※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


2月最後の大安吉日

Sponsored Link
影武者制度、タブーなど 皇室記事一覧はこちら

本日もお越しいただきありがとうございます

本日27日は、2月最後の大安です。

2月に何らかの発表があるとにおわせていましたが、宮内庁から「眞子内親王殿下の御婚約の内定の破棄」の発表あるかな??

皇室全般画像掲示板

皇室掲示板は読みにいかなくなってから、日がたちます。

皇室全般画像掲示板の母体は2chでしたね。5chに移行していることと、皇室掲示板だけではなく、ほかの板も、バージョンアップについていけなくなるんじゃないかと思うんですね。

昨年ヤフーブログが閉鎖しましたが、過去記事も見れなくなりましたね。閲覧はできる状態にするのかな、と思ってましたら、きれいさっぱり削除したようです。

将来的に、2chが、停止、廃止、あるいは、古い記録の大量削除もあり得るな、と思いますので、ちょっとづつ、皇室掲示板の魚拓から、「荒らしでない」記事を拾い上げて転載していこうと思ってます。

 

Sponsored Link




 

魚拓から。gettyimagesからの転載なんでしょうが、、

この子、右肩、右手が長いナルちゃんですよね。

 

この子。

この子。

ご成婚した雅子2号も、肩の長さが左右で違いますが、似たもの通しが、やはり引き合うのかな。

電子本

伏見氏の本の出版(編集や装丁デザイン)をお手伝いしてますが、電子出版って簡単に出せるんですよね。

必要なものは、ワード原稿と、あとは表紙。これだけ。初期費用もいらない。それに、在庫を気にしなくていいのは、楽ですね。

観察していると、ブログでアクセスが伸びる記事と、電子本にして数字がついてくる記事は、違うようですね。

ブログの閲覧者さんと、電子書籍の購買者さんの層が、微妙に違うようです。

皇室などデリケートな話題はブログで、テーマとしてまとまっているなら書籍化、という住み分けをしたほうがいいんでしょうね。

電子書籍は、紙媒体の本と比べると、まだまだ市場は小さいのですが、在庫の問題もないし、登録料もいらない。プロの手を借りないで、出版できちゃう。いい時代になったもんです。

アドビのソフトにより技能の均一化が進みました。youtube、電子書籍キンドルによって、権力の均一化と、サービスの無料化が進みます。

人類が、前代未聞の時代に進もうとしている一方では、先史時代に回帰しようとしている国もあるみたい。

すでに先史時代に回帰しているのが朝鮮半島。中国がそれに続くもよう。

武漢発のコロナウイルスのパンデミック化は、中国における「グランドゼロ」なのだろうか

911の後のアメリカで、イルミネイトが、どさくさに紛れてやったこと

イカサマテロだとの評判の高い911の後、当時の大統領ブッシュジュニアが、「米国愛国者法」を通しました。

気になる記事です。in deepさま

パンデミックと宗教戦争: 新型コロナウイルス禍の中国で「宗教の完全な禁止」に関する法律が施行される。日本で6世紀の疫病大流行の後に起きた政権と信仰者の衝突は勃発するか?

 

中国でも、どさくさに紛れて

一部書き出すと、、、

・広東省の緊急法により、新型ウイルスの流行と戦うための政府による私有財産の徴用が許可。

(テロと戦うための云々、私有財産の徴用が云々というところが、アメリカの愛国者法と似てませんか)

・2月1日に、「宗教の禁止」に関する大きな法律が施行。

中国政府は事実上あらゆる宗教を禁止に

中国で、実質的に「宗教の排除」を意図とする法律が 2月1日に施行されたことがアメリカの各メディアで報じられていました。

・中国では現在、カトリック教会が取り壊され続けており、十字架や彫像が剥奪されていることが知られている。聖母マリアの絵画は「人民の指導者」である習近平の写真に置き換えら続けている。中国では 2018年以来、18歳未満の若者はキリスト教の教会に入ることも許されていない。

・中国の他の場所でも、数々の仏教寺院が習近平を祝福する神社に変わりつつある。

・中国の古代の民俗宗教である道教でさえ、中国の迫害を免れていない。1,000年以上前から存在していた道教寺院は閉鎖されており、古代の像はすべて「宗教問題」当局の命令で破壊された。

※詳細はこちらから

 

キンペーちゃんを神とする、一種のカルト国家になろうとしているわけですが、中国の北朝鮮化が進んでいるもよう。

共産主義ってのは、最底辺に均一化するのが、お約束なのかな。

日本のグランドゼロ

どさくさに紛れて、日本でも、変な法律が通る可能性があります。

芸能人のスキャンダルなどに耳目を集めている間に、種子法の廃止、水道の民営化など、致命的な法律が通ってしまいました。

今回は、皇室関係に注意してほしいと思います。

警察官僚出身の宮内庁高官さんや、男系維持派の安部ちゃんの側近さんたちにおかれましては、この、パンデミック化騒ぎに紛れて、「愛子立太子」につながる「女性宮家」、「眞子様とキムコムの結婚」、「佳子様やツグコちゃんなど本物の皇族と、正体不明の平民との婚約発表」などが、断行されないよう、がっつり監視していただきたいと思います

 

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

無料キャンペーン中

 

関連記事と広告