※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

ラグビーワールドカップ、など(前)

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

台風19号|産経ニュースより抜粋

国連総長、台風被害に哀悼

茨城は床上、床下浸水500世帯以上 300人近くを救助

千曲川堤防の決壊現場は泥水がひき、惨状が露わに 上空ルポ

依然、31万世帯に避難指示 3万8千人が避難所に身を寄せる

山梨-東京の交通寸断続く 往来は静岡経由のみ

山梨の秘境「奈良田」が孤立 地区につながる県道崩落

復興は、これからが本番ですね。

 

Sponsored Link



 

2019年ラグビーワールドカップ

今の世の中、他国を罵倒し、国歌を歌い、国旗を掲げ、自国大好き、万歳、と堂々と叫べるのは、スタジアムだけになりました。

国を背負っている立場の方々なので、監督さんや選手さんが、「俺様」的に走るのもわからなくもないのですが、、、

ウンゼンド監督「前半にリードを日本に与えすぎた。日本が素晴らしかった」

世界中でいじられているスコットランドの監督さん

試合中止は受け入れられない、訴える!と叫んでいた、空気が読めないスコットランドのおっさん

結構な数の非難が殺到したと思うんですね。

海外の報道

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5da3bfe9e4b02c9da04c962d

スコットランドの現地紙「意気消沈するような敗退」

アイルランドのメディア「ブレイブ・ブロッサムによって、払いのけられた」

オーストラリアの日刊紙「これからの世代にも語り継がれる試合」

 

日本開催だと、サッカーもラグビーも、おりこうさんな大会になるらしい

https://www.jiji.com/jc/article?k=20190930039174a&g=afpより抜粋

選手が、試合終了後、ロッカールームの掃除

https://www.sankei.com/photo/daily/news/190926/dly1909260008-n1.html

イングランドのルーリー・マコノキーは、お辞儀に加えて日本のサッカー選手を見習って試合後にロッカールームをきれいにしているといい、「日本のチームがロッカールームをきれいに掃除しているのを知っている。僕らもそれを手本にしていくつもりだ」

ロシア開催サッカーワールドカップでのサッカー日本代表の試合後のロッカールーム。話題になりましたね。

日本風のお辞儀(ニュージーランド、イングランド、ウエールズなど)

 

おもてなしが最高

オールブラックスが来日した際に、日本の子どもたちがニュージーランドの先住民マオリの民族舞踊「ハカ」で選手たちを歓迎

開催国の方たちが参加国のジャージーを着たり、スプリングボクス(南アフリカ代表の愛称)のバッジをつけたりする

日本人から母国にいるような、おもてなし「スターバックスにいるときでさえ、店員がイタリア語で話しかけてくる(イタリア・コナー・オシェイHC)

 

全試合満席(台風後のイタリア対ナミビア戦など)

 

観客が、他国の国歌も斉唱、応援、

https://kaikore.blogspot.com/2019/09/japanese-rugby-fans-singing-sa-national-anthem.html

日本のラグビーファンが南アフリカ代表を温かく歓迎するために同国の国歌を練習している様子がコチラ、9月6日熊谷スタジアムにて

https://www.jiji.com/jc/article?k=20190930039174a&g=afp

ファン同士が和気あいあい

2002年のサッカーワールドカップでも見られた風景でしたね。

当時、テレビ解説をしていた外国のキャスターが、「かつてない雰囲気」に、涙が出そうになった、と語ってましたが、今回もそんな感じでしょうか。

日韓共同開催の大会は、日本で試合をした国と、韓国で試合をした国では、天国と地獄に分かれたといわれてます。

日本においては、様式化されていたフーリガン同士のいさかいもなく、ファン同士が和気あいあいと写真におさまるなど、かつてない大会になりました。

世界が日本化するのだろうか。

※重いので分けます。

 

Sponsored Link
Sponsored Link