保守砲ドカドカⅢ【イザーマン編⑮-1】@完勝といっていいのではないでしょうか

Sponsored Link
◆人気ブログランキングに参加しています  

拙ブログへ、お越しいただきありがとうございます。

たくさんの暖かいコメントをありがとうございます。励みになります。ご協力のお申し出もありがとうございます。何らかの形でお願いすることもあるかもしれません。その折にはよろしくお願いします。

2017年は隠されていたことが暴かれる年とはいわれていました。皇室事情をはじめ、似非保守だけではなく、管理人の事情も露出した形になりました。仕方のないことです。読者様には暖かい励ましのコメントをいただき、感謝感激です。しばらくは、ブログの運営は、このままの形で進めていこうと思います。

 

Sponsored Link



偽装がばれ続けるトドコ=BB=イザーマン

※I・M氏は脚本家なので公人ですが、めんどくさいので仮名で表記させていただいてます。

コメント欄より

トド子さんは、BBの本名もメアドも電話番号も知ってて、べべこと名乗ってた大学生の頃から知っているという内容の文言を削除したようです。 私は、このことは以前BB覚醒ブログを読んでた数年前、BBさんはべべこで書いていた時は大学生でした、という内容を記事にしてたのを覚えてます。

そのころも、BBが20代であることの援護射撃なのだな~と思ったし、 今回も、アラサーであることの援護射撃だな~と思ったのでよく覚えてます。 BB覚醒ブログの内容が内容だけに、身バレ防止のためなのは、非難する気持ちは全くありませんでしたけどね。 なので、素晴らしい友人関係なのだな~と思ってました。 でも、20代の女性設定は信じるには無理だなとは思いましたが。 記憶が曖昧なのではなく、 鮮明に残っているので、今回メアドを始めて知らせますの内容のコメがあったため、削除したことは明らかですね。

 

コメント欄より

でれでれ様 初めまして。白うさぎと申します。

取り急ぎ、確認頂きたく投稿しました。

♪ヨン様と一緒♪ カネカネキンコ ブログの 秋篠宮家の噂ニダ♪

2014.11.12

この日の記事でトドコさんは BB名を語ったコメント投稿者に BBさんの メールアドレスもIPも知っている と、書いてます。 http://blog.goo.ne.jp/geogiegeogie/e/5840f13f90e3a0519cb8a596d233f2d2 でれでれ様、皆様、どうぞご自愛くださいませ。

※最近、BBさんとトドコ。コメ欄で、はじめまして、メルアド交換とかやってましたね(笑)

 

コメント欄より

BBは小和田が帰国した、ではなく、「帰国したって言ってるけど、私の情報網では帰国出来ないはず~」「雅子が皇后になる前には帰国すると思うけど」と書いていました。 伏見さまの所ではずっと帰国できない、と書かれていたので、帰国するってどこから聞いたのかな?と思っていました。

BB=脚本家さん、と言うのは文体から察する事が出来るのですが、多分、トドコは別の人だと思います。文体が違うんですよね。BBよりもっと下品と言うか…。でも、稲田さんや昭江さんを叩く文章はトドコっぽいので、それだけトドコが書いてるのかなぁ、とも思ったりしてます。

※管理にもここが迷うところです。下品なトドコはイザーマン氏の人格の一つなのかなとおもったり、年代が違う別人なのかと思ったり。あるいは、親密な関係で構成されているチームがあるのかもしれません。でも、BB女史=イザーマン氏なのは確かそうですね。

 

コメント欄より

つぶやきの中身じゃなくて、タイトルの 書き方が同じです。

●BBさん 8月3日(木)のつぶやき

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/d3a6cb47d643a36820651fe44066a55d

●トド子さん 8月3日(木)のつぶやき

http://blog.goo.ne.jp/todokotodoko/e/0c42876d9a1923edb4e2752cafc7f724

どちらも 「8月3日(木)のつぶやき」 仲良しですもんね。

書き方が同じでも 不思議はない? 些細なことですけど。 ちょっと気になっただけ。

 

コメント欄より

「呪い殺しち来るる!!」 (訳:呪い殺してやる!!)

主人から聞いたエピソードです。 田舎では、山あいの急坂を舗装するのに、公民館でお金を出しあって、共同作業で山道をコンクリート舗装したりします。 ある方が、ついでに自宅の駐車場にもコンクリートを流して欲しいと要望があり、公民館から頼まれて、生コンを運ぶ作業をしてました。 (青年会でボランティア的に。)

地域の為にしているのに、その家の女主人の指示っぷりがうるさく、また作業の邪魔になるので、わざと一輪車の端を女性の脚に当てて、“危ないよ”サインを出したところ、 彼女は眼をひんむいて振り向き様に、 上記の 「呪い殺しち来るる!!」のセリフです。 日本人には吐けない言葉ですね。

朝鮮引きあげ者だったと言う家です。 この方個人の特性かもしれませんが、 時々感性が違う行動をとる、悩ましい方です。 何となく、彼女(もう80代後半ですが)の件を思い出す、一連の火病模様でした。 否定されたり、恥をかかせられたと感じたりすると、 倍返し攻撃が始まります。 そして、心に言葉を閉じこめず、実際に聞くに耐えない言葉を(呪いの様な)出します。 根っ子の闇が違うようです。 何となく同じ匂いを感じます。

BB女史=イザーマン

なのは間違いなさげですね。このビビコという方がトドコかなーとおもったのですが、井澤チームのひとりなのかな。

仮説

井澤氏=ベベコ(BB女史)=トドコ=ビビコ=ボボコ

+アシスタントが複数

かもしれませんね。

あちこちのSNSで日記を書いているので、推敲したり投稿を補助するようなアシスタントがいるのだろうとはおもいます。ベベコ、トドコ、ビビコ、ボボコ、これみんなイザーマン氏の分身とみてよさそうです。井澤氏の分身は、ネット上で探せば、ほかにも出てくるかもしれません。

 

トドコ=イザーマン

コメント欄より

トド子サンの年齢は少なくとも 50歳はいってると思うのですが。

●日本人はSMエンタ帝国の市民になるニダ♪ より抜粋

http://blog.goo.ne.jp/geogiegeogie/e/06c391175063c9db4ae1d4d85df934d9

例えば日本中に熱狂的なムーブメント起こした外タレではベイ・シティ・ローラーズなんてのがいたニダね♪タータンチェック模様を流行らせて♪当時の小中学生女子が熱狂的にパット派だのイアン派だのレスリー派だの♪当時のブームはピンク・レディ全盛くらいの物凄さだったニダ♪ で・・・その前だとビートルズとかエルビス・プレスリーとか♪ 自分の国の言葉で歌っているのに確かに日本で流行っていたニダ♪

ビートルズを小学生の高学年頃に知っていたとすれば、年齢はもっと上がります。少なく見ても67歳くらい? あまり若い人でないことは確かなような。

今、かなり大変な時期かと思いますが 心ある日本人なら皆、応援していると 思います。 ファイト!!

※管理人:応援ありがとうございます。ブロガーどうしのいさかいならスルーすることもできますが、相手は余命三年一派や一条の会の真島一派などと同じく危険なプロの笛吹です。引けないところがありますね。

 

コメント欄より

Hirmiさま お疲れ様です。 なんと言うか、騒動になってから先方はどんどん自滅してますね。じきに決着がつきそうです。

覚醒女史のブログではよく替え唄を投稿されていましたね。

余談ですが、トド子さんも更新停滞するちょっと前にたしか替え唄を投稿していて、覚醒女史に影響されたのかと思いました。 私はその覚醒女史の替え唄が嫌いで・・・。

初めてそういう投稿を見たときに心が痛くなって正視できず、以来替え唄の時はパスしていました。ええ、私も是々非々です(笑)

言霊の国なのに、よく平気であんな汚い言葉を文字起こしできるなあと思ったのです。読むのが苦行のようで本当に無理でした。嫌なら読むな、と書いてらしたので替え唄の時は安心してスルーしましたけど。

あと、昭恵さんと稲田さんへの言いがかりのような罵詈雑言も。 お二人の脇が甘いところに関してだけ、恐ろしいほどの攻撃でしたね。足元をすくわれるというのもわかりますが、悪いのは足元をすくう方なのにここまで言わなくても・・・というくらいヒステリックでした。

ゲイの方と知って、お二人に嫉妬していたのかな、と思うと納得ですね。 妬み嫉み驕りは身を滅ぼすもとですね。 見事な自滅っぷりが怖いです。

※管理人:ありがとうございます。

管理人も多くの方と同じくBBさんのブログで覚醒しました。しかし、騒動のあとは、まっとうな内容に思えたBB女史の雅子批判や美智子批判が、今では心に闇を持つゲイの女性に対する妬みと罵倒のようにみえてきました。残念なことです。

 

コメント欄より

ジュゴンさんはカナダ親父さんとの ツーショットを誰に撮ってもらった のでしょう? もう写真は削除されてますけど。 通りすがりの見知らぬ他人に撮って 貰ったとは思えないはしゃぎっぷり でした。親父さんもピースして笑顔満面。

ジュゴンさんとのデートは三回目だそう ですが、もう一人誰か他の人がいたのでは。そんな気がします。お仲間のふぶきさんとか、BBさんとか。ひとつの可能性です。

イザーマン先生は、ふぶきさんと会ったことで 読者から注意を受け、大変お怒りだった とか。以前からの知り合いだったのかも。

カナダ親父さんですが。 こんなこと書いています。

一部抜粋。

http://2002mar.blog.fc2.com/blog-date-201707.html

又、現在カナダで親しく付き合って頂いている友人がいるが、この方は竹内家の本家筋の方で麻生太郎氏とは祖父が兄弟だった方で本も出されている。

‥‥麻生さんの名前が出ていてびっくり。 恫喝の積もりでしょうか。友人って誰でしょうね、竹内綱という人は実在。 曾孫に麻生太郎、竹内啓一。 玄孫にTBSの竹内明がいます。

BBさん

2017年07月02日

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/2e32b098d7fad252a7a56a5b481434ec

‥‥‥雨の靖国デート記事。カナダ親父さんの顔写真が削除されず、そのままです。いいのかしら?

同じくBBさん 

2017年06月29日

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/d/20170629

朝日新聞の記者がいかにニュースの本質を歪めるかニダ♪

‥‥‥天照皇大神宮のお札の上に。ニダ。

うっかりでしょうか。いわゆる「痕跡」 でしょうか。

では、また気がついたことありましたら、送ります。お昼寝、してくださいね。

以上

 

※管理人

ありがとうございました。BBさんとこの天照皇大神宮の御札の上の「ニダ」は、トドコのブログへのリンクでしょうが、御札の上に「ニダ」はないだろう~~、やめてくれ~~ツッコミを入れたくなります。

バカナダ親父と竹内家の方とのお付き合い、気になりますね。 吉田茂の実家・竹内家での茂の扱われ方がひどかったらしく、生母がよほど恥とされる出自だったと思われます。孫の太郎が言うように深川の芸者さんではなさげですね。芸者さんは今も昔も女子アナのような存在です。恥じることはありません。吉田茂の生母は今も不明です。

竹内綱が朝鮮鉄道の仕事をしていた関係で、妓生をあてがわれて生まれたのが、吉田家に養子に出した吉田茂だったのではと管理人は推測しています。

卑賎で学歴もなにもないチンピラのバカナダ親父が、資産をもち親類に首相経験者や宮妃がいる竹内家とのお付き合いができるとしたら、親父が権力者の汚れ仕事をしていないと無理なのかなーと思ったりします。

追記

カナダの親父の「親しくしている麻生太郎の本家筋の竹内氏」は、すでに死去されているようです。さらに、竹内氏が生前お勤めになっていた会社もカナダの親父のかいている会社とは違うとか。

 

ビジネスとしての愛国・イザーマンチーム

井澤氏=BB女史の皇室ブログ「覚醒日記」はビジネスの為だったと理解したほうがいいのかもしれません。

トドコはやたらアドセンスを貼っていない「無償のブログ」といいながらも、BBさんは本を出版して印税かせぐ方法は是だというのも変な話です。

今では大手の新聞社のニュースサイトにも、アドセンス貼っていますけどね。

 

トドコ=イザーマン氏は、最初は複数のブログを立ち上げたんですね。

ネットの海にジャンル別にそれぞれ魚罠を仕掛けたのでしょう。

・ベベコ(BB覚醒日記)

・トドコ(嫌韓)

・ボボコ(霊能)

・ビビコ(祈)

複数のSNSで上の方々の名前を見かけました。ネットという海に少なくない数の魚罠をしかけているようです。探せばほかにもあるかもしれません。

最初はトドコブログがヒットした。

しかしトドコには、妙に病的なところもあったようで、好き嫌いがはげしかったみたいですね。

 

コメント欄より

暑中お見舞い申し上げます。 連日ご多用な中でも丁寧に検証されて、情報の整理をしてご更新いただき、ありがとうございます。 私はどなたのブログでも、同じ署名をするようにしております。そしてそのブログのトピについて感じたことのみ書きます。

様々なブログで主様のことがあれこれ論争になっていますが、私は過去にほぼすべての場所で、同調することも疑問視することも、まんべんなく書かせていただきました。 真相は一つで、当人にしか知り得ないことだと思います。その上でこれからもあくまでもトピについての感想を、主様に宛てて書きたいと思っております。どなたかの信者でも、工作員でもありません。

ただ私が気になっていたことの一つに、トド子さんのブログで11年8月頃激しいミッツマングローブさん叩きがあったこと。ゲイについて熱く語り、その流れで個人的な批判をすることへの違和感が強くありました。

トド子さんが女性ライターであるのに、何故ミッツさんを目の敵にするのかが理解できませんでした。

扉にあった例の別人画像がトド子さんご本人と認識しておりましたので、ミッツさんの女装の方がきれいだから?とか、

慶應卒のミッツさんのインテリジェンスが高く、コメントや文章を依頼された折にトド子さんが仕事を奪われたから?等、

色々な理由を考えたのですが、突っ込むのはやめました。

私は20年数年前に2~3年出版社に勤務しておりました。

その経験上で他にあれこれ書かれていた版権のことを含めた揉め事の話も、何となく一般のお仕事の方よりは知っております。

???と思う内容が色々あったことは事実です。でも主様のおっしゃることが、そのブログ内での真実です。それを尊重して読み物として訪問することにしておりました。 今後ともそのスタンスは変えないで回ります。こちらはコメントが没になることがほぼないので、長々書かせていただきました。すみません。

以上

 

※ありがとうございます。トドコ=BB=イザーマン氏は、アキエちゃんや稲田ともちんなど、嫌いな女性や人間は火病を起こしてたたく癖がありますね。いったん火が付くと理性がとぶので、やっぱり火病でしょうか。

下品なトドコは、和装の紳士ぶったイザーマン氏の負の部分の吐き出し口だったのかもしれません。ときどき、BB女史のブログに、残忍な写真が堂々と掲載されていましたね。サディスティックなところがあるのかも、と、あれが気になっていました。

その後、嫌韓ブームも去りトドコブログが過疎化に向かう。

愛国ブームがやってきてベベコ=BB覚醒女史がヒット。

ベベコも最初は下品なパヨク系の記事を書いていたが、皇室系を扱いだすとヒットしだしたのでその路線で来たのでしょう。

運営はイザーマン氏をチームリーダーとして、年代の違う複数の方がかかわっていたと思います。ブログのほかにも、SNSをいくつか使っているようです。それはいいのですが、投稿のアシスタントしたり、資料を集めたり、あるいは代理で書き込んだり、アシストしてくれる方がいないと回っていかないと思いますね。井澤氏のかわりに書き込んだりする権限をもたされているのかもしれません。

井澤氏のブログで、イザーマン氏の写真を撮っている側のかたがそういう役のかたかもしれませんね。どんな方かは存じ上げませんが。

トドコは、この方なのかな、と思ったりしてたのですが、、。

祈祷師びびこの寿メソッド

井澤氏のカバーなのかもしれませんね。

 

イザーマン氏と関係の深かった阿含宗の教祖が2016年08月に死去。

読者様によると、銀座のビルを法外な値段で買い取るほどのお金があつまる教団だったらしい。教祖が少年愛だったという噂が絶えない御仁だったそうな。

巨額の資金を動かせるうえに真言流の祈祷をするので有名な教団の教祖とジャニーズや芸能界に太いパイプを持つイザーマン氏とは、もちつもたれつの関係だったのかも。

2016年8月にその教祖が死去した。そして、BB女史もネタ切れになってきた。

運営チームは、BB女史を商品化して刈入れしたいと思ったのかも。

そこで、まずは書籍化を考えるようになり、それとなくブログの閉鎖や出版化をブログでにおわせる⇒反応はわるくなかった。

出版社は、昔は左翼系で今はヘイト系の本を出している青林堂でしょう。

ブロガーの本をだしてますから、ランキングが上位をキープ出来たら出版という条件がついたのかも。

もともと万単位の読者様がついているブログ。初版から万単位の売り上げが見込めます。組織的に動けばAmazonのランキング一位にすることは簡単なので、ランキング一位という帯をつけて書店に並べる予定だったのかも。

そして、保守のオジサマ層を釣る予定だったのかな。

BB女史のrunrunデートの内容を読むと、

「ターゲットとしている保守のオジサマたちに、BB女史との個人的な交際も可能だと匂わせる内容」

と読み取るかたが多かったですね。企画に本物の女性が加わってないので、ああいう風になったのではというご指摘もありました。たしかに気持ち悪かったです。

BB女史をリアル化するその準備として、BB女史ブログをランキングに登録、ツイッターを始めたのでしょ。そしてトドコを復活させ、BB女史とリンクさせる。かつてのトドコの読者層の嫌韓民もBB覚醒へと誘導できる。

しかし、欲が出てきた。匿名で本を出すだけではモッタイナイ。

バーチャルなBB女史を、さらに実在してるかのようにみせかけて稼ごうと考える。

1 著書を出版

2 対談

3 講演会、サイン会で地方巡業

4 テレビや雑誌で「皇室評論家」として出演。

5 選挙に立候補

くらいまでは線を引いていた可能性がありますね。

BB役のかたの選定はすんでいたとおもいます。

カナダ親父に協力させ、その見返りに、親父の本を出版したりBB女史と対談させたりというビジネスをサポートする約束をしたのでしょう。これ、詐欺といえば微妙な詐欺なんですけどね。すくなくとも、舞台裏がばれたとき支持者は怒りますよ。

 

BBの後継者ふぶき

BB女史が引退した後は、皇室ブロガーとしてFの部屋のふぶきを後継に、という形で話が進んでいたでしょう。そのために、ヤフー検索、ランキングを操作しています。

井澤氏のコメ欄にて、井澤氏が「ふぶきから預かったもの」があるのがわかりますが、中身は小説の原稿か講演会の脚本かでしょうね。下品なベベコをBB女史にしたように、ふぶきをそれなりの皇室ブロガーにしようとしたのでしょう。

あるいは、ふぶきの小説を、井澤氏がコネを使って出版化したり漫画の原作にしたりする予定だったのか、ふぶきの講演会の脚本の推敲をするためだったのか、とにかく、協力する約束をした関係だったことは確かそうです。

 

カナダ親父とのデートを演出そして炎上

BB女史を、保守のおじさまが好みそうな女性に設定し、実在するかのように見せかけるため、カナダの親父とのデートを企画。親父のブログでBB女史のことをかいてもらえば読者は騙せる、簡単簡単、と思ったんでしょうか。

つまるところ、女史と親父のrunrunデートは、実のところ、和装のおっさん脚本家と、カナダの前科者チンピラとのミーティングだったんですね。

伏見氏の読者様より、「お出かけ、和装、雨の日、番傘」が、井澤氏のブログとBB女史のブログの内容がまったくかぶるとのご指摘もありました。なので、女史とイザーマン氏が同一人物なんだなと見破ったそうです。

バカナダ親父は、脚本家の和装がうらやましくなり、友達のジュゴンに和装を見繕ってもらい気付けてもらい2人で呑みに行ったんでしょ。

脚本家はBBの設定をバカナダ親父に書面でわたしたのだけど、、、

「本名、バストのサイズ、黒子、学歴、、、、」

それを、バカナダ親父は消化せずにまるまるブログに記載した。だってバカだから。

「本名、バストのサイズ、黒子、学歴、、、、」

そのため、女史を知っている人がみれば誰かがわかる内容になった。

それをみたBBファンの方々が、投稿をとりさげるようにとの書き込みが殺到。

親父は無視⇒炎上

ファンの方々が、伏見氏に泣きつき、、、、

伏見氏とダヤン氏という敵にまわすとメンドクサイ方々を巻き込み、ほかのブロガーを巻き込んでのドカドカが始まります。

管理人が「こうなんじゃね?」との推測をかきこんだら、トドコが火病をおこして発狂。これで、事実とわかってしまった。

 

そして、ドカドカは佳境を迎え、、、

 

ふぶき

・ふぶきが某公的機関に勤務する公務員というリーク

・公務員なのに講演会してたらダメでしょー。

・ふぶきが勤める役所に抗議の電話やメールがゆく

・管理者の責任になるので、役所側が公職違反をした人間をかばうことはしないはず。

・懲戒免職ですめばいいが、下手すると裁判になる可能性

 

カナダ親父

・正真正銘のヤクザだとバレた

・カナダで豪邸に住み、フィリピン妻と暮らす自適ユウユウな暮らしを楽しんでいる裕福な年金受給者との触れ込みだが、過去のけいれきをみるに年金を長期間かけていたとは思えない。フィリピンには年金制度はない。

・親父の過去数年間で110回に及ぶ日本への旅行は不自然。資金はどこから?

・来日する経緯がおかしい。カナダ⇒香港⇒フィリピン⇒沖縄。入国の厳しい成田ではなく沖縄なのが怪しい。何かの運び屋か、人身売買、マネロンなどにかかわってないのか?

・ブログのコメ欄に親父を「おじき」とよぶ書き込みがある。「おじき」はヤクザの用語。

・過去に暴行事件で逮捕された、指紋取られたと暴露している。一般人が暴れたら傷害事件、ヤクザが暴れたら暴行事件。つまり親父はヤクザだということ。立派なむしょ帰りではないのか。

・訴訟を起こすといっているが、おそらく親父はダヤン氏のプロファイリングどおり小学校卒の可能性が高い。

・訴訟をおこすと息巻いているものの、おそらく親父は訴訟と喧嘩の区別がわかってないとおもわれ。相手に違法性がなければ訴訟は起こせない。だれか教えてやれよといいたい。

・親父が暴力団員なら、親父と交際している一連のイザーマンチーム、ジュゴン、ふぶきをはじめとする女性ブロガーは暴対法違反者になる。

 

トドコ、カナダ親父、訴訟を起こすと息巻く

・読者様のご指摘によると、HNでは訴訟ができない。なのでトドコ、BBには訴訟を起こす権利がない。訴訟が起こせるのは、本人の写真をあげていたバカナダ親父のみ、あるいはイザーマンさん。

・イザーマン氏による訴訟は考えにくい。世間の耳目を集めてBB詐欺だけではなく、伏見氏のブログで暴露されている氏の変態ぶりが拡散され失うものも大きい。芸能界内では問題なしとしても、女性を罵倒する変態で詐欺まがいのことをしようとしていた脚本家。それをスポンサーがどう思うかですね。しかも、骨の髄まで左翼だったんですって??

・バカナダ親父は訴訟を起こす、弁護士事務所にそうだんしたと書いているが、親父が相談したとされる弁護士事務所はカナダには存在しないことが伏見氏のブログの読者様の調査で判明。

・いざ訴訟になったら、バカナダ親父の怪しい生活も暴露される。フィリピンでしてきたことも、かつての被害者も名乗り出るだろう。そもそも本名で来日できる身分なのだろうか。

・親父は、代理人をたてて訴訟といっているが、喧嘩と訴訟は違うことを理解してない。相手に違法性がないと訴訟はできないでしょ。

余命にもいえるのですが、気に入らない≠違法行為、なのよ。

あの程度の表現で訴訟ができるなら、余命がとっくにやってますよ。

・そもそも、トドコも親父も、無関係の人の個人情報を晒し、トドコにいたっては積極的に拡散している。これこそ違法ですよ。訴訟対象になります。トドコもバカナダ親父にとっても、藪蛇になりますね。

・自分は被害者と泣き言を言っているが、犯罪をおかしている加害者はお前らだろ(怒)伏見氏の御親戚や、今は関係ない当ブログのアカウント主の個人が特定できる情報を晒しておきながら何を言うかな。魚拓もキャプチャーも取ってますから。

・朝鮮人だとかかれた、ゲイだとかかれた、これは名誉棄損だ、というのは通らない。仮に裁判所が、朝鮮人、ゲイとされたことが名誉棄損と認めたら、それは朝鮮人のかたやゲイの方々に対する差別ですよ。失礼でしょ。大問題でしょ。

・井澤一派が、肖像権うんぬんといっている写真は、ネットでチンピラと検索したらでてきた写真に国旗をはっているだけ。親父ではない。

・さらに掲示板に親父のブログにあがっていた写真をあげたのは管理人ではない。恥を忍んでかくが、管理人にはそもそも掲示板の使い方がわからない。なんどか画像をあげようとしたが、すべて失敗している。管理人ではいことは、IDを調べればわかると思うけど。

 

余命三年とのドカドカから振り返ってみると、ある種の勢力、それは人民解放軍なのか、総連なのかは、創価なのかはしりませんが、意図的にターゲットをそれぞれ設定してブログをつくってますね。

①のターゲット層を②へいざなうために作られたのかな。そして囲い込んでから、都合のよい羊にしてしまおうとおもってたのでしょう。

(1)ふぶき ①宝塚+②皇室

(2)KUON  ①和歌+②皇室

(3)トドコ ①腐女史+嫌韓

(4)バカナダ親父 ①海外生活+②皇室

(5)井澤満 ①著名人ライフ&芸能ネタ+②皇室

(6)手相見姐さん ①フィギュアスケート+②保守

(7)キッサンケロ(手相見姐さんと同一人物)①フィギュアスケート&北欧+②保守

(8)夢の宮 ①気学・神社+②保守

(6)手相見姐さんと(7)キッサンケロが同一人物であることは、ベテランブロガーさんが直接会って本人から聞いていらしゃるので確実です。

(8)の夢の宮さんが手相見姐さんと同一ではという書き込みをいただいてますが、よくわかりません。

ほかに、ナルズ(皇室掲示板に住み着いている方)ですが、トドコじゃないのかという声が多いです。よくわかりません。保留したいと思います。

 

こちらはヒットしなかったので、②へは発展しなかったのかなと。まだ魚罠は置いたままですが。

ビビコ ①祈祷

ボボコ ①霊能

ベベコ=BB覚醒、これはもともとはパヨク系だったみたいですね。途中で路線を変えて皇室系カリスマになりましたが。

魚罠の中では一番ヒットしたのですが、欲を出して台無しにしてしまいました。

 

堕ちたカリスマ

トドコのブログをみにゆきましたが、アカウント主らしき情報は下げてましたね。たぶん。下げていると思います。もう一度確認しますが。

そして、いいわけ、愚痴。泣き言をだらだら書いてます。

BB女史のブログには、気迫がありません。

カナダの親父は、生きている気配がなく、、、長距離を移動中なのかもしれませんが相変わらず、伏見氏の御親戚の個人情報を晒しています。

もう、勝負はつきましたね。

BB=イザーマン氏も、トドコも、バカナダ親父も、言い訳と泣き言と愚痴を書くだけのブログになりました。たしかにランキングは上位にありますが、チケットは売り切れ、でもコンサートはガラガラの韓流タレントのようです。

これも、賢明な読者様のリークやご指摘や応援があってのことです。

心から御礼申し上げます。

掲示板にトドコが書き込んみトピを立て工作員が書き込んでも、賢明な住民様たちからは無視されるかタコ殴りになっていると聞いています。女性が多い掲示板です。女性に怨恨をもちながら吠えるトドコ=イザーマン氏の書き込みに同意する方はいないでしょ。すぐに見抜けますよ。

結局、かれらの頭では賢明な日本人を騙せなかったということですネ。日本人、とくに日本女性をなめてはいけません。

しかし、危ない所でしたね。バックに著名脚本家がいるBBチームは、余命三年以上に危険ななりすまし集団でした。マスコミと簡単に結託する力とコネを持っていたので危険でした。

はー。疲れた。ブログは1週間ほどお休みします。

 

ノートパソコンを持たないで県外へでます。スマホはもっていないので、滞在する環境によってはコメ欄の反映がおくれるかもしれませんが、ご了承くださいませ。

暑い日が続いたかと思うと、台風がやってくるとか。

7月は猛暑、8月は台風というのが今年の予想だったとききますが、あたりそうですね。皆さまもご自愛くださいませ。

感謝と御礼をこめて、暑中見舞いを申し上げます。

白髪の宮様、垂れ目の悠仁さま、菩薩顔の紀子様、、、

管理人は、時期が来れば、本物の秋篠宮ご一家が帰ってきてくださると希望をもっています。

 

こういうの嫌いじゃない

https://img.gifmagazine.net/gifmagazine/images/16633/medium.gif?1408444324

あー涼しそう

https://img.gifmagazine.net/gifmagazine/images/683038/medium.gif?1449770469

 

◆人気ブログランキングに参加しています




Sponsored Link

新着エントリー

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。