※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

「元ヒーラーの覚え書きブログ」が再開しました。ぼちぼち続けていきます。

※拙ブログの画像を勝手に使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。



転載|4|真嶋夏歩なるライターは実在しないのではないか

Sponsored Link

続きです。

羽生結弦を応援することは「保守」ではないと私に行ったアネザイチカ=夢の宮~開運のツボ~

「いろは」さんという方が、ツィッターで勇敢にも「凶悪朝鮮人」のアネザイチカと戦っている。

二人のやり取りを見ると、アネザイチカ=夢の宮~開運のツボ~の言う、「保守」とは、在特会の桜井誠と、立花孝志だそうだ(爆)

またもや、腹筋崩壊だ。この連中は「商売保守」なんだよ(怒)

桜井や立花は、デニスファンなのか?羽生ヘイターなのか?フィギュアスケートにどれだけ関心があるのだ?

 

アネザイチカ=夢の宮~開運のツボ~の言う所謂「保守」の貧相さ(爆》

アネザイチカのブログがブックマークするサイトを見ると「チャンネル桜」などがある。

チャンネル桜には相当前から「統一教会」の資金が流れているという話が絶えない。

また、O-ENN公式ブログの過去の講師を見ると「自衛官OB」が多い。

しかも、はるか昔、2014年ころを最後に講師を引き受けていない。

「ギャラの不払いトラブル」でもあったのだろうか。

★いずれにせよ、今、現在、アネザイチカ=夢の宮~開運のツボ~=真島久美子らをバックアップする「保守論客」は皆無だろう(笑)

 

「出版不況」にあえぐ出版社にとって、朝鮮カルト教団の「資金」は喉から手が出るほど欲しいはずだ。

ワニブックスが、真嶋夏歩の「浅田真央は・・・・・」を出版したのは、統一教会からの資金の投入があたのだろう。

でなければ、いわくつきのライターで、内容の信憑性に疑念が拭えない書籍を出版することはなかったはずだ。

アベノミクスの「景気浮揚効果」は薄く、インターネットの普及で「出版不況」はデフレスパイラルだ。

10年後、生き残れるのは、せいぜい3社ぐらいだろうといわれている。

★ネットを検索してみると、真嶋夏歩について、更に香ばしい情報を発見した。

なな、なんと雑誌hanadaの謝罪広告だ。

【お詫びと訂正】1月号 真嶋夏歩氏の記事につきまして【編集長より】

https://web.archive.org/web/20190701141807/https://hanada-plus.jp/posts/1506

2018.12.14

ネット上で真嶋夏歩氏の記事の見出しについて、いまだにあれこれ言われておりますので、改めて事情を説明し、お詫びいたします。

弊誌2019年1月号に掲載された真嶋夏歩氏「カザフスタンの英雄 デニス・テンの死」において、234ページの小見出し「JSFは非を認めた」は編集部がつけたものであり、本文内容と齟齬がありました。

本文では《公式な見解としてはかなり踏み込んだ内容で、明言は避けているものの、JSFが「故意だった」という発言に対しては、非を認めているように読み取れる》とあるように、JSFは公式な見解は出しておりません。

またページ数の都合で掲載できませんでしたが、真嶋氏はJSFにも問い合わせをしており、「事務局としては対応いたしかねます」という回答をいただいております。

真嶋氏並びにJSFにお詫びして、訂正いたします。大変申し訳ありませんでした。

『Hanada』編集長 花田紀凱(かずよし)

 

大編集長の花田紀凱氏に謝罪させた真嶋夏歩

①なりすまし朝鮮人(在特会)が愛国活動を御旗に立てて暴れる

②日本人の不利益になる(ヘイトスピーチ法、謝罪、賠償、”朝鮮人差別”が拡散)

③日本人潰し、朝鮮人の利益になる。日本棄損が大成功

のテンプレ通りの展開だ。

★出版界の「英雄」、花田紀凱(かずよし)氏とは

週刊文春編集長時代は、昨年亡くなった勝谷誠彦氏とタッグを組み

  • 女子高生コンクリ殺人の少年たちの「実名報道」
  • 平成になり「ミチコ」が昭和天皇の愛でた皇居「吹き上げの森」の伐採させたことを報じて、ミチコを「失語症(仮病)だったが)」に追い込んだ。

タカ派編集長で、そのご、雑誌マルコポーロ、Willと渡り歩き現在に至っている出版界の「老雄」

その人に、謝罪させるとは、真嶋某は何をやらかせたのか。

「カザフスタンの英雄 デニス・テンの死」??????

こんな糞みたいな記事を掲載させ、しかも、ライターの真嶋某がスケ連との事実関係の確認を怠ったのだ(怒)

しかし、出版した以上、責任は編集長が追うしかない。

花田編集長は非常に気の毒だ。

業界で知らぬ者のない「大編集長」に謝罪させた真嶋夏歩のような「事故物件ライター」にワニブックスはよく出版させたものだ。

どこかの宗教団体などの巨額資金の投入があったのではないか?

そうでなければ、到底受ける出版ではないだろう(怒)

 

真嶋夏歩なるライターは実在しない、正体はアネザイチカ=夢の宮~開運のツボ~であろう

あるいは、アネザイチカのヘイトブログを、相棒の真島久美子がまとめたものではないか。

定点観測で、夢の宮~開運のツボ~を覗きに行くと、ブログの記事は5月30日で更新が止まっている。

前の記事で、私が指摘したら「自作自演」のコメ欄の演出も、6月18日で止まっている。

前回見た時は、5月20日のコメントで、「警察に相談しに行く」と書いていた。

今日見たら、5月のコメントを削除して、6月18日に警察に行くと書き換えている(爆)

どうせ、怪しげな個人セッションや、皇室掲示板への書き込み、成りすまして更新するブログの編集や、パシリブロガーへの恫喝と指示、そして、北区、荒川区、足立区の駅前での「手相見勧誘」の宗教活動に忙しいのだろうが、

早く、行ってこい(怒)

「ときどき黒猫」氏が更新を止めたため、アネザイチカは「パクル」対象がなくなり、新しい記事が書けなくなった。

今、でれでれ草さんが「皇室記事」を意図的に控えているので「パクル」対象が無いんだろう(怒)

時間があるはずだ。皇室全般画像掲示板を荒らす時間があるなら、早く、警察に行ってこい。

しかし、余罪の有るアネザイチカ=夢の宮~開運のツボ~は任意で事情聴取になるだけだ(爆)

続く。

Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です