いい話|服を買ったら洗濯してから着用すること

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。

①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧

ご署名のお願い「健康保険証の交付義務の規定」の削除を反対

知っておくといいはなし

服を買ったら洗濯してから着用すること

数年前、私の友人が飛行機で、環境汚染と多数のアメリカ人を病気にしていることで悪名高いアメリカの大手化学会社の最高経営責任者の隣の席に座っていた。友好的な関係を築いた後、私の友人はその重役に、最も重要なアドバイスは何かと尋ねた。重役は即座にこう答えた:

「新しい服は必ず洗濯してから着ることだ」

私はその話を忘れたことはないし、患者たちのおかげで、私たちの衣服にどれだけ多くの有害な化学物質が付着しているか、私たちが気づかないうちに理解できるようになった。

*

私がここで頻繁に指摘することのひとつは、医薬品の規制がひどく不正確であるということだ。

しかし、医薬品の状況はひどいものだが、化粧品業界よりはずっとましだ。なぜなら、化粧品の安全性を確保するために割かれる資源はほとんどないからだ。その結果、シャンプーや化粧品、石鹸に含まれる特定の化学物質に反応することを発見し、生活を乗り切るために徐々に自然派製品にシフトせざるを得なくなった人に何人会ったか数え切れない。

*

合成繊維の衣服が問題を引き起こす理由を説明する最も興味深いモデルのひとつに、天然繊維とは異なり、着用者の周囲にプラスイオンを発生させるという事実がある。

過剰なプラスイオン(またはマイナスイオンの不足)は、様々な健康状態に関連しており、その多くは、プラスイオンがその近辺の(マイナスの)生理学的ゼータ電位を弱めることに起因していると私は考えている。

*

私の同僚の何人かが衣服に関して同じような経験をしているので、私たちは長年にわたって、非常に敏感な患者に衣服に対する反応を尋ねるようにしてきた:

かなりの数の患者が、新しい服を着る前に洗濯する必要があることを自分で学んでいる。さらに、衣服に反応せずに着られるようになるまで、3回ほど洗濯する必要があることに気づく人もいる。

敏感な患者が示す反応の多くは、マスト細胞反応(MCAS)に似ている。

『衣服とその素材が健康を形作る』中西部の医師

https://midwesterndoctor.com/p/how-your-clothes-and-their-materials

※https://twitter.com/Alzhacker/status/1777199662027723001より

以上

 

yokoblueplanet@yokoblueplanet1

PFASもあらゆる製品に付着していると、RFK, Jr. の”Children’s Health Defense”で記事になっていました。

以上

 

関係ない話

脳が正常かどうかをチェックするエクササイズ

 

 

 

ニセモノが天皇に即位?