※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ
https://blog.goo.ne.jp/derederegusa


つれづれ|「令和」さっそく「プチエンジェル天皇」の影響だろうか

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

大阪ダブル選、維新が圧勝。ヤクザが勝ちました。はい。大阪民国まっしぐらです。

拮抗しているはずが、なぜか、圧勝。どっかでみた風景ですね。

そうです。先の都知事選、都議選です。

選挙に勝ったが、「なんちゃらファースト」も消滅し、学歴詐称もバレ、「次」がなくなったのが、小池都知事。

残りかすのように残っている最後の徳分を燃やしつくして、維新もそうなっていただきたいなと、願っております。

 

 

Sponsored Link



 

 

「令和」法令の乱れの予兆だろうか

プチエンゼル事件に関係してたのではないのか、という噂が根強いナルちゃんが天皇になる日が近づいている今。

ナルちゃんの運気に、連動しているのか、シンクロしているのか、名古屋で、わけのわからん判決がおりましたね。

そのまえに、プチエンゼルのおさらい。

プチエンゼル事件

2003年7月に東京都赤坂にあるウィークリーマンション一室で、小学6年生の少女4人が誘拐・監禁された事件。

プチエンジェルとは犯人が経営していた児童買春デートクラブの名称ないし会社名である

女子高生数人をスカウトとして雇い、渋谷や新宿で「カラオケ5,000円、下着提供10,000円、裸体撮影10,000円」などと書かれたチラシを配ってローティーンの少女を勧誘し、男性客に斡旋、その他わいせつビデオの販売も合わせて多額の利益を得ていた[。また本人も過去に買春で逮捕歴があり執行猶予中だった。

2003年7月上旬

少女のうちの1人が渋谷で勧誘され、「会ってくれたお礼」として犯人から金をもらう。犯人からは「いつでもおいで」といわれており、以降も携帯電話で連絡を取っていた。

同月11日

犯人はフェラーリ2台を売却する。

また、犯人とは別の人物が赤坂のウィークリーマンションの部屋を契約する。部屋は最上階11階の2LDKで、費用は犯人が払った。

翌12日

犯人は都内の量販店でポリタンクや鉄アレイを購入。この際に練炭や七輪も購入したとみられている。

13日 少女監禁

少女4人は犯人から「部屋を1万円で掃除してほしい」と誘われ、渋谷駅前で待ち合わせて、タクシーで赤坂のマンションに連れて行かれる。マンションで掃除を始めると「ここに来た意味わかるよね」と犯人の態度が豹変。手錠と目隠しをされて監禁された。

2人が逃げようとするが失敗、手錠にポリタンクや鉄アレイを付けられて逃げられないようにされスタンガンで脅された。

同日深夜 家族から警察に捜索願いが出される。

15日「少女が行方不明」報道される

マスコミで少女が行方不明になったと報道される。

16日午前、警察が捜査を開始

警視庁は犯人の逮捕状を2002年3月に中学2年の少女を買春した容疑で請求。捜査員が犯人の住所付近で聞き込みを始める。

同日朝9時頃 犯人自殺

犯人はリビングでテント状にしたビニールの中に入り、七輪で練炭自殺を図り死亡した。

だがビニールが溶けてしまい(自殺は)不可能だと当時の報道関係者がコメントしている。

17日 少女の一人が脱出

物音が聞こえなくなったのを見計らい、少女の1人が手錠をはずして脱出、外に出て近くの花屋に助けを求める。

駆けつけた警察官が4人を保護、犯人の死亡を確認。

事件を受けて翌日には渋谷で一斉補導が行われ、少年少女1,500人以上が補導された。

その後の捜査によって、借りていた埼玉県久喜市のアパートから1,000本以上のビデオテープと2,000名に及ぶ顧客リストが押収された。

しかし、多くが偽名であることを理由に捜査は打ち切られた。

そのため、芋づる式の一斉検挙といった動きはなく、当事件は解決を見せたが、その背後にあるとされたデートクラブ絡みの疑惑は真偽不明のまま終わっている。

犯人の家族のその後

父親は1993年に難病の頭頸部ジストニアを発症して1996年に自殺、

兄も1999年に自殺、

2001年には母親が自殺未遂

この事件を取材していたフリーライターは後に殺害されるが、本事件との関連性は不明。

参議院議員・鴻池祥肇(当時:防災担当大臣)

2003年7月18日の衆議院予算委員会の答弁。

「少女4人も、加害者か被害者か分からない」

鴻池は藤井孝男委員長から発言の真意を問いただされ、発言を撤回した。

以上

 

そして、かかわった少女も、事件後、全員不審死しているという、超怖い事件でした。

顧客に超大物がいたとおもわれますが、ヤバい、ビデオとか、さんざん撮られてるんだろうな。

プチエンゼルの顧客名簿の噂

・この顧客名簿をもって海外に逃亡したヤクザがいた

・そいつは、顧客名簿をネタに、政財界の大物を恐喝していた、

・顧客の中に、皇族がいた。ナルと故高円宮の名前があった

 

そのナルちゃんが天皇になろうとしている今、新しい天皇の運気や性質に、連動しているのか、いないのか、よくわからない判決がでました。

19歳娘への「準強制性交罪」に問われた父親に無罪判決

https://www.huffingtonpost.jp/entry/father-found-not-guilty-sexual-assault_jp_5ca80351e4b0a00f6d3fe022

 

娘と性交、父親に無罪判決 抵抗できない状態と認めず

虐待によって抵抗できない精神状態だった実の娘(当時19)と性交したとして、準強制性交等罪に問われた父親の被告に、名古屋地裁岡崎支部(鵜飼祐充裁判長)は無罪判決(求刑懲役10年)を言い渡した。判決は3月26日付。

被告は2017年8月と9月の2回、愛知県内で当時同居していた娘と性交したとして起訴された。

準強制性交等罪は、相手が抵抗などできない状態に乗じて性交をするなど、暴行や脅迫と同程度に相手の性的自由を侵害した場合に限って成立する。

検察側は、被害者である娘が被告から長年、暴力や性的虐待を受けるなどし、事件当時は抵抗することが著しく困難だったと主張。一方、被告側は同意があり、娘は抵抗できない状態でなく、仮に娘が抵抗できない状態だったとしても、そういう認識はなかったと訴えていた。

地裁岡崎支部は、性交については、娘の同意はなかったと認定。一方、性交の際に娘が抵抗できない状態だったかどうかについては「被告が長年にわたる性的虐待などで、被害者(娘)を精神的な支配下に置いていたといえる」としたが、「被害者の人格を完全に支配し、強い従属関係にあったとまでは認めがたい」と指摘。「抗拒不能の状態にまで至っていたと断定するには、なお合理的な疑いが残る」とした。

名古屋地検の築雅子・次席検事は「判決内容をよく検討し、上級庁とも協議のうえ、適切に対応したい」とコメントした。

(朝日新聞デジタル 2019年04月06日 07時30分)

裁判長は「被害者の人格を完全に支配し、強い従属関係にあったとまでは認めがたい」と指摘。名古屋地裁岡崎支部

⇒「同意があれば、いいんじゃね?」ってことでしょうか。

これが、法治国家でしょうか。

鵜飼祐充裁判長って、何者なんでしょうね。

https://togetter.com/li/1335296

2016年7月に愛知県安城市のコンビニでフィギュア(人形)を盗み、追い掛けた男性店員を車から振り落としたとして強盗致傷罪に問われた3被告の裁判員裁判で 名古屋地裁岡崎支部は、名古屋市守山区の建築業男性(29)に 無罪判決
今回の「14歳の頃からずっと父親に強姦されていた性的虐待の裁判」で父親に無罪を言い渡した 鵜飼祐充裁判長
2016年6月のペルー人の男が女性を殺害しようとした事件でも 「意図的だったとは言えない」として無罪判決を言い渡してる

 

 

コンクリ犯が再犯・男性を警棒で殴り、男性の首をナイフで刺す

⇒殺人未遂から傷害罪に変更

⇒裁判員裁判が単独事件に変更、

女子高生コンクリート殺人事件

・1988年11月から1989年1月の間に発生した猥褻略取誘拐・監禁・強姦・暴行・殺人・死体遺棄事件の通称。

・1988年11月25日夕方に埼玉県三郷市内の路上で被害者女子高生(事件当時17歳)が不良少年グループに拉致され、約40日間にわたってグループのたまり場だった東京都足立区綾瀬の加害者宅に監禁されて暴行・強姦を受け続けた。

・1989年(昭和64年)1月4日に加害者グループから集団リンチを受けて死亡。遺体をコンクリート詰めにされて東京都江東区内の東京湾埋立地に遺棄された[

・1989年(平成元年)3月以降、別の強姦事件で逮捕された加害者少年らが事件を自供したためにその全容が判明した]

本事件は非常に残忍・凶悪な少年犯罪として日本社会に大きな衝撃を与え、加害者少年宅に被害者少女が長期間監禁されていたにも拘らず、その加害者の両親も含めて少女の命を救えなかった点に激しい非難・疑問の声が上がった。

・主犯格の少年Aに対しては「主犯格で罪責は極めて重大」として懲役20年の判決

・少年Cに対しては「被害者を自宅に監禁し、手加減なく強度の暴行を加えた」として懲役5年以上9年以下の不定期刑の判決

・少年Dに対しては「終始犯行に加わり、すさまじい暴行に及んだ」として懲役5年以上7年以下の不定期刑の判決を

・少年Bに関しては懲役5年以上10年以下の不定期刑とした第一審判決を支持

今回事件をおこしたのは、少年Cでした。

女子高生コンクリ殺人 元少年が傷害事件の公判で裁判官に噛みつく

※一部抜粋

https://friday.kodansha.co.jp/article/34392

初公判は2月1日に行われた。

逮捕容疑は殺人未遂罪で、そのまま起訴されれば裁判員裁判となるはずだったが、なぜか起訴罪名が傷害罪に変更されており、一人の裁判官が裁く単独事件となっていた。

逮捕当初・殺意は否定、行為はみとめた

「殴ったり刺したりしたが、殺すつもりはなかった」と殺意は否認したものの行為自体は認めていた

罪状認否・ナイフで刺したが、警棒でなぐってない

「えーと、警棒で右肩殴ったところ、ちょっと違う」と警棒で殴ったことを否認。ナイフで刺したことは認めていた。

第二回公判・自分が刺してはいない

「自分が刺してはいない」湊被告はAさんをナイフで刺したことも否認し始めた。

弁護側が新たな証拠として、Aさんの“現在の”傷跡を撮影したいと証拠請求したが、裁判所は却下。

湊被告が切れて叫び出す。

湊被告「意見いいっすか、裁判官に手紙出したの届いてます? ナイフは頭に当たってない、捏造だと言ってるんです! 幅2センチ、深さ2センチの傷が……」

裁判官「弁護人をすっ飛ばして、頭越しにあなたと直接やり取りすることはできないんです! その手紙は弁護人に渡してます! あなたのほうでどう考えるか、これ以上議論をするつもりはありませんっ!」

裁判官「これから被告人質問であなたの主張を言う機会はあるから!」

 

コンクリの顧客名簿とその噂

・逮捕されたのは4人でしたが、あのコンクリ事件には、100人近い人間がかかわっていた。

・被害者の少女をつかって、売春業をおこない、その顧客が100名ちかくいた。

・その顧客名簿をつかって、資金をつくり、スナックをはじめたのが、少年の母親。

・コンクリ犯に、ゆすられていた一人が、亡くなった飯島愛だった、

・飯島さんは、犯人の一人と交際同棲しており、被害者の少女の監禁をそそのかしたのが飯島さんだった、

・監禁中にやってきて、被害者の少女の顔に落書きした、

などの噂が根強くあります。あくまで噂です。それが事実なら、100に近い人間が、今もゆすられ続けているでしょう。

女子高生コンクリート殺人事件総括⑬|更生しなかったサイコパスと飯島愛

しかしながら、稀に見る凶悪犯罪だったコンクリ事件。少年たちが、事件の凶悪さにそぐわないほど、判決が軽かったのは、この顧客名簿と関係があるのでしょうか。

今回も、逃がすつもりでしょうか。

 

水俣の大量殺人と環境破壊を広げて、ヤクザを使って被害者を弾圧した江頭豊の孫が、「皇后」になるわけですが、江頭豊は、大量殺人犯だったにもかかわらず、何の罪もとわれず、長寿を全うしました。

この不公平さが、新天皇皇后の運気が、時代に反映されつつあるような気がしてなりません。

日本の中枢が、犯罪者によって占められ支配される国になりつつあるのが、嫌でたまりません。

マジで、はやく、令和が終わってほしい。

 

象が1匹、象が2匹、象が3匹、象が4匹、、、

baby elephant GIF

 

Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

伏見ブログ|真島久美子の脅迫、ほか、

伏見ブログ|井沢満=BB覚醒日記=トド子、ふぶきの部屋の正体

1 個のコメント

  • 応援ありがとうございます。
    これ以下はないという、東宮夫妻の即位は避けてほしいですね。
    あと半月のうちに、ウルトラCが起こってほしいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です