※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


昔のSAPIO・小林よしのり氏、水間氏、

Sponsored Link
影武者制度、タブーなど 皇室記事一覧はこちら

本日もお越しいただきありがとうございます。

小林よしのり氏

氏の「おぼっちゃまくん」などのギャグマンガや、初期のゴーマニズム宣言は、センスについていけず、受け付けませんでしたが、SAPIOに連載された「台湾論」や、「戦争論」は、名作だともいます。

「自虐史観の否定」「大日本帝国が被った冤罪」の真相を追求していた方はおられましたが、一つの作品になり、大々的に拡散したのは、この人が先駆けだったのではないのでしょうか。「神託としてのマスコミ」を崩す突破口の一つになったと思います。

 

Sponsored Link




 

昔のSAPIO

「台湾論」や「戦争論」を出していた当時のSAPIOは、希少な右系の雑誌でしたね。懐かしいです。今では、SAPIOは、真っ赤ーになってしまいました。2chと同じく、どんどん浸食されていくようです。

今でこそ、南京大虐殺、慰安婦、などの冤罪や、大日本帝国の植民地支配の真相、など拡散され、定着しつつありますが、あの当時は、まだまだ、戦後レジェームの縛りがきつかったですね。そのなかで、SAPIOは、日教組の自虐史観の洗脳を砕く先駆けになった雑誌だったと思います。氏の戦争論や台湾論は、10代の世代の間でも話題になり、生徒同士の漫画の貸し借りを通じて拡散が進みました。

台湾論は台湾でも広く購入されて「大陸からやってきた蒋介石一派によって征服され弾圧された、台湾人の声なき声」を書いたということで話題になりました。そのため、一時は、よしのり氏が、台湾政府から「危険視」され、台湾に入国禁止になったというほどのインパクトを与えましたね。入国禁止はすぐに解除されましたが。

「逆張り」主義

ただ、この方の場合、確たる思想があるわけではなく、「絶対強者に反抗」「世間の逆張り」をしつづける傾向があるのかな、という感じにも見えます。

氏は、もともとリベラルだったのが、時代がリベラルになりすぎたので、「逆張り」して、保守、愛国系に走ったのかもしれません。

実際、第二次安倍政権となり、安倍ちゃん・自民が与党に復帰して保守が盤石となると、「逆張り」して、オタクで左翼リベラルなキャラクターに戻りました。

AKBにはまったり、愛子さんを天皇に、と言い出したり、おかしな人です。ようするに、軸がないのだと思います。

過去の氏の作品のヒットは、発信者よしのり氏の運と馬力があってのことですが、拡散用のツールとして、漫画は強いと思いました。

よしのり氏単独では、「台湾論」も「戦争論」も、書けなかったんじゃないのかな。

 

水間政憲氏

※https://www.youtube.com/watch?v=0rH72S1StWE

wiki

主に近現代史を対象に、新聞やテレビ報道の反証を一次資料に基づき調査研究をしている。また、国会において複数の国会議員と連携し、中国や外務省などの矛盾点を追及している。[2]

(中略)

漫画家の小林よしのりに南京大虐殺と従軍慰安婦関連の一次資料を提供して執筆意欲を湧かせて出版が間近だった戦争論パート1を延期させて追加させたと主張している。

小林よしのり氏へ、水間氏からの一次資料の提供があったらから、という点は納得です。

組み合わせが、うまく働いたケースなんでしょうね。

しかしながら、水間氏に主張を取り上げる「報道」が、「田母神さんを利用して捨てた」チャンネル桜ということに、一抹の不安を感じます。

youtube 【日いづる国より】水間政憲、皇統を支える120名の男系男子[桜H29/4/28]

男系男子は120名。悠仁様と同じ年代の男系男子は5人ほどいらっしゃる。

この方々に、皇籍復帰してもらえば問題ないのですが、この事実をマスコミも宮内庁も隠ぺいしています。「愛子立太子、愛子天皇」それが無理なら、「女性宮家」は何が何でもおさえろ、という「ご神託」が、どこかからあるのでしょう。

これを拡散できる漫画家は、いないのだろうか。

SAPIOの赤化と、よしのり氏がパチンコに転んだのが痛い。

【水間条項国益最前線】 近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲のブログ

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3360.html

◎令和連携記事《月刊誌『WiLL』3月号で「不掲載」になったスクープ原稿全文掲載》

酷い話で、氏がアンケートを取った結果のレポートが、月刊誌「will」で不掲載になったそうな。

拡散を奨励されておられますので、次号に全文転載させていただきます。

 

「世論調査」の結果

一部、再掲載になりますが、、、、

04月18日号 NEWSポストセブン 愛子さまの目覚ましい成長、女性天皇容認

05月01日 iRONNA 皇室の危機は一目瞭然、「愛子天皇」待望論の答えは一つしかない

05月08日 AERA 愛子天皇”論が浮上 「令和3年」が大きな転換期に

05月15日 FNN しかし、旧宮家復活に賛成が反対を上回った

実は旧宮家の復活に賛成の意見の方が多い!本当に男系男子をやめていいのか

平井文夫

https://www.fnn.jp/posts/00045809HDK/201905151230_hiraifumio_HDK

先週末のフジテレビ世論調査を見て驚いた。

皇位継承をめぐって旧宮家の復活に賛成が42%で反対の40%を上回ったのだ。

ざっくりまとめると

旧宮家復帰について世論調査

一昨年

共同通信反対72%、

朝日新聞が反対67%

結論・旧宮家の復活には7割の国民が反対

しかし、この時点で、女性天皇と女系天皇の違いを理解している人が11パーセントしかいなかった。

2019年5月

賛成42パーセント、

反対40パーセント

賛成が反対を上回った。

フジテレビでこれですからね。まともに調査したらもっと差が開くでしょう。

女性天皇と女系天皇の違いが拡散した結果と思われ。

安部ちゃんの側近中の側近の衛藤さんが「旧宮家から養子」発言をされてますので、「男系で相続」これが安部ちゃんの考えだと思います。

一方、ガースーは、女性宮家派っぽいですね。しかしながら、側近が次々と更迭されているます。先は長くなさそう。

この2人の政治家の運命が、日本、皇室の自浄力だと信じたい。もっと頑張れ。

『WiLL』「不掲載」になったスクープ

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

無料キャンペーン中

 

関連記事と広告