※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

【つれづれ】09月21日 幕末の皇室と平成の皇室

Sponsored Link

本日も、拙ブログへお越しいただきありがとうございます。

いかがお過ごしでしょうか。

平成皇室の怪

こうやってならべてみると、、、いろんな文仁親王がいたのかな、と思ったり、、いろんな紀子様がいたのかなと思ったり、、、。

 

コメント欄より

紀子様のお誕生日会、リョウーヘイカも含めて全員集合だったようですね。
あの東宮ご一家までも、らしいです。
ホントかウソか、黒田夫妻も、と報道されたようです。
今までなかったこと。
これは「乗っ取り完了」お祝いでしょうか。
マコサマの大々的報道と連動、そういうことかな、と思っていますが。
いやですね。
現皇室はもう手が付けられないほど穢れ、汚れています。
このあとにどんなことが起きてくるのか。

以上

 

文仁親王も悠仁様もすり替えたし、「悠仁親王即位、愛子天皇即位、どちらにころんでも大丈夫」という状態になったんでしょうね。

ご成婚された大学教授の令嬢・川嶋紀子さん(上段)も今は消息不明。

 

因果の果をみれば因がわかりますが、

・国民の知らない間に、皇族が偽物とすり替わっっている。

・卑賎婚の繰り返し。卑賎階層と一つになろうとしているかのよう、あるいは元いた場所が卑賎階級だったのかも。

・外国勢力の協力あるいは策謀による一静かなクーデター。

・クーデターに動いているのは、帰化人もしくは旧被差別階級。

幕末も同じことがおこったのかな、と、最近は妙に納得してます。

 

Sponsored Link



 

幕末皇室の怪

大久保利通

部落といわれていた階級から最下層の武士になり、藩公にとりいり、西郷に取り入り、最終的には廃藩置県を通じて薩摩をつぶした人です。

麻生太郎氏、三笠宮信子妃殿下は、この方の子孫です。

左の黒い枠の大久保が本来の大久保。右の貴公子然としてた大久保は肖像画写真とおもわれます。肖像画を画家が描き、写真にとったものだったはず。全然ちがいますね(笑)

 

明治帝

左の黒枠の明治帝は外人による隠し撮りだそうで、本来の容姿をうつしていますが、右は肖像写真のようです。たしかに中央の明治帝の画像は床の遠近法がおかしいですね。右は絵画すぎ。中央の男性が立ち上がったら、左の男性の身長や頭身になるかといえばならないとおもいます。

こちらは、横浜に行幸されたときの明治帝だそうですが、こちらも外人の隠し撮りだそうです。妙に、お公家さんっぽいので本物かなあ、、とちょっと疑ってみたりします。でも本物だそうです。

奇兵隊・力士隊の大室と明治帝

外国の公使が謁見した折、御簾を肩のあたりまで垂らして顔は隠れて見えなかったものの、身体は相撲取りのように太っていたとか。

睦人親王とすり替わったといわれる長州の下級武士「大室寅之助」は、騎兵隊のなかの力士隊だったという流説もあんがい嘘ではないのかもと思ったりします。力士隊とは農民やエタヒニンといわれていた被差別階級の身体の大きい男子をあつめてつくった部隊だったそうです。棍棒をもたせていたとか。

現役時代の千代の富士さん。

引退後の舞の海さん。身長が明治帝に近いです。

引退後の貴乃花親方(中央)

引退した親方たち

 

こちらは、隠し撮りされた明治天皇。

「九重の内で育った究極のお公家育ちの方が老いた姿」というより、「相当鍛えられた時期を持つ若者が老いた姿」という感じに見えます。

大室の故郷の村では、普通に「明治天皇はうちの村から出た」と語るそうな。

また、まとめようと思います。

 

パニック

Sponsored Link
Sponsored Link