ご案内

※閲覧不能の場合は「エキサイトブログ・でれでれ草」へ 。ブックマークをお願いしますm(_ _)m
https://derederegusa.exblog.jp/

※拙ブログの画像を勝手に使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


転載|乗っ取り(2)グーグル検索

Sponsored Link

※ブログ乗っ取り(1)皇室全般画像掲示板からの続きです。

無限拡散「皇室問題」が煮詰まってくると必ず起きる「検索エンジン」のでれでれ草さん「外し」

グーグルエンジン

ブログ でれでれ草

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/

★「でれでれ草検証」は「反日工作員」にとっては、「お花畑日本人」には知られたくないもの。

でれでれ草さんが、丹念に時間をかけて、精緻に「比較検証」した「皇族の複数体制」は今やネット界では信頼性が確立しています。

愛子さんに影武者がいることや、雅子の問題など、もともと2Chの鬼女さんたちや、ドス子wikiのドス子さんの間で検証されていたようですが、彼女がブログで「皇室問題」を取り上げ始めて、オープンソースである報道画像を中心に検証画像があげられ、ネット界で「信用度」が高まり始めると、大手の検索エンジンで「でれでれ草さん外し」が始まりました。

真っ先にそれを始めたのが、在日帰化人の孫正義率いる「Yahoo検索」です。

 

Sponsored Link





 

Yahoo検索

Yahoo検索で「皇室ブログ」と入れると「検索候補」のトップは常に悪名高き「ふぶきの部屋」でした。

検索候補のなかに、でれでれ草は出てきませんでした。

★もうブログサービスは停止しましたが、ヤフーブログは、少しでも「韓国の悪口」を書くと「規約違反」でもないのに、運営側から勝手に記事を削除されるので有名でした。

「でれでれ草検証」は反日中韓工作員にとって、不発に終わりましたが、「愛子立太子計画」の邪魔でしたから。

去る2017年5月に秋篠宮眞子様の「誤婚約テロ」が起きるとほぼ同時に、私やでれでれ草さんは、例の「故井沢満=BBの覚醒記録=銀蠅トド子」との抗争に巻き込まれて、「論争」では完勝したものの、でれでれ草さんのブログが突如削除された2017年8月直後に「偽婚約記者会見」が強行されたのは、長い読者様なら、よく覚えていらっしゃると思います。

もう3年前ですが、過去を振り返ると、現状は

➀愛子さん、昨年12月1日で、18歳の誕生日を迎える。

児童相談所の保護対象は「18歳未満」ですから、立派な「成年」で「愛子立太子謀略」は破綻しました。

②自民党の保守派有志による「男系男子による皇統の継承堅持」についての提言書の安倍総理への提出。

③今年、4月の秋篠宮殿下「立皇嗣」の決定。

秋篠宮殿下が「立皇嗣」されると、次の次の天皇は悠仁様で決まりです。

★「皇室問題」は「反日中韓勢力」にとって「敗北必至」の状況に収斂(しゅうれん、一つにまとまりつつある)しつつあるのです。

Googleによる「でれでれ草さん外し」はかえって逆効果になる

2017年の「故井沢満=BBの覚醒記録=銀蠅トド子、ふぶき、ジュゴン一派との抗争」もそうでしたが、彼女のブログと「でれでれ草検証」は、連中が汚い「手段」で潰すことによって、逆に「真実」であることが確認されたのです。

 

 

Googleの「地域担当運営班」への検索順位の「不正操作」工作

アネザイチカ、真島久美子、太田由起子、腹腹時計の「みもり」がしているにちがいない(怒)

練馬区の「脅迫の達人」真島久美子

Googleで「真島久美子」で検索すると、トップページの一番上に、本人の説明より先に、私のこの記事がヒットしていました。

 

老舗の皇室ブログのremmikkiのブログの管理人さんへの「脅迫メール」です。

昨年の4月20日にアップした記事ですが、9月ぐらいまで、真島本人の情報や画像より私の記事が上に来ていました。

ところが、10月ぐらいから、「真島久美子」で検索しても、ヒットして表示されるページの中から、私の記事が外れていました。

★真島久美子は「逆SEO」をかけて、私の記事が検索に引っかからないように、「不正操作」していた(怒)

真島久美子は「不正操作用の資金」が尽きて、諦めた。

その証拠に、今「真島久美子」で検索すると、2ページ目の上から3番目に、私の記事が戻ってきています。

自然の「圧力」には敵わない「不正操作」の動かぬ証拠です。

 

バカザイチカ(アネザイチカ)の場合

同様にGoogleで「アネザイチカ」で検索すると

でれでれ草さんのこの記事

https://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=42977

が、トップページの2番目にヒットしていました。

昨年9月2日にアップした記事ですが、真島久美子同様、11月ぐらいから、検索でヒットしなくなりました。

アネザイチカの「超姑息な不正操作」

・真島久美子同様の「逆SEO」で該当記事を押し下げる。

・「アネザイチカ」での検索ヒット数を「意図的に少なく操作」する。

Googleで「アネザイチカ」で検索しても、6ページしか表示されません。

「手相見姐さん」以来、あれだけ「悪名」を誇り、2chでもいじられてきた「有名キャラ」なら、普通はページ数は軽く10ページは超えるはずです。

★「検索順位不正操作資金」の尽きたアネザイチカ(爆)

現在、検索すると、3ページ目の上から、6番目に戻ってきています。

アネザイチカと真島久美子は自分たちの「逆SEO」を諦めて、その資金をGoogleの「地域担当班」に回して、「でれでれ草さん外し」を始めたにちがいない(怒)

※ブログ乗っ取り(3)へ続きます。

Sponsored Link
Sponsored Link
 好評発売中

→アマゾンへ

関連記事と広告


小室圭と婚約した眞子様はニセモノ

 
皇族の影武者制度、皇室のタブー、など、

皇室記事一覧はこちら


ニセモノが天皇に即位?