≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


「新自由主義政権」を隠す為の看板は「安倍の次は高市」

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

「新自由主義政権」をごまかすための煙幕は「安倍から高市へ」

今の安倍ちゃんはダブルかもなあ

本日もお越しいただきありがとうございます。

2013年の安倍ちゃん。

 

安倍ちゃん、いいお写真が多いんですよね。

 

 

戦後から、いや、維新からかもしれませんが、本気で日本のために頑張ってる能力と気骨のある政治家は、田中角栄さんといい、小渕恵三さんと言い、中川昭一さんといい、アメリカDSさんから、いとも簡単に社会的に抹殺され、あるいは、粛正されてきました。

いまさらですが、アメリカの左派のDS=CIA=ロックフェラー系は、中国共産党と一体化しており、同時に、ソ連の共産革命のスポンサーです。

 

つまり、親中であると同時に、テロは常套手段なのです。

安倍ちゃんも、トランプと並んで、頑張ってたからなあ。

もしかしたら、今の安倍ちゃんはダブルで、オリジナルの安倍ちゃんは亡くなってるのかもなあ。

たしかに高市はアレだし、安倍ちゃんもずっと派閥をないがしろにしてたからといっても、安倍ちゃんの赫赫たるキャリアを考えると、派閥に対する影響力のなさは、異常だと思う。

 

こういうのみると、外交と国防を頑張ってた安倍ちゃんは、もう、死んでしまったのかな?と思ってしまう。

Necoodi@necoodi

◆安倍晋三が、若手に頭を下げた
「ただ、考えてもらいたい。自民党は保守政党として憲法改正を党是としてきた。そこを支持してきてくれた人たちに報いるのが自民党の政治家の務めだと思う。高市は保守政治を背負ってくれているんだ。そこを分かってもらいたい」
こんなこと言われちゃな。

以上

 

本物の安倍ちゃんが、高市の正体を知らないはずはないだろうに。

安倍ちゃんさ。外交は頑張ってたけど、内政は、保守政権といいきれなかったじゃん。内政は、新自由主義政権だったじゃん。なんでもかんでも、官邸主導で決めてたよね。派閥も官僚も無視した政権は、やはり、独裁制とみなされても文句は言えません。

いいポストをもらったのは、細田派ではなく、ほかの派閥のお友達や、無派閥の議員ばかり。この優遇された人たちは、地下で「何か」とつながる、「何か」の仲間だったのかな。

今井元補佐官が、キッシーについたのは、今の安倍ちゃんが、新自由主義が用意したダブルだからかな?

 

こんな顔してたかな??

 

死亡説が流れた

安倍ちゃんが辞任したのは2020年の8月。その2カ月後、すでに過去に2回葬式をしてるはずの、中曽根元首相の葬儀(2020年10月)が、じつは安倍ちゃんの葬儀だったという噂が流れました。

ワイドショーでも、フライングぽっい発言も・・・・・・

 

 

「国防と国体を頑張ってる安倍ちゃん」という看板の裏側では、竹中政権ともいうべき状態で、内政は、中国派の二階と、新自由主義の兵隊の菅に丸投げされていました。そのため、新自由主義の政策がどんどん進められていったのよね。

今度も、小泉⇒安倍⇒菅の次は、高市に看板を変えて、表は愛国保守、裏は新自由主義、と、同じ方法を使うつもりらしい。

 

「新自由主義的政治」を隠すための「愛国保守」の看板が、安倍ちゃんから高市に

小泉「古い日本をぶっ壊す」、安倍「日本を取り戻す」、高市「日本を守る」、裏には新自由主義の竹中平蔵

「日本を取り戻す」安倍ちゃんという看板の裏では、小泉政権の「日本をぶっ壊す、底値で売り飛ばす」政策を引き継いでいたのが、安倍政権、菅政権でした。看板は愛国保守、しかし、看板を外すと、新自由主義=共産主義の連中がウヨウヨ。それが、安倍政権でした。残念ながら。

安倍ちゃんの本気の愛国精神を疑いませんが、しかし、内政は、安倍ちゃんのイメージとは逆の方向=国家解体、という方向へ舵を切っていたのです。なんだかんだで、眞子様のイカサマ婚約を止められませんでしたからね。あのイカサマ婚約を企画した何かは、安倍ちゃんよりも、日本政府よりも、上にあるようです。

竹中をはじめとする新自由主義の連中は、安倍ちゃんの代わりに、高市を看板にするつもりなんでしょうけど、断言してもいいわ。中身は、竹中政権であり、第二次菅政権であり、第四次小泉政権になるってこと。

仮に高市早苗が首相になったら、安倍ちゃんのときのように、表は愛国劇場、その中身は、新自由主義的政策がどんどん通るでしょう。

自民の改憲案が、エグイってのは、共産党をはじめとする人たちが指摘しています。

 

自民案の改憲案の内容がヤバい

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=67141

 

天皇親政、基本的人権の文言を排除、永遠に続くデフレを憲法に明記、など、えぐすぎる内容なんですよね。どさくさに紛れて、日本を改悪しようとしています。

さらに、高市は、ロックダウンができるよう法を改正すると言ってるんですよ。日本の産業を破壊し、外資に叩き売るつもりです。

彼女の30兆円の経済政策は、実質、2002年に失効廃止された同和対策事業の再開になるだろうと、伏見氏は予測されています。

しかし、なんで、知識層も騙されるかな~。

反安倍、反竹中を公言してた某さんも、なーんか知らんけど、竹中の駒である高市支持にまわったし。

もう。嫌になるわ。

安倍ちゃんの再々登板があったらいいなと思ってたけど、あきらめるわ。

 

愛国保守を装ったパソナ・竹中の兵隊

※高市早苗の正体とは?

転載|高市早苗の研究①反羽生弓弦=山田宏が公認

転載|高市早苗の研究②平気で嘘をつく性格と電通・パソナとの密月

転載|高市早苗の研究③奈良の同和・部落解放同盟との関係

転載|高市早苗の研究④「反社会勢力」から政治献金

転載|高市早苗の研究⑤常態化した「総務大臣」の政治献金疑惑

 

転載|続・高市早苗の研究①橋下徹の出自と奈良の同和

転載|続・高市早苗の研究②奈良と同和と朝鮮半島

転載|続・高市早苗の研究③成り済まし保守=ネトウヨ最終決戦

転載|続・高市早苗の研究④「底なし沼」の如き「深い闇」とのつながり

転載|続・高市早苗の研究⑤「補助金詐欺」と「融資詐欺」

転載|続・高市早苗の研究⑥ぬぐえない帰化人疑惑