※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


「第三次世界大戦~生物兵器戦~」中国勝利のシナリオ

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ





公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら

Sponsored Link

Sponsored Link

「第三次世界大戦」中国勝利のシナリオ

本日もお越しいただきありがとうございます。

久々の更新となります。

表題通りなんですけどね。どう転んでも、人類は、やばいなあ、と。

表向きは、中国vs先進国 のような形をみせていますが・・・・・・

「対中で結束」発信 日米仏共同訓練

https://www.sankei.com/politics/news/210515/plt2105150010-n1.html

15日に公開された陸上自衛隊とフランス陸軍、米海兵隊の共同訓練は東・南シナ海で高圧的な海洋進出を強める中国に対し、自由や民主主義の価値観を共有する3カ国の結束を示すものだ。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺などでの中国の威圧と挑発を牽制(けんせい)するメッセージを発信した意義は大きい。

 

※抜粋します

・「太平洋国家として日米と認識を共有する」(仏陸軍のマルカイユ中佐)

・「フランスが参加し、良い機会となった。戦術技能の共有は重要だ」(米海兵隊のネルソン中佐)。

・英国が空母クイーン・エリザベスを中心とする空母打撃群を年内に初めて日本に寄港。

・ドイツもフリゲート艦の派遣を表明。

・今回の日米仏訓練の一部にはオーストラリア海軍も参加。

英独の艦艇派遣に合わせた共同訓練で、日米豪にインドも加わればQUAD(クアッド=英語で4の意味)プラスが対中牽制で形成される。(半沢尚久)

以上

 

 

「第三次世界大戦」の実態

第三次世界大戦は生物(兵器)戦争

表向きは、中国vs先進国 のような形にみせかけているが、その実は、生物兵器を使った「DS対人類」の最終決戦なのかもしれません。その場合、「2年後、中国=DSの勝利確定」のシナリオの仕込みが始まってるようです。

第1次世界大戦「化学戦争」、第2次世界大戦「核戦争」、第3次世界大戦「生物戦争」

※In Deepさまより抜粋

中国、6年前からコロナウイルスなど生物武器で第3次世界大戦の準備か=米国務省の文書が暴露

中国の科学者らがこの6年間、コロナウイルスを含む生物兵器で第3次世界大戦を準備してきたという事が、米国の調査機関が入手した文書を通じて明らかになった。

英国のデイリーメール紙などが9日報じた内容によると、米国国務省の報告書にはこうした生物兵器が戦争で勝利するため重要になるという主張とともに、これを使用するための完璧な条件と、敵国の医療システムに及ぼす影響まで詳細に記録されている。

オーストラリア紙「ジ・オーストラリアン」で報道された文書は中国人民解放軍の科学者と保健当局者が作成したもので、疾病を操作して兵器を作る方法を調査したものだ。

文書の著者たちは、第1次世界大戦を「化学戦争」とし、第2次世界大戦を「核戦争」と記述し、それらと違って、第3次世界大戦は「生物戦争」になると主張している。 (Yahoo! ニュース 2021/05/09)

 

2年後、「全滅」により、勝負がついている可能性

※In Deepさまより

ファイザー元副社長は、以下のように書類で述べています。

いわゆる非中和抗体の形成は、特にワクチン接種後に実際の「自然の」ウイルスに直面した場合に、過剰な免疫反応を引き起こす可能性がある。このいわゆる「抗体依存性増強(ADE)」 は、たとえば猫でのコロナワクチンの実験から長い間知られている。

これらの研究の過程で、最初にワクチン接種に十分耐えたすべての猫たちは、野生のウイルスに曝露したあとに死亡した。

この試験の場合は「すべての猫たちが死亡した」のですけれど、その期間は、

「2年後までにすべての猫は死亡した」

ということになっていました。

この中で重要なのは、2年という期間ではなく、「すべて」という部分です。

以上

 

二年後に「何かを放出」するコロナ(m-RNA)ワクチン

※In Deepさまより

リー・メリット氏:

「もし、生物兵器研究者としての私が、他国で軍隊を倒したいと思ったなら、それが自然界に存在しないことがわかっている mRNA を作るだけです。誰もそのワクチン接種そのもので死亡することはありませんが、二年後に「何かを放出」するのです。それが感染増強死 を引き起こします」

以上

 

第三次世界大戦開戦前に、中国が勝利するシナリオ

※In Deepさまより

ところで、ひとつの国で最も数多くの人たちが mRNA ワクチン(ファイザー社とモデルナ社のワクチン)を接種した国は?

(答え:アメリカ)

 

では、「国民がひとりも」mRNA ワクチンを打っていない大国は?

(答え:中国)

以上

 

だそうです。

そういえば、中国包囲網の日本、アメリカ、インド、イギリス、豪州、フランス、いずれも、ワクチン接種に積極的でしたね。

もしかして、中国もアメリカも、日本もEU各国も、各国のエリートたちが目指すところは、同じなのではあるまいか。

トランプさんですら、ワクチンを拒否しませんでした。娘さんのイバンカさん(ワクチンを打ったのは偽物でしたが)は、ワクチンの公開接種を行い、Twitterで公開しています。

イギリスは、ほぼ国民の半数以上が接種を終了したのを確認後、マスクと緊急事態宣言を解除しました。

コロナワクチンを接種した人は、その方が感染源になるということは、多くの識者が指摘していますね。

保菌者(というのが正しいのかわかりませんが)自由に動ける環境が整いつつあります。

 

医療崩壊の前兆・3割~8割に副反応がでるワクチン

医療崩壊の予兆

コロナウイルスによる医療崩壊ではなく、コロナワクチン接種による医療崩壊の予兆が現れています。

※ナカムラクリニック様より

https://note.com/nakamuraclinic/n/n5f8311443391

 

 

 

以上

 

結論・・・ワクチンは生物兵器

https://note.com/nakamuraclinic/n/n59345f65da9c

というか、そもそもコロナワクチンは「ワクチン」ではない。感染症の予防を意図して打つ。それがワクチンだろう。

しかしこの注射には、ウイルス感染症から人々を守る成分は、何一つとして入っていない。

単純に、人を殺すために作られた生物兵器である。

以上

 

各国の軍隊も、接種が進んでいます。

ワクチン接種後の死は、ワクチンとは関連がない、もしくはコロナによる死として処理されています。

「ワクチン接種者が、感染源になる」ということも指摘されています。

 

殺人兵器としてのコロナワクチン

※https://ameblo.jp/sunamerio/entry-12671384542.htmlより

m-RNA消えないよ。10回の分裂で1024倍に、増える増える

びんぼ♬@binbou415  4月13日

[m-RNA消えないよ]

すぐにm-RNAが消えるから安全だとかダマすのもいい加減にして!DNAとなって見かけ状は無くなるでしょう。

でも新たなタンパク質を合成する設計図の塩基配列はしっかり取込み済み。

次の細胞分裂の際にDNAがほどけたRNAの中にまた同じm-RNAが復活

10回の分裂で1024倍に、増える増える

 

公式治験文書に書いてあるじゃん

@ramtkm908

公式治験文書に書いてあるじゃん

吐いた息吸っただけで有害って

ゎ‹ちん受けてない旦那が会社でゎ‹ちん受けた人の吐いた息吸ったら、その妻が流産、障害児が生まれるとかどんだけ有害なの?

絶滅するじゃん人類

 

Maxwell Smart@universalsoftw2

ワクチン接種者に近づくな、ファイザー社の公式治験文書が言っている

ファイザーの公式治験文書にはこんなことが書いてあります。

1. ワクチン接種を受けていない男性が、ワクチン接種を受けた女性に触れたり、彼女が吐いた息を吸ったり(つまり、オフィスで彼女のそばを通る)、そしてワクチンを接種していない妻とセックスをした場合、彼の妻は有害事象を起こす可能性があり、妊娠は避けるべきである。

2. ワクチンを接種していない女性が、ワクチンを接種した女性と接触した場合、未接種者の彼女は

A.流産

B. 自然流産

C.母乳を介しての赤ちゃんの汚染

D.先天性障害のある赤ちゃんが誕生
する恐れがあります。

https://twitter.com/universalsoftw2/status/1388405251498147840

以上

 

今後、医療従事者を中心に、今後、正体不明の「病」が蔓延すると思われます。もちろん、死因は「コロナ」とされるでしょう。

歴史的パンデミック発生の、カラクリです。

過去にも同じようなことをしたのかもしれませんね。ペストとか、コレラとか、同じ手法を使ったのかも。

 

「2年後」中国共産党と一体化したDSが世界を征服するシナリオ

あの人たちは、予言、霊言を上書きをしながら、計画を遂行してきたんですね。

皇太子妃に民間人という予言霊言があると、正田美智子を用意し、アメリカに女性大統領という予言、霊言があれば、ヒラリーを用意する、という風に。

多くの予言で共通しているのは、次は、日本を中心としたアジアの時代だということ。

※ナカムラクリニックさまより転載します

https://note.com/nakamuraclinic/n/n8da63b46e660

ここで、ちょっと本の紹介をします。『Focus of Demons』( Gyeogos Hatonn著;1994年5月出版)という本。
以下、107ページの一部から。

 

「局地的な戦争や致死的かつ急拡大する感染症、飢餓によって、2050年には少なくとも40億人の“無駄飯食い”が除去されるだろう。

非エリート階級のためのエネルギー、食糧、水は、生存ぎりぎりに絞られることになる。制限は西ヨーロッパや北米の白人から開始し、次第に他の人種にも拡大していく。

カナダ、西ヨーロッパ、米国の人口は他の国よりも急速に削減されることになる。この削減は、世界人口が管理可能なレベル、10億人程度になるまで続けられるこの10億人のうち、5億人は中国人と日本人から構成される

中国人と日本人が選ばれた理由は、その国民性にある。つまり、彼らは何世紀もの間、厳格に管理されており、権威に疑問なく服従することに慣れた民族だからである」

今から30年近く前の本だけど、現在のコロナ禍は、すでに当時から計画されていたことが分かる。

しかし、世界人口10億人のうち、中国人と日本人でその半分、5億人も割り当てられるってすごくない?いや、もちろん気になるのは、その5億人のうち、中国人と日本人の比率がどうなるかだけど。

転載以上

 

「アジアの時代=黄金時代」を、自分たちの都合の良い形で、上書きしようとしてるんでしょうね。

さらに、DSって昔から、両建てらしいんですよね。2つ(もしくは複数)のグループが、違う方向から頂上を目指して山に登ってるイメージ。右も左も、全員DS。

キングギドラみたいに、頭がいっぱいあるんですが、胴体は一つ。そんなかんじ。右、左、いろいろグループはあって対立している風にみえるけど、根っこは同じ。脚本をかき、統括しているのは一つのグループ。

第三次世界大戦の仕込みが「2019年のコロナウイルス」であり、疫病を偽装し、経済を破壊し、ワクチンを接種させるための陰謀だったということですが、2年後、中国包囲網の国々で大量死が発生し、ロックフェラーなどのDSと一体化している中国や、フランスと関係の深い北朝鮮の全体主義が勝利するというシナリオなのかもしれません。

しかし、人智極まっても、神智にはかなわず、という言葉があります。

神風は吹くでしょうか。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?