※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

「元ヒーラーの覚え書きブログ」が再開しました。ぼちぼち続けていきます。

※拙ブログの画像を勝手に使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。



つれづれ|11月ローマ法王来日

Sponsored Link

※重いので分けました。

2019年11月ローマ法王来日

「ローマ法王 でれでれ草」の画像検索結果

2019年08月20日|ローマ法王、11月訪日に合わせタイも公式訪問=関係筋

https://www.newsweekjapan.jp/headlines/2019/08/246005.php

[バチカン市 19日 ロイター] – ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王(82)が11月にタイを公式訪問する見通しになった。3人の関係者が明らかにしたもので、間もなく発表されるという。

法王のタイ訪問は1984年の故ヨハネ・パウロ2世以来35年ぶり。法王はすでに11月に日本を訪問する予定を明らかにしており、訪日に合わせてタイも訪問する。2カ国訪問は11月20日前後から7日間程度となる見込み。

 

ローマ法王訪日 11月23日~26日の4日間(東京、長崎、広島訪問)

https://mkworks666.com/yumei/romahououkaikenitu/

11月24日

長崎市

13:50~15:30 長崎県営球場にてミサ

チャーター機で広島市入り

広島(滞在は50分ほど)

平和記念公園の原爆慰霊碑に献花

被爆者2人と直接会話

集いでスピーチ メッセージを発信

原爆記念館訪問はなし

東京へ

11月25日

天皇との会見

15:30~17:45 東京ドームでミサ(抽選)

82歳の法皇をはじめ、枢機卿や司祭さんになると高齢の方が多いと思うのですが、よく働きますよね。エライ。

 

大嘗祭のスケジュール

11月

14日、15日 大嘗祭

16,18日 大饗(だいきょう)の儀

22日、23日 伊勢を参拝

25日 東京・ローマ法王との会談

27日 神武天皇陵(奈良県橿原市)、孝明天皇陵(京都市)

28日 明治天皇陵(京都市)

12月

3日 昭和天皇陵、大正天皇陵(ともに東京都八王子市)

ハードスケジュール気味ですが、雅子もナルも、複数いるので、大丈夫でしょ。

 

ローマ法王と秋篠宮様とタイ

・ナルちゃんは、浩宮時代に一度会ってもらったが、皇太子時代は会ってもらえてない。

・秋篠宮ご夫妻はローマ法王を表敬訪問した。

「浩宮 ローマ法王」の画像検索結果

・ローマ法王は、訪日にあわせて、仏教徒だらけのタイを訪問。

・ナルちゃんの即位の礼に、タイの王族は参列を見送り、首相をよこした。

タイに、本物の皇族が亡命してるのかな、とか、想像してしまいました。

 

1981年 ヨハネ・パウロ二世来日

ヨハネ・パウロ二世と原爆

http://newsknown.whdnews.com/p/1707/Y0YsIa3b1.html

ヨハネパウロ2世 広島長崎との関係

原爆病院での裏話

報道されなかったことのようですが、原爆病院でお年寄りたちを見舞っています。

その時のエピソード。

お年寄りの手をしっかりと握り、泣きながらこう言われた。

「私の罪です。私を許してください。」と。

側近がなだめたり、とめたりするのも無視し、泣き崩れたのだと。

1部の人しか知らない事実です。

「私の罪です。私を許してください。」

何があったのだろう。

もしかして、これだろうか。

エノラゲイにはカトリックの神父が同乗していた

ヤフー知恵袋

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10141114205

質問

長崎に原爆を投下した「ボックスカー」の搭乗員には、キリスト教のどんな宗派の人がいましたか?

よく広島に原爆を投下した「エノラゲイ」の搭乗員は皆カトリック教徒で、しかも投下する決意を強めるために神父もさらに搭乗していた、と聞いたことがあり、様々なサイトでも確かめられましたが、「ボックスカー」 の搭乗員については、ほとんど情報がありません。どなたか詳しいかた、お教えください♪

アンサーから抜粋

・今まで公表されていなかったが、エノラゲイにはカトリックの神父が同乗していた。

・「従軍神父」として一人の神父が同乗していた。

・『機長や乗組員が原爆投下を恐れずに実行できるようにという配慮だった』

・このことを発表したのは、カトリック神父でもあるデスコト国連総会議長。

・サイパンの博物館で見た広島への原爆投下に向かうエノラゲイのパイロットに向かって離陸直前しきりに手をふる、牧師の写真が展示されている。

・従軍牧師はこの原爆投下にむかってパイロットを訓練する段階からかかわっていた。

・『少しのためらいもなく、原爆投下ができるよう』ココロの準備を説教していた。

 

フランチェスコ法皇と「原爆はすがすがしい」といったアンジェリーナ

「ローマ法王 でれでれ草」の画像検索結果

気になるのは、今の猊下。いい人オーラがあるのですが、「原爆はすがすがしい」といった、狂人アンジェリーナを拝謁してます。

さらには、アンジェリーナが制作した、「無意味な拷問マラソン」と酷評された反日捏造映画を、バチカンで放映したそうです。関係のある学校でも上演したとか。

本当に、今の法皇猊下は、いい人なんだろうか。

※世界の闇|バチカンとアンジェリーナと原爆の輪①

※世界の闇|バチカンとアンジェリーナと原爆の輪②

※世界の闇|バチカンとアンジェリーナと原爆の輪③

 

日本のキリスト教事情

ローマ法王来日前に合同慰霊祭 「潜伏キリシタン」聖地の長崎・枯松神社

産経新聞

江戸期の禁教下で信仰を守り続けた「潜伏キリシタン」の聖地として知られる長崎市下黒崎町の「枯松(かれまつ)神社」で3日、布教活動を行った外国人宣教師「サン・ジワン」らを慰霊する神社祭が開かれた。現在はカトリックや仏教徒となった潜伏キリシタンの子孫ら約200人が一堂に会し、思い思いに祈りをささげた。

・明治になって禁教が解かれると、人々は当時の信仰を継ぐ「かくれキリシタン」とカトリックに復帰した人、仏教徒の3者に分かれた。

・同祭は平成12年、3者の「融和」を図る目的で始まった。

・過去2回は別々に開催したが20回目の今年、ローマ法王の38年ぶりの長崎訪問を控えていることもあり、3年ぶりの合同開催となった。

・ローマ法王来日に合わせて作詞作曲した「ビバパパ」も合唱。

・村上さん「信者の少ない日本には来ないと思っていた。今日は感謝も込めて臨んだ」

・橋本さん「ローマ法王と同じように、互いの違いを認め合う黒崎地区から平和を発信できれば」

「信者の少ない日本には来ないと思っていた」

日本は、多神教なので、伸びしろがないんですよネ。いろんな宗教が来ても、結局多神教の1つになってしまうわけです。

結局、クリスマスやバレンタイン、ミッションスクール、文化として定着しただけでした。

隠れキリシタンとその教義の中身

先祖代々、隠れキリシタンだったかたで、解禁されたあとも、隠れてキリシタンをしているという女性の話を読んだことがあります。

この方の場合は「隠れてキリシタンをする」というスタイルが信仰になっているようです。

明治以後、来日した宣教師が「隠れキリシタンと会った。ずっと進行してたらしい。すげー」と歓喜しましたが、隠れキリシタンの話を聞いているうちに、アレレ、と思ったと思いますね。長い間時間をかけて、キリシタン信仰も日本化してたと思います。

今回の訪日ついでにキリスト教徒がいっぱいいる韓国にはいかないのね。あそこは、なんでもかんでも、ウリナラ教になってしまうので、日本とは別の意味で、伸びしろがないのよね。

宗教が土着化するには、その土地の風土に合わせて適応しなければならないので、もともとのオリジナルとは、形が変わる場合が多いようです。新しい宗教が入ってきて変わるのは人間や社会ではなく、宗教の側だったりすることが多いんですよね。

以上

Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です