※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

「元ヒーラーの覚え書きブログ」が再開しました。ぼちぼち続けていきます。

※拙ブログの画像を勝手に使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。



台風19号激甚災害指定へ被災者支援チームも設置(後)

Sponsored Link

台風19号激甚災害指定へ被災者支援チームも設置(後)

※台風19号激甚災害指定へ被災者支援チームも設置(中)からの続きです。

そして、ついに、予備自衛官に召集がかかりました。東日本大震災以来の招集だそうです。

台風19号対応で予備自衛官招集

河野太郎防衛相は15日、台風19号の被害対応のため、予備自衛官、即応予備自衛官の招集命令を出したと明らかにした。当面は計約200人で、最大千人程度に増員する。予備自衛官の招集は2011年の東日本大震災以来となる。

 防衛省によると、人命救助に加え、給水や入浴などの生活支援が広範囲で必要になると見込まれることから、予備自衛官、即応予備自衛官の招集が必要と判断した。

 予備自衛官は、防衛省が元自衛官を中心に志願者を採用する制度。

有事や大規模災害時に、自衛隊施設の警備、災害救援活動に当たる。即応予備自衛官は、現職自衛官と同様に第一線で任務に就く。

 

Sponsored Link



しかし、インフラ設備の投資を阻んていた人たちがいますよネ。民主党政権より前から、小泉のころから、自民政権も、公共事業にお金を回さない、ということをずっと続けてきました。

長引く不況の犯人

アベノミクスの矢を隠している人たち

アベノミクスの矢の一つが、インフラ投資による雇用と景気の創出だったはず。

それを拒んでいるのが、増税の必要もないのに、印象操作で世間を煙に巻き、消費税をあげるよう圧力をかけ続けている財務省さん。

増税に成功すると、銅像がたつそうな。圧政省に名前を変えたらいいのにネ。

賢い方ばかりが集まる省なので、いつ国がつぶれもいいように、せっせと財産を海外に逃がしている御仁も多いとか。財務官僚で、パナマ文書にもお名前があった人いましたネ。

麻生坊ちゃんは、ロス茶の代理人であると同時に、ロス茶系と閨閥を作り、財務省と一体化して日本を食い尽くすつもり満々の、麻生財閥の看板親父。

麻生「日本の公共事業を外資に献上するんだぜえ♡おれっち代々ロス茶の使用人だから、おれっちの代も滅私奉公でロス茶さまにお仕えするんだぜえ♡がんばるんだぜえ♡」

麻生「消費税40%にするんだぜえええ♡そのために、財務省と組んでアベノミクス第三の矢の公共投資をさせないんだぜええええ♡」

麻生「長引く不況は、財務省とおれっちがやってるんだぜええ♡」

麻生「下々のことなんかしったことないんだぜえええ♡」

麻生「おれっちの財閥、北朝鮮とはビジネスパートナーなんだぜえええ♡」

麻生「女性宮家作って、不細工な三笠宮姉妹の姪を宮家の当主にするんだぜ♡」

麻生「そしたらずっと外戚なんだぜ♡菊のカーテンの中でぼろもうけするんだぜ♡」

麻生「恒久的に同和の出自が隠せるんだぜ♡」(※麻生家は、北朝鮮人の背乗りという説もあり)

ヒャッハーッハー

麻生太郎坊ちゃんの、初出馬における「お言葉」

太郎坊ちゃん「下々のみなさーん」「平民のみなさーん」

→落選

財務省と太郎坊ちゃんの目指すところ

麻生坊ちゃんのお嬢さんはフランスの財閥に嫁ぎ、ロス茶さん風の、国家資産の強奪に励むための閨閥つくりに貢献しておられるとか。

麻生坊ちゃんの系図は華麗で、大久保利通からの流れをくむ朝鮮部落の工作員からはじまる、維新から続く代々のロス茶さんの代理人という、それはそれは、由緒ある国賊工作員のお家のお方だとか。

大久保の代から、代々、海外に資産を隠し、まともに相続税なんて払ったことないので、途方もない立派な資産を蓄えていらっしゃるとか。

財務省さんや麻生財閥などのロス茶さん系の人たちが狙っているのは、日本の経済を延々と低迷させて逼塞させ、日本のインクラや、土地や、企業の株をタダ同然で買い上げて、支配するためらしいとか。

書き込み工作員による「俺たちの麻生さん」に騙されているネトウヨは最初から除外するとして、この、めんどくさい家系が、はやく、ああなってくれたらなあ、と思ってる日本国民は、多いと思うヨ。神様も国民と同じ気持ちだといいナ。

※関連記事

【謎】吉田茂・麻生家・白洲家と明治維新の真実・最初から一覧

一日も早い、被災者さんたちへの救助と復興を、お祈りします。

以上

Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です