※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

「元ヒーラーの覚え書きブログ」が再開しました。ぼちぼち続けていきます。

※拙ブログの画像を勝手に使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。



高円宮絢子|明治神宮で挙式④

Sponsored Link

高円宮家|絢子女王|

明治神宮で挙式、一部、リハーサル映像なのか?④

本日もお越しいただきありがとうございます。

本物の「姫達磨」絢子女王

 

 

Sponsored Link



 

 

愛子さんの着裳の儀

リハーサルは、明仁天皇からおくられた赤い着物で

 

本番は、違和感のあるピンクの着物

雅子はスーツ。一般人の七五三状態。

伝統的な、かさねの色ではなく、妙に朝鮮趣味のピンク色。噂の一つに、雅子の実父である池田大作が贈ったものだとかなんとかかんとか。

本番の愛子さんは、髪の左右を後ろにまとめて結っていますが、普通は髪は前髪も結わないで、たらすそうです。

 

今回の絢子さんの結婚に関する一連の儀式も、報道されている映像は2重になっている可能性があるのではないのだろうか

・リハーサルは「横川」会見絢子。

・本番は、本物の絢子女王。

という具合に二重になっている可能性もあるかな、、と。今動画を見返してみて、ふと思いました。

本番には、「姫達磨」の本物を、しかし、報道には、見た目の良い偽物を使ってのリハーサルの映像を流している可能性があるかな、、と。

あくまで仮説ですが。

 

宮中三殿は、「横川」絢子。

これが報道されましたが、よくよく考えると、偽物が、宮中三殿に参拝するというのも不敬ですし、リハーサルの映像の可能性もあるかなと。「姫達磨」の本物の絢子さんが参内する「本番」が別にあったのかもしれないな、、と。あくまで仮説ですが。

 

例えば、明治神宮での神前での結婚式は、さすがに、本物がでて、

 

 

そして(仮の話ですが)「横川」絢子を使ったリハーサルの映像も混ぜながら、映像をつくり、

会見は偽物の「横川」がでてきて、そこそこ、そつなく話す。

 

早くに報道されたこの写真は未修整だと思うんですね。高円宮邸を後にするこの人は、もしかしたら「姫達磨」の本物の絢子さん、かな、、と。

 

絢子さんが、神宮に到着した映像は、「横川」絢子と、「梨園」守谷でした。

しかし気になるのは、手前の新郎新婦と背景との剥離感が半端ないこと。「まるで、別の場所で撮影された映像を貼り合わせたCGのよう」

 

「横川」絢子さんを迎える神職のかたがた。「絢子女王、ご結婚ばんざーい」という掛け声が、ここで上がりましたが、、、違和感満点です。

動画を見てて思うのが、やたら、おめでとうございまーす、という、声があがることなんですね。皇族の慶事と歌舞伎の鑑賞は違うとおもうんですが、皇室とは一歩引く、という一般国民の感覚の範疇を、ちょっと、こえているなあ、と。創価の「マサコサマ~、アイコサマ~」に通じるものがあります。

そういえば、宮内庁ではなく、創価の施設で撮影されたのではないのかといわれている、キムコムロと偽眞子さんの婚約会見の最後、報道関係者から、「おめでとうございました」と変な日本語で締めくくられましたね。

絢子さんの結婚も、キムコムロと偽眞子の婚約も、日本人でない人間が脚本を書いているという点では、似たようなもんなのかもしれません。

なにもかも、非日本人が書いた脚本で、キャスティングもエピソードも嘘っぱちという点で差はないと思います。

 

とってもお綺麗なのですが、、、エキストラを並べての、リハーサルという可能性もあるかな、、と。

これが、同じ日の同じ人なのかな、、と。

 

さらには、「横川」絢子の顔に修正して、上書きして報道に乗せたものもあるかな、、、と。

さらに、アップになると、修整しているのが丸わかり。鼻、歪んでズレているし。顔の色がツートンカラーになっているし。この顔は、口が小さく口角が下がってないので、「姫達磨」ではないでしょう。

 

朝見の儀

朝見の儀に参内した絢子さんは、大学で学位をとり、スウェーデンにいった学歴獲得要員の別嬪さんでしたが、、、

清子内親王とちがい、一般人の装いの天皇夫妻に、燕尾服ではなくスーツ姿で見送る職員たち。女王の差もあるとは思いますが、お見送りをする職員の服装から見て、一部、リハーサルだった可能性もあるかもしれませんね。

三菱+カナダ政府(恐らくは)+フランス系&中国系秘密結社、をあげての何かのプロジェクトのようですから、なんでもありでしょ。

披露宴は、だれが出てくるんでしょうね。

ああ、楽しみ。

高円宮家|絢子さん|晩餐会はじまる

 

ゾウ対ダチョウ

elephant ostrich GIF

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

2 件のコメント

  • 「高円宮邸を出発する絢子さん」の写真から拡大された絢子女王のお顔が、ほとんど京唄子師匠(このたとえが通じる人は限られているかも)になっているのは粒子が荒いから?そして、落書の様な鼻!

    「姫達磨」は結婚したばかりの女性への思いやりでしょうか。(笑)
    私としては「信楽焼きの狸」の方がしっくりきますね。

    既にコメントで触れている方がいらっしゃいますが、「高円宮家を今後ともよろしくお願いいたします。」には私も違和感を感じました。

    こんな低レベルの結婚ショーを報道で知らされ見せられた人達は何の疑問も懐かないのでしょうか。
    日本は仕舞いです。

  • h ttps://www.sankei.com/life/news/181029/lif1810290044-n1.html

    娘を見送るときの久子さま、和服なのに腕時計、そしてゴールドのネイルをしているように見えます。

    公務でのファッションがいつもゴテゴテなので、和装くらいは引き算してくるかと思いきや、シンプルに品良くまとめることができない人なんだなと思いました。晩餐会(?)での絢子さんのドレス姿もまったく引き算ができていない。アイドル歌手のステージ衣装か、学校を卒業したばかりの初々しい華奢な花嫁さんなら可愛かったのかもしれませんが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です