≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


中国恒大集団(エバーグランデ)の破綻危機の意味

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

欧米は中国に呑まれ、中国は自壊が進む世界

中国恒大集団(エバーグランデ)の破綻危機の意味

本日もお越しいただきありがとうございます。

ジャック・アタリさん。予言というより、予定を公表している、あるいみ、DS版預言者みたいな人。

 

台湾をめぐり米中の軍事衝突が起きた場合の勝者は?中国?

InDeepさまより

ジェノサイド後の世界 雑談編

投稿日:2021年9月22日

※https://indeep.jp/world-after-genocide-episode-talk/

そういえば、以前からたまに取り上げさせていただくフランスのエリートであるジャック・アタリさんですが、最近の日本経済新聞に寄稿した内容が、記事となっていました(記事)。

以下のようなことが書かれてあります。

 

情報1:台湾をめぐり米中の軍事衝突が起きた場合の勝者は?

アタリ氏:中国になるだろう。米国の軍のトップが、様々なシミュレーションをしても中国が勝つ確率が100%であることを公言している。米軍部の軍事予算の獲得のためという見方もあるが、台湾周辺の地政学と軍事のバランスは圧倒的に中国に有利だ。

 

情報10:中国はいつ台湾侵攻を実行するのか? 

アタリ氏:5年以内なのではないか。最近発表された中国の新幹線計画では、5年後の北京からの新幹線の終着駅の一つが台北となっているとのことだ。

 

しかし、軍事分析組織ディーガルの 2025年の予測値(過去記事)を見ていますと「 5年はない」とも思います。5年後には、中国とアメリカの軍事規模はすでに比較になるものではなくなっている可能性があるからです。そういう軍事侵攻を本当にするつもりなら、もっと早くということになりそうです。

日本がどうなるかもわからないです。

 

中国企業のバブル崩壊の影響を受けるのは西側諸国の金融市場。中国政府は「喜んで破綻させる」

現在の中国恒大集団(エバーグランデ)の破綻危機も、実はそうなった場合、最もカオスに陥るのはバブルが膨れあがった西側諸国の金融市場であり、中国政府は「喜んで破綻させる」ような気もします。

それと共に、中国経済が撃沈して最も影響を受けるのも西側諸国です。

ガラクタ兵器を用いなくとも、「敵を殲滅できる」方法のひとつだと思います。

※https://indeep.jp/world-after-genocide-episode-talk/

 

しかし、勝者が中国に確定しているにせよ、中国は内部からの崩壊が止まりません。多くの予言では、中国は、複数に分割されるという点で共通しています。

以前、昨今、中にいる人が消え、グレートリセットへのプログラムだけが動いているようにみえる、という記事を書かせていただきました。

日本の天皇、北朝鮮のブーちゃん、中国のキンペーちゃん、いずれも、ダブルに入れ替わっています。

アメリカも、上院議員になったバイデンでもない、副大統領だったバイデンでもない、全く別の人がバイデンに成り済ましながら大統領になりました。

スペイン王、オランダ王などの王さまたちも、ビル・ゲイツ、ジョージ・ソロスなど、グレートリセットを動かしてきた人たちは、今、ダブルに入れ替わるかバーチャル化しています。

DSの新世界秩序に向けての進め方も、キッシンジャーのころのキレがなくなり、グテグテです。例えば、ジョージ・ソロスは、BLM支持のデモ参加のために、求人サイトでアルバイトを募集したものの、その賃金が払われず、参加者が抗議デモを行い耳目を集めました。キッシンジャーのころなら、きちんと支払われていたと思います。詰めが甘いケースが多くみられます。

もしかして、現場や末端のメンバー(おそらくは中国系、朝鮮系)がのこり、上位は(逃亡したか、粛清されたたかはわかりませんが)もう無人なんじゃないかと思うことがありますね。

王族や要人のダブル化が進み、インターネットを使った陰謀の内容が拡散されました。その結果、フランス革命後から続く、ロスチャイルド体制(表は王制・議会制など、裏はロス茶やロックフェラーなどの金融王朝が全て仕切ってる体制)の王家の城に大衆が押し寄せる時代になりました。

何気に凄いと思います。

どのみち、DSのカルトの王家の皆さんは、儀式殺人で共食いをするので狂牛病になるリスクが高く、さらにはドラッグやアドレノクロムに中毒してジャンキーになるリスクも高いらしい。さらに、脱会者の証言では、DSのカルトの王家のメンバーは皆、多重人格だそうな。

法も道徳も超越しているはずのDSの王家の子弟たち(トム・ハンクスの息子や、バイデンの息子、グレタちゃん)などを見ても、劣化がはげしく、家畜と見下している一般人よりもはるかに、病人か犯罪者か廃人の率が高そう。

ビル・ゲイツや、デビット・ロックフェラー、ジョージ・ソロスも、結構な高齢なのに現場に出てきているところをみると、跡を取れる人間がいないんじゃなかろうか。

で、いなくなった陰謀首謀者たちの代わりを、人工知能が引き受けられるでしょうか。

DSが滅んだあと、人工知能が引き受けられない部分を、ノーマルな人類が埋めるとしたら、それがいわゆる、多くの予言にあらわわれる、黄金時代なのかもしれない、と思ったりする。

その日が来るまで、生き延びましょう。