※人気ブログランキングに参加しています

保守砲ドカドカ2018年|「BB覚醒日記の世界」に住む人々、イタリア貴族と憂国の臣

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

前原議員にまつわる恐ろしい話

・前原少年が「お父さーん」と呼びながら、海岸に向かって走っていった。

・帰ってきた前原少年は、別の少年になっていた。

・その少年が、後年国会議員になった。

・議員は、後援者の焼肉店の女性オーナーを、オモニと呼んでいる。

・少年は、在日だった池田某の、落胤といわれている。

・たしかに、池田某の若いころと酷似している。

※つれづれ|北朝鮮の奥の院は自民党

ああ、怖い。

 

 

Sponsored Link



 

イザー家の人々の物語

伏見氏の検証で、かなりのことが、わかってきましたね。

・中国朝鮮族の「工作員A」が、香港など日本のTVが受信できる中国圏で訓練を受けた後、密航船にのり、ひっそりと日本に上陸。

・新宿2丁目で、舞鶴高校卒業した井沢◯と知り合い、「道ならぬ恋」におちて(おそらくは)豪州に駆け落ち(笑)。

・しかし、「工作員A」は、豪州で土台人・井沢◯を背乗りし戸籍を奪う。

・井沢◯のパスポートをつかって帰国。

・その後、脚本家イザーになり、何らかの後押しで、NHKなどの大きな仕事をもらうも、ことごとく失敗。

・工作員としては使い物にならず、今は、ネット工作員として何とか繋いでいる毎日。

・大分県にも痕跡がないイザー。舞鶴高校卒業の形跡がないイザー。

・しかし、そのイザーを兄と断言する、中小企業に援助金をばらまく公団の理事にまで出世した弟勇治。

・この人も、もしかしたら、密航船にのって上陸した人かもしれない。

・なぜ、勇治氏の在任中に、わざわざ公団は、脱税天国のタイに事務所をかまえることになったのか。

・脱税と横領目的ではないのか。

・要人の私的な口座に流れているのではないのか。

・国や都のお金が、公益財団を通じて、北朝鮮や中国などの敵国に流れているのではないのか。

・その金が、今のネット工作費になっているのではないのか。

※伏見顕正の政経塾|井沢満の研究

など疑惑が広がります。あくまで疑惑ですけどね。

 

ランキング操作

イザーは、同じ手法を使っているのに、イザーとは違い成功している人に対する嫉妬にかられて、ベラベラしゃべる傾向がありますから、ブログを丹念によんでいけば、イザーの手の内がわかります。自分がやっていることを、トドコなどのしゃべらせるので、手の内がわかって楽ですね。

WEB魚拓 トドコ

https://megalodon.jp/2018-1206-2012-54/https://blog.goo.ne.jp:443/todokotodoko/e/c420926646b139c85e76e09b17ae7562

 

これ「政治」カテゴリーの順位ニダ♪

何故かいつも三橋さんのブログが万年不動の一位♪

でもinとoutの数に注目♪ 他の人気ブログは40~50万のoutいるニダ♪

なのに三橋さんのoutだけ極端に少ないニダ♪

確かブログランキング見て来た人がoutに換算された記憶♪

固定読者だけ物凄い人数なのね♪三橋さん♪

トド子が応援するニダ♪

BB覚醒日記が、一時期、閲覧不能でバナーすら押せない状態が続いたのに、政治ブログ・ランキングの順位が落ちなかった怪。

そして、gooブログは、どこからか指示があり、ランキングを操作

トドコ|「誰がそんな白々しい嘘を信じますか?gooさん」

https://web.archive.org/web/20181122134924/https://blog.goo.ne.jp/todokotodoko/e/4269c735abe01e5f9bd54a292ce659f3

どなたの指示でNTT系のやたら制約の多いお役所仕事のgooが、順位操作と順位を消してるニカ?

教えてgooさん♪

ブログ運営側に、指示があり、ランキングに下駄をはかせるように、アクセスランキングが操作されている事情が、よくわかります。イザー派は、今は、その恩恵を受けてるんでしょう。件のブログランキングも、上位にびっしりヘイト系が並ぶようになりました。

「指令を出している人」は、ヤフー検索やランキングで、ふぶきが優遇されているところを見ると、創価でしょうかね。

つまり、今のイザーは、創価からの仕事をもらっていることになります。ブログに、タレントの久本雅美さんと会食したということを書いてましたが、そのときに、創価に入信したんでしょ。

入会するかわりに、脚本の仕事をもらったのが、例の大コケしたドラマ「明日の君が、、、」だという推測は、当たっていると思います。時期も会いますしね。

 

 

「BB覚醒日記の世界」に住む人々

憂国の臣⇒弟の井沢勇治氏

※伏見顕正の政経塾|新展開・ハイノリーズ「井◯家の人々」|(56)

2015年 公益財団が、タイのバンコクに事務所を開設

責任者が、イザーの「弟」

 

《正体がばれる前のBBの覚醒記録の「憂国の臣」と名乗るタイ在住の投稿者》

この投稿者が、随分とタイについての詳細な情報を提供していたことを覚えている人も多いだろう。

http://archive.is/HfTFq

この「憂国の臣」とイザーの「弟」氏と、被るものがあるのは偶然だろうか。

以上

 

イタリア貴族⇒版権をまかせているイタリア在住の日本人

何時も、貴プログの渾身の記に、感服しております。

小生、30代前半より、約35年間に亙り、仕事で海外駐在して、現在、タイ国に在留しております関係上、母国日本、特に、皇室の現状に疎い状況におかれておりました。

今春、避寒の為、タイ国の別荘におられるイタリア貴族末裔の老夫婦に、友人と一緒に晩餐会へ招待され、食後のコーヒー談笑の際に、老夫婦から、

欧州王室で、日本の皇太子両殿下のお振る舞いが顰蹙を買い、各国王室から皇太子両殿下招待を避ける動きがあると聞かさせれ、驚いたと同時に大変恥ずかしい思いを致しました。 

老夫婦の発言は、貴プログ等の記事で実証されております。
又、老夫婦より、オランダ、ベルギー王室始め、各国で、秋篠宮両殿下が、高く評価されている由も伺いました。

現状の東宮御所援護とも思える日本のマスコミを考えれば、日本国民の日本皇室の真実を覚醒することは難しいことと危惧しております。

転載以上

この憂国の臣の設定の一つが、欧州の王族と縁戚である某イタリア貴族と親しい、という設定でした。

 

イザー「版権をお預けしてある代理店の社長さん(日本人)

※WEB魚拓

https://megalodon.jp/2018-1206-2007-08/https://blog.goo.ne.jp:443/mannizawa/e/115d9e09fce750f754ba5eccf187238e

イタリアのプロデューサーからプロモーションビデオを送って来たので
アップしておきます。

私が書いた物語は、豪州に初めて鉄道が通った日で始まるので
舞台でどう処理するのだろう、あるいはそこはカットするのか・・・
と思っていたのですが、工夫してやっているようです。
ほぼ私が綴ったまま、忠実な舞台化です。

明後日は、この作品の版権をお預けしてある代理店の社長さん(日本人)と
お食事です。

以上

本物のイタリアの貴族ではなく、イザーの作品「ジョージィ」の版権を任せているという、イタリア在住の人物だと思うんですね。イタリア在住の日本人がイタリア貴族に化けたっぽい(笑)

 

イザーのペットだった俳優の村上弘明氏

※転載です

村上弘明:「酒場でみつけた」「パンツを洗ってやったりしていた

2012年7月2日の記事

https://web.archive.org/web/20181020132545/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/740379a4d507a1652cf3fd3f2a8787b6

村上弘明は酒場で見つけた。オーラがあった。聞いたら役者の卵だというので、単発ドラマに呼んだ。彼とはひんぱんに会った。ロタ島やサンフランシスコ、ニューヨークに共に旅して、私はホテルの洗面所で村上のパンツを洗ってやったりしていた。
だが結局密着しすぎて口喧嘩はするしで,
やがて縁が切れたから、それはそれでそういうご縁だったのだろう。
彼がテレビに出ているのを見ても、ある意味記憶が近すぎて妙にむず痒い。私的な交流があり過ぎて役者としてふっきって見られない。

以上

★「濃い恋愛関係」だったことが分かりますね(驚)ある意味生々しすぎます。村上弘明がね~

※伏見顕正の政経塾|芸能界に広がるカマ友の輪

転載以上

イタリアの某さんも、もしかしたら、イザーの、カ◯友かもしれませんね。

そのうち、「イタリア親父の独り言」とかいってブログとか書きそう(笑)

 

イザーが背乗りした、カナダ某

・いくら伏見氏に叩かれても、伏見氏が怖くて、伏見氏にはからめないのがカナダ=イザー。

・伏見氏にボコられると、なぜか、管理人のコメ欄に、どなりこんでくるクリスタルピープル=イザー。

ああいうヘタレなオ◯マは、ノーマルな男性が怖いんでしょうね。

カナダの某本人は、ダヤンさんのプロファイリングどおり足立区にいるのかどうかは不明ですが、日本在住の可能性が高いな、と、管理人も最近思います。ときどき、奥さんの実家のフィリピンに行くんじゃないでしょうか。

といっても、今、カナダブログを書いているのはイザーですけどね。

去年のカナダの「オフ会」がらみの形跡をみるに、カナダ某が日本在住なら、沖縄じゃないかと睨んでいます。

どうでもいい話ですが、カナダ某も、もしかして、イザーのカマ友なんでしょうかね。

ああ、キモイ。

 

no title

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

3 件のコメント

  • でれでれさま

    ここと「伏見顕正の政経塾」を合わせ読むとイザーマンの実像が浮き彫りとなり、様々な人物が登場しようと覚醒日記には実体を持つ者は1人しか居ないのがよく分かります。
    憂国の臣、よ~く覚えてます(笑)。

    あれから全然登場しないと思っていたら、もう役目を終えたからなんですね。
    東宮のダメっぷり、秋篠宮家最適を欧州王族達が理解しているとなれば、それは近年国民感情として高まっているものと同一ですから、Bブログはすんなりと受け入れられます。
    笛吹き役のBは一生懸命秋篠宮家ageをして人を集め、時期を見て行われた眞子様婚約テロに乗じて一気呵成にsageる。

    いつだったか皇室掲示板で、Bの真の目的は皇統断絶と読んだことがあります。
    それがもし本当だとしたら、イザーマンは己の暗い脚本家人生の中で唯一成功するかも?と言える脚本なんじゃないですか?
    いやいや、けして褒めているんじゃありませんから。念のため。

  • はじめまして、こんにちは。

    もともとはBBさんのブログに共感し、
    そこからトドコさんを知り、
    そこから派生して熊子さんの存在も発見し、
    その時点でトドコさんに対してちょっと不安を抱いたものの、
    それでもBBさんだけは信じていたのですが、
    カナダの親父さんの一件で決定的な違和感を感じまして、
    その後の、
    特に皇室関係に関してあまりにも仰ることが矛盾していますので、
    BBさんもトドコさんも疑いはじめまして、
    BBさんのブログぼコメント欄にて疑義を呈しましたら、
    親衛隊のような人たちに筋の通らない反論で責め立てられ、
    そこで、
    そんなBBさん達が口汚く罵っておられるこちらを(失礼)拝読する気になり、
    こうしてコメントさせていただきます。

    カナダさんに対しては、
    疑問に思うところをきちんとコメントしましたら、
    「ウツに対してひどい事を言うな」という訳の分からない反論を、
    カナダさんファン(やはり親衛隊のようなひとたちでした)から受けまして、
    今ではなぜか書き込みも出来ない状態です。
    (カナダさんは本当に手前勝手な小心者だと思いますが、
    でも私がコメントできないのは私のネットの知識が足りないだけかも知れません。
    でも一度はコメント出来たのに今はできませから、そのコメントより後、意図的にはじかれているんだと思われます)

    とにもかくにも、今後ともこちら様を拝読させていただきます。
    乱文にて失礼いたしました。
    ご多忙でいらっしゃいますでしょうし、当然ながらご返信は結構です。
    失礼いたします。

  • でれでれ様、いつも記事更新ありがとうございます。

    ここ何日かこちらにアクセス出来ない事が時々あり、アチラにとっては色々ヤバイ事が書いてあるので妨害されているのではないかと心配しています。

    先週末でしたか、パリのデモが暴徒化し火をつける騒ぎとなりびっくりしています。以前、スハルト大統領のインドネシアで暴動に会い、その後も治安の悪い中駐在した経験があります。その時にあちらこちらで火の手が上がりアメリカや日本の企業のビルに投石や放火され戦争のような恐い体験をしたのですが、あれはインドネシアで彼等はイスラム教徒なのでお酒を飲めない為ストレス解消しにくく、頭に血が上り暴徒化する一因になっていると思っていましたが、あのおフランスの花の都パリで暴動とは、おフランスも案外とキレやすく野蛮なのか?とびっくりしています。一見先進国の先端を歩んでいるかに見えますが、格差が激しいのではないかと考えたりしています。
    最近、皇室がフランスがらみになって???と思ってはいたのですが、実は変な国だったのでしょうか?
    確かに過去に国王夫妻をギロチンにかけ晒し者にしましたし、昨日まで王様だった人を晒し者にし殺せる狂気が潜んでいるのかもしれません。フランスのおかしな面が化けの皮をはがすが如く見えて来るようにも思われ、、です。
    そのうち皇室の化けの皮も連動してはげて来ないかなと期待しております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。