≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


注意事項|新刊本 四柱推命 犯罪者と「囚獄&白虎殺」を購入するにあたって

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

※こちらからの続きです。

タイトルの示す通り、拙ブログで掲載した過去記事の中の「日本の犯罪史上に残る凶悪犯罪者」を四柱推命的にどう解釈するかについてまとめたものです。

映画やドラマにもなった事件ですが「残虐シーン」には極力触れずに、主に四柱推命の鑑定技術論を中心に書きました。

拙ブログの長いお付き合いの読者様達は、私の「筆致」に慣れているでしょうが、私が電子書籍を始めてから新しく読者になった方々には、刺激が強いでしょう。

★なので、新著のアマゾンのページの試し読みで、必ず登場人物と事件を確認してから、飽くまでも納得の上「自己責任」でご購入して頂くようお願い申し上げます。

ネットサーフィンでは間違って、変なサイトに辿り着いてしまうこともありますが、電子書籍とは言え「書籍」なので、御購入者様には「選択の自由」があります。

その点を重々踏まえて、購入の御判断をしてください。

最後に「占術研究家」の一人として敢えて言えば、凶悪犯罪者の命式と行運(大運、年運、月運、日運、時運)を自分で鑑定、検証してみることは、鑑定技術の向上を早めることは私の経験上確かです。

2021年8月18日

伏見顕正

 

尚、出版の申請から、販売可能になるまでに4日間かかったのは、内容に表現上、または法律上の問題があったのではなく、アマゾンジャパン社内と社外で呼応した、あるグループによる妨害行為が究極の原因であったと推測しています。

伏見顕正

 

⇒アマゾンへ