※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

【チーム小和田】皇太子妃の選定の謎と闇の家系図

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

大正天皇、明仁皇太子、徳仁皇太子の妃を選ぶときの法則があるようです。

皇太子妃の選定の法則

1 お妃候補に宮家をはじめ複数の良家の子女が候補に挙がる。

・大正天皇:伏見宮禎子、北白川宮満子、貞子、九条かず子、節子、徳川国子、絲子、毛利万子、岩倉米子、

・明仁皇太子:北白川肇子さん、旧華族から、

・徳仁皇太子:久邇晃子さん、徳川家、島津家、など

 

2 そして、前ふりで、皇太子が原因でお妃選びが難航するという世論を作っている。

・大正天皇:「皇太子は病弱」、しかし明治、大正、昭和と、3代仕えてみて、大正天皇が一番頭脳明晰だったとの証言もある。

・明仁皇太子:皇室が窮屈であるということ、皇室は戦後、経済的に困窮している、さらに、戦後の解放された時代の空気を吸った名家の子女は適応できない、など、、

・徳仁皇太子:本人に魅力がないこと、皇室が窮屈だということ、、

 

Sponsored Link



 

 

3 候補のなかにダークホース的存在が混じっている

・大正天皇:出自不明の九条節子

・明仁皇太子:旧新平民出身のブルジョワの正田美智子

・徳仁皇太子:北朝鮮系、解放同盟系でかつ、男性関係の豊富な小和田雅子

 

4 皇太子妃は、いったんは、内々に、しかるべき家柄の宮家の姫に内定する。

・大正天皇:伏見宮禎子

・明仁皇太子:北白川肇子

・徳仁皇太子:久邇晃子

 

5 一方では、ダークホースしかいないという状態に世論を持っていく。

眞子様の婚約もそうだったが、世論と、実在の宮内庁内の事情が食い違う。

 

6 まっとうな家柄とご性質のお妃候補が何らかの理由で辞退、もしくはダークホースとの婚約決定という誤報を意図的に流し事実化してしまう。

・大正天皇:「健康上の理由、肺病がある(実際は健康だった)」として破棄された伏見宮禎子の王女の内定。

・明仁皇太子:海外のマスコミによる「正田美智子に決定」という報道。それに日本のマスコミが続き事実化。

・徳仁皇太子:海外のマスコミによる「小和田雅子に決定」という報道。それに日本のマスコミが続き事実化。

 

7 ダークホースがお妃に決まるが、実際にご成婚するのは、ダークホースの家の娘ではなく別の娘。

・大正天皇:九条節子(実在したかは不明)ではなく、中国人クエーカー教徒の朱貞明。

 

・明仁皇太子:正田美智子として育てられていた「ヤンキーミッチー」ではなく、「オカメ顔ミッチー」が成婚

 

・徳仁皇太子:外務省に勤めていた小和田雅子ではなく、

蛇顔の吸血鬼雅子が成婚。

 

8 ご成婚後は複数の女のチームで屋号化された「皇太子妃」を運営

屋号「美智子」

 

屋号「雅子」

やはり、九条節子も、複数で運営されていた可能性があると思います。

 

9 得体のしれない出自の、異教徒で異国の最下層にいる女でかつ、性根の最悪の女が、大正天皇、明仁皇太子、徳仁皇太子の妻になりました。

女性天皇を目指している愛子さんの配偶も、これと同じ手法で「正体不明の朝鮮男性」を配偶に納めるんだと思います。

 

昭和天皇の場合

昭和天皇のときは、久邇宮良子さんと、梨本宮方子さんが候補になり、良子さんに決まりました。

良子さん、宮家の長女で嫡子、母上が島津家の7女という貴種でした。

しかしながら、母上は、生涯まともに会話が出来なかっとといわれており、知的障害が疑われる方。良子さんの生んだ内親王のなかで、軽い知的障害があったかもしれないと疑われる方もいます。こうした家系をみるに、つねに笑っている良子さんも、もしかして、ごく軽い障害があったかもしれません。

いっぽう、昭和天皇のお妃候補になった方子さんは、その後、朝鮮王太子に嫁いだかたで美人でかつ聡明なかたでした。

良子女王と昭和天皇は、夫婦仲はうまくいってましたが、良子さんが障害をもっている家系であるなら、条件の悪い方をわざわざ選んだことになります。

 

かつて、宮中某重大事件という事件があり、肝心なことが省かれて隠されているので、庶民から見たら何が重大なのかが不明な事件がありました。

「良子さんに軽い視覚にかんする遺伝があるので辞退するべき」、という声が元勲からあったことから始まった騒動らしいのですが、元勲がわが問題にしたかったのは、視覚に関するごく軽い遺伝的な障害ではなく、知的障害が問題の根幹だったのではないでしょうか。宮家の対面もあるので、表だっていうわけにいかないので軽い疾患を問題にしてカバーにしたのかもしれないと、ふと疑ってしまいます。

同種で引き合うので、やはり、昭和天皇の父は、大正天皇でもなく、宮家や皇統ではなく、鬼塚氏が推測する通り毛利家から西園寺家に養子になった、「八郎」といういかにも一般人臭い名前の西園寺八郎だったのではないでしょうか。だとしたら、障害の遺伝のリスクを持った女王と釣り合わないこともないと思います。

 

そして、雅子。昨今の園遊会は、招待客との会話の前にさっさと退散する雅子。つまるところ、今の雅子は、日本語が話せないんでしょうね。

 

コメント欄より

私も雅子さんは、日本人ではないと思います。
日本語が話せないので、公務が出来ないというなら納得です。
美智子さんは、失語症になりましたが、あれも日本語が話せないので、病気という事にしたのでしょう。

余談ですが、昨年10月7日の三笠宮崇仁親王殿下の孫 千万紀子さんのご結婚では、仲人は福田康夫夫妻でしたが、日本人なら、仲人は黒留袖をお召しになるでしょうが、夫人は、黒のロングドレス姿で、引きました。結納の際にもドレス姿でした。
この方たちも日本人ではないのでしょう。(わかりきっていますが。)

以上

 

この人たちも洋装でしたね。久子の「してやったり」という顔が、妙に賤しい。

しかし、このご成婚もブーメランでしたね。もともと、ちょっと問題のある国麿さんではなく、出雲の家は、まっとうな弟が継ぐことがきまってたみたいですね。

テイメイも和装が嫌いだったようです。

こちらは、和装ですが、、、

この人とは顔が違う気がしますね。ま、こちらは御真影用の肖像画の可能性もありますが。

 

田布施の隠れた閨閥

田布施出身の代議士・国光吾郎、

このひと、元首相の福田家の人びとに似ていませんか。

 

そして2人の「小和田優美子」は福田にもちょっと似ています。

こっちは本物の優美子

 

ダミー優美子?

 

そして、歴代の雅子のアゴがね、、、池田代作の息子たち、池田の血族ではないかといわれる小室圭とその母、に似てるんですね。

よくよくみると、息子たちのアゴ、池田の正妻である朝鮮人である母親に似てますね。よくある顔なのかもしれませんが、、。

隠れた閨閥なんでしょうかね、、、

 

日本の最下層の武家に背のりした可能性のある維新の志士たち

『日本の本当の黒幕(上)』鬼塚英明著より

公卿の三条実美と土方久元(土佐脱藩者)が計画し、中岡慎太郎と坂本龍馬が長州の輝度行員と薩州の西郷隆盛を動かした薩長連合は、大室寅之佑なる者を天皇として新政府を樹立するという密約でもあった。彼らは武士というよりも下層階級、郷士格であって、武家社会で大手を振っていきていける身分ではなかった。「西郷南洲」という芸名は、南朝の菊池氏からきているという。しかし、西郷、大久保利通、樺山資紀、大山巌たちは、鹿児島の加治屋町(現在は鹿児島市加治屋町)という部落で、汚物の処理や清掃、葬式を生業としていた。武士とは名ばかりの、最下層にいる人々であった。

薩長連合は、そうした彼らが長州、薩摩、土佐の大名とは別行動をとったクーデター計画であった。

島津久光は西郷と大久保利通が大室寅之佑を連れてきて、「この男が天皇になります」と告げられた時とき、刀で斬りかかりそうになった。しかし、西郷が「すでに睦仁は死んでおります」と告げたので刀を降ろした。

この逸話は、鹿児島の郷土史家から直接私が聞いた話である。真実だろうと思う。この薩長、そして薩土の秘密連合がクーデターを起こして明治政府が出来上がるのである。大室寅之佑は藩主毛利忠親の知らない間に天皇になっている。いわりゅる事後承諾というやつである

(略)

明治の新政府ができてまもなく、十六歳の少年天皇が、我儘をして”元勲”たちのいうことをきかないと、西郷隆盛は「そんなことではまた昔の身分にかえしますぞ」といってしかりつけた。すると天皇はたちまちおとなしくなったという話が伝えられている

転載以上

 

「この男が天皇になります」「すでに睦仁は死んでおります」

この発想と発言が出てくるのは、日本人ではないですね。

話を皇太子妃に戻しますが、逆説的に考えると、維新の志士たち、伊藤博文、大久保、西郷や、白洲次郎、麻生、吉田茂の家系、小泉、麻生、など北朝鮮の家系も、小和田家と同じ過程をえて背乗りした可能性があると思います。

伊藤博文は、旧姓を林といい、最下層の武家の伊藤家に養子になった人です。

林という姓は、朝鮮系に実在し、帰化したあともそのまま使うことが多い姓だと聞いています。林家が、帰化系の家だった可能性はあると思います。(もちろん、全国の林さん、すべてがそうだというわけではありません)

しかし養子になる段階で、バリバリの朝鮮系工作員テロリストが、林家に人間になりすまし養子になった可能性はあると思います。

 

手法の荒さのせいで、偽装がうまくできない小和田家、小室、創価、、、。

これらはいろいろと教えてくれていますね。

皇室の問題と闇は、今に始まったものではなさそうです。それがよくわかりました。

 

Sponsored Link
Sponsored Link