※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

水禍時代と二枚舌英国(後)天皇の結婚で占う御代

Sponsored Link

宮内庁「男性皇族が皇嗣殿下しかいないので「男性皇族によるお出迎えとお見送りが」できないんすわ」

※(前)からの続きです。

毎日|即位の礼 男性皇族による海外王室の出迎えと見送りがなくなる

https://mainichi.jp/articles/20191009/k00/00m/040/369000c

天皇陛下が国内外に即位を宣言される儀式「即位礼正殿の儀」(22日)に参列するため来日する海外の王室に対し、前回は行った空港などでの男性皇族による出迎えと見送りが実施されないことになった。宮内庁への取材で判明した。対応できる皇族が秋篠宮さま1人になったことが背景にある。皇族が減っている現状が映し出された格好だが、同庁幹部は「もてなしの気持ちに変わりはない」としている。

皇族の減少については、「旧宮家と皇別摂家から適正な男系男子を、各宮家に養子に迎え、皇族女性がお妃に」という、日本的な方法で解決していただきたいですね。

 

Sponsored Link



これが本来の形→平成は異例だった

https://www.news-postseven.com/archives/20191007_1464840.html

「平成のときは、参列者が直接お姿を拝見できるように、天皇皇后は中庭側廊下を通って松の間に入室されました。

今回は松の間の側扉から入室され、高御座と御帳台にお上りになります。京都で行なわれた昭和天皇のときの形に戻した訳ですが、帳が開いたときに初めて天皇皇后のお姿が現われるというのが、本来の形なのです」(山下氏)

美智子は、伝統を廃し、即位式も万事、西洋風にしたいといってたそうで、それを、今は亡き三笠宮若宮が止めましたからね。

どうせ、偽物を使うんですから、高御座に、マネキンを置いておいてもいいと思うんですけどね。

即位の礼も、キムコムと眞子様の婚約会見と同じく、すでに撮影済みだと思うんですけどね。当日の映像とちゃっちゃと組み合わせて流すんじゃないんですか。

平成風だと歩いているところが見えますが、昭和天皇のときのスタイルだと、立ってるところだけしか映らないので都合がいいんでしょ。

今回は、安部ちゃんが万歳をするのね。この方が「陰謀の都・田布施」からでる最後の首相になりそうな気がするわ。

 

頑張ってね高御座

資格のないものや、国体破壊をもくろむようなものや、よこしまなもの、国賊朝敵が登ると、死刑執行の電気椅子と同じ効果があるのが高御座。

称徳女帝

実は皇族ではなく、天智天皇の母の連れ子で帰化人だったのではないかと言われている天武天皇の皇統の最後の天皇。

本来なら皇太子になるべき異母兄は、母方の藤原氏によって粛清されたと思われ。

母の4人の兄たちは天然痘で全滅、母の光明皇后は、神頼みにすべてをかけ、奈良の大仏を建立するも、大仏建造にともなう水銀の垂れ流しなどによる公害病が蔓延したと思われ。

両親の死後、いったん退位したり、重祚したりしたが、寵愛するお寺さんの道鏡に皇位を譲って、自分を最後に天皇制を終わらせようとするも、謎の病死。

その後、天智天皇の血を引く官僚が、皇籍に復帰して践祚。天武系から天智系へ皇統が戻る。

安徳天皇と生母建礼門院

平清盛の娘の建礼門院徳子さんは、安徳天皇をお抱き申し上げ、高御座に上ったらしい。

その後、平家は壇ノ浦で滅亡、文学になったはいいが、平家が政権に帰り咲くことはなかった。

明正女帝

父は後水尾天皇、母は徳川秀忠の娘和子。

一代かぎりの女帝。本来なら皇太子になるべき異母兄は幕府に粛清されたと思われ。

家光の息子たちが子供を残さないでなくなったので、秀忠・家光の血統が絶え、天下は分家の紀州家に移った。

大正天皇

本物は山口の田布施出身の大室を父とする大柄な天皇、

代理人は佐賀の田布施出身の大隈重信似の聡明で小柄な天皇。

秩父宮雍仁親王➃父・大正天皇、大室顔と大隈顔、

ちなみに妻の貞明皇后は、正体不明の中国人(満州人)クエーカー教徒の朱貞明ともいわれている。

本物の脳病の天皇は病死、聡明な代理人は引退を拒んで毒殺されたのではないかと想像。

妻の出身地の中国(満州)は滅亡、

昭和天皇

聡明で怜悧で霊能者だったが、田布施王朝の三代目、妃は久邇宮良子女王。

お血筋がどうであれ、霊能力と資質と大志があれば、大帝になれるという見本のようなお人。しかしながら、こうした資質は遺伝しないことが多い。

敗戦で大日本帝国は消滅、華族制度の廃止で妃の実家の久邇宮家は皇籍離脱のうえ困窮することに。

明仁天皇

田布施王朝の4代目。即位したころの妻の美智子(ご成婚した正田美智子とは別人)は、中国人民解放軍の工作員と思われ。

平成も終わりになると、中華人民共和国は、米中貿易戦争で「もうすぐ死にます」状態に。

日本の財閥や、黒田日銀の異次元緩和でなんとか延命している状態。そろそろ、中華人民共和国がガラガラポンになる予感

血統も、背景も、妻の実家や背景も、なにもかも殲滅するのが、すごいところ。

さあ、ナルちゃん、雅子、張り切って、電気椅子にのぼって頂戴。

少なくとも、雅子の背景の、なんちゃら学会と朝鮮半島は、日本国民が期待する通りの形になると思うわ。

その後、なんちゃら学会はごく普通の仏教団体になり、朝鮮半島からロシアや中国の工作員が追い出された後、政治も経済も落ち着くといいなあ。

心配しなくても大丈夫。にせものであっても、きっちりけじめをつけてくれるから。

 

 

天皇の結婚の年で占う御代

昭和天皇の結婚

予定していた年に、関東大震災発生。延期された。

関東大震災の有様と風景が、そのまま全国に広がって敗戦した。

明仁天皇と正田美智子の結婚

伊勢湾台風があった年。前年は、狩野川台風が発生しました。

平成は、災害の時代でしたね。

徳仁さんと小和田雅子の結婚

例のない冷夏のためコメが不足し、輸入するという緊急事態に。

雅子の母方の祖父と、ナルちゃんの母美智子の妹の嫁ぎ先が引き起こした、あるいは、被害を広げたのが水俣病。

ナルちゃんの浩宮の浩は、洪水という意味があるそうです。ナルちゃんは、水路の研究とかしてましたね。

予想されるのは、食糧難、気候異常、水の汚染、環境汚染、公害病、水の災害でしょうか。

文仁親王と川島紀子様の結婚

とくに目立った災害はなし。

ご成婚した年に起こったことが、即位後の御代のテーマになるみたいね。そして天皇のお妃、もしくは妻の家や個人の因縁も関係してくるようです。

令和の水の災難が続いていますが、ある意味法則通りだと思います。

水の禍の次に来るのは、公害・環境汚染と食糧難なのは、間違いなさげ。

文仁親王のご成婚年は、特に記録的な災害は発生してません。

国民としては、豊かで平和な暮らしがしたい。そのためには、文仁天皇の御代を迎えるしかないでしょう。

文仁皇嗣殿下を、はやく文仁天皇をお呼びしたい。

ナルちゃんを、一日も早く諡号の令和天皇とお呼びしたい。

本物のナルちゃんは、とっくの昔に皇太子時代に薨御したか、浩宮時代に薨去しているんだから、国民を偽るのをやめて、公表して大喪の礼をしてほしいナ。

 

 

ラグビー日本チーム

浸水しても、練習しているらしい

頑張ってるう。

以上

 

Sponsored Link
Sponsored Link