※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


新自由主義の兵隊の経済学

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ





公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら

出版のお知らせです「新自由主義の兵隊の経済学」

⇒アマゾンへ

新刊本のお知らせ  新自由主義の兵隊たちの経済論

読者の皆さへ、新刊本のお知らせです。

拙著

 

は、お陰様で出版以来、非常に販売好調です。

Amazon政党ランキングでは、何度か1位を取り、順位に変動は有っても100位以内から圏外に出ることは有りません。

読者様、購読者の皆様にこの場を借りて感謝申し上げます。

さて、既報の通り件(くだん)の高橋洋一が「舌禍事件」で内閣官房参与を辞職に追い込まれました。

高橋は今年「晦気」だったので、事前に記事にはしていませんでしたが「晦気の魔手」から、逃れられなかったことになります。

そこで、当初は高橋洋一の四柱推命の鑑定記事を書き始めましたが、鑑定記事の後半に、以前から気になっていた高橋の「経済系の著書」をチェックしていると、経済政策(特に雇用政策)の致命的な間違い、事実の誤認、中学生レベルの幼稚な日本史の知識、基本的な日本史の知識の無知と凄まじい曲解を発見して、間違いを指摘して、論証し記事にしていきました。

同じようなことが、新自由主義者で、「反日破壊工作員」のラスボスの竹中平蔵にもあるはずだと考えて、竹中が小泉政権の閣僚だった頃の政策とその実績を検証すると、「経済理論の間違い」「経済政策の間違い」その結果としての、その後20年以上続く「日本の国民経済の大惨事」を多数発見しました。

当初は、高橋の鑑定だけで、ブログの記事にする予定でしたが、記事全体の「重心」が変わり、字数も3万字を超えたので、書き下ろしの電子書籍としました。

是非、お楽しみください。

2021年5月31日

伏見顕正

追記

下記の拙著と併読されると理解しやすくなると思います。
[伏見 顕正]の日本再占領: 郵政を民営化し、350兆円を奪え! (伏見文庫)

 

⇒アマゾンへ