≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


ご成年「愛子様」と「清子さまのティアラ」は本物か偽物か?

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

ご成年「愛子様」「清子さまのティアラ」は本物か偽物か?

愛子さん成年後は清子さまのティアラを使用

 

平成上皇の長女・清子さまのティアラ

 

宮内庁は、2021年度の予算に、眞子様の結婚費用と、愛子様のティアラの経費を計上しなかった。つまり、眞子さまは、既に亡命し(おそらくは2020年の夏)に、他国(おそらくは英国)でご成婚されているということだと思うし、愛子さんは、どこかの施設から出れないほどの重体か、既に、お亡くなりになってるのではあるまいか。

そのことを知った創価が焦り、眞子様の結婚を、いつもの偽物と報道ジャックを使って強行した。

ちなみに、「ナルちゃん一家+創価の取り巻き+雅子の親族、妹一家」が、税金を使い冬の御静養で使う経費は、警備、ホテル代貸し切り、新幹線車両貸し切り他で、合計、一回の御静養で数千万かかってるよね。コロナのために、「天皇」の一人娘の内親王のティアラ作成(2000万円~3000万円ほど)を見送るってのは、にわかには信じがたい。

経費が下りない。だから、急きょ、黒田さんに降嫁した「清子さんのティアラを使う」、という設定にしたのだろうけど、この清子さんのティアラ、贋作を持ってくる可能性があると思ってるんだ。

過去に、実例があるから。

 

本物か?贋作か?皇太子妃第一ティアラ

改元の日 本物のティアラ

長身の本物の紀子様が、皇太子妃第一ティアラを装着してお出ましになりましたが・・・雅子ご成婚とときの写真と比べても本物だろうな、と思います。

 

過去記事にまとめていますが、雅子の父親が天文学的な借金をかかえたあと、ヤフオク事件がありました。

そして、同時期から、雅子のティアラが行方不明でした。雅子は、晩餐会などには、第二ティアラをつけてきましたが、どう見ても贋作でした。

輝きが本物のプラチナやダイアモンドではない。いかにも、プラスチックの真珠。ネットでは、ブリキの鉢巻きと揶揄されていました。

平成も末期になると、雅子も美智子も、晩餐会ですら、ティアラをつけないようになります。

果たして歴代の皇后、皇太子妃が引き継いできたティアラ、宝飾品はどうしたのか。美智子、雅子が、横領したのか。雅子の父親の借金返済のために、雅子とその妹たちが、勝手に売っぱらったのか。スイスの天皇家の隠し口座から日清戦争の賠償金を引き出すために、ミッチ―4号がスイスに行き、拘束されたという噂が流れました。その時、美智子が、皇后の身元の証としてティアラを持ち出したのか。何かの担保に差し出したのか。とにかく、謎でした。

改元の日に、皇后第一ティアラをつけた雅子、皇太子妃第一ティアラを付けた本物の紀子様がお出ましになりました。

もしかして、第一ティアラだけでも、宮内庁が買い戻したのかもしれませんね。ただ、買い戻した皇后第一ティアラ、皇太子妃第一ティアラのダイアモンドが本物かどうかは、わかりませんけどね。買い戻した時点で、ダイアモンドだけ抜かれている可能性があったと思います。

 

立皇嗣の礼 偽物がつけていたのは贋作?本物?

報道では、「本物の秋篠宮ご夫妻の映像」と「、事前録画のなりすましの偽物の映像」を混ぜて報道してますね。改元の日などの即位関連の儀式も、「立皇嗣の礼」でもそうでした。

例えばこちら、立皇嗣の礼の報道。まあ、いつのまにか、悠仁様がご立派になって、、、と思ったら、秋篠宮様だったという話。どうみても、代理人、偽物でしょう。偽物の紀子さんとならぶと母子のようにみえるほど、秋篠宮様役の男性が若すぎる。耳も違うし。

過去記事にも書きましたが、立皇嗣の礼に向かう場での、お見送りの悠仁さんは、顔の余白の広い、短足、低身長の偽物で、お辞儀がまともにできませんでした。ブータンに行って羽織を着ていた人です。

今後、この偽物を使い、悠仁様の言動に問題ありというゴシップを流し、最後は、皇位継承を奪うつもりでしょう。

 

立皇嗣の礼では、偽物皇族が成り済ました映像画像を混ぜて報道

刀が違うんですよね。

1991年立太子の礼

2021年立皇嗣の礼

 

継承者の証し、壺切御剣 天皇陛下が授ける平安からの守り刀

https://mainichi.jp/articles/20201108/ddm/041/040/073000c

 

2021年の報道の刀のような、べっ甲の鞘ではなさそう。

① リハーサルの映像を報道した

② 勝手に事前録画で撮影した成り済ました偽物の映像を、上書きして報道してる

②だと思う。

 

立皇嗣の礼がらみの儀式で、全然顔の違う「紀子さん役」(成り済ましなのか、公認のダブルなのかは知りませんが)の人が出てきましたね。この人が装着してるティアラのダイアモンドの光り方が気になってしょうがないんですね。

 

アップにすると顔が全然違う。宝石には詳しくないのですが、これダイアモンドでしょうか。フラッシュがたかれているとはいえ、車内でこれほど七色に光るものでしょうか。

模造ダイアモンドとして、キュービックジルコニアならあり得るのかな。つまり、贋作だとしたら、公式のダブルですらないということになります。

 

それに、この皇太子妃第一ティアラって、こんなにギシギシ詰まったデザインだったかな・・・場面場面で大きさが違う気がするけど、きのせいかな。この場面では、雅子や美智子が被ってたのと比べると、小さくない?

 

秋篠さん役の人、若いね。そして、偽紀子さんの、ティアラが歪んでいるような??気のせいかな??過去の映像から切り取ったものを無理やり貼り付けたのかな?

 

今の技術は凄いから、部分的に、小道具を差し替えることは普通にできるはず。

 

今の技術は凄いから、背景も入れ替えることもできる

 

今の技術は凄いから、顔も入れ替えもソフトで可能

 

もしかして、報道の一部は、ティアラも含めて、偽物によるコスプレではあるまいか。

皇室掲示板の書き込みで、皇太子妃の第一ティアラについて「あまりに精緻なので、模造品が作れない」と書かれたことがありましたね。そして、雅子のブリキの鉢巻きと称されていた、ニセの皇太子妃の第二ティアラの大きさが、本物と違うことに関しても、「型をとらなかったんだね、失敗したね」と書かれてました。

成り済ましが被っている宝冠は、精いっぱい真似した模造品をベースに、合成で貼り付けたものを流したのかもしれません。

 

で、本題に戻りますが、

ご成年会見や儀式でお出ましになる、

愛子さんの「清子さんのティアラ」は、贋作か本物か?

愛子さんは、バーチャルか、ダブルか?

12月が、楽しみですね。

 

≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。