ご案内

※閲覧不能の場合は「エキサイトブログ・でれでれ草」へ 。ブックマークをお願いしますm(_ _)m
https://derederegusa.exblog.jp/

※拙ブログの画像を勝手に使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


皇室全般画像掲示板|追記あり、「天皇陛下」の名札の理由

「天皇陛下」の名札

… 無題 Name 名無し 19/12/08(日)18:19 ID:Gn2p6cDo No.3116408

お子ちゃまナル

見ているだけでも、恥ずかしい

「児戯に等しい」とかつて夫婦とも宮内庁関係者だったか侍従だったかに言われたことがあった

言うことなすこと、お子ちゃまレベル

皇嗣ご一家と違い、だあれも公務に呼んでくれない、お子ちゃま点脳屁以下

令和、早く終わってくれ

… 無題 Name 名無し 19/12/08(日)19:07 ID:DpLpVpjM No.3116637

以前の同会でナルとテーブルで同席していた

著名な日本人女性登山家が山で滑落し死んでる

… 「天皇陛下」の名札 Name 名無し 19/12/08(日)19:07 ID:bxT8CBKM No.3116640

こんなのつけなくってもわかりそうなもんだけど・・・、

もしもの時のために他のダミーも来てるのかな?(笑い)

以上

 

「天皇陛下」名札の理由

徳仁親王とされてきた顔と、今の顔がずいぶん違うのかな、と、思ったりして。

「以前の同会でナルとテーブルで同席していた 著名な日本人女性登山家が山で滑落し死んでる」

追記

※「谷口けいさん」にかんしてはこちらで取り上げてますね。

ttp://www.hodaka-kenich.com/Mountaineer/2014/12/08044517.php

「鏡開きの後は、乾杯、開宴と続いた。日本を代表するアルペン・クライマー谷口けいさんは和服姿で、皇太子殿下となごやかに歓談していた。殿下は一般会員であり、公務でない。鏡開き以外は、壇上のスピーチもないし、終始、笑顔でリラックスされているようだった。」

この晩餐会のナルちゃんは、剛毛くせ毛の徳仁2号かな。

ナルちゃん一家とかかわる人は不幸になるという法則がありますが、もしかして女性登山家は、今のナルちゃんの顔が違う、別人だと誰かに漏らしたからではないのかな?んでもって、呪詛でもかけられたのだろうか。と、思ったりして。

ちなみに、外務省時代の雅子の不倫相手が、雅子のご成婚後、中東で亡くなりましたが、どう考えてもあり得ない亡くなり方だったそうですね。口封じのための暗殺だとしたら、雅子と関係があったから、ではなく、ご成婚した雅子が、自分と付き合った外務省の雅子とは別人だと漏らしたからではないでしょうか。

「頭が違う」ナルちゃん

そういえば、ナルちゃん、フランスを訪問した時、訪問先の学校の児童から、「頭が違う」と言われたそうで。

本当は、児童は「顔が違う」といったのではないのかな。

http://news.livedoor.com/article/detail/15277948/

皇太子さまは7日、政府専用機でフランス南東部のリヨンに到着した。日仏友好160周年を記念した訪問。8日はリヨン近郊で、日本国籍を持つ現地の子どもが通う「リヨン補習授業校」を訪れ、子どもたちと交流した。

補習校には幼稚園児から中学生までの120人が在籍。視察を終えて学校を出る際、見送りに出たバイウ江美里ちゃん(4)が「頭が違う」と指摘。

周囲の先生らが「王冠がないからでは」と言うと、皇太子さまは「ああ、持ってくれば良かったね」と笑顔で返し、和やかな雰囲気に包まれた。(リヨン=中田絢子)

転載以上

コメント欄より

でれでれ様、お久しぶりです。

ごめんなさい、私この少女の発言「カツラだ!」って意味だと思いました…(笑)

それはさておき、皇室ウォッチ歴が長くないので、こういうケース普通にあったら申し訳ないのですが

このご時世にこのような形で一般人(しかも子供)が実名報道されるって、どういうことなんでしょうか…。

犯罪者だって未成年の場合は実名報道されないのに。報道されるのは被害者か、相手が子役など既に名前を出してる場合のみだと思ってました。

例えば被災地に天皇皇后両陛下が訪問、とかのニュースの際に子供でも普通に実名報道されてたらすみません。

以上

 

未修正のナルちゃんの顔

面長で、顔のパーツが中央線によってる人。

若い人。

現地の方が実際に見ている顔は、われわれが知っているナルちゃんとは、大きく違う場合があるのかも。

 

ニセモノが天皇に即位?

Sponsored Link
Sponsored Link

関連記事と広告