雅子様②@家系(1)部落解放同盟との関係

Sponsored Link
◆人気ブログランキングに参加しています  

本日もお越しいただきありがとうございます。

結論からいうと、

父方・小和田家=隠れ朝鮮人の背乗り家系

母方・江頭家=旧被差別民の家系

のようです。

徳仁皇太子と小和田雅子さんに決定の一報から、マスコミから発せられる「小和田雅子」さん像は、

①父は東大卒の外交官、二人の妹も名門校を卒業した。

②高学歴の一族で、本人はハーバート大、東大、オックスフォード大学を出た才媛。

③本人は才色兼備のバリバリのキャリアウーマンで、将来の女性大使候補だった。

④英語、フランス語、ロシア語に堪能。

➄父方は、新潟の村上藩士の家系で、母方は海軍で成功した人が多い。

⑥皇太子とのなれそめは、スペインの王女が来日時のパーティーで。皇太子の一目ぼれ。

⑦日本で一番優秀な女性。

これ、①以外は皆、ウソだったんですね。

Sponsored Link



 

まず、家系ですが、皇太子妃に内定した「小和田雅子」に関する家計調査について、部落解放同盟が「差別を増長させる」という理由で、抗議していました。何故でしょうか。それは、雅子さんの家系を正確にさかのぼると、旧被差別民につながるからでしょう。

転載させていただいてます。

【雅子妃】皇太子妃身元調査(1)部落解放同盟、小和田雅子に関する家系調査に抗議

部落解放同盟が、小和田雅子さんへの家計調査に対して抗議

東京読売新聞朝刊

1993年1月9日

1ページ
「確かに五年前、小和田さんの調査をしました」
皇室関係一筋の老調査員が都内の事務所で重い口を開いた。
宮内庁から直接、調査依頼を受けたのは東京・丸の内に事務所を構える大手興信所。
(略)小和田雅子さん(29)に関する分厚い調査報告書は、作成にまる一か月かかった。
直系は四代前までさかのぼり、大祖父、祖父の兄弟姉妹まで徹底的に調べた
両親については交友関係、勤務先、近所の評判も。肝心の本人は、さらに詳細をきわめた。
経歴、性格、趣味、素行、健康状態……。

結論は「優秀な家系に驚いたのを覚えています。もちろんご本人も申し分ありません
でした」。このベテラン調査員が手掛けたお妃候補は、実は雅子さんだけではない。
この五年間で十人以上にのぼる。雅子さんの調査書はその中でひときわ鮮明に記憶に残っているという。

 

部落解放同盟中央本部よりマスコミへ

皇室報道に対する抗議と申し入れ

1993年2月18日

「皇太子妃内定」いらいの皇室報道について、
部落解放同盟中央本部は、マスコミ・報道各社に、2月18日、抗議し申し入れた。

————————————————–

日頃よりの、マスコミ・報道関係者各位の人権尊重、差別撤廃のための取り組みに敬意を表します。
さて、私たち部落解放同盟は、部落差別はもとより、あらゆる差別を撤廃するために、
「部落解放基本法」制定をはじめ、「国際人権規約」「人種差別撤廃条約」の早期批准、世界人権宣言の具体化や、「国際先住民年」など、国内外において、さまざまな取り組みをすすめてきました。

しかしながらこうした平和と人権を守る取り組みの拡がりにもかかわらず、今日においてもなお、結婚差別によって、自らの命を絶つという悲惨な差別事件を起きています。
また行政書士や社会保険労務士などによる戸籍謄本等不正入手横流し事件のほか、パソコン通信を利用して、「部落地名総鑑」の一部や、差別文書を大量に送りつけるなど、いまだに差別事件が続発し、悪質な差別調査ともいえる身元調査がおこなわれていることが明らかになっています。

この間、私たち部落解放同盟は、大きな社会問題ともなった「部落地名総鑑」差別事件をはじめ、こうした悪質な身元調査による人権侵害の問題を取り上げ、戸籍閲覧制限や身元調査おことわり運動などに取り組み、大阪においては、興信所や探偵社の差別調査を法的に規制する、部落差別調査等規制等条例が制定されるなどの成果をあげています。

しかしながら、本年1月6日の「皇太子妃内定」の報道いらい、こうした差別撤廃、人権確立の立場から看過できない内容の報道が繰り返されています。

とくに、小和田家の家族の掲載や「家柄」賛美などの過熱ともいえる報道内容、さらには、「皇太子妃を選ぶにあたっては、皇室専門の興信所員が
4代前まで徹底調査などと、公然と身元調査が行われていることが報じられています。
こうした報道内容は、人権尊重というマスコミ、報道本来の使命に反するものであるばかりでなく、差別を助長するものであり、強く抗議するものであります。

私たち部落解放同盟は、昨年、全国水平社創立70周年を迎え、これまで取り組んできた国内外の反差別共同闘争を大きく発展させるとともに、「貴族あれば、賤族あり」として、生涯、部落差別撤廃と人間解放に取り組んできた、故・松本治一郎元委員長の取り組みに学び、差別なき社会の実現にむけて戦いをすすめていくことを誓い合いました。

いうまでもなく、私たちは、こうした人権確立の取り組みをすすめるにあたって

マスコミ・報道関係者各位の果たされる役割に、大きな期待を寄せるものでありますが、今回の一連の皇室報道の内容は、差別撤廃、人権尊重の姿勢に逆行するものであることを指摘せざるを得ません。

私たち部落解放同盟は、マスコミ・報道関係者各位が、今後の皇室報道において、
差別を助長する、これまでの過剰な報道を改め、差別撤廃と人権尊重の立場を明確にして報道に取り組んでいただくように、強く要望します。
(解放新聞 93.3.8)

以上

 

部落解放運動と「同和」行政の動き
解放同盟、抗議文書「皇太子妃報道差別助長する

1993.2.18

部落解放同盟中央本部(上杉佐一郎委員長は)は「一連の皇太子報道は人権尊重という報道の使命に反し、差別を助長する」との18日付の抗議・申し入れ文書を全国の新聞、通信、テレビ各社に送った。
近く雑誌出版社にも申し入れるという。

文書は「解放同盟は部落差別撤廃に向け、戸籍閲覧制度や身元調査おことわり運動に取り組んできた。
その中で、家系図が掲載され家柄を賛美する報道が繰り返され、
公然と身元調査が行われている事が報じられている」と指摘。
過剰報道を改め、人権尊重の立場を明確にするよう、要望している。
(朝日 93.2.25)

 

皇太子妃決定にかかわる身元調査等の差別助長行為に対する抗議と申し入れ
1993.3.16

(抜粋)
本年一月六日の「皇太子妃内定」の報道いらい、こうした差別撤廃、人権確立をすすめる立場から看過できない内容の報道がなされています。小和田雅子さんの「家系図」の掲載や「家柄」賛美などの過剰ともいえる報道内容、そして「皇太子妃を選ぶにあたっては、皇室専門の興信所員が四代前まで徹底調査」などと、宮内庁自らが公然と身元調査を指示していたことが報道されています。

いうまでもなく、すべての国民は法の下に平等であり(憲法第一四条)、婚姻は両性の
合意のみに基いて成立する(憲法第二四条)ものです。

したがって、私たちは、こうした宮内庁の身元調査の指示というものが、差別を助長・拡大させるものであるばかりでなく、憲法違反という重大な問題であると考え(略)強く抗議するものです。

転載以上

 

東京読売新聞朝刊

1993年3月20日

部落解放同盟(上杉佐一郎委員長)は十九日までに、「皇太子妃決定に際し、身元調査が行われたことは結婚差別を助長する」として、皇室会議のメンバーである宮沢首相や衆参両院の議長、最高裁長官の三権の長と宮内庁長官あてに抗議文書を送った。

 

1993年04月21日
第126回国会 大蔵委員会 第10号

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/126/0140/12604210140010a.html
上田(卓)委員 ぜひとも前向きに検討していただきたい、このように思います。
次に、皇太子の結婚にかかわって身元調査のことが新聞などで今までにいろいろ報道されておるわけです。

(略)

結婚や就職の際の身元調査や家系調査は差別につながるということで、我々は法務省や労働省あるいは地方自治体、民間企業、宗教界の皆さんとともに身元調査お断り運動というのですか、全国的に展開しておるわけでありまして、大阪などでは部落差別を目的とした興信所や探偵社による身元調査を規制する条例もできておるわけであります。

ところが、先ほど申し上げましたように、一月六日の皇太子妃内定以来、新聞、雑誌、テレビなどでは江戸時代にまでさかのぼる小和田家の家系図を掲載して、家柄や家族などについて過剰な報道をしておるわけでありまして、皇太子妃を選ぶに当たっては皇室専門の興信所員が四代前まで徹底調査、こういうような報道もあるわけでございまして、宮内庁みずからがそういう民間調査機関に指示して調査しておったのかどうか、その点についてお聞かせをいただきたい、このように思うわけであります。

その前に、法務省と労働省の方がお見えでございますが、一般的な身元調査についてどういう見解を持っているのかお答えいただきたい、このように思います。

『部落解放』1993年6月号
「皇太子妃決定に関わる身元調査等の差別助長行為にたいする抗議と申し入れ」記事

続きます。

 

ハイタッチ

 

 

◆人気ブログランキングに参加しています




Sponsored Link

新着エントリー

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

10 件のコメント

  • 嘘か本当か判りませんが、少し前にどこかのコメント欄で見たのですが、池田大作の血液型🅾、小和田恒の血液型🅱、小和田優美子の血液型🅾、雅子の血液型🅰というのを見たのですが、もしこれが事実ならば雅子は小和田夫婦の実子ではないでしょうか?

    どなたか知っている人いませんか?

    凄く気になるところですが。

    • 血液型、きになりますね。
      なるちゃんのカルテが紛失したのは、今のナルちゃんと血液型などがあわないからでしょうね。
      雅子も複数いる可能性があるので、何とも言えませんが、隠していることが多すぎると思います。

  • >水平社の故・『松本治一郎』元委員長
    >部落解放同盟中央本部 『上杉佐一朗』委員長

    伏見様の記事や、でれでれ草様始め、皇室関係の情報をずっと追っていて気づいた事がありました。
    多分、他の皆様もお感じかと思いますが、、、
    (その時代の流行も勿論考えられますが、)
    関係者のお名前に、○一郎・○太郎・○二郎・○三郎がとても多い様に感じます。
    全てがそうだと言う訳ではありませんが、
    雅子さんの祖父・江頭豊の父親も江頭安太朗。
    美智子さんの父親は正田英三郎。
    美智子さんの弟嫁の倉敷の実家は、大原孫三郎・大原総一朗。
    政治家も橋本龍太郎・大二郎の兄弟。
    石原慎太郎・石原裕次郎兄弟。
    小泉純一郎・小泉孝太郎・小泉進次郎 親子。
    立憲民主党の共同代表の玉木雄一郎。。。
    気になる人の家系図を開くと、本当に多いのです。
    そして、上記しました水平社や解放同盟の委員長も。
    本当に、全てがそうだとは言いませんが、この名前の付け方には、何か暗号(サイン)があるのでは‥‥と思います。
    在日同士が名前に使用する漢字ですぐわかる様に、部落同士でもすぐわかる、とか。
    (それと、ちょっとズレますが、「竜」や「龍」の字を下の名前につけてる方達は、私は一応警戒してます。)

    他に有名人いたかな‥‥と、考えてましたら、
    古いところで作家・劇作家の川口松太郎氏を思い出し調べてみました。
    大した期待もせずに開いたWikipediaに、下記の記述がありました。(↓ウィキより参照。)
    『親は誰だかわからず、戸籍では島岡春吉姉よね私生児川口竹次郎庶子認知入籍とされる[3]。貴族の落胤との説もあった[3]。養父の川口竹次郎は大酒飲みの左官職であった[3]。』(参照ここまで。)
    明治32年生まれなのに、親が不明らしいです。
    家族は、奥様に女優の三益愛子、息子に俳優の川口浩・恒・厚の3人、娘は1人、晶。
    さて、ここで、○一郎・○二郎問題の次に、「浩」の字が目にとまりました。 
    「浩」の字は、水を満々とたたえた様子、水がほとばしる様な勢い(転じて中国では洪水の表現にも使われました。)、
    それを受けて豊かと言う意味もあるそうです。
    浩宮様の命名の回に詳しくありますが。。
    ちなみに、人名に「浩」を使えるようになったのは、1951年からなのですが、川口浩氏は1936年生まれです。
    本当にたまたま浮かんだ名前を検索しただけなのに、
    ヒントがいっぱいでした。
    「浩」と「愛子」のお名前が並列に。
    お時間があったら、川口浩氏のWikipediaを開いてみて下さい。 直木賞1号で映画会社大映の専務を務められ、お母様は国民的母親女優でしたのに、後半生の家族の不幸ぶり、短命ぶりが、何か父親の成功の代償かしら‥‥と思えるくらいです。
    次に「浩」で連想。
    里見浩太朗、石坂浩二、愛親覚羅浩(あいしんかくら・ひろ)、と脈絡なく浮かんだ名前ですが、
    里見浩太朗は、山口組系芸能社「神戸芸能社」との関連が。。 そこには、美空ひばり、橋幸夫、山城新伍と並んで、高田浩吉の名前もあり、「浩」はその世界の方がよく使う漢字でもあった様です。
    里見浩太朗もいろいろ発見があったのですが、(前妻が巳智子さんと言う名前、後妻が聖心女子大学とか)
    一番は、愛親覚羅浩さんでした。
    https://www.suginamigaku.org/2014/10/h-saga-hiro.html
    記事のコピペが出来なかったのですが、
    浩さんの生い立ちのところにある記述に目が点になりました。
    嵯峨侯爵家のお生まれなのですが、
    母方の祖父は醤油屋(ヒゲタ醤油)の実業家、
    そして、彼女は長女なのですが、
    弟・妹が生まれて親が忙しいとは言え、母方の実家、
    祖父母から育てられていました。
    同級生の談では、公家言葉等はご使用で無かったとの事。
    普通、華族では○子と名づけられる場合が多かったと思いますが、「嵯峨浩(さが・ひろ)」って、モダンと言えばモダンですが、長女に付けるかしら??
    愛親覚羅浩さんも、美智子さんと同じく、用意された女性なのかも‥‥と思った次第です。
    もしかすると、マジシャンが仕込むタネの様に、あちこちにトランプの切り札を仕込む感じで子供を作ったり、養子縁組していて、結果的に「用意された」になっているのかもしれませんが。
    美智子さんにあまりに状況が似ていてびっくり致しました。
    雅子さん、美智子さんの、
    家系図の名前を眺めているだけで、符号が浮かんできます。
    そちらの方達が好む名前が見えてきますね。
    ○二郎・○三郎の後は、男子は一文字が多かったり、
    安西家にも、符号に合う名前が多いです。
    ただ、ちょっと残念なのは、、、
    紀子様の家系図にもそれを見つけてしまう事です。

    いつも長くなってすみません。
    ただ、俯瞰で家系図を眺めていると、徳仁さんの「浩宮」の「浩」は、わかる人にはわかる暗号で、(部落系?)
    雅子さんも、わかりやすい暗号なのかもしれません。
    美智子さんが決まっていた様に、筋書きは決まっていたのだろうと、、思います。
    女の子が生まれたら、「愛子」と決まっていて、
    もしかすると、男子が生まれていたら
    「厚」の字が使われていたのでは‥‥と想像致します。

    • 凄い発見ですね。参考になります。
      >ただ、俯瞰で家系図を眺めていると、徳仁さんの「浩宮」の「浩」は、わかる人にはわかる暗号で、(部落系?)
      ありえるかもしれませんね。めったに使わない漢字ですね。

      嵯峨浩さんの母方が醤油製造につながるとは知りませんでした。
      母上が15歳のときの子なので、若すぎるからという理由で祖父母に育てられたとされてきましたが、、、
      あの時代、浩子じゃなくて、浩ってめずらしいですね。

      >関係者のお名前に、○一郎・○太郎・○二郎・○三郎がとても多い様に感じます。
      小沢一郎、山本太郎、などもそうですが、
      日本人に化けるための名前として認識しているのかもしれませんね。
      たしかに、龍がつくかた、怪しいです。
      一概に言えませんが、龍という漢字の勢いが強すぎるし、
      神獣とはいえ獣なので、日本人では使う方がすくなそうです。

      • でれでれ草様。ご返信有難うございます。
        以前、津軽華子様の時に貼り付けた家系図サイトからです。
        http://episode.kingendaikeizu.net/23.htm
        嵯峨浩さんのページですが、母方の醤油屋業と、濱口家と茂木家キッコーマンとの合資会社等の記事の後に、
        正田美智子さんのご実家、正田家の醤油業は、
        「キッコーマンの茂木家から指導を受けて始めた」とあります。(こちらのサイトは文章のコピペ禁止なので、サイトを開いて読まれてみて下さい。)
        嵯峨家は、味の素の鈴木家と閨閥関係にあります。
        キッコーマン、味の素、日清製粉、、、、
        アメリカ仕込みの、モンサントみたいな、と言ったら言い過ぎかもしれませんが、糧食財閥が出来あがりますね。
        富の集中、そしてネットではよく言われてますが、
        製菓メーカーに事件が相次いだ時に無傷だったロッテの怪しさの様に、上記のキッコーマン・味の素・日清製粉の不祥事はあまり聞きません。

        さて、少し話題変わりまして、
        美智子さんのお友達、緒方貞子さんの岳父で、元朝日新聞副社長、後に政治家になられた緒方竹虎氏。
        http://keibatugaku.seesaa.net/article/438279444.html
        父親の緒方道平の名前はありますが、どのサイトを見ても
        母親の名前がありません。
        なかなか緒方竹虎氏の妻の名前がわからず、上記のサイトで見つけましたが、
        妻コトは、神奈川県の原牧三の三女となってますが、
        これまた母親の名前が無く、兄弟に長男 一太郎・次男 研二・三男 四十郎(←緒方貞子氏のご主人。)
        とてつもなく怪しいのです。
        そして、生きていれば首相候補であっただろうと言われる(心臓疾患による突然死。)緒方竹虎氏を偲ぶインタビューが、西日本銀行のサイトにありました。
        答えるのは、元衆議院議員で、その後福岡市市長を昭和47年~昭和61年の長きにわたり務められた進藤一馬氏。
        ただ、進藤一馬氏は、玄洋社社長であった過去(今回知ってびっくり!)があります。
        インタビューの中ほどに、緒方竹虎氏は、歌も上手く、
        一時期過ごされた静岡県の「ちゃっきり節」や、
        「白頭山節」が上手であったとの事。
        関西民謡に「白頭山節」が上がってましたが、ご存知でしたか?
        http://kansai-uta.hateblo.jp/entry/2015/09/01/%E7%99%BD%E9%A0%AD%E5%B1%B1%E7%AF%80
        もちろん、「白頭山節」の「白頭山」は、朝鮮半島の白頭山です。上記記事にもあります。
        緒方竹虎氏は、CIAスパイ説濃厚な方でしたが、
        戦前の東久邇宮内閣の時に、情報局の一本化を図ろうとしたが、
        陸軍の抵抗にあい実現しなかったとの事。

        福岡市で育ったのに、黒田節でも、博多祝い唄でもなく、
        「白頭山節」を得意としていたって、、、?
        緒方竹虎氏も、朝日新聞も、本当に真っ黒ですね。
        犬養家と緒方家の閨閥として、緒方貞子氏がいるのですから、両家ともに非常に近いものがあるのだろうと思います。

        またまた、家系図を調べてましたら、男性で「松」「竹」の字が名前にある方は、もらい子、或いは母親の出自が表に出せない可能性が多いと感じてます。
        松竹梅の「梅」が無いのは、最下層から這い上がるのに、
        松竹梅でも下ランクの「梅」の字は使いたく無かったのかな?と想像してます。
        公卿・大名の習わしはわかりませんが、
        長男などは、父親や祖父から一字もらったり、お寺の住職さんから名付けてもらうとか、、、が庶民の当たり前と思っておりました。

        今回もだいぶ長文になり、失礼致しました。

        • >福岡市で育ったのに、黒田節でも、博多祝い唄でもなく、「白頭山節」を得意としていたって、、、?
          すごい調査力ですね。
          はやり半島にルーツがあるのでしょうか。そういう方が、何かの力をバックに這い上がり、馬賊的思考で日本を食い散らしたのが日本近代なんですね。よくわかります。
          >またまた、家系図を調べてましたら、男性で「松」「竹」の字が名前にある方は、もらい子、或いは母親の出自が表に出せない可能性が多いと感じてます。
          名前は、お互いを判別する一種の暗号のようになっているのかもしれませんね。
          水面下でつながっているのがわかります。

  • 雅子さまの血液型がAならお父様がAかAB型ではないでしょうか?或いはお母様がA型では?お父様によく似てらっしゃるから実子だと思いますが、誰かの血液型報道が間違っているんだと思います。

    • 雅子も複数いる可能性がありますが、ある年齢をこえた風貌は、池田某にそっくりです。
      不思議ななことです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。