≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


転載|産業遺産国民会議①安倍氏・高市氏ら猛反発!佐渡金山の世界遺産推薦見送り 

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

※Twitter https://twitter.com/fushimibunko/status/1484901854052253696

安倍氏・高市氏ら猛反発!佐渡金山の世界遺産推薦見送り

「日本には後ろめたいことがある」世界に間違った印象も

「岸田政権は韓国の術中にハマった」識者

(夕刊フジ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/ca5f244b6c664f5aa7d2eef6a12363b05b04967f

 

佐渡金山申請は政策ではなく、安倍元首相と仲間の「利権」

私は申請見送りを決めた岸田政権を支持します。

2015年の「軍艦島申請」の時は賛成した私と今の見解の違い

当時の私はナイーブな「安倍信者」であったことと同時に「嫌韓派」でした。「時を斬るブログ」時代からの読者様はよくご存じだと思います。

当時は「強制労働」だと言う韓国政府の主張を突き崩そうと情報収集した結果、「親日派の韓国人ブロガー」のシンシアリーさんブログを覗いたら「国際法を調べると正解が得られるよ」とヒントが有ったので国際法の教科書と首っ引きで調べたらやはり正解が有りました。

【国際法の正解;国際労働機関(ILO)憲章】

強制労働に関する条約で第一条「強制労働の禁止」とあり第二条に「強制労働の定義」と有ります。その定義の中に「左記の労働は除く」と言う例外を列挙しています。

この第2条2項の(ニ)に「緊急の場合即ち戦争の場合に国民に強要セラルル労務」と有ります。従って韓国政府が主張した「戦時中の朝鮮人の強制労働」とは1939年に同盟国ドイツによるポーランド侵攻で第二次大戦が開始されているので「戦時徴用」にあたり「強制労働には当たらない」と言うことです

当時のブログに掲載した記事は拙著に掲載しましたので御興味のある方はどうぞ。

読み放題プランに設定してます。

アマゾンヘ

 

※アマゾンへ

余談ですが、当時の常連読者様がコメントで、誰かが私のブログの記事を安倍総理(当時)のフェイスブックに貼り付けていた。ということが有りました。それが幾日も立たないうちに国会で岸田外務大臣(当時)が全く同じ論旨で答弁していた。と言う偶然の事実があり私にも非常に記憶深い事でした。

続きます