明治以後、日本は天皇制ではなく、北朝鮮並の天皇教と化していましたが、眞子様騒動以来、ジリジリと、国民の洗脳がとけつつあるようです。

大室ではじまった嘘は、小室でバレる仕掛けだったようです。

しかしながら、国体としての祭祀王とその家系は必要であり、天皇制の継続のためには、明治維新以前の北朝伏見宮家の系統に皇籍に復帰していただくしかないと思います。

関連画像

戦後、旧宮家や皇別摂家の方々が、民間に下ってから半世紀以上がたちました。

もしかしたら、托卵、背乗り、あるいは異教への改宗、公金横領や詐欺などにかかわり適正を失っている人や家もあるかもしれませんが、1人くらいは、クリアできる人が残っているのではないのでしょうか。

管理人にできることといえば、、女性宮家や女性天皇案をしりぞけ、旧宮家復帰がしやすくなるよう、じりじり「愛子さんの偽物」などの事実真実の拡散につとめることしかありません。

政権の中央に数年でもいれば、管理人が数年かけて検証したことくらいは知っているはずですが、国会議員はだれも、なにもしようとしませんね。憲法違反の生前退位すら、反対らしい反対もなく、サクサク通してしまいました。眞子様の婚約もしかりです。

生前退位、眞子さま婚約騒動などへの反応をみるに、一部で秘密結社扱いされている「日本会議」も、いわれているほど、力のある組織ではないと思うんですけどね。結構な大所帯みたいですが、「国のために死ねる」という度胸のある人がどれだけいるのかなあ、と最近疑問に思うことが続きます。

京都フリー写真素材

今年は、過去に検証してきた「皇室に関する謎と疑惑」を、見直しながら、総括していこうとおもいます。

記事の中には、勘違いしていたこともあり、後日判明したことや、転載元に問題がある場合もあります。時間の関係で、いちいち訂正はできませんでしたが、興味を持った方がネットで検索し、訪問されたときに、わかりやすい形に編集し直そうとおもいます。

200近くに膨れ上がった眞子様のご婚約騒動や、秋篠宮家のダブルの記事をまとめ、愛子さんや美智子などの過去記事のメンテナンスをしながら、即位式に関する記事など、時事的な話題を取り上げていく予定です。

奈良時代において、明治帝の様な偽皇族の天武天皇の系統が断絶し、臣下に下っていた天智系の男性が皇籍に戻って即位し、皇統がつながりました。

管理人は、「徳仁薨去の公表」という、神風が吹くのを期待はしてますが、仮に、ナルが即位しても、民主党政権成立の時のように、運を使い果たし、短期間で総崩れになり、どんでん返しが続いて、奈良時代のように、おさまるべき形におさまると信じています。

体力の続く限り、弾は打ちつづけるつもりでおりますので、気長にお付き合い下さい。

本年もよろしくお願い申し上げます。

でれでれ草

 

これは、たまらん

「inu gif」の画像検索結果

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

伏見ブログ|ブログ背乗り、ブロガーつぶしの現場



➀真島久美子による女性ブロガー恐喝事件‥☞

➁真島久美子、アネザイチカ、余命三年時事日記、統一教会の黒いつながり‥☞

➂夢の宮=アネザイチカと真島久美子 ☞最初から一覧

➂先行したブランド名に「擬体化」する工作員ブログ ☞一覧

伏見ブログ|井沢満=BB覚醒日記=トド子、ふぶきの部屋の正体

➀「同窓会」井沢満の研究と中国工作員疑惑・・☞最初から一覧

➁高知出身・岡林秀和・バランス工房の謎・・☞最初から一覧

➂復刻・銀蠅トド子とBB覚醒の正体・・☞最初から一覧

 

2 件のコメント

  • 明けましておめでとうございます。旧年中は有意義な記事をありがとうございました。ネットで2019年の春分図を検索すると、皇室問題だけという訳じゃないでしょうけど、結構危険らしいです。どんな年になることやら。今年の記事も楽しみにしております。

    • あけましておめでとうございます。
      今年は荒れそうですね。
      さっそく、中国のキンペーちゃんが、物騒な発言をしたそうですが、第三次は回避してほしいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です