※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


ノーベル化学賞に吉野彰氏ら

Sponsored Link
影武者制度、タブーなど 皇室記事一覧はこちら

本日もお越しいただきありがとうございます。

今年も、リチウム電池の開発にかかわった3人の学者さんが受賞されましたが、その中のおひとりが日本人の学者さん。

今年も、日本人がノーベル賞とイグノーベル賞を受賞しました

日経|ノーベル化学賞に旭化成・吉野彰氏ら リチウムイオン電池開発

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50800270Z01C19A0I00000/

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)、米テキサス大学のジョン・グッドイナフ教授(97)、米ニューヨーク州立大学のマイケル・スタンリー・ウィッティンガム卓越教授(77)に授与すると発表した。スマートフォンや電気自動車(EV)に搭載するリチウムイオン電池の開発で主導的な役割を果たした。世界の人々の生活を変え、ITをはじめ産業の発展に貢献した業績が評価された。

日本のノーベル賞受賞は18年の京都大学の本庶佑特別教授に続き27人目(米国籍を含む)。化学賞の受賞は10年の根岸英一氏、鈴木章氏に続き計8人となった。企業所属の研究者では02年の田中耕一氏以来となる。

リチウム電池のおかげで、世界は大きく変わりました。大阪駅内で外人さんに道を尋ねられましたが、スマホの翻訳機能で、うまく説明することができました。

官僚は東大が最強ですが、研究部門では京都大学が強いですね。

高度な知性と並んで、常識から離脱する勇気がそろって、パラダイムシフトを覆す何かを作れるのではないでしょうか。

※京大の卒業式

一方では、9月に、今年も日本人研究者さんが、イグノーベル賞を受賞しています。

祝!13年連続日本人受賞!!2019年のイグノーベル賞

https://blog.miraikan.jst.go.jp/topics/20190913132019.html

5歳児の唾液分泌量はどのくらい?

今年の日本人のイグノーベル賞受賞者は渡部茂(わたなべしげる)氏、大西峰子氏、今井香氏、河野英司氏、五十嵐清治氏の5名です。「5歳児の1日当たりの唾液分泌量の推定」で化学賞を受賞されました。おめでとうございます!

※続きはこちらから

イグノーベル賞を取る土壌と、ノーベル賞を取る土壌は、同じだと思うんですね。

重いので分けます。

 

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

無料キャンペーン中

 

関連記事と広告