愛子様の影武者③@耳の比較とザウルス氏による目歯比率

Sponsored Link
◆人気ブログランキングに参加しています  

本日もお越しいただきありがとうございます。

②からのつづきです。

今回は目歯比率と耳を比べてみます。

目歯比率

※ザウルス氏よりお借りしています。http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/c/69e32637b85e1d6c57df2a0d63afee05

www.youtube.com

※根拠について

”目歯比率” に根拠はあるのか? : 成長による変化は? – ザウルスでござる

同氏は以下のように言っている。

“Eye-Tooth Ratio” almost never change after the age of 10.

「目歯比率は10歳を過ぎると、ほとんど変化しない。」

9歳で確定する場合もあるようだが、10歳にはほぼ確定すると考えてよさそうである。非常に貴重なデータである。日本では “目歯比率” がウィキペディアに出ていないと言って、馬鹿にするひとも多いが、海外ではその科学的な妥当性を認めて、評価するひとも出てきている。自分の頭脳で判断できず、いつも既成の権威にすがるばかりの権威主義者 (他脳層) が日本人には特に多いようなのは残念である。

http://clinicalgate.com/characteristics-of-normal-and-abnormal-postnatal-craniofacial-growth-and-development/

※詳細はこちらから

 

Sponsored Link



 

愛子様 0.92:1.0

0.92:1.0

 

ダミー愛子 0.98:1.0

愛子さまより正方形に近い比率になります

0.98:1.0

影子 1:18

※ザウルス氏よりお借りしています。

3人は別人と思われます。

 

耳の比較

耳の形と位置は生涯変わらないので、個人の判別に使われます。

お年寄りになると、耳が長くなったり、多くなったという証言がありますが、耳の穴の位置は、頭蓋骨と関係があるので、そう簡単には移動はしないと思われます。耳の穴の位置は頭蓋骨の形で決まるので、生涯変わらないはずです。

ただ、加齢の結果、耳と比べて顔の肉がそげたり、弛んだりしますので、その比較上、大きくなったように見えたり、長く伸びたようにみえることもあるのではとおもいます。多少、頭皮や皮膚のたるみや、重いイアリングやピアスを長年つけ続けていると、多少は伸びたりすることもあるとおもいますが、まったくの他人の耳のようにはならないと思います。

 

 

老帝と40歳くらいの昭和帝をくらべると、老帝のほうが耳が大きく見えますが、正確に測ってみると同じ大きさで変わっていません。

 

A本物の愛子様

歯並びがガタガタです。そして、鼻先より低い位置にある耳。丸い厚みのある耳です。

耳は、水平に向かって傾斜してついています。

 

ダミー愛子

ポーズを取り、カメラに向かって演じることができるこです。歯並びに隙間ががありません。左側に犬歯があります。

こちらは、明らかにダミーですね。

あまり耳を見せてくれないのですが、歯並び、骨格、意志のやどる目、カメラとコンタクトができるというところで本物の愛子様との判別は簡単です。

若干、本物の愛子さまより上に耳が憑いている感じです。

 

C 影子

耳の位置と形に注目してください。小さな耳。耳たぶのない耳。耳の下は鼻先より高い位置から、耳の上は眉毛のラインに収まっています。

この子です。

 

影子の左耳

耳たぶがなく、細長い耳の形です。左耳の穴に特徴があります。

 

愛子様の左耳

傾いてついています。丸い耳です。耳たぶもあります。

 

比較

頭蓋骨の奥行きも形も違います。 別人だと思いますけどね。

 

正面・本物の愛子さま

鼻の付け根から、鼻より下に、耳がおさまります。

右耳

耳の中に、=のような形の隆起があるのが特徴です。

左耳

丸く、水平に向かって傾斜してます。

B ダミー愛子 正面

あまり耳を見せてくれないのが難点です。鼻の下から、眉毛の下あたりに、耳がおさまります。愛子様より、少し高い位置にあり、かつ長い耳です。

 

右耳

 

 

左耳

 

上)ダミー愛子  下)愛子さま

 

並べてみましょう

本物の愛子さまです。放心しています。

アップになると、ダミー愛子になります。にっこり笑います。パーツは同じですが、同一人物とは思えません。似てるのですけどねー。

耳が本物の愛子さまよりすこし長いです。

C 影子

右)愛子さま

左)「愛子さま」として公開された映像のなかの子です。絵本をハキハキ読みこなす利発な子です。通称、ウズラちゃんです。

釣り目、鼻幅と口幅のバランス、などから影子ではないと思います。ダブルの一人でしょう。

 

正面

耳が高い位置にあります。鼻下より上、小鼻のふくらみから、眉毛の間に耳が収まります。小さなとがった耳。耳たぶのない耳。耳の穴に特徴があります。

 

右耳

特徴のある形の耳の穴です。耳たぶがない朝鮮耳です。

f:id:e-vis:20160113132538j:plain

 

並べてみましょう

NHKのニュース映像「スキーをする愛子様」からの画像です。

この子ですね。

耳が高い位置にあります。健常児アピールの時は影子かダミー愛子を使います。

影子の耳ですね。 高い位置にあります。

成長しても、変わりません。

顎が割れてます。特徴の一つです。

 比較をまとめました。

 

 

本物の愛子様の前歯には隙間があります。影子と愛子様は運動会の画像では、同じ色の鉢巻きを締め、髪型もおなじにしてますが、表情がちがいますね。

詐欺ではないかという、お声が高いですが、

詐欺どころか、これを世間ではクーデターというのです。

いい加減にしてほしいです。

 

関係のないともいえない画像

 

◆人気ブログランキングに参加しています




Sponsored Link

新着エントリー

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。