【つれづれ】解体するべきNHKと創価の次の手は?

Sponsored Link
◆人気ブログランキングに参加しています  

本日もお越しいただきありがとうございます。

12月17日が、今年の大河ドラマの最終回でした。

おんな城主 直虎

母に言わせると「ほんとうに、つまらない」ドラマだったそうです。わが家でも、日本人の生活習慣として、日曜日の夜は「なんとなくNHKのドラマをつけておく」のが習慣になっていましたが、さすがに辛抱しかねて裏番組をみていたようです。

 

花燃ゆ

吉田松陰の妹が主役の大河ドラマも、今年の大河ドラマと同じく「ほんとうに、つまらない」ということで、同じように辛抱しかねて裏番組に逃げていたドラマでした。※訂正しました。ありがとうございました。

吉田松陰の妹の話でしたが、志士たちは「イケメンパラダイス」、主人公は「おにぎりを握り続ける学園ドラマの大会系部活のマネージャー」のような内容だったと記憶しています。あまりに内容がつまらないので、途中でおおがかりに脚本を変えて大奥路線でいったそうですが、盛り返したとは聞いていませんので失敗だったのだろうと思います。

 

徳川秀忠の妻が主役のときもありました。

秀忠の正室のお江は、叔父が信長、母がお市の方、姉が淀殿、産んだ子供が、千姫、家光、東福門院和子、と華やかだったから名前が残ったというだけで、たいた逸話もない平凡な女性でした。平凡な女性を主役にしているので、当然、平凡な女性の目線で物語が進みます。

そのため、神に選ばれた才能と運をもち天啓のまにまに活動していた英雄たちが活躍する戦国時代の大河ドラマというよりは、戦国コスプレをしているものの、ホームドラマに仕上がってた感があります。主人公の目線にあわせると仕方ないと思いますが、わざわざ大掛かりな資金と人員を配して、大河ドラマを家族ドラマとしてわざわざ作りこむ必要があったのか不明です。

 

篤姫

天璋院篤姫が主人公のときもありました。

和宮との葛藤なども淡々と仕上げていて地雷をさけてつくられていました。

ただ、主演女優がヤクザの組長の娘だとかで、別の方面で話題になりました。それを取り上げていたブロガーさんには、脅迫めいた書き込みがあったとか。芸能界とNHKの体質がよくわかります。

 

平清盛

平清盛は、日本の設定を、日韓併合前の朝鮮のものを再現して使い、その穢さに非難と嫌悪が集中しました。あきらかに、日本の国営放送を支配してるのは、何者なのかがよくわかりましたし、作り手の意図が見え見えでした。当然、視聴率がついていかず惨敗してます。

NHKは「タイムスクープハンター」で、過去の日本を併合前の朝鮮のように描いた!(後述)

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5453.html?sp

日韓併合前の朝鮮

NHKはこんなことばかりしてます。

 

西郷どん

来年は、「西郷どん」らしいのですが、昨今、明治維新の正体に気が付く人が出始めたので煙幕にしたいのかのしれません。

原作が林真理子(笑)、脚本が中園ミホ、主演が鈴木亮平。「女性の視点で書く幕末維新と志士たち」「西郷どん」。もう、すでに自爆モード全開です。

ドラマの内容は、指摘されている内容の、言い訳のようなつくりになってるのではないでしょうか。

 

ともあれ、売国反日NHKは解体するべき

反日売国を是とする組織でかつ、ろくなものを作れないNHKは、高額な受信料を回収する価値はないですね。

NHKは解体して、受信料も廃止し、ニュース専用の政府チャンネルだけあればいいと思います。

ニュースの合間に、英会話とかフランス語会話とかの教育番組と、あとは過去のアニメやドラマの再放送を流せばいいと思います。

 

Sponsored Link



 

そして、今年の大河ドラマは、ラノベだったという話。

大河ドラマ制作側も認める「女城主直虎はフィクション」

壮大に開き直るNHK「フィクションで何が悪い」

・井伊家が、そもそも「女城主直虎」の存在を否定
・次郎直虎と次郎法師を同一人物にすると文献がなりたたない。
・彦根藩の記録によると、「次郎直虎」なる人物は井伊家の家系図に存在せず、「少なくとも井伊直盛(次郎法師の父)とは関係のない男性だった」

NHK大河ドラマに激震 「おんな城主直虎」は男だった!?
『NEWSポストセブン』 週刊ポスト 2016年12月23日号

大河ドラマの主人公ながら、井伊直虎に関する史料は極めて少ない。そこでNHK公式サイトにある大河ドラマの「あらすじ」をもとに、これまで伝えられてきた直虎の人物像を紐解いてみると──。
直虎は遠江(現在の静岡県西部)の北部にある井伊谷(現在の浜松市北区)の領主・井伊直盛の娘として生まれた。生年も幼名も不明とされている。
出家して「次郎法師」を名乗るものの、相次ぐ戦争や謀略によって家督を継ぐ男たちが次々と命を落とす中、井伊家を守るために還俗(出家した者が俗人に戻ること)。「女城主」として直虎を名乗り、唯一生き残った井伊家の幼い男子を守りながら再興を目指す──というもの。

ちなみに「直虎が育てた男子」とは、後に徳川家康に重用されて「徳川四天王」の一人に数えられた井伊直政。関ヶ原の戦いなどの戦功により彦根に領地を与えられ、彦根藩の初代藩主となった戦国武将だ(江戸時代末期の「安政の大獄」、「桜田門外の変」で知られる井伊直弼は彦根藩第15代藩主)。

こう紹介すれば、江戸時代まで続く名門・井伊家の窮地を救った「女傑」の物語に俄然興味が湧いてくる。
だが、この“壮大な歴史物語”を井伊家末裔が、「史実ではない」と否定したのだから驚くほかない。

 

「ドラマチックにしないと」「人気女優をつかえば視聴率も取れるでしょ」と考えてたのかも。

それでも内容が面白ければ救いようがあったのですが、これが「本当につまらない」から救いようがありません。

井伊家というのは、天下を取った徳川家に早くから仕えていたため、たしかに大名になった家ではあるのですが、もともとは武装してるものの、田舎の土豪にすぎず、城らしい城ももってなかったはずです。

それを無理やり戦国時代の代表的な大名のようなかきかたは、やはりラノベならではですね。

「井伊直虎が『次郎直虎』を名乗っていたこと、そして井伊直盛の娘に出家して『次郎法師』となった女性が実在したことは明らかなのですが、“次郎法師が井伊直虎になった”ことを示す史料は存在しない。にもかかわらず、2人の『次郎』が同一人物だと一部の歴史家に誤解されてしまった可能性が高いのです。

次郎直虎と次郎法師を同一人物とした場合、説明が成り立たなくなる文献もある。

さらに、次郎法師が幼い直政を育てたという(大河の)ストーリーも明確な根拠は存在しません」(達夫氏)

そして達夫氏が調査中の文献(彦根藩の記録)によると、「次郎直虎」なる人物は井伊家の家系図に存在せず、「少なくとも井伊直盛(次郎法師の父)とは関係のない男性だった」(達夫氏)とも言うのである。

(略)

「大河ドラマスタッフの偉い方が僕の美術館に来た時に、ストーリー作りは“想像に頼る部分が大きい”という話をされていました。やはりドラマにするなら脚色してドラマチックにしないといけない。
繰り返しますが、ドラマはドラマとして描けばいい。史実を解き明かすのは研究者の仕事と責任で、ドラマ制作者ではないのです」(達夫氏)

また、達夫氏が発表する史料がすぐに「歴史的事実」と認定されるわけでもないようだ。『時代考証学ことはじめ』の共著者で、本誌でコラム「時代劇を斬る!」(~2015年4月)を連載した安田清人氏はこう語る。

「井伊次郎直虎が男だという説は以前からあったのですが、研究者によって説は違う。逆にいえば“直虎が女性だった”ということを示す決定的な史料が存在しないことも事実です。まずは発見された文献の内容を見なければ分かりませんが、複数の研究者による精査が必要ですから、史実かどうかを確定するにしても相当な時間を要するでしょう」

NHKに訊ねると「ドラマはあくまでもフィクションです。1年間、視聴者のみなさまに楽しんでいただける大河ドラマを制作して参ります」(広報局)との回答だった。あるNHKドラマスタッフもこう明かす。

「今年の真田幸村も実は幼少~青年期の史料は極めて少ない人物でしたが、だからこそ『真田丸』では三谷さんの演出の自由度が広くなって面白さが増した。それに“史実と違うんじゃないか”という議論は、ドラマの関心が高まるので、実はネガティブな話題じゃない。その点で言えば、史料が乏しい直虎は“美味しいキャラクター”なんです」

どうやら史料が明らかになったとしても、ストーリーの変更はない模様。まァ、“おとこ城主直虎”では、誰も観てくれないのは間違いないが……。

(以上)

 

NHKはフィクションが好き

朝日とNHKが創作した慰安婦も南京大虐殺もフィクションでしたけどね。
慰安婦も南京大虐殺も、猟奇的な性欲と義侠心が満たされた上に、自国の残虐な歴史を忘れることができるということで、欧米中韓を中心に大ブレイクしました。

NHK「大河ドラマはフィクションだから♡」
そうでしたか、今年の大河ドラマはラノベでしたか。

「優秀な女性城主が、幼い男性跡取りのために頑張る」はなし。
赤いNHKがフィクションにしてまでも、「おんな城主」にしないといけない理由は一つしかない。
大衆をイメージで「愛子天皇」に誘導するための工作の一つじゃないのでしょうか。

城主夫人でも城主の母でもダメで、女性が慣例を破って当主になる、という話がどうしても欲しかったんでしょうね。
商家だとホームドラマの域を出ないし、奈良時代の女帝だとかけ離れすぎているし、江戸時代の後桜町女帝は生涯独身でただの中継ぎ。で、無理やりラノベドラマを作ったのね。

視聴率がとりたければ、戦国時代の御三家をやりゃいいことなのにね。
お金はかかるけど平安時代の紫式部対清少納言の宮中対決、もありだと思う。
材料はたくさんあるのに、すべて捨て、実在するかどうか不明な人間を探して出してきては、無理やり「愛子女帝」のために役に立ちそうなドラマにしようという、その努力は認めるとしても、見ている人によると絶望的につまらなかったらしい。

 

愛子様優秀伝説

「偏差値72、リレーの選手になるほど俊足、バスケットボールのキャプテンをつとめ、ハイレベルなスキープレイヤー、一方ではチェロを弾き、天才的な小説を書き、容姿端麗な女性天皇に相応しい内親王」

こんな、北朝鮮製の泥臭いフィクション、誰がありがたがるのだろう。
社会の最下層からきた雅子や美智子の理想とコンプレックスをずらずら並べてみただけ。もうちょっとリアリティのある広告にしたらいいのに。
「設定」のなかには、日本的なものは何一つない。
そして、日本人が皇室皇族に求めている「清貧」「謙虚さ」「敬虔」「文化的」な要素もない。
世界最下層の北朝鮮をルーツとする小和田や美智子や、極貧の北朝鮮では神々しくも眩しいのかもしえないけど、愛子様の設定は豊かな日本社会ではどってことのない内容ですけどね。影子の容姿もいたって、平凡だし。

 

少なくとも、2700年続いた男系で繋いできた国体そのものといっていい天皇家の伝統と引き換えにしてもいいと思えるようなものじゃないですね。
なによりも、愛子様ご優秀伝説の中には、日本人が良しとし、皇室に求める「敬虔さ、勤勉さ、清貧さ、思いやり」そんなものがうかがえない。
発情しているのは小林よしのりくらいでしょう。そもそも、AKBの選挙を語るレベルで皇位継承を語られても困るのよ。ぱちのりも美智子や雅子と同じ民族出身かもしれません。
NHKをはじめ芸能マスコミに根を張っている左翼朝鮮ネットワークをもってしても「優秀な愛子様を天皇に」ブームは作れませんでしたね。

そもそも、愛子さんが偽物だということは、 ザウルス氏の検証動画のおかげもあり、拡散してますからね。

それでも、生前退位や、交際実績のなかった小室圭と眞子様の婚約を実現させたように、容赦のない報道統制の中で、飛ばし記事につぐ飛ばし記事でおしまくり、宮内庁の工作員と美智子をはじめ敵国工作員が協力し合って、「女性宮家」「愛子天皇」を実現させてしまうつもりでしょうか。

管理人は、例の眞子様ご婚約は、もっと大きな謀のリハーサルだったと思ってます。
うまくいくかどうか、どのくらいの反対があるのか、国民は動くのかどうか、気が付くのは、反対するのは誰かをリサーチするためもあったと思います。

 

2016年愛子さまお誕生日映像で披露された白い鶴

創価の紋が鶴でしたよね

 

2017年02月 北朝鮮の金正男が暗殺

暗殺されたのはダブルである可能性もあるのですが、、愛子さまを女性天皇に、という動きがあるなか、なぜか「愛子さま」が金正男の長男ににているという怪。


 

2016年04月 五輪のロゴが創価の紋に変更されました

 

2017年 偽の眞子様婚約の一報があったのが5月。成立したのが9月。

中止になりましたが、最初の婚約会見予定日は創価の記念日「白蓮の日」でした。

小室の生母がなぜか池田大作の息子と似ている怪

 

2017年 生前退位が決定

平成31年05月より元号がわり、朝鮮系で池田大作の娘の夫が即位することに。

 

「そうか(創価)、平成30年か」

管理人としては、これらは前ふりであって、あの人たちは、クーデターかなにか起こすつもりでいると思ってるんですよね

 

コメント欄より

私はこれまで安倍さんが男系男子派だから、女系天皇派が必死に「安倍おろし」をしていると思っていました。
でも最近は本物の悠仁さまがたぶん北朝鮮に拉致されていると思うので、トランプさんの協力を取り付けて熱心に拉致問題を解決しようとしているのがたたかれている理由だと思うようになりました。(国会でも、拉致に触れるとヤジが飛ぶみたいです。)

実は、悠仁さまが北朝鮮の人質になっていると思うのには理由があります。
以前にも投稿したのですが、大河ドラマの直虎が、皇室ネタで満載でした。
高齢の両親が必ず見るので、当初は食事の片づけをしながら何となく見ていたのですが、明らかに敵が情報をリークしながら、気が付かないで見ている日本人を馬鹿にしているような感じがするので、最近は「敵のシナリオを読む」つもりで見ていました。

放映当初は、よくある歴史ドラマという感じでした。
でも、「天皇の隠し里(隠し財産)」「検地逃れ(脱税)」「赤ちゃんはまだか(陛下がマタ子に言ったセリフ)」「言われた嫁がすごいヒステリー性格で刃物まで持ち出す(マタ子の性格)」のあたりから、史実とは何の関係もないし、皇室ネタのリークだと気づきました。
その後も「男色(色小姓)」「直虎が海賊のカシラと恋に落ちる(海の王子)」「海賊のカシラは語学が達者」「カシラの名前は龍雲丸で悠仁さま誕生の時の吉兆と同じ龍の雲のシーンがある」「どこでも自由に商売ができる世を作る(グローバリズム)」とか、例を挙げればきりがないです。

気になるのは、家康が戦わずして兵糧攻めで高天神城を落とそうとしたとき(北朝鮮への経済制裁?)、織田が「武力で落とせ」と言ってきて(トランプさんが軍事力発動?)戦になったこと。
う~ん、やっぱり戦争になりそうですね。

驚愕したのは、直虎が「井伊谷では学びたいものは誰でも学べるようにする(教育無償化)」「そうすれば他所からひとが大勢入ってきて井伊が潤う(移民政策)」とドラマで言った数週間後に、安倍さんが突然「教育無償化」を公約にして解散総選挙に踏み切ったこと。
放映のだいぶ前に脚本を書いているはずなので、これは向こうのシナリオ通りで、「とうとう安倍さんもイルミちゃんに心を売ってしまったのね(まさかすり替えられてはいないと思うけど?)」と複雑な気持ちで選挙に行きました。

そして先週、なぜか明智光秀が、徳川に「一緒に謀反を起こそう」と声をかけ、その証(?)として自分の子供を人質として井伊に預けるという、どう考えてもおかしな設定で、唐突に「4歳くらいの男の子の人質」が出てきたのです。
「双方謀反に合意して裏切りを防ぐために互いに人質交換」ならまだしも、徳川が謀反に加担すると決めたわけでもないのに一方的に人質を差し出すとか、(もし徳川に謀反の気持ちがなければ、徳川がその子を織田に差し出せば謀反はばれるわ、その子は無駄死にするわで、いいことないので)ありえない設定。
たぶん「4歳くらいの男の子の人質」をネタとして出すために無理やり話をこじつけたのでしょう。(311の時悠仁さまは4歳。)
で、家族で「やっぱり悠仁さまは拉致されている!」という結論を出したのでした。

ちなみに最終回のタイトルは「石を継ぐ者」、あ~フリーメイソンなのね。もう正体隠してませんね。

そして最後、なぜか外国へ渡ろうとしたカシラまで船が難破して死んでしまうので、これは本物の海の王子が消されたから(?)、もしくはこれからKKが交通事故などで消されてしまう(?)どちらかでしょうか?
今後を見守りたいと思います。

以上

ありがとうございました。

「天皇の隠し里(隠し財産)」は田布施のことも兼ねているかもしれませんね。

 

象の友達は犬

Sponsored Link

◆人気ブログランキングに参加しています




新着エントリー

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

7 件のコメント

  • 吉田松陰の妹の話は「八重の桜」ではなく、井上真央主演の「花燃ゆ」です。井上真央も創価学会信者でしたね。もう20年くらい前から大河ドラマは見ていません。
    たくさんの反日番組が国民から巻き上げた受信料で作られていることに、怒りを覚えます。受信料など払いたくないですが、地域まるごとケーブルテレビに加入し、NHKの受信料もセットで徴収される仕組みになっているのでどうしようもありません。
    「NHKを見ない自由」を勝ち取りたいです。

    • ありがとうございました。
      徹夜がつづいていたので、混乱したようです。
      今、テレビに出ているタレントは創価系のタレントばかりになりましたね。
      脚本やスタッフもそうでしょう。日本国民からむしりとったお金で反日組織やタレント支える、腹立たしい限りです。

  • 私はこれまで安倍さんが男系男子派だから、女系天皇派が必死に「安倍おろし」をしていると思っていました。
    でも最近は本物の悠仁さまがたぶん北朝鮮に拉致されていると思うので、トランプさんの協力を取り付けて熱心に拉致問題を解決しようとしているのがたたかれている理由だと思うようになりました。(国会でも、拉致に触れるとヤジが飛ぶみたいです。)

    実は、悠仁さまが北朝鮮の人質になっていると思うのには理由があります。
    以前にも投稿したのですが、大河ドラマの直虎が、皇室ネタで満載でした。
    高齢の両親が必ず見るので、当初は食事の片づけをしながら何となく見ていたのですが、明らかに敵が情報をリークしながら、気が付かないで見ている日本人を馬鹿にしているような感じがするので、最近は「敵のシナリオを読む」つもりで見ていました。

    放映当初は、よくある歴史ドラマという感じでした。
    でも、「天皇の隠し里(隠し財産)」「検地逃れ(脱税)」「赤ちゃんはまだか(陛下がマタ子に言ったセリフ)」「言われた嫁がすごいヒステリー性格で刃物まで持ち出す(マタ子の性格)」のあたりから、史実とは何の関係もないし、皇室ネタのリークだと気づきました。
    その後も「男色(色小姓)」「直虎が海賊のカシラと恋に落ちる(海の王子)」「海賊のカシラは語学が達者」「カシラの名前は龍雲丸で悠仁さま誕生の時の吉兆と同じ龍の雲のシーンがある」「どこでも自由に商売ができる世を作る(グローバリズム)」とか、例を挙げればきりがないです。

    気になるのは、家康が戦わずして兵糧攻めで高天神城を落とそうとしたとき(北朝鮮への経済制裁?)、織田が「武力で落とせ」と言ってきて(トランプさんが軍事力発動?)戦になったこと。
    う~ん、やっぱり戦争になりそうですね。

    驚愕したのは、直虎が「井伊谷では学びたいものは誰でも学べるようにする(教育無償化)」「そうすれば他所からひとが大勢入ってきて井伊が潤う(移民政策)」とドラマで言った数週間後に、安倍さんが突然「教育無償化」を公約にして解散総選挙に踏み切ったこと。
    放映のだいぶ前に脚本を書いているはずなので、これは向こうのシナリオ通りで、「とうとう安倍さんもイルミちゃんに心を売ってしまったのね(まさかすり替えられてはいないと思うけど?)」と複雑な気持ちで選挙に行きました。

    そして先週、なぜか明智光秀が、徳川に「一緒に謀反を起こそう」と声をかけ、その証(?)として自分の子供を人質として井伊に預けるという、どう考えてもおかしな設定で、唐突に「4歳くらいの男の子の人質」が出てきたのです。
    「双方謀反に合意して裏切りを防ぐために互いに人質交換」ならまだしも、徳川が謀反に加担すると決めたわけでもないのに一方的に人質を差し出すとか、(もし徳川に謀反の気持ちがなければ、徳川がその子を織田に差し出せば謀反はばれるわ、その子は無駄死にするわで、いいことないので)ありえない設定。
    たぶん「4歳くらいの男の子の人質」をネタとして出すために無理やり話をこじつけたのでしょう。(311の時悠仁さまは4歳。)
    で、家族で「やっぱり悠仁さまは拉致されている!」という結論を出したのでした。

    ちなみに最終回のタイトルは「石を継ぐ者」、あ~フリーメイソンなのね。もう正体隠してませんね。

    そして最後、なぜか外国へ渡ろうとしたカシラまで船が難破して死んでしまうので、これは本物の海の王子が消されたから(?)、もしくはこれからKKが交通事故などで消されてしまう(?)どちらかでしょうか?
    今後を見守りたいと思います。

  • でれでれ草さま、こんにちは。
    嵐の年賀はがきの「そうか」のCM、私もあれはわざとだと思って見ていました。
    (過去にサザンも似た感じのメッセージ風なCMを年明けからガンガン飛ばしていました)

    追記の本物悠仁様北朝鮮に拉致、のコメント転載部分、読者さまの推理も大変興味深く読ませて頂きました。

    創価が大きく占めているのはどの番組を見ても分かる事なのですが、
    先日、テレ東の報道番組で創価の内部分裂、からの脱会者多数。な内容を特集していました。
    脱会者が新たな組織を作っているとか
    ↑これが選挙演説でキモい新聞掲げてた人達なのでしょうか?

    しかし、今までテレビが創価を具体的に取り上げるのを私は見た事がなかったので、中のパワーバランスが崩れ始めてるのかな?と少しワクワクして番組見ていました。

    来年はどんな年になるのか
    その前にアキヒトさんの誕生日ですね
    アホみたいに一般参賀で手を振るんですね
    そう言えば、23日は大迷惑な事に関東は雨の予報です。

    ダラダラと失礼しました。
    いつもありがとうございます。

    • >創価が大きく占めているのはどの番組を見ても分かる事なのですが、先日、テレ東の報道番組で創価の内部分裂、からの脱会者多数。な内容を特集していました。脱会者が新たな組織を作っているとか↑これが選挙演説でキモい新聞掲げてた人達なのでしょうか?

      本来なら、左翼系で平和主義でいくべきなのに、今は与党でいるために真逆の路線にいますからね。共産党や立憲へながれそうですね。
      しかし激動の1年でしたね。来年はどうなるんでしょ。

  • 井伊直虎は男だったのではないかと言っている井伊達夫氏は、彦根井伊の分家・井伊兵部少輔家の18代ですが、本名中村達夫氏といい、井伊家の血は全く入ってない他家からの養子です。
    ちなみに本家・井伊掃部頭家(彦根藩主)の40代も、本名羽田野岳夫氏といって、他家からの養子です。
    今の世代になって、井伊の男系は断絶してしまいました。名家はどこも男系断絶してますね、、。

    次郎直虎と、次郎法師

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。