≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


「自民党・宏池会NO2」林芳正外相夫妻と「ネオリベの兵隊」林真理子の輪

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

「自民党・宏池会NO2」林芳正外相夫妻と「ネオリベの兵隊」林真理子の輪

極左アエラの「ナンバー2の林芳正さん」と「ネオリベの兵隊・林真理子」との対談

この対談に、既視感があるんですね。

https://dot.asahi.com/wa/2021122300074.html?page=1

https://dot.asahi.com/wa/2021122300074.html?page=2

https://archive.is/wip/Wx7kD

https://archive.is/wip/EdpZ8

 

マスコミと電通が総出で小泉を売り出してた頃、こういう対談をしてましたね。歯医者かどこかの待ち時間でよんだことがあります。テーマがオペラということもあるんですが、構成や編集が、本当によく似てます。

もしかして、ネオリベは、小泉の代わりに、今度は林芳正さんを、売り出すつもりなのかしら。

対談の内容は、どれだけ林さんが特権階級の王子様かをダラダラ語ってるだけで、あまり価値がないです。

 

【この対談で、価値のあるのはここだけ】

真理子:大臣には東日本大震災の遺児・孤児のために個人的にいろいろお力を貸していただいて、奥さまは私たちの会(3、11、塾)の理事として活動なさって、本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

 

「3.11塾」のHPをみると、確かに夫人のお名前があるね。

宏池会NO2がネオリベの兵隊・林真理子を個人的に援助協力する関係であり、宏池会NO2の奥方がネオリベの兵隊・林真理子の団体の常任理事をしてることは、知らんかったよ。

ネオリベなのに、なんで林芳正さんは、宏池会にいるの?

 

林真理子「今後ともよろしくお願いいたします」

この人、宏池会政権になっても、林夫妻つながりで、まだ利権を喰うつもりなんかい。

 

3.11塾

ようは、林真理子などの著名人が、チャリティーコンサートをやり、売り上げ(経費を除く)を、311の震災孤児さんに寄付するための公益財団らしい。

(令和2年度 順不同)と書いていますが、今も林夫人は常任理事みたいですね。

https://archive.is/wip/H8RUK

小泉純一郎「自民党をぶっこわす」

奥谷禮子「過労死は自己責任」

林真理子は、このネオリベ仲間ですからね。

林外相夫妻は、林真理子の考え方や価値観にシンパシーを感じるものがあるのだろうか。

あるから引き受けたのだろうし、お友達になれるのだと思う。

 

素敵な林裕子夫人

管理人はこういうブログをしてるから、顔で北朝鮮系かどうか判別できるようになりましたね。

特徴があるんですね。

・目の位置が高い位置にある。

・頬骨がまるく突出して盛り上がってる

・「鼻下から顎の距離」が長い。

・顎が細くとがっており、ひしゃげたり、歪んでいる人もいる。

・耳たぶのない尖った耳=朝鮮耳

全てを備えている人もいるし、条件のいくつかが欠けている人もいますが、高市早苗、小池百合子、松井秀喜氏、愛子様の影武者たち、の顔がまさにそれです。

 

林さんの奥さん、知的な御顔立ちですよね。

 

うわー。おきれいだなあ。笑顔が素敵。

目の位置が高くて頬骨が高く丸く張ってる骨格の場合、加齢した時、皮膚がたるまないから若く見えるんですよ。お得な顔ですね。

 

林さんの奥様、洗練されてるよね。

 

管理人はね、こういうブログしている人だから、まず耳を確認するんだ。過去のものと一致しているかとか、朝鮮耳かどうかで、ずいぶんと、わかることがある。

 

管理人はこういうブログをしてるから、骨格で北朝鮮系の血が入ってるかどうか、なんとなくですが、判別できるようになりましたね。

小池百合子、高市早苗、蓮防(母方がその可能性、本物のパスポートは韓国生まれとなってる)、辻元清美、小和田雅子(蛇顔の雅子2号)、小和田雅子の2人の妹、愛子様の影武者たち・・・北朝鮮系の人ってわかりやすいからね。

・小顔

・手足が長め

・腰の位置が高く胴体が短い

・肩幅が横にスクエアな形(なで肩は珍しい)

林外相と並んでも差がないですね。長身だよね。小顔だから御着物もばっちり決まるね。とっても、素敵。

 

「候補夫人」っていうタスキがあるんですね。かわいいぞう。無駄に太いのがいい。これなら遠くからでも見えるもの。

林夫人、スタイルいいなあ。腰の位置が高いね。足も長い。

素敵だなあ。何を着ても似合うよね。

 

夫人の実家は、京都の190年続いた医家

裕子夫人は、京都で190年前から続く代々医者の家系で、実家は大阪の内科の開業医の次女になります。

https://snufkinheart.com/hayashiyoshimasa-yome

 

とありますね。

基本的に京都の人は名家の人も、そうでなくても、めったに京都から離れませんから、大阪で開業ということは、分家なのかな。あるいは、母方が「京都の190年続いた医家」なのかな。

京都は、おおくの職業が世襲化されている土地柄で、戦国時代から旅館やってるとか、平安時代から楽師をしてるとか、そういう家が普通にある土地柄です。そこから考えると、190年ってのは長いとは言えないんだけどね。「京都に3代100年住んで、やっと新入りの京都市民」と言う異世界です。

190年前と言えば、だいたい、1830年頃でしょうか。この時代の天皇は仁孝天皇だそうな。

1830年 (天保元年): 伊勢御蔭参り大流行

1837年 (天保8年): 大塩平八郎の乱

1839年 (天保10年): 蛮社の獄

1825年 (文政8年): 異国船打払令

知人が地方の上級藩士だった家系の人ですが、そういうお家には、維新や維新の元勲について「表向きはこういうことになってるが、実はこうだった」という話が、各家庭に伝わっているらしいですね。これから動乱はじまるで、という時期に開業した医者ですからね。診察や治療に使ったお道具をはじめ、いろんなものが伝わってるんだろうなあ。

残念なことに、いくらさがしても家系図が出てこないんだよね。京都の190年続いたお家の系図、見たいなあ。

誤解のないように書いとくけど、林外相の奥さまは、お家もお人柄も問題のない、ちゃんとした人のはずだよ。林さんほどの名家だと、結婚前に相手の身元を洗うからね。

 

林芳正さんと古賀誠・同和の輪

お二人が並んでいる場所はもしかして、外務省なのかな?

しかし、よく極左のアエラが、林外相との対談をセッティングしましたね。故鳩山邦夫さんが、保守政治家はテレビに出演できない、排除されると言ってたけど、雑誌は違うのかな。

 

北九州・山口県と朝鮮半島

話を極左のアエラでの対談にもどしますが、林外相の奥さんが、林真理子の団体の理事をしてるとか、興味深い内容でしたね。

北九州や山口県は、京都や江戸より朝鮮半島の方が距離的に近いでしょ。なので、田布施みたいなチャイナタウンの朝鮮系ユダヤ版みたな村があってもおかしくないし、百済王の子孫を名乗るような帰化人戦国武将や領主とかも普通にいましたね。戦国時代、北九州の秋月氏は百済聖明王の子孫だと名乗ってました。物流や人の行き来は普通にあったわけです。

林さんをはじめとする、北九州や山口県の政治家たちのなかで、日本国の利益を損じるほどの「半島や大陸に対する共感性や愛」を持っている人がいるなら、それは、地理的なものから来ている可能性もあるんですけどね。

 

江戸時代から醤油製造業

他にもう一つ。林外相の御実家は、江戸時代から醤油製造をしてるということは、「群馬館林の正田家と同じ」の可能性がありますね。別にそれ自体に問題があるわけではありません。

良くある話で、パラダイムがかわると、旧世界の被差別民が支配層になるんです。産業革命後のユダヤ人とか、鎌倉幕府後の武家政権とかがそうですね。頼朝が幕府を開く前までは、武士は治安を守るために野党を討伐したりする汚れ仕事を請け負う被差別民でした。そのご、武家の幕府体制が、鎌倉→室町→江戸とかわるとはいえ、結構長い間、武家の支配が続いていました。

後年、遷都したら、維新後からの憲政時代を東京時代と呼ぶのだと思います。この東京時代を作り、支配層にあるのが、維新前の被差別民だった人や家が多いんですね。「閨閥」という本がありますが、そこに乗ってる日本の中枢を占める名家の系図のお家はそんな感じのお家が多いです。

外資に融資を受けて財閥を作ったり、勉強を頑張り高学歴を獲得した後、首相や大臣、議員になったりしてます。自民党では宏池会に多いらしい。

官僚や政治家にも多いんですね。その仕掛けは、前時代に、人が嫌がる仕事を請け負うことで、社会を支えてきたという有形無形の徳が家に蓄積されているので、運が良い出世する子供が生まれやすいというわけです。

こういう成り上がった家は、在日や帰化人であれ、同和系であれ、名家から家系図を買ったり、捏造したりして誤魔化す傾向がありますね。誰とは言いませんが、ネットショップのオーナー社長や、今の天皇の嫁や、先代の天皇の嫁もそうでした。小泉元首相の家もそうです。別に、恥じる必要は無いはずなんですけどね。

ちなみに朝鮮半島は、中華社会では朝鮮半島まるごと被差別地区であり、王族両班ですら被差別民扱いでした。「肉体労働で社会に貢献し積み上げた徳」は、容姿の美しさや身体能力などに現れますので、元同和出身や朝鮮半島出身のタレントやアスリートが多いのはそのせいだと思います。

ただ、徳分は、貯金と同じで使い果たすと0になり、最初からやり直すことになります。そろそろ、日本や世界の支配層の電池が切れてきたんじゃないのかな。

 

林真理子や古賀誠との関係

話をもどしますが、先祖が醤油製造者だった林外相は、同和の大物議員だった古賀誠に可愛がられていたらしい。

同和系議員にも3種類おり、

①弱者目線で政治を行う

②社会に恨みを持つ

③利権に変えてやりたい放題、

にわかれますね。②③はセットの人が多いようです。

古賀誠さんほかに、野中務さんもおられましたが、野中さんは、同和系であることを隠さず、社会的弱者にたいして同情心と愛をもち、活動や政策をおこなった①タイプの人。

古賀さんは、②③っぽい人なんですね。

そして、林外相は、➀タイプの野中さんではなく、②③タイプの古賀さんに可愛がられてたそうな。

そして、改めて言うまでもなく、部落解放同盟のミッションと目的は、無階級社会の実現であり、当然、天皇制廃止がはいってきます。人の縁は同種で引き寄せますが、林外相は、もしかして、そうした思想に、共鳴する御方なのでしょうか。

 

林真理子「紀子様が大嫌い、愛子天皇派」と林裕子夫人の友情

そして、林真理子ですが、ガチガチの反秋篠宮家の人。

才能がないのに役を与え続けられる人は、外国の工作員なんですね。林真理子さんの場合は、CIA系だと思うんですけどね。こうした工作員は、日本に恨みや妬みを持つ在日か帰化人か同和の人が選ばれます。

加藤康子が代表をつめる世界遺産の団体の幹部名簿にも林真理子の名前がありましたね。

 

加藤康子と加藤家は、統一教会系の上級会員の可能性があります。何度も書きますが、統一教会は、自民党に政治資金を回すための集金装置として作った団体です。教祖の文鮮明は安倍ちゃんの祖父の岸信介とは親友でしたし、加藤康子の父の加藤六月は安倍ちゃんのお父さんの片腕でした。安倍ちゃんは統一教会の国際イベントにメッセージビデオを送っています。安倍ちゃんは、韓国との歴史戦を利用しまくりましたが、本当は半島にNOが言えない人なのです。

加藤康子は、菅政権の加藤官房長官の妻の姉ですが、政治資金から旧統一教会系の女性団体へ寄付ではなく、会費をはらっていたことがスクープされています。つまり、加藤家は統一教会の上級会員、特権会員の可能性が高いです。

かつては壺を法外な価格で売りつけたり、信者を奴隷のようにこき使い搾取して巨万の富を蓄積した統一教会でしたが、信者に対する容赦のない搾取の結果、信者の貧困化を招き、信者からの集金が困難になったと思われます。評判が悪すぎて新しい会員が増えません。

そこで考えたのが、ネトウヨビジネス&公益財団。加藤康子は、佐渡金山など日本の負の歴史や、軍艦島など日韓外交が炎上する案件ばかり探し出してきては、世界遺産に申請登録するという確信犯的反日工作ばかりやってますね。家系や交流関係などを考えると、加藤康子は代々、ネオリベ(アメリカCIA左派=中国共産党)系の工作員だと思われても仕方がないと思います。

その団体には、加藤康子ではなく、安倍ちゃんの地元の山口県の要人や企業の名前が目立ちますので、伏見氏は安倍ちゃんの持ち物だろうと推測していますね。安倍ちゃんたちが、企業からの政治資金集めに使ってる可能性もあるかもしれません。加藤康子はパナマ文書に名前がありましたから、パナマなどの海外のタックスへブンへ、資金を逃がしている可能性もあります。

そして、フジテレビの日枝会長など、CIA系の工作員の名前もしっかりありますね。どういう団体で何を目的とした活動をしてるのかは御察しです。

令和に改元するとき、元号を決める有識者会議のメンバーにも、林真理子は入ってました。大衆を誘導する旗振り役の権威づけのために、権威ある文芸誌にエッセイを寄稿したり、大河ドラマにもかかわってますが、キムタクの娘状態で、「本人の実力のなさ」と「与えられている仕事の格の高さ」とのギャップが痛い人なんですよね。

数多くの言動から、多くの人が、林真理子は、林(イム)姓の在日か帰化人の可能性ありと推測していますね。

その、林真理子ですが、日本人の紀子様が大嫌いで、朝鮮系の雅子を絶賛し続けてきました。

林真理子「愛子さまが天皇になるべき(=国体解体、皇統断絶、最終的には皇室廃止主義者)」

林真理子「私の周りに紀子さんが好きだという人は、一人もいない」

つまり、林真理子の友達や仲間は、ネオリベ、反日在日、だらけ。真の意味での保守、皇統男系維持=国体維持=天皇制維持の人は、いない、ということなのです。

 

林真理子に対して個人的に親しく協力している、林夫妻はどうなのか?

林真理子「私の周りに紀子さんが好きだという人は、一人もいない」

ご夫妻で林真理子と個人的に親しいご夫妻は、「林真理子の周りの人」でしょう。

林外相夫妻は「紀子さまが大嫌い、愛子さまが天皇(=皇統断絶)になるべき」だと思ってる「天皇制廃止=国体破壊派」なのでしょうか。ご夫妻の「ルーツ」を考えるとありない事ではなさそう。

次の首相となる人が、「天皇制廃止」の部落解放同盟や、林真理子のような筋金入りのネオリベでCIAの破壊工作員と共感性があり、日本よりも半島や中国に愛と共感性を感じている人となると、ディストピアの予感が止まりませんよね。

首相になったとたん「マグニツキ―法(常時戒厳令が可能)」や、「人権擁護法案(高市が通したがっている人権ファシズム化する法案)」、皇統断絶、皇室廃止につながる「愛子天皇」などが強行されたらどうしよう。竹中のベーシックインカム案(国民1人月7万支給、そのかわり福祉年金は全廃)を取り入れたらどうしよう。相続税をゼロにするなど、自分たちと同じ階級の金持ちばかり優遇する税制ばかり成立させたらどうしよう。半島優位な外交ばかりしたらどうしよう。

ああ、怖い。

そもそも、ネオリベなのに、なんで林芳正さんは宏池会にいるのだろう。

 

果たして、林芳正さんは、天下が取れるのだろうか

林芳正さんにおかれましては、エルサルバドル山口県にて、安倍ちゃんの政治生命を摘んでいただきたいと思うし、次の首相だというのなら、頑張ってほしいとは思ってるんですけどね。

林さんご夫妻は、本当に優秀な方々で、夫婦そろって東大卒、アメリカで博士号を取ってます。林芳正外相は、ハーバートのビジネススクールではなく、法政大学院で博士号を取りました。奥さまは文学などの文系ではなく理系の人なんですね。めっちゃ優秀な方です。アエラのインタビューにもありましたように、林芳正さんは、テニス、音楽、声楽、などをハイレベルにこなす、特権階級、貴族としてに完成された人だと言えます。

しかしながら、乱世のころならいざしらず、日本人が為政者やリーダーに求めるのは、神の如き能力を持つ天才カリスマ(織田信長タイプ)ではなく、人間性のできた凡人(徳川家康タイプ)です。

夫婦そろって生まれながらの支配層+高学歴ですから、プライドもあるのでしょうけど、林夫人は、選挙地盤でも人前に出るのを極端に嫌がるそうな。つまり、地元の一般国民・有権者とのつながりを軽視してるのかな。政治家の妻としての営業が苦痛でしかたなのでしょうか。一方では、はるか離れた関東での林真理子の団体に時間を取るのは苦ではなさそう。

近い将来、安倍家vs林家の決戦のような選挙があるからでしょうか、夫人は高い御位から世俗の世界に降りてこられ、今年のフグの初セリにお出ましになりました。地元では「いったい、どうしたことか」と、話題になったそうな。

政治家や王族皇族は普段から、一般人、貧乏人に対して嫌悪感を持っていても、保身のために「やさしい、いい人」「親しみ深い人」に偽装する必要がある究極の営業職です。故ダイアナ元妃はその達人でした。安倍さんの奥さんのアキエちゃんは、ぶっ飛んでる人ですが、地元のコリアンタウンに顔をだしキムチ祭りに参加するなど、政治家の妻としての営業ができる人です。

社会の進化が止まり古い因習が残っている国の支配層や、南米やフィリピンのカトリック国の支配層の場合、被支配者層・無産階級に対する同情心や共感が薄く貧困や困窮に無関心な場合が多いですね。こうした支配層は、遠く隔離された安全で快適な場所から電化製品か何かを見る目で、一般国民を見ている場合が多いです。日本でも、クリスチャンに改宗した支配層や経営者だとその傾向が強くなります。そして、館林の正田家もそうですが、同和系の名家はキリスト教に入信する家が多いのね。

このご夫妻の宗旨が、気になるところです。

 

≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。