※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


高橋洋一③華麗なる左遷

Sponsored Link

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③朝鮮系と思われる女工作員が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら

高橋洋一の「華麗なる左遷人生」(爆)

※②からの続きです

高橋の経歴を見ると

「大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、国土交通省国土計画局特別調整課長などを歴任した。」

普通、留学を終えたら、大蔵省本省の「主流の局」に戻ります。それが「お前の座る席が無い」と言わんばかりの「国交省片道出向」こそが典型的な左遷です。

《最後は「パソナ風の追い出し部屋」に押し込められて「自己都合退職」を迫られた高橋洋一》

高橋洋一

本当の「左遷」。オレの役人最終ポスト。第一次安倍政権で安倍さん辞任後、前任者なし後任者なし、机の場所は三方壁で囲まれた元ゴミ置き場。官邸の内閣参事官からこういうポストを「左遷」という。この元官僚は、天下りあり、事務次官ありの普通のポストへの人事異動だよ。毎日クオリティ

https://archive.is/XzWgl

 

Sponsored Link




本人は「左遷」だと言い張っていますが、「三方壁で囲まれた元ゴミ置き場」というのは、高橋洋一が竹中平蔵と組んで、非正規の派遣労働者を増やし「非正規社員の生き血を吸って急成長したパソナ」が各企業の「辞めさせたい社員」を追い込んでいる「追い出し部屋」と全く同じです。

「自業自得」「因果応報」とはこのことですね(爆)

耐えきれなくなった高橋は、2008年3月31日付でギブアップして退職します。

古巣の財務省は、「退職金」の支払いも当初は拒んだそうです。

こうして「大蔵省の中興の祖」「天才官僚」と勝手に自称した高橋は、同期から財務省の事務次官と金融庁長官を輩出する中で惨めにも「課長待遇」で官僚生活を終えました。

 

《高橋洋一には過去に「窃盗事件」があった(怒)》

窃盗事件

2009年(平成21年)3月24日、髙橋は東京・練馬区の温泉施設 『豊島園 庭の湯』の更衣室ロッカーから高級腕時計「ブルガリ」や財布など約30万円相当を盗んだ現行犯で事情聴取された。所轄の警視庁・練馬警察署による逮捕はなく、3月30日、窃盗の容疑で書類送検された。東京地方検察庁は同年4月24日、自らの犯行を認めた上で反省しており、かつ「被害品はすぐに戻され、既に社会的制裁も受けている」として、髙橋の起訴猶予を決定した。

 

《高橋洋一本人は「冤罪だ」「国策捜査」だと言い張っているが本当だろうか?》

■練馬警察署であっさりと犯行を認めている。本当に「冤罪」なら、徹底抗戦したはずだ。

■2009年4月20日、東洋大学は「(大学の)品位を傷つけた」として、髙橋を懲戒解雇した。「冤罪」なら大学当局も庇ったはずです。

■東京地検の判断は「不起訴」ではなく「起訴猶予」でした。

 

起訴猶予(きそゆうよ)とは・・・・Wikipediaより

被疑事実が明白な場合において、被疑者の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないときに検察官が行う不起訴処分である(刑事訴訟法第248条、事件事務規程第75条2項20号)。

 

「被疑事実が明白な場合」・・・・刑法の「窃盗罪の構成要件」を満たしている。本来なら、窃盗の現行犯で逮捕されるべきところだったということです。起訴猶予の場合には前科ではなく前歴として記録に残ることになる。

東京地検としては、「初犯だし、まあ今回は大目に見て起訴は勘弁してやろう」という趣旨の判断です。

 

 

《財務省に弾圧され、「失業」した自分という「被害者ポジション」を立ち位置にして本を書いた高橋洋一(怒)》

高橋洋一の一般向けの処女作の『さらば財務省!–官僚すべてを敵にした男の告白』(講談社、2008年)は読んだ。

面白かったが、「通奏低音(つうそうていおん;一貫として流れる主張)」として流れるのは「一方的に財務省を「悪」と決めつけ、自分を「完璧な被害者」として騙る」一種の「暴露本」に過ぎないというのが正直な感想だった。

 

《第二次安倍政権発足後は「悪の権化財務省と戦うヒーロー」を演じ続けている》

【高橋の言論の主戦場はネット(you tube)と関西ローカルテレビのみ】

高橋洋一本人曰く「財務省から7回〇しても飽き足らない」といわれた。これでは、東京の地上波の民放キー局に出演できるはずは有りません。

唯一、毎週出演のレギュラーコメンテーターは、朝日放送テレビの、「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」、のみです。

※続きます

高橋洋一➃自爆とミッション

 

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

関連記事と広告